home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

大福帳と判取帳をつくる手製本講座 at 南田中図書館、でした


 

 




さて、今年も練馬区立南田中図書館にて
製本講座を開催させていただきました。





こちらの図書館では
製本講座は6回目になります

はじめの頃は
製本の基礎を知る
という内容にしていましたが
ここ数年は
誰でもすぐにつくることができる製本や
お土産感をテーマにしています



今年は、大福帳と判取帳でつくるメモ帳
ということで2冊つくりました






紙を切る、穴を開ける、糸を通す、紙縒をつくる、
シンプルながらも、コツが必要だったり
やりやすい方法があるので
皆で教えあいながら、ワイワイと・・



いろいろな紙を使って

ご自宅でも手製本

 

ぜひ、日々の生活に

ときどき、手製本を取り入れてみてください


 



 

 

 

 

 





ご参加いただいた皆さま
図書館スタッフの皆さま
ありがとうございました




 

 

 

 

・・・

 

図書館での製本講座、ご依頼承ります

本の構造をしっかりと知るもの

図書の修理に役立つもの(例→

手製本を楽しむもの(例→

ご希望に応じて内容を提案いたします

 

お問い合わせは

こちらのフォームから

お願いします→

 

 

 

 

・・・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at イルフ童画館 でした


 


・・・

今年もイルフ童画館へ

 

新宿から特急あずさに乗れば
2時間半で岡谷に到着です

 

 

 

 

 

余談ですが、、、

あずさは自由席がなくなり

指定席のみになりました

さらに、座席頭上には

指定済み、指定無し、今指定中

というランプが付くように!

便利かも
 









昨年からはじまった
武井武雄の刊本作品の手製本をつくってみよう
今回で3回目です

取り上げたのは『さもいや伝』
なぜ『さもいや伝』を選んだかと言うと・・・

刊本作品は

素材、印刷、技法、デザイン、など
1冊1冊すべてが異なっていますが
製本方法は共通したものが多いです

 

ただ、その中でも

『さもいや伝』だけは
ある綴じ方でできていました

なので、綴じ方を見たときに

チェックしていたんです◎



それは、列帖装という和綴じです




和綴じといえば、四つ目綴じなど
和紙を袋状にして、和紙の表のみ使う
という綴じ方が一般的です
薄い和紙では表に印刷したり文字を書くと
裏側に透けて見えてしまうからなのですが…



では、しっかりした厚めの和紙だったら?

列帖装という洋本のような綴じ方で
綴じることができます

 

 


実際の『さもいや伝』は
雲母引きのしっかりした和紙を使っていました
雲母引きの紙でやってみたいところですが

素材をすべては真似できずなので
綴じ方を真似てみました


 

 

 

慣れない結び方が出てきます

理解すると難しくないのですが

はじめてだと、不思議不思議?

武井武雄のこだわりを手を動かして

感じることができます

 


 

 

 

 

・・・


『さもいや伝』には帙もついています
鏡帙、という中蓋に絵がある仕立てです

そちらも再現してみました
 

 


できあがりー

 

地味に見えますが、つくり方は
しっかりと刊本作品そのもの!!
 

 

 

 

 

 




イルフ童画館のスタッフの皆さま
ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました!

刊本作品は奥が深く
知らないことがまだまだ、あります
どんどん調べて知って楽しみたいです






 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 



 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、差し込みファイル





ブックなの?ブングなの?

ヨンネ手製本クラブ(→
新しいシリーