home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

手製本依頼*観世流謡曲百番集





本の改装、オーダーうけたまわります


ということで
今回は、修理というよりも
自分好みに改装する
というご依頼でした




お預かりしたのは
『大成版 観世流謡曲百番集』昭和32年発行

ご依頼主さんは、能を習っていて
能のお稽古に、この本を使うそうです





函から取り出すと、このように・・・ん?
不思議な表紙・・

革装なのですが、チリが15mmほどあって
中身のサイズで折れ曲がっています

表紙は、中身を保護する役目があるとはいえ
このようにチリで包み込むような表紙は、はじめて見ました


包むように保護されていたため、中身はきれいなのですが
表紙の折れ曲がる部分の擦れ、摩耗、欠損がありました

函の大きさも、中身のサイズではなく
表紙を折れ曲げて収納するとぴったり、なサイズでした




見返しは、のどの破れなどもなく
本文も、ページ外れなど、なし




ですが、見返しと本文は、外れています
平ヒモを支持体にして、糸綴じされている本文のようです





・・・

さて、これをどうするか

ご依頼主さんの要望は
表紙を新しい革でつくりなおしたい

そして、見返しを
この和本の表紙の柄にしたい↓

ということでした
この鳥の表紙の和本も、これまた謡曲の本ということです





・・・
今の表紙を修理するよりも
新しい表紙に取り替える方が、簡単ではあります

なんとなく、もったいないような気もしますが
古い表紙を取り払い
新しい革の表紙にしました、完成◎


さてここで、この不思議な表紙


・・・・・・・・・
ちょうど修理が終わった数日後
日比谷図書館で行われている
ブックデザイナー祖父江慎さんの
展示&トークショーにいってきました

そこで・・・
この表紙を知りました!
それは、古い聖書の表紙でした
「垂れ装」と書いてあって、膝をポンッ、と
「垂れ革」という表記も・・・
なるほど、垂れ装というのか〜!
と、名称を知ることができて、収穫

祖父江さんは、夏目漱石の装幀を試行錯誤していて
その中に、この垂れ装を実験的に取り入れたものが
展示してありました
それは・・・裏打ち寒冷紗を垂れ表紙にしたもの!

いやいや、収穫&驚き、でしたね

製本用語集にも
「垂れ革表紙」載っています(→

書誌学を勉強すれば、出てくるのかな
兎にも角にも、本にまつわる展示には
できるだけ足を運んだほうが、いいですね
・・・・・・・・・・・・・




見返しは、あの和本の表紙と裏表紙を
裏打ちしてつなげて使いました

鳥が中心に集まってきているようにしてほしい
ということで
もとの生成色の表紙より、こちらの方がいい感じ

支持体の平ヒモもは、そのまま見返し裏へ貼りつけました
寒冷紗とクータで、背の補強も




垂れ革表紙も、しっかりと?折れます





この表紙、保護するためといっても
折れ曲がって表紙の損傷が進むのは困るな
とも思っていたのですが

こうやって本を開いたときに
チリが額縁のようになるのは、いいなあ、と思いました
本に書かれている文字が際立ってくるような感じ

和本のように、横置きで保管すれば
チリの損傷は少ない、わけですし

ご依頼主さんも、こうやって見開いた本を見ながら
能のお稽古をする、と言っていました、ふむふむ




謡曲、おもしろいです
身体の動きと、台詞?が書いてあります







見返しに使った和本の表紙に厚みがありましたが、
もとの函にも、収まります





函の小口側が少し開いてしまっていたので
これは、柔軟性のあるボンドで固定しました





ご依頼、ありがとうございました





今までの手製本のご依頼→
本の修理→


*******
1冊からの製本依頼、改装依頼
また、壊れた本の修理
うけたまわります 
ご相談ください

お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください


古本と手製本ヨンネ
植村愛音
mail→  info@yon-ne.com
*******






 
| 手製本うけたまわります | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本依頼*辞書の改装




1冊からの改装、うけたまわります


というわけで、受け取った本は
こちらの国語辞典、ポケットサイズ





まっさら、きれい
まったく損傷ありません





この辞書を、革装に改装したい
というご依頼なのでした

読書量の多いというご依頼主さん
スマホで言葉を調べていたそうですが
きちんと辞書を引こう!と思い
この辞書を購入されたとのこと
持ち歩くなら、お気に入りにしたい
ということで、革装に・・・
本への愛が伝わってきます



・・・

遊び見返しには、インデックスがあります

見返しは、のどから剥がしてしまいますが
この遊び見返しだけは
和紙で足をつけて、本文へ綴じ込めば
残すことができます





辞書はきれいな糸かがり
寒冷紗はついていませんでした








・・・


ペラになった遊び見返しに足をつけて
本文へ綴じ込みました

それから、中身を保護するためもあり
表と裏にギャルドブランシュをつけました







背には、寒冷紗もつけて、丈夫に
また、
背の負荷を軽減するため、クータ(紙筒)もつけました







完成です

タイトルは、マット金で、箔押し





ご依頼、ありがとうございました






今までの手製本のご依頼→
本の修理→


*******
1冊からの製本依頼、改装依頼
また、壊れた本の修理
うけたまわります 
ご相談ください

お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください


古本と手製本ヨンネ
植村愛音
mail→  info@yon-ne.com
*******





 
| 手製本うけたまわります | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本*紅型染めの結婚アルバム




