home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
7/7(土)のんびり印刷の活版×ヨンネの手製本 七夕ワークショップ at 栞日(長野県松本)




 

 


7月のお知らせです

長野県、松本市にある
心地よい暮らしのヒントを集めた本屋さん
栞日(しおりび)→

この、素敵な本屋さんにて

昨年に引き続きワークショップを開催します


七夕の7月7日(土)です

 

 

 

 


  のんびり印刷の活版×ヨンネの手製本
  七夕ノートとポストカードWS



日時:7月7日(土)
  10:00〜13:00
  14:00〜17:00


場所:栞日

 〒390-0815 

 長野県松本市深志3-7-8(map→


参加費:5000円(税込み、材料費込み)

定員:各回6名様

 

終了しました 講座の様子はこちら→









 

 

のんびりマイペースに印刷するプライベートプレス

活字・紙・印刷好き、のんびり印刷さん(→
とのコラボワークショップです


内容は・・・
活版印刷機の仕組みを知る
罫線を印刷した本文紙を中綴じノートに手製本する
ノートの表紙に箔押しをする
手動活版印刷機(テキン)でポストカードを印刷する





栞日さんには大きな活版印刷機があります
ハイデルベルグの!これ・・!



いつもは静かに鎮座しているこの印刷機ですが、、
この日に、どどん!と稼働します
どんな仕組みで活版印刷機が動いているのか
のんびり印刷さんに
デモンストレーションをしていただきます




そして・・
この活版印刷機で罫線を印刷しました◎
手製本ノートの中身に使います
いろんな罫線があります==ーー〜〜







本文紙が決まったところで、
手製本では、基本のパンフレットステッチと
チェーンステッチという綴じ方で
中綴じノートを製本します

2冊つながって左右に開くことができる仕立てです
織姫と彦星が天の川を挟んで出会える、ような・☆★


 

 



綴じ終わったノートの表紙には

箔押しで星をチラリと飾ります
また、自由に穴を空けて

表紙に星空を広げてみましょう

 

 

 



これだけでは終わりません!
好きな活字を拾い、
手動活版印刷機(テキン)を使って
イラストと組み合わせたポストカードもつくります







拾って選べる文字には
ひらがな、アルファベット、漢字で
15文字ほどを選んでいただきます
(漢字についてはすべて揃っているわけではないので
使いたい漢字があれば、という条件です)

図柄については
のんびりうさぎくん、たなばた人形、
やさしみパンダくん、吹き出しや音符など、
モチーフを組み合わせて楽しむことができます

のんびり印刷さんから届いたサンプルを
少しだけアップしておきますので
参加する方は何を印刷してみようかなぁと
ぼんやりイメージしていただけたらと思います






文字があって、活字ができて、紙があって

印刷して、本になって、、、
過去にも未来にも想いがつながります

松本の街はとても居心地がよく

北アルプスの美しい山並も見えます 山

松本へ行くには・・・?

新宿から松本まで特急電車が出ています

スーパーあずさで2時間半ほど!
東京にお住まいの方にも
ぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです



 

活版、文字、製本、紙、印刷、文房具
本づくり、ものづくり、あれやこれや
ご興味ある方のご参加お待ちしております






 




お問い合せ、お申し込みは→ヨンネまで
件名「活版と手製本WS」として
内容にお名前ご連絡先、

ご希望の時間(10時 or 14時)

明記の上メールでお願いします 

info@yon-ne.com






 

 

 

・・・
*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→




 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
図書の修理 Q&A





手製本をはじめたきっかけは
図書館で働いていたときに
壊れた本に出会ったことでした

「本を直す」ことを学ぶ、
のではなく
まずは「本をつくる」ことを学ぼう
と思いました

本を手でつくることができれば
本を手で直すことができるようになるのでは

そう、考えました
 

・・


 

●Q&Aについて
西荻窪で開催している
本の修理や手製本講座では
少人数なので質問に個別にお答えできるのですが
図書館等、多人数で開催される講座については
すべての質問にお答えできないこともあります

アンケートでいただいた質問については

講座終了後にまとめてお答えしてきましたが
これまでのQ&Aについて広く共有することで
より多くの方に本の修理について

知っていただく機会になると思いまして

こちらにアップすることにしました

(当該図書館さんの許可を得ております)


※主に公共図書館である図書の修理についての
Q&Aです。
(個人所有の本や文化財の書籍については
保存や修理目的が異なります)

