top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
4/1(日)カラフルに綴じる手づくりノート at 無印良品有楽町

 




4月、無印良品有楽町にて
手製本ワークショップを開催します


 

 

 



   カラフルに綴じる手づくりノート
      at 無印良品有楽町




日時:4月1日(日)
   11:00〜12:00
   14:00〜15:00
   16:00〜17:00
 

参加費:1500円

定員:各回10組様
   6才以上のお子さまとその保護者さま2名1組
   12才以上はお一人でのご参加も可能です
※針や目打ち、ハサミを使います


場所:無印良品有楽町3F OpenMuji

持ちもの:特になし


・・・・・・・・




紙を糸で綴じてノートをつくります
色糸を使って華やかに紙を彩り

新学期の準備をはじめてみませんか
 

 

糸綴じの方法は

絵本づくりやアルバムづくりなど

手製本に活かすことができます

子どもから大人までどなたでも

ご参加お待ちしております




お問い合せ、詳細は
無印良品イベントページ→


終了しました


 

 

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→






 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はじめての九州、福岡、博多

 

 




未踏の地、九州地方・・
行ってきました


2017年12月のことです



羽田から福岡へ、空の便にて
福岡空港からは、
電車で2駅!!という博多へ

はじめての、九州
街を知るには歩くのが1番


大都会!なので
はじめの1時間ぐらいは
福さ屋の看板たらこ
九州なのね、と思う・・






それにしても、博多は広い
大通りの裏を歩くと、銭湯も




しんばし?








・・
さて、今回の目的は
福岡市総合図書館で開催されている
上野英信展です

きれいな図書館
ヤフードームの先にありました



図書館内の1室にて

 





そして展示は2会場
こちらは、福岡市文学館




赤煉瓦の、歴史ある建物




上野英信、恥ずかしながら知らなくて
この展示は、組継ぎ本の講座でお世話になっている
前田年昭さんから教えていただきました
図録には前田さんの寄稿もあり
また前田さんの奥さんが企画された展示です

上野英信の書き原稿や資料の展示に加え
著作本や関連本を手に取ることができるのも良く
とても丁寧な展示でした


岩波新書から復刊された本で予習をしておきました
『地の底の笑い話』『追われゆく抗夫たち』

図録は充実&かっこいい










・・・
展示が目的だったので
その他はどうしようか
やはり古本屋と喫茶には行きたい





・・
古本屋さん


・徘徊堂

よい佇まい!
店内は、積み本がどっさり
通路がないぐらい・・
そんな積み本をひょいと持ち上げて出てきたのは
ちょうど先日友人におもしろいよ
と言われた『観光』ハヤカワepi文庫・・
教えてもらっていなかったら
スルーしてそうな表紙なので、びっくり!
これは出会いと購入







・入江書店

角に立地、入り口が2つ




堅実な品揃えで、入りやすい◎
周辺は、古着屋や雑貨屋など
お洒落なお店が並ぶエリア


 

 


茶色い古本を購入

 








・本々堂

やってなかった〜!!残念







古本屋さんで買ったもの










・・

新刊書店は
有名なブックスキューブリック
けやき通り店






老舗の福岡金文堂も



 

 

 


それぞれ1冊づつ、買いました◎













・・

喫茶はこちら

・ロジン




忙しいお昼時、ナポリを注文
ナポリタンではなく、ナポリ!です
珈琲を丁寧に淹れる
優しそうな年配のマスターが印象的でした



 

 





・風街
ムッシュムニエル?

すごく気になったけど
腹いっぱいだったので、入店しておらず




・ロンリン

徘徊堂へ向かう途中にあります
ここも未入店ですが、気になります!





・トニーワン

六本松という駅で
前田夫妻と待ち合わせした時のこと

早めに駅に行ってみると
駅前はピカピカのTUTAYAやカフェ
この建物は違うなぁ・・・と
反対側の静かなエリアに踏み込みました

 

そこで出会ったのが、トニーワン!



昭和レトロだーわいわい!