結婚誓約書の
ご依頼がありました◎


どんなカタチがいいのか、打ち合わせ

誓約書は1枚の紙だけれども、アルバムにもなるように
表紙は布装で、立てて飾ることもできるように
など、いろいろ出てきました

そして素材を決めなければなりません
まずは顔である表紙、どういう布を使いたいか
何かぱっと明るいものを・・

うーん、どうしようか

ご依頼主さんは、鳥が大好き
そして挙式は沖縄で
ということだったので・・・

そうだ!
紅型染め作家の紅若菜さん(→)の布はどうだろう
ということになり
鳥の描かれたヤンバルクイナの紅型に決まり
布が決まれば紙も決まって・・






結婚誓約書&アルバム、できました!

蛇腹のアルバムです
片側だけリボンをつけました
結んでおけば、本のようにめくることもできます




表紙を開くと、誓約書があります

(このページは、ご依頼主さんのご友人がデザイン)






紅型の色にあわせた蛇腹のアルバムです







どんな思い出が綴られていくのか、楽しみですね


紅若菜さん、すてきな布を制作していただき
ありがとうございました

ご依頼主さん、いつまでもお幸せに・・・◎










*******
1冊からの製本依頼、改装依頼
また、壊れた本の修理
うけたまわります 
ご相談ください
mail→  info@yon-ne.com

今までの製本依頼→
本の修理の依頼→









 
| 手製本うけたまわります | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本*丸背布装、ムーラン紙函入り





秋が、好きだなあ






全432ページもある、特装本を承りました
『初稿 夢を孕む女』盛林堂ミステリアス文庫

1折り、8ページなので
54折もあって、なかなかの厚さ


本文には、玉川重機さんの挿し絵があります
その挿し絵の原画を、口絵の前に綴じ込みました
それだけで、豪華!になりそうな予感・・



この製本に取り組みにあたり
印刷済みの本文用紙が、どっさどっさとやってきて
部屋が製本所の様に・・
まだ梅雨時だったので、除湿器かけながら
作業スタートしました

折りからはじまって
化粧裁ち(ここまで長かった・・・)

そして、糸かがりへ

(断裁機、欲しいけど、でもな、と考えはじめました
 化粧裁ちは、すべてカッターです・・)






かがり終わったら、バッキング
丸背にするには、よい厚み









昭和モダンな布装にというご要望です
ムーラン紙で包んだ函も!ということで
10函、つくりました








この特装本はこちらのサイトで販売されています(→







 
| 手製本うけたまわります | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本*絵本の製本をしました



東京も梅雨入りです
雨がしとしと、ざあざあ


まあ、凍える寒さではないので
ちょっとぐらいの雨なら
さわさわっと浴びて、楽しもう

屋根を刺すように打つ雨の音も
家の中で聞いている分には好きです(外には出たくない)





イラストレーター秋元譲さんの展示で
絵本『雨ノ記憶』の製本をお手伝いしました


西荻窪のおとなり、吉祥寺には
西荻に負けず
古本屋さんがたくさんあります
その中の、百年さん
お洒落な雰囲気で
しっかりした古本が並ぶこのお店で
イラストレーター秋元譲さんの
森をテーマにした「FOREST」展があります
絵の展示に加え
秋元さんオリジナルテキスタイルの布を表紙にした
絵本やその布でつくった傘も展示されるそうです

よかったら足を運んでみてください

会期:2015年6月10日(水)-6月29日(月)
時間:平日12:00-23:00 土曜11:00-23:00 /日曜-22:00
   火曜定休 最終日-19:00まで

百年さん(→
秋元譲さん(→







百年さんで買ったもの






 
| 手製本うけたまわります | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本*背バンド山羊革装 『世界の涯』


ブログカテゴリー
「うけたまわります」更新
です



・・・

本の修理や、和綴じの豆本、
ハードカバーの表紙をつくるなど
少しづつ、承りものが増えてきましたが

今回は
ザ・手製本!
といえるような、ご依頼でした


というのは・・・



もともとの本は、こちら
軽フランス装、糸かがり製本
表紙はムーラン紙を使用

ムーラン紙は
ノーベル医学賞の賞状に使われているという
フランスの手漉きコットン紙なんです
草や花を一緒に漉き混んであるらしい
のですけど、
この紙には、糸やコットン?がちらほらと見えました




そして、化粧裁ちしていない、アンカット◎



ドードー鳥について書かれているという
『世界の涯』という本(→

ドードー?ってなんか聞いたことあるような・・
そう、飛べない、大きな、鳥
不思議の国のアリスにも登場する、鳥

絶滅してしまっているのですが
そのドドの研究をしていた
華族でもあり、鳥類学者でもある
蜂須賀正氏という博士の、エッセイ集です

漫画家の玉川重機さんのイラストも入っています


刊行記念トークショーに行ったのですが
博物学第3の奇書である
鼻行類、アフターマン、平行植物につぐ
第4の奇書かも?とのお話が・・

まだ読んでないのですけど
おもしろそうな、本ですよね


そんな
豪華なフランス装の奇書を・・
山羊革装にして、背バンドつけて
10冊つくる
という、ご依頼だったのでした










というわけで、こつこつと進めましたよ

まず、アンカットなので、
1折1折、カッターで化粧裁ち

革装バージョンには
玉川重樹さんの原画を
1枚づつ綴じ込む、ということで
原画も本文サイズにカットし
和紙で足をつけて、折丁に組み込みました



目引きして
ひたすら、糸でかがります


やっと、丸みだし




それから、表紙づくり
背バンドで、総革なので


いろいろ、少しづつ・・・






できあがりは、こちら9冊





1冊、コーネル装も











大切な本の修理もいいですけど
新しい本を作ることができるのも
本当に、嬉しいことです






※ムーラン紙は?とお思いの方・・・
通常版は、ムーラン紙フランス装で
限定版は、背バンド山羊革装、
と、2パターンで販売されている
ということです





ということで、このような製本も
うけたまわっております
ご相談くださいませ
mail→  info@yon-ne.com






・・・・・

西荻窪どんぐり舎での、おやつ

どんぐりクッキーは
どんぐりのお皿にのっています



















 
| 手製本うけたまわります | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本*和綴じ豆本ネックレス 『豆本句集』






ブログカテゴリー
「うけたまわります」更新です



本の修理とか、小部数の製本依頼
すこしづーつ承っていましたが
今回は、豆本!のご依頼でした




和綴じの豆本です
『豆本句集』3cm角





中には、俳句を印刷





俳句作家の上野貴子さんからご依頼でした
おしゃべりHAIKUの会(→


ありがとうございます◎















 
| 手製本うけたまわります | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
製本依頼*背バンド装



夏前の依頼でしたが
やっと取りかかり、できました

背を革装でマウントにしたい!
とのお声
そうですね
革装や、背バンド(マウント)
本が好きな人にとっては
憧れなのではないでしょうか





「失われたミステリ史」



総革ではなく、背のみ革です





背バンドとは
もともと折り丁の支持体なんですよね(必要なもの)
それが革装にする時に装飾のように見えるっていう
参考→


で、これは、支持体ではなく
わざと、背の部分を盛り上がらせてつくっています
フェイクです
あと、通常は丸背でつくるものかな、と思います


また、この盛り上がりを出すためには
革を漉いて薄くする作業が必要です
革包丁で、ひたすら漉きました


革は手間がかかります
そのかわり、いつもと雰囲気変わります、ね
古本っぽいような、新刊っぽいような・・?

改装本のできあがり







*******
1冊からの製本依頼、改装依頼
また、壊れた本の修理
うけたまわります 
ご相談ください
mail→  info@yon-ne.com

今までの製本依頼→
本の修理の依頼→





 
| 手製本うけたまわります | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
製本依頼*改装本いろいろ

2014年も半分・・
過ぎてしまいましたね

大雪の降った日が、むかしのことのよう
そして、集団的自衛権の問題が・・・
平和を願って!今日も製本です




依頼のあった、改装本をアップしておきます


▲「かなしい月」 尾形亀之助拾遺集

ホチキス留めの冊子のかたち



ホチキスを取り除いて、一折中綴じで糸かがり
ハードカバーの本に仕上げました




真ん中に、月の穴







▲「艶魔地獄」橘外男




見返しはファーストビンテージ








▲架空都市 ドノゴトンカ 城左門短編集




背のみ布装の継ぎ表紙
平の部分はレザックにプリントしました







*******
1冊からの製本依頼、改装依頼
また、壊れた本の修理
うけたまわります 
ご相談ください
mail→  info@yon-ne.com

今までの製本依頼→
本の修理の依頼→




 
| 手製本うけたまわります | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
製本依頼*継ぎ表紙で改装しました



今回の盛林堂ミステリアス文庫は
文庫サイズではありません

A5判、文庫本の倍のサイズ



前回、コーネル装をやってみたので
同じく継ぎ表紙である
背と小口は布装にしてつくりました


厚みがあるので、背にもタイトルを





「船長ブラスバオンドの改宗」
バアナアド・ショオ 著
松村みね子 訳






花布とスピンはいろいろ





とにかく本は、背が壊れる、背の溝が壊れる

なので、この継ぎ表紙は
1番壊れやすい背の部分と摩耗しやすい小口部分は
布(又は革でもいいよー)にしてくるむことで
丈夫に仕上がります


見た目もかっこいいです、ね

















 
| 手製本うけたまわります | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>