※初心者の方向けのQ&Aになります

前提として
東京都立図書館保存と修理についてのQ&A
しっかり読んでください→

 


 

●本の修理をする上で・・

よくある質問としては
この壊れ方はどう直したらいいですかというものです
答えはひとつではないこともあります
その本の所蔵目的、利用目的、
個人の場合には自分だけの楽しみなのか
子どもに引き継いでもらいたい本なのか
また、図書館の現場においては
どれだけ修理時間を取ることができるのか、など
今後のその本の行方、予算などにより
簡単に直したり、しっかりと直したり
方法が異なってきます

そして、部分的な直し方を何通りか覚えたとしても、
それ以外の壊れ方に出会った場合にわからなくなり
行き詰まってしまうと思います
 

遠回りになるかもしれませんが
中身の綴じ、表紙のつくり方、
中身と表紙の合わせ方、
本の構造の把握、などを合わせて
本をつくることを学びましょう
自分の手を動かしてきちんとつくってみてください
技術不足、理解不足、出てくると思います
ステップアップ、ブラッシュアップしていけば
どのような壊れ方であっても
自分で考えてどのように直したらいいか
わかるようになります





図書の修理Q&A(Qについては原文まま)
・・・・・・
Q 製本について知るにはどうしたらよいでしょうか
A 本をよく見ること。どうやって作られているのか見るだけでも違います。廃棄の本を分解してみるのもよいです。どう出来ているか構造がよく分かります。そのあと、自分でつくってみてください。
 

Q どの程度の破損まで基本的な技術で修理できるのか、修理に際してやってはいけないこと。
A 製本の基本的な技術が身についていれば、ほとんどの本を修理することができます。やってはいけないことは、本に負荷をかけるような直し方です。
 

Q 個々の本に対する修理方法の立て方、どの壊れ本を糸綴じで修理するか、見返しをとって修理するか、あるいはボンド修理で良いとするか、迷う。壊れ具合と、あと何年使いたいかを目安としているが、アドバイスがあればうかがいたい。
A 修理の方法の基本は、元のつくり方と同じようにつくり直す、というものです。糸綴じのものは糸綴じで直す、のり綴じのものはのりで直す、が基本です。ただ、のり綴じについては糸綴じにバージョンアップして直すのがより良いです。見返しを外すのは、中身の背を露わにして、内側から直したい時、です。基本的にはすべて内側から直してもらいたいのですが、短期利用の本や時間的に難しい場合は外側からとりあえず補修という場合もあると思います。また、見返しそのものが破れている時にも見返しを取る場合があります。利用頻度が高そう、長持ちさせたければより丈夫に直して、利用頻度が低そうであったり数年で廃棄されるようでしたら簡易修理、という方向かと思います。
 

Q 長期保存する本と、あと数年使えれば良い本の修理があると思うが、日常的には後者の修理が多いので、そちらの修理について教えて欲しい。
A 長期保存、数年利用の本、そこまで明確に分けられるものではないですが、破れに補修テープを使うか和紙を使うかというのは大きく異なると思います。数年利用の本だとしてもよく読まれる本に関してはきちんと直さないと何度も直すことになり二度手間三度手間になります。基本的にはすべてきちんと直す、きちんと直せば壊れにくいです。
 

Q 簡易修理について
A 簡易修理というのは、わかりやすい壊れ方をしている本にのみ対応できるものだと思います。今回の研修でいえば、文庫本のページが1枚外れている時、などです。のどに接着剤を塗り、差し込む、そんなものが簡易修理かと思います。簡易修理という漠然としたお題ですと答えにくいので、このような回答をご了承ください。
 

Q ページ破れの和紙での補修はどんな紙の本にも使えるか?
A 写真集などの表面がツルッとしたアートコート紙のようなものにはでんぷんのりだけでは和紙が着きづらい場合があります。その場合は、紙の表面を少しやすりでこすってコート面を取ってから和紙を貼るとよいです。
 

Q 無線綴じの本にノコギリで跡をつけて「こより」をうめこむ方法について。「こより」ひとつひとつが本の表紙の内側につく方法はやや見栄えの問題がある。他のやり方はあるか。見返しがついている本ならば、「こより」を見返しの下に入れればよいか。
A 「こより」が表紙の内側についているのは、確かに見栄えがよくないです。見栄えを気にするのであれば、「こより」や麻紐は埋め込まず、接着剤だけで無線綴じのまま直すことになります。または、こよりを背幅と同寸で切ってしまう、など。もちろん、見返しのある無線綴じの場合には、見返しの裏に「こより」を留めれば問題ないです。
 