写真に見える2つのカップは
派手な年配の女性と
パンチっぽい頭の男性
(夫婦?関係が不思議な感じ)が
さんざんお喋りして立ち去ったあとです・・
それも含めて、入店時のインパクト大



モーニングを

2人の女性が店主でして
帰り際にマッチを求めると
また来てね、とおっしゃてくれました
また来ることができるかわからないけど
はい、と答えつつ
福岡来たらまた必ず!と心の中で強く思いました

 

 

 

 

 

・フジスエ珈琲

トニーワンの近くにありました

オープンは夜みたい?

 

 

 

 



・屋根裏 獏

2階にある喫茶店
隠れ家のような雰囲気ですが
平日昼間にも関わらず
若者、大学生?たちで賑わっていました
このお店のある通りは
親不孝通りというらしい・・
 

 

 

 




 

 




・・
その他


宿泊したゲストハウスの近くに櫛田神社があり
夢野久作「押絵の奇蹟」で押絵が奉納される神社!
そうだそうだと思い出し、朝参り



 

 





 




・電車
太宰府行き、というだけで
ちょっと興奮、色もかわいす






はじめての食べ物、おきゅうと
海藻を固めたところてんのような、
つるんとほろんの間の食感




 

 

博多ラーメンは
屋台とお店にて2ラーメン








写真がないのですが
上野英信展の企画に携わっている前田夫妻の案内で
活版印刷の文林堂さんを訪ねることもできました

 

活版のお仕事も続けつつ

新しい方法をどんどん取り入れ
印刷と製本のアイデアが次々湧いてくる
職人山田善之さんのお話は

とても刺激になりました
・文林堂→






・銭湯は、鶴亀湯にて
Lの字形の浴槽、不思議な間取りでした風呂


















 

 

| 日々のこと | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
糸で綴じる小さな手製本講座でした




2月24日(土)
西荻窪アトリエハコさんにて
小さな手製本講座でした



中綴じ、リンクステッチ(1本針かがり)
シークレットベルジアンバインディング

すべて糸で綴じてつくります
中身はお話が読めたり、ポケットがあったり

表紙には紙や布、革などを使い

表情もさまざまな豆本ができあがります


 


・・・午前の部








・革装の豆本づくり
中身を綴じ終わり、表紙へ
革を扱うには、漉く作業が加わります







・シークレットベルジアンバインディング
応用編の綴じ方ですが、難しくはありません
綴じた糸は隠れることなく
丸見えの状態なので、復習もしやすく◎
これをさらにアレンジすれば、作品の幅も広がります








できあがり!

革装の豆本
糸綴じ:リンクステッチ(1本針かがり)
表紙:1mm厚ボール紙、革装

ヨンネ豆文庫
糸綴じ:中綴じ
表紙:1mm厚ボール紙、紙表紙





秘密のアルバム
糸綴じ:シークレットベルジアンバインディング
表紙:2mm厚表紙、布装

左端の豆本は、アルバム製本
(特別にオーダーレッスンでした・・)





 

 

 

 



・・・


さて、午後の部

午後は、平綴じの豆本が加わります






革装の豆本のサイズは
約30mm×25mm
小さいけれど、作業しやすい大きさです
本文紙は、ロシア語の本のページを使っています

目引き中・・・











・・・

いろいろ、
できあがり!!



切手を入れる豆本
糸綴じ:平綴じ
表紙:2mm厚ボール紙、布装








革装の豆本
午後の方は、箔押し装飾も◎
左のaのようなqのような文字は
ロシア語で「I」、私という意味とのこと




★北斗七星!
みなさん、お上手です





赤い糸で目立たせて◎







ご参加、ありがとうございました
手製本、豆本、糸綴じ
紙、布、革、糸
ひとつの綴じ方や表紙のつくり方を
覚えるだけでも
アレンジすれば
表情を変えて本をつくることができます
もちろん、どれも本の修理に役立つ綴じ方です


・革装の豆本アクセサリー
・切手を入れる豆本
については
『はじめて手でつくる本』に紹介しています
ぜひ、ご自分でもつくってみてください(→

質問もお気軽にメールいただけたらと思います

info@yon-ne.com






・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→


 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4/17(火)文庫本をハードカバーに改装する手製本講座 at 本屋B&B(下北沢)

 




