home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
2018本の修理と手製本(綴じの種類と表紙の構造)全8回講座でした

 

 


11月の第4土曜日


8月から続いていた全8回の手製本講座
本の修理と手製本、綴じの種類と表紙の構造
ファイナルでした!

 

 

 

 

 

・・・
8月
第1回と第2回

 


まずは

手製本の基礎について
紙、接着剤、道具、本の構造のこと
本のクリーニングや
本の扱い方、破れたページの修理のこと

レクチャーしました


また、綴じの構造を理解するため
自分の手で5種類の綴じを実践しました


無線綴じ
あじろ綴じ
中綴じ
平綴じ
折丁の多い糸綴じ(機械綴じに近いパピヨン綴じ)

 

 


 


・・・
9月
第3回と第4回

5種の綴じた中身に
5種の表紙を合わせました

ソフトカバー(見返し無)
ソフトカバー(見返し有)、
角背ハードカバー(2mm厚、中綴じクータ無)
角背ハードカバー(2mm厚、クータ付)
角背ハードカバー(ドイツ装)

 

表紙については

壊れることが多い背表紙を修理するときの

方法の1つとしてドイツ装もつくりました


厚みのある中身にはクータをつけることで
本の修理にクータが有効なことを
理解していただきました









・・・
10月
第5回と第6回

第1〜4回の前半からステップアップし
外れたページの修理、濡れたページの修理
布の裏打ち、紙の裏打ちについて
お話しました


また、3種の綴じ方で中身をつくりました
前半よりもより丈夫な構造である
手製本の基本の綴じ方です


折丁の多い糸綴じ(本かがり、麻紐)
折丁の多い糸綴じ(本かがり、平紐)
折丁の多い糸綴じ(1本針かがり)

 

 


 





本かがりした2つの中身は

丸背にします

折丁の多い糸綴じ(本かがり、麻紐)→耳出し丸背
折丁の多い糸綴じ(本かがり、平紐)→耳無し丸背






 

 

 


・・・
11月
第7回と第8回

3種の綴じに
3種の表紙を合わせました

角背ハードカバー(1mm厚)
丸背薄表紙(辞書などにみられる地券装)
丸背ハードカバー(2mm厚、コーネル装)



 

 

 


 






全8回、全8冊!
綴じ方、表紙の構造、
これですべてとは言えませんが
市販されている本の構造を理解するには
まずこの8冊をマスターすることで
本の構造の理解につながります


どうやって本ができているか、
よく観察し、同じように直すには
より良く直すには、考えます
そのためには、手製本をまずはしっかりと!
たくさん見ること、つくること、大切です

ご参加いただき
ありがとうございました

 

 

 

・・・

本の修理と手製本講座は

基礎1,2,3とあります

1と3はどなたでもご参加できます

 

次回は2019年1月

基礎1を募集中です→

1月スタートクラス

4月スタートクラス

あります

 

1冊の本と向き合います

1冊の本を解体し

補修し、リメイクすることで

本の修理と手製本につなげます

 

 

 

 

 

・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革装の手帳をつくる&箔押しの手製本講座でした

 

 




空気がひんやり、冷えますね
今年もあと1ヶ月少しとなりました


年末が近づくと恒例の、手帳をつくる!
手製本講座でした



・・・

市販の手帳に革と紙を合わせて半革で表装し、
革の部分には「2019」の箔押しで仕上げます!


まるっと1日、手製本、です




手帳の表装をする手順です
見返し、寒冷紗、栞紐をつけて
中身を完成させます

表紙は1m厚の芯材で切り出し
角を丸くします

背側を革でくるみ、
紙と継ぐ部分はメスで削いで段差を整えて
紙を貼り、
表紙を完成させます

中身と表紙を合わせて、できあがり!

、、、こうやって書くとカンタンそうですが

革の処理にメスを使うので

使い慣れていない道具は難易度ホシ3つです

 

 



・・

そして
できあがった手帳には
箔押しで2019!


昨年もお招きした
箔押し師の中村美奈子さんをゲスト講師に
ドリユールの歴史や文字についてのレクチャーと
お手製の箔押し道具をつくり
きちんとした箔押しの手順にて
箔押ししました




 

 


空押しした部分に
文字がかちっと嵌って箔が押せると
とてもきれいに仕上がります

これがまたムズ・・

集、中、力!!

 


 

 

 

 

平行、直角、垂直!

これもとても大切

なんとなーく、やらないこと!

製本と同じです◎







中村さん持参の花形で
遊びの部分もつくったり☆










 

表紙の紙については

マーブル紙が大人気で

古書のようなかっこいい手帳になりました

好きな紙を持ってきた方は、可愛らしい紙、

エレガントな紙、タントセレクトのような

紙そのもののエンボスを味わう紙で

思い思いに表装できました◎

 

 

ご参加いただいた皆さま

中村美奈子さん、ありがとうございました

 

2019年がより良い年でありますように・・・




 







 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和綴じの手製本教室でした


 

 

 

下北沢にある本屋B&Bさんの

手製本教室も3回目となりました


 

 

 

文庫本の改装

糸綴じノートに続き、

今回は、和綴じ!
でした



リピーターの方も
はじめての方も、
まずは紙を半分に折るところから

折った紙を重ねて見返しで挟み
コヨリを作って仮綴じします

そして、角布をつくります
角布は、和本の背の天地を包む小さな布(or 紙)

で、補強と装飾を兼ねています
洋本でいうところの花布ですね







さいごに、選んでいただいた和紙で表紙をつくって
綴じ綴じ、綴じました!

基本の四ツ目綴じ以外の
康煕綴じ、麻の葉綴じ、亀甲綴じ
みなさん、好きな綴じ方にて、できあがり




手染めした和紙を
持ち込みされた方もいらっしゃいました
素材から趣向を凝らすことで
より愛着のある本になると思います◎






和綴じのよいところは
糊をほとんど使わない、
構造も綴じ方も分かりやすい、
よって、作りやすく直しやすい!

はじめての手製本にオススメです

 

 

 

・・・


『はじめて手でつくる本』にも
製本手順が掲載されていますので
ぜひ復習や別の綴じ方にチャレンジして
手製本してみてください→

次回の本屋B&Bさんでの手製本教室は
2019年3月26日(火)予定です






・・・

 

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆本の時間、珈琲の時間にて美味しい珈琲の淹れ方ワークショップでした

 




11月3日
西荻窪アトリエハコさんにて
豆本の時間、珈琲の時間ワークショップ
でした


・・・

午前の豆本の時間(→)に続いて
午後は珈琲の時間、です

手製本はゼロ!
美味しい珈琲の淹れ方について
potez coffeeの星明良さんをお迎えし
珈琲についてのお話、
そして淹れ方、伝えていただきました◎




珈琲ってそもそも何?
果実ではなく、種子なんですね
そんな原点からスタートし
生豆の種類、焙煎、挽き方、抽出方法
お湯の温度、淹れる時間
豆の分量、豆の細かさ、、、
それぞれの種類、そして組み合わせによって
珈琲の味は自分の好みで淹れることができる!

そうなんだ〜、ふむふむ

意外と知らない珈琲について




フレンチロースト、シティーローストなど

同じ名前でもお店によって焙煎度合いは異なる!








何グラムを何度で、抽出時間も計って・・
といような技術的なことではなく
珈琲がどんな道を辿って自分の口に入ってくるのか
それが分かると

自分なりの淹れ方を見つけることができます
原点や考え方から淹れることができます
なるほど、おもしろいです

 

淹れている間にも匂いが変化する、

絞る、流す!酸味と苦みのこと・・

こうしてレポを書きながらも

匂いの記憶が蘇ります

 

本当に、ふわっと覚醒するような飲み物だなぁ

 











そして、最後は
お一人お一人、自分だけの珈琲を楽しみました

気になる豆、ネルドリップ

ペーパーフィルター、フレンチプレス

などなど
















珈琲のお供は
モイスェンさんのお菓子てんこ盛りで







美味しいと好みはイコール?
いやいや、美味しいとは?好みとは?

・・・
美味しくて好みの珈琲を求めて
探しはじめる旅ができました


星さん、モイスェンさん、アトリエハコさん、
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました
 

 

 

 

 


 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 



 

| 講座やワークショップの様子 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆本の時間、珈琲の時間にて革装豆本の手製本ワークショップでした




11月、はじまりましたね
いつもの西荻窪アトリエハコさんでは
西荻ワークショップ・アートマップ(→

参加中です

そんなわけで、ヨンネプリゼンツ!

11月3日、文化の日
豆本の時間、珈琲の時間を開催しました
 

 

 

 

・・・


午前は、豆本の時間

参加していただいたのは7名様
はじめての方も、
革装まだやったことなくてという方も



まずは、中身
32頁1折の折丁を4折
パピヨンかがりで綴じまとめました
背固め、寒冷紗を貼ったら中身できあがり


表紙は1mm厚のボール紙を切り出して
総革装にて仕立てます
革が取っつき難いのは慣れない道具を使うため、、、
メス又は革包丁が必要なのです

そんな慣れない道具を使いつつ
きちんとポイントを押さえて
革装の表紙もできあがり!


さいごに
中身と表紙を合わせて

完成です





・・・

さらに表紙のお楽しみフリータイム
フリーハンドで描くことができる箔押しや
レザークラフトの刻印を使って型押しをしました











・・・



珈琲豆カラー、珈琲カップサイズ
表紙は思い思いに、豆本できました



















ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました

 

 

 

 

・・
続けて午後は

珈琲の時間(→)です





・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

| 講座やワークショップの様子 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理と手製本アドバンスクラス2018年10月

 





2018年、5月からはじまった

本の修理と手製本アドバンスクラス
4回目でした





振替の人もいたりで、わちゃわちゃ

 







和綴じや

 

 

 

 






個展を開くための試作など

 




巻子本、大和綴じ、四つ目綴じ、丸背革装、本の修理、
皆さん好きなことやりたいことを

あと、英語圏の方がいまして・・・
コヨリで綴じる仮留めは?
ということで
仮留めはtackingというのを今日は覚えました

わちゃわちゃ、というより

わたわたしていたので

完成写真などが撮れませんでした・・


 

 

 

 

 


・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう!at 西荻窪アトリエハコ、でした





イルフ童画館さんの提案ではじまった
刊本作品の製本を考察してみる
という手製本ワークショップ

9月にイルフで開催した内容を
西荻窪アトリエハコさんでも!



私の手持ちの刊本作品と
参加者さん持参の刊本作品を集めて・・・
まずは、鑑賞会!
素材、印刷、デザイン、カタチ、お話、製本、
見るところはいろいろ、
それから武井武雄の思考回路について
なぜこうしてみたのか
考えてみるだけでもおもしろいです







刊本作品の製本方法は

基本的には綴じは平綴じです
難しくはないのですが
素材が難しいものばかりなので
刊本作品ではそれぞれ工夫を見ることができます

 


さすがに全く同じようには製本できませんが
近づけたり、アレンジしたりして、
皆さんで、手製本してみました◎


 

 

 

 


・・

・・・



できあがり!
皆さん、かっこいいです〜
白の印刷と、下にある紙の色
それから紙に載る濃色の組み合わせ
このバランスの素晴らしさが
自分でつくってみるとよくわかります

また、ビニール素材をどう扱うか
見返しとの貼り合わせなど
こちらも工夫が必要ということを
確認できたと思います
 

 






イルフ童画館さん
ご参加いただいたみなさま
ありがとうございました!
 

 

 

 

 

・・・
 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 



 

 

| 講座やワークショップの様子 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手染め糸を使った手製本講座でした。リボン背、交差式、花布綴じ、花布編み。





すっかり寒くなって
秋というより冬!ですね・・・

ぬくぬくしたい、この季節

家の中での手作業も捗ります◎



10月20日、21日は
テマリシャスさんの手染め糸を使った
手製本ワークショップでした




・・・
10月20日、AM 
リボン背の製本
背表紙がなくて綴じ糸が見えるタイプです






リボン背の製本は
支持体があること、

表紙に支持体を差し込むこと、

という点で

手製本の伝統的な基本の綴じを踏まえています


クラシックな製本はきちんと背表紙がありますが
ここでは背は丸見えの状態で仕上げました
製本の歴史を振り返りつつ

本の修理に役立てたり

作品づくりのアイデアが広がると

どんどん手製本が楽しくなります


 