Q 無線綴じを解体して無線のまま補修する方法のポイントについて。寒冷紗で背固めするのみということか。
A 無線綴じを無線のまま補修する方法は、とにかく1枚1枚の背にあるもとの接着剤を取り除き、ビニダインで背固めすることです。ボンドよりもビニダインの方がページが外れにくいです。また、接着剤を厚く塗らないこともポイントです。厚みで背が重くなります。寒冷紗はなくてもいいです。寒冷紗を使うのであれば、裏打ちされてない寒冷紗のほうが背に馴染みます。
 

Q 背にのりを入れる修理について
A 難しくはないのでぜひやってみてください。そのために、練習として無線綴じやあじろ綴じ、自分でつくってみるとよいです。構造の理解と、接着剤の量など確認の上、実践してみてください。
 

Q カタログなどに載っていない修理道具(例えば糸の細いもの)の入手方法
A 麻糸がよいので、麻糸専門店ラミノはどうでしょうか。キハラ、リーブル、まるみず、など製本道具や材料を扱っているショップも参照してみてください。ラミノ(→
 

Q 糸綴じをしている際に糸が足りなくなった際の糸のつぎ方について
A 折丁を多く綴じていると必ず出てくる糸継ぎです。『はじめて手でつくる本』ヨンネ著のp38 25−29を参照ください。こちらも参照ください(→
 

Q 雑誌『こどものとも』などの修理について(表紙と中身がはずれてしまうので、大きなホッチキスでとめてあります。)
A もとの構造はどうなっているか、よく見て確認してください。中身と表紙の合わせは、背の部分とノド5mmほどが接着剤で着いているかと思います。同じように着けてください。できればホッチキスは外して、糸で中綴じをして綴じ直すとよいです。より丈夫に直す場合には、表紙も中身とまとめて一折中綴じの綴じ方で糸綴じすれば中身が外れにくいです。
 

Q リンクステッチについて
A リンクステッチは、一本の針でかがる支持体のない綴じ方になります。『はじめて手でつくる本』P68 アルバム製本の綴じ方をリンクステッチにして紹介しています。ここに掲載しているのはアルバムなので折丁が普通の本の折丁が異なりますが、折丁の理解があれば綴じ方はそのまま参考になると思います。
 

Q 図鑑のページが取れた時の修理方法について
A 図鑑のページがとれた時のやり方ですが、糸が切れてしまっているか、切れてないかで変わってきます。切れてなければ背固めのノリが弱っているので、できるだけ背中側にのりをつけて折丁間の外れを接着します。糸が切れてしまっている場合、パピヨンかがりで綴じ直すといいと思います。
 

Q 水濡れしてしまったページの直し方(状態の改善方法)などについて
A 水濡れ、全体に濡れてしまった場合、一部分の場合で異なりますが、とにかく水分を取るしかないです。最初にリンクした都立図書館のQ&Aをみてください。
 

 


お悩み Q&A

Q 文庫本がすぐに壊れてしまうこと。
A 文庫本に関しては無線綴じですので、講習でもお伝えしたように、一度中身と表紙を分けてから、中身の背に切り込みをいれ、「こより」か、麻紐を固定する方法で直すとよいです。
 

Q 修理ボランティアへの依頼の仕方がうまくボランティアの方に伝わらず少し困っている。
A ボランティアさんへの依頼の仕方について。まず、修理する本を分別することからしてみてはどうでしょうか。貸出が多いから早く直したい本、遅くてもよい本、破れを直す本、背を直す本、などその本の修理の重要度、修理箇所によって分けてから依頼を出してみては。
 

Q ボランティア時間や量、道具等により細かい修理ができない可能性がある小学校の保護者などの、ボランティアさんの講習向けにはどういう風に説明したらよいか? 
A ボランティアさんに講習をするには、まずは自分が修理をできないとですよね・・。勉強する時間も少ないと思いますが、修理の本を読むだけでもより理解できます。また、ボランティアさんの中にもベテランさんがいると思いますので聞いてみるのもいいと思います。
 