昨年末に新店舗となった
下北沢の本屋B&Bさんにて
手製本講座を開催することになりました

平日のお昼ですが
Book & Beerなので
ビールも飲めます・・・よ

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  文庫本を改装する手製本講座
   at 本屋B&B(下北沢)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:4月17日(火)  
   13:00〜16:00

参加費:4800円+ドリンク代500円 

会場:本屋B&B(→
   〒155−0031
   東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
   03-6450-8272


持ち物ばらしてもよい文庫本 1冊
    表紙にしたい布(できれば綿)20センチ×30センチ 1枚


定員:6名様 

 

終了しました
・・・・・・・・

 

 


好きな文庫本を、好きな布で
ハードカバーに改装してみませんか
見返しや花布、スピンの組み合わせを楽しみながら
角背の表紙づくりの基本を学ぶことができます


お申し込みは、B&Bさんへ
(告知ページ→





●5/27(日)、こちらもあります

文庫本をハードカバーに改装する手製本講座

西荻窪アトリエ・ハコにて→

これまでの講座の様子はこちら→




 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理 編み物本




本の修理をしました

 



編み物本・・・
の、とじ込み付録のようです
『模様編500種』ゴム編み模様と図案集


とても丁寧に編み方、図案が紹介されていて
レトロのようだけどモダンだな
とも感じました
編むのは難しそう〜!
 



ご依頼主さんは
幼い頃、お祖母様から編み物を教わったそうです
編み方は頭の中にしっかり残っているけれど
時々、この本を振り返ることもあるとか・・
ボロボロなのが気になっていたとのことで
修理をご依頼いただきました







・・ビフォー

本の構造は、
糸綴じの見返し有ソフトカバー


表紙には端の欠けや破れなどがあり、
​背表紙が壊れ、タイトルが少し残っている状態



 

 

 




中身は、糸の切れ、
ページ破れ、折れや欠け(↓最もひどかったページ)









・・
修理方法
まずは、折丁毎に解体していきます

破れは和紙で補修します
折れについては、水で延ばし
そのままプレスしてしっかり乾かします
欠けたところも和紙で補修


再度折丁にまとめ、背を和紙で補修します





糸かがりで綴じていきます(今回はパピヨン綴じ)

 

 


綴じ終わり

 

 

 

 

 





・・アフター
表紙(見返しに広告ありでそれも補修)と
中身を合わせて、完成です






表紙も欠けがあり、和紙で補修しています
(見た目を整える彩色はナシ)






背がなかったので、ドイツ装方式で
洋紙で新しい背をつくりました






破れ欠けがひどかったページ

 


 

 






ご依頼、ありがとうございました





・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
目的やご希望の素材や予算に合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com

 

 

 

 

 

 

| 本の修理あれこれ | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年 本の修理と手製本 基礎4(修理実践や丸背改装本etc)




2018年
手製本基礎講座4のお知らせです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本の修理と手製本
 修理実践や丸背改装本2018
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


手製本基礎講座1〜3を終了した方が対象となります
(参照→

日程:2018年度
   5/27(日) 10:30〜13:00
   6/24(日) 10:30〜13:00
   8/26(日) 10:30〜13:00
   10/28(日) 10:30〜13:00
   11/25(日) 10:30〜13:00

※場合によっては14:30〜17:00
という午後の回あり、要相談にて

受講料:¥15000/3回
    ¥24000/5回
    ¥45000/10回

※材料など持ち込みの場合あり
※基礎4を受講される方は
その他の単発講座の参加費が500円引きとなります

 


会場:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

・・・・・・・・・・・・


基礎講座4ということで
基礎という名ですが、応用編になります
1〜3を終えた方のステップアップとして
自由にやりたいことができる内容です

直したい本を直したり(修理実践)
改装したい本を丸背の革装に改装したり(丸背改装本)
今までの復習をしてみたり
つくりたいものを相談しながら
ひとりひとりに対応します


つくりたいもの、個人のペースなどによって
レッスン回数が異なります
自宅でできることは
作業を宿題にすることもあります


上記日程の中で毎回でも、時々でも

という自由なペースで進めます

2019年度もも予定しています




本の修理実践






丸背改装本、半革装、スリップケース付


 

 



 


お申し込み・お問い合わせは
→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座4」とし
お名前、ご連絡先