 

 

 

 

 



・・・
10月20日、PM
交差式製本
背表紙に折丁を綴じつけて糸が見えるタイプです




交差式製本についても
支持体がある、という点が
伝統的な製本との共通点です
その支持体が表紙そのものにするという点
表紙を交差させて組み合わせるという点は
考案したカルメンチョアレギさんのアイデアです◎

 

 

 

 

 






・・・
10月21日、AM
花布綴じ付けの手製本ワークショップ
テマリシャスさんの手染め糸を使って花布を綴じ付けました

 

裏打ちクロスで制作した花布を
糸で折丁に綴じ付けることで

花布がしっかり!外れません
見返しや表紙合わせの楽しみにも◎です


 













・・・
10月21日、PM

花布編みの手製本ワークショップ
テマリシャスさんの手染め糸を編んで花布をつくりました

 

いつもはペタっと貼りつける市販の花布ですが、
自分の手で糸の一本一本を編んで制作すると
花布の本来の役割がよく分かります!



 







花布編みは製本工程のほんの一部です


今日は表紙はつくらず自分でつくってね、

ということで、はじめての人は少なく…

だったのですが

はじめての方、いらっしゃいました!


編み物をはじめたばかりで編み物の1つかな?
と参加されたとのこと、、、!それはすごい!
とはいえ、

さすがにテキパキ編み編みされていました
これをきっかけに手製本もやってみるかも?
そんなキッカケもアリです、ね

 

 

手製本を知っている人が

1人でも増えてくれると嬉しいです

 


ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました
 

 


※注意
折丁を綴じるための糸は
基本的には丈夫な麻糸を使います
また、花布を綴じたり編む糸は
基本的には絹糸を使います
今回は例外的にどちらも
綿の糸を使っています

 

また、無線綴じや網代綴じの中身には

花布編みや綴じ込みはできません

糸綴じの中身に編んだり綴じたり、します


 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→






 

| 講座やワークショップの様子 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文庫本をハードカバーに改装する手製本講座でした





10月になりました
今年もあと3か月だなんて!

 

年末までどどん!と、手製本WS続きます→

よろしくお願いします

 

 

 

 


・・・


さて、平日の午後ですが
無印良品有楽町OpenMujiにて
文庫本をハードカバーに改装する
手製本講座を開催しました


 

 

 

 



製本にはさまざまな工程があります
そのなかで、主に表紙について
中身と表紙の合わせ方について
どのような工程で出来上がるのか、

手製本しました


測ったり、切ったり、折ったり、剥がしたり、
塗ったり、貼ったり、押さえたり、包んだり、






、、、できました、よ









自分の手で製本してみると
大好きな本がまた違った視点で見えてきます
本との新しい関係、新しい楽しみ
増えると嬉しいです
 

 


ご参加ありがとうございました


 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文庫本をハードカバーに改装する手製本講座でした





9月さいごの手製本講座

 

 


上野のあおば堂さんにて
文庫本をハードカバーに改装する
手製本講座でした

 

 



​ソフトカバーをハードカバーにするには?
表紙と合わせるための見返し、

補強の寒冷紗やクータを加えます

 

ハードカバーの表紙には

ソフトカバーには無いチリやミゾができます


表紙の布は好きなものを裏打ちして使います

 

工程の多い手製本ですが

今回は表紙づくりがメインです

しっかり確認と作業しながら、、、

 

 

 

 

、、、できあがり!





 

 

 

文庫本を自分の好みの装丁にリメイク!

どうだったでしょうか

道具と材料を揃えればご自宅でも製本できます

ぜひ、いろいろつくってみてください

 

道具は文具、手芸用品でまずはなんとか

材料は紙、ボール紙、裏打ち紙を購入、

栞紐、花布、寒冷紗は製本材料です

質問あればメールでお問い合せください!

 

 

 


あおば堂さん

ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

次回のあおば堂さんでの手製本講座は

2019年1月

和綴じ講座の予定です

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/31PAGES | >>