Q 真っ直ぐ切ったり折ったりするのが苦手なのですが。
A 真っ直ぐ切るのは、身体との関係性もあります。定規をしっかり置き、定規に沿わせてカッターを真っ直ぐ奥から手前へひきます。座らずに立って切ると力も安定します。カッターは鉛筆持ちが安定します。紙を折るのは、ヘラなど道具を使うと力がしっかり入ります。どちらにせよ何回も紙を扱い、紙と仲良くなることが大切だと思います。


 


【参考】
・糸の留め方 
太い糸の場合、『はじめて手でつくる本』P9 8−14参照
細い糸の留め方、『はじめて手でつくる本」P29 7−10参照


・二折以上の糸綴じ
これはパピヨンかがりという、和綴じの列帖装の綴じ方を洋装本にアレンジしたものです。栃折久美子著『手製本を楽しむ』(大月書店)P62参照
パピヨンかがりは様々な糸綴じ方法のなかで、機械綴じに1番近い綴じ方になります。

・綴じ糸の継ぎ方
『はじめて手でつくる本』p38 25−29参照
こちらも参照ください→

・基本の角背の表紙
『はじめて手でつくる本』P30 20―53参照

 

 


 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→



 

 

 

 

 

| 図書の修理Q&A | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
mondobooks enjoyed 不忍ブックストリート一箱古本市






太陽4月29日(日)
不忍ブックストリートの一箱古本市に(→
monodobooksとして参加しました






出店場所は、根津教会 教会 

 

・・mondobooksとは
図書館司書の同僚と始めた
世界の食事を楽しむモンド部という部活から
勝手に選抜?自然と集まった4人が
2007年の一箱古本市に

参加したことで生まれました
数年後にmondobooksにユニット名を変更
ゆるゆると活動している古本部なのです・・


 




結成11周年目に入ったmondobooksですが
不忍ブックストリートに参加し続けてこの10年

同じ出店場所だったことがありません!
そしてここへきて、、、
2回目の出店場所に当たりました〜
おおー

とはいえ、以前は通り沿いでした
今回は、教会の中へ入って、
奥へ奥への、中庭にて!

 

 




ゆったりとした時間の流れと
喧噪からは離れ落ち着いた空間・・

静か・・お客さま来るのかな?

というスタートでしたが
なんだかんだで盛況のうち、終了しました


『はじめて手でつくる本』は
毎回新しい方に渡っていき、嬉しい限りです
 

 

 



スタッフの皆さま
お会いした皆さま
ありがとうございました!!

 

 

 

 


 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 


 

| 古本まわり | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018本の修理と手製本講座、角背とドイツ装vol.1&vol.2でした





本の修理と手製本講座
基礎1と基礎2
それぞれ全6回がはじまりました




太陽さんさん!
テーブルは3つで、スタート








基礎1は、はじめての方向け
とはいえ、作業、覚える内容、
基本的なことを詰め込んでいるので
モリモリとあります

 

 






素材となる本をまずじっくり観察
そして構造を確認しながら解体、
折丁、扉、見返し、表紙、どうなっているか?
そして組み立て直すにはどうしたらいいか、考えます








基礎2については
基礎1からのステップアップ
表紙の再生、目引きの方法、表紙の仕立て方
少しづつ新しい要素を加えて
本を組み立て直し、製本します

 

 









基礎3でお休みしていた方もいらして
振替レッスンもしました
中身の綴じ5種に
ソフトカバー、ハードカバー5種
綴じと表紙の構造を変えながら
いろんな製本方法に対応できるように
手製本しました

 

 

 

 

 

 

 

 


・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
出張!ヨンネ手製本講座






出張!ヨンネ手製本講座
というわけで、
とあるお宅へお邪魔しました






昨年も文庫本をハードカバーに改装したメンバーです
関西からのお客様とお友達〜おかっぱ




今回は、大人気のLIFEのノート
L!FE手帳をハードカバーにしたい、
使いたい紙もあるのだけど、などなど
こだわりの1冊に改装!ということでした



ライフのノート、私も使ってます
特にこだわりのない私ですが
一折中綴じ、糸綴じ、罫線の印刷方法
など、注目すべきノートで、好きです





・・・
まずは、一折中綴じのノートを解体、
見返しをつけて、寒冷紗をつけて、
自分の手で、中綴じ製本し直します





表紙は2mm厚の心材をカット
前回の文庫本改装の時は、
基本のくるみで製本しましたが
今回は、ドイツ装仕立てにします
素材がいろいろ使えますし◎

ということで
組み合わせどうする
この紙、接着剤つかない!!など
ハプニングもありつつ
あーだこーだ、と進みました
 

 