手製本したい内容を簡単に明記の上

メールでお申し込みください
info@yon-ne.com

 


 

 

 

・・・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理 国産機械図集




本の修理をしました
なかなか特徴のある本でした





『改訂国産機械図集』昭和13年刊







・・ビフォー

ハードカバーのようだけれども
ミゾがなく、チリもありません
背表紙は外れています







巻き見返しといって
最初と最後の折丁に見返しを巻きつけてあります




1折目、反対側




糸で綴じてあるとはいえ
古いことと、紙の重さと表紙が合っていないこと
それからなんといっても
紙の目が中身も表紙も逆目!のこと・・あらら
紙の目だけは直すことができません
 

 

 





・・・お直し

中身と表紙を分けて
折丁毎にわけ、背をきれいにしました
だいぶ汚れていました・・





背を和紙で補修し、
平ヒモを支持体とした本かがりで
綴じ直しました

また、巻き見返しの特徴的な構造は
丈夫な面もあるので、活かしました
そのかわり、
きき見返しをただ貼りつけるのではなく
表紙も一緒に綴じける構造にしました


↓クラフト色部分は表紙になります

 

 







・・アフター





背表紙はクロスで




表紙ごと綴じつけています
背には空きをつくり動きやすく












 








ご依頼、ありがとうございました





・・・・・・・・・・
本修理の方法は
1つだけではありません
目的やご希望の素材や予算に合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com





 

| 本の修理あれこれ | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本講座 at 四谷図書館






昨年に引き続き
新宿区立四谷図書館にて
手製本講座を開催しました


御朱印帳をつくりました





折り本という和本のひとつでつくります

御朱印帳として御朱印集めにももちろん
サイズや素材を変えて
自分好みのスタンプ帳やアルバムとしてなど
使い道はいろいろ、です


手製本の基本も含まれています
紙の目、紙をヘラで折る、
でんぷんのり、のりを刷毛で塗る
などなど

たくさんつくって楽しんでほしいですし
友達にもつくり方を教えてあげてほしいです

手製本が広まりますように


 

 


・・・
ご参加ありがとうございました





 

| 講座やワークショップの様子 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3/10(土)かわいい童話の豆本をつくろう at 無印良品有楽町

 

 


春ももうすぐ、でしょうか
3月、無印良品有楽町にて
手製本ワークショップを開催します
今回は、豆本をつくります
 

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 かわいい童話の豆本をつくろう
    at 無印良品有楽町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


日時:3月10日(土)
   10:30〜13:00
   14:30〜17:00
 

参加費:3500円

定員:各回8名様

参加対象:12歳以上
※小学生は保護者同伴で参加可能、サポートお願いします

カッターやはさみを使います


場所:無印良品有楽町3F OpenMuji

持ちもの:特になし


・・・・・・・・




中綴じ、という方法で
お話を印刷した紙を糸で綴じます
厚紙の表紙をつくって中身と合わせ
ハードカバーの豆本ができあがります

お話は、かわいい童話2つです
『キャラメルと飴玉』夢野久作
『大きな蝙蝠傘』竹久夢二

2冊分の材料をお渡ししますので
1冊はワークショップでつくり
もう1冊はお持ち帰りいただき
ご自宅で製本してみてください


お問い合せ、詳細は
無印良品イベントページ→



 


 

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→






 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本講座 at 横浜市立図書館





横浜市立図書館にて
図書館司書さん向けの
本の修理講座を開催しました








公共図書館、学校図書館、大学図書館
それぞれに所蔵の目的、利用の目的、装備の仕方など
違いがあるので悩みもいろいろです



概論として

製本の知識や本の構造についてなど
お伝えしてみました
「直す」ことだけではなく、本をよく「みる」こと
どうやってできているか、どこがつながっているか
など

それから少し実習を・・・

和紙をつかって直す

糸綴じの方法、のりの使い分け

などなど

 

 


お声かけいただき

ありがとうございました!





せっかくの横浜・・
通りがかった古本屋さんへ





夜の野毛は魅力的です





ここらへんは、改めて訪ねてみたいところ

 

 

 

 

 




 

| 講座やワークショップの様子 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/91PAGES | >>