 



(背を金きらりにしちゃおっかなぁ…)





組み合わせが決まって
ドイツ装の表紙が出来上がったら
中身と合体させます





(溝と背にボンド、、、)と言っている

 

 





中身を合わせる時のポイントは
背から差し込まない、こと
平のほうに中身を置いて、チリのバランスを見ます





 

反対側の表紙も合わせてから
中身を奥へ差し込んで
天地、小口のチリを改めて確認
全体的なバランスを確認、
位置が決まったら、溝を押さえて中身に固定
さらに溝に麻紐を巻きつけて固定



気にかけること、いろいろあるんです
さいごのさいごに
失敗しないように・・・






で、見返しを貼って、プレスしたら!
完成です!

上:平(裏打ちクロス)背(和紙)
  見返し(玉しききっか)
中:平(ダイヤボード)背(タントセレクトTS-1)
  見返し(玉しききっか)
下:平(ミランダ)背(和紙)
  見返し(タントセレクトTS-3)








封筒も入れたいのだけど・・・
というご要望もあったので
封筒に和紙の足をつけて綴じ込みもしています








手製本してみたい!
ノートつくってみたい!
ご要望いただき、ありがとうございました




※写真提供:参加者の皆さま








・・・

ご自宅への出張手製本講座、ご相談ください
内容についてはご希望に合わせて
人数は3人から、お願い致します
1人〜2人の場合には要相談にて

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→









 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at イルフ童画館 でした







快晴太陽
やってきました、長野県岡谷
(特急スーパーあずさ、
新型車両になっていて快適でした、よ)








イルフ童画館は
開館20周年ということで
武井武雄クロニクル展を開催中です(→

その展示にあわせて
イルフの学芸員さんが
数ある刊本作品のなかから『胡蝶散策』の
かたちを皆で手製本してみよう
という企画を立ててくれました

あの!印刷もカタチも美しい『胡蝶散策』です
(これを機会に私も古書で購入してしまいました にやり

ワークショップ用に素材も試したり、アレンジしたり

秩もやってみようか、などなど
試作を経ての、当日〜

 

 

 


多くの方にご参加いただきました







中身をつくって表紙を合わせる
綴じは平綴じにて
というシンプルな造りなのですが
胡蝶にするための斜めカット、、、
作業工程が増える、というわけです







秩についても、同様
斜めカット、そして並べ方の手順
作業手順を間違わないように、、、






3時間ほどかかるだろうな
とは予想していたのですが
大幅にオーバーしてしまいました

ご参加いただいた皆さまには
最後までお付き合いいただき感謝しきりです

 


 

 

 

懇親の1冊ができました◎








『胡蝶散策』と並べてみたり




実際の刊本作品を自分の手で作ってみることで
見えてくる世界もあると思います
簡単そうに見える斜めのラインや
本と秩の組み立て方、工程、手順など

武井武雄の刊本作品は
お話、アイデア、伝統や民芸、デザインなど
武井武雄のすべてが詰まっているとも言えます
そんな刊本作品を
製本部分だけでもなぞってみることで
武井武雄の情熱を少しでも
みんなで共有、確認できたのではないかな
と思いました
すごく楽しかったです!!






ご参加いただいた皆様
イルフ童画館、館長はじめスタッフの皆さま
本当にありがとうございました






・・・こちら、午前中、案内していただきました
岡本太郎(大好き!)も絶賛したという万治の石仏

諏訪大社から矢印で案内が出ています

確かにこの石仏の造形もインパクト大ですが
ちょうど石仏の周りに田植え?の準備なのか
クワで土を掘り返していらっしゃる方がいて
それを含めた周辺の田畑、野草、川の流れ
風景がとても印象深かったです、よい場所でした◎





*6/24(日)刊本作品の手製本をつくってみよう
同じ内容にて、西荻窪アトリエ・ハコさんで開催です
詳細→


・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文庫本をハードカバーに改装する手製本教室でした at 本屋B6B(下北沢)






かようび!
下北沢の本屋B&Bさんにて
文庫本をハードカバーに改装する手製本教室でした




昨年末に移転されたB&Bさん

とはいえ、下北沢なのは変わらず
同じく駅近、ライブハウスCLUBQueのあるビルです







ご参加いただいたのは5名様
みなさん、はじめての手製本

手製本の基本と紙のこと、道具のことなど
知っていただきながらの、作業〜







3時間もあっという間に過ぎてしまいます
できました◎

 

 






これを機会に読もうと購入した本
積ん読になっていたけど上製本にして読むぞという本
映画を観たから原作読んでみようと思った本
お父さんから唯一もらったという思いの詰まった本
などなど、、、




ご参加いただいた皆さま
本屋B&Bさん
ありがとうございました


次回、B&Bさんでは
冊子づくり、ノートづくりに幅を広げる
糸綴じ手製本をやる予定です(7月です)

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文庫本をハードカバーに改装する手製本講座でした at あおば堂さん





谷根千、広いです
谷中、根津、千駄木
お世話になっているエリアですが
地下鉄でポンっと出たり、
上野や日暮里、鴬谷から歩いたりして
あ、ココとココがつながっていたのかと
道の繋がりにいつも発見があります


そんな谷中に新しくできた古本屋
あおば堂さんにて
文庫本をハードカバーに改装する手製本講座を
開催させていただきました






・・・


文庫本は好きな本をお持ち込みいただいています


毎年夏になると読むという『TUGUMI』や
この作家嫌いなんだけどお話はよかった
という本も・・(私も嫌いだけど、読んだことはない人)
みなさんの持ち寄り理由を聞きながら
本の紹介をしていただくのもまた
おもしろいです◎








路面店なので、道ゆく人、お散歩する方々が
覗き見していく景色も楽しかったですね

 

 






できあがった文庫本はこちら
表紙の布も、好きなものをお持ち込みいただいています






花布と栞紐もしっかりつけての上製本!





ご参加いただいた皆さま
あおば堂さん
ありがとうございました



 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
左右社青山地下スクールにてヨンネ手製本講座でした(全7回)






2月からはじまった
左右社青山地下スクールでの
ヨンネ手製本講座全7回が終了しました


平日夜の連続講座で
和本と洋本をつくりながら
本の構造や綴じについての基本を学びました

和本(大福帳、判取帳、折り本、四ツ目綴じ、列帖装)
洋本(一折中綴じ、複数折り本かがり、上製本、ドイツ装)
その他(布の裏打ち)


手製本が身近なものになれば嬉しいですし
紙を糸で綴じることの良さや喜びが
伝わればと思っています





・・・

vol.1 手製本の基本や、中綴じ






vol.2 大福帳、判取帳、折り本(御朱印帳)









vol.4 列帖装と裏打ち


 

 







布の裏打ち
難しくはないのですが
ポイントを押さえないと失敗につながります
アイロン接着でお手軽にできる裏打ちもありますが
紙の裏打ちにも通じる基本のことなので、ぜひ
本の修理の際にもとても役立つ技術です

 

 





vol.5 一折中綴じハードカバー

自分で裏打ちした布を表紙に使いました






vol.6 複数折り、本かがり


折丁が重なる時の基本の綴じ方、
本かがりで中身をつくりました





vol.7 上製本(ドイツ装仕立て)

こちらも自分で裏打ちした布を表紙に仕立てました

 





週に1回、毎週続くとあっという間です
みなさん、お仕事帰りに手を動かしていただき
おつかれさまでした!ありがとうございました!




次回、左右社青山地下スクールでの
ヨンネ手製本講座全7回は
今回と内容が異なり募集する予定です
7月〜8月になります

基本を踏まえながらの
革装、箔押し、ペーストペーパーづくりなど
より広がる手製本をつくります
(左右社青山地下スクール→






・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→




 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カラフルに綴じる手づくりノートワークショップでした






4月、はじまりましたね

初日のイースターの日にはたまご
無印良品有楽町店にて
カラフルに綴じる手づくりノートWSでした









折丁を増やす綴じ方はすこーし難しい?
一折だったら簡単?
それだったら
一折中綴じをまずは覚えて
中綴じだけで折丁を重ねてみよう
中身と表紙を一緒に綴じて・・・
そんな内容です

 


穴の位置も自由になるのでさらに自由に!
綴じ穴を思いのままに出たり入ったり
いろんな模様が生まれました


親子でのご参加も多く
子どもの自由さ勇敢さに触れることができ
私も楽しませていただきました

ご参加ありがとうございましたひよこ









・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→






 

| 講座やワークショップの様子 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 6/96PAGES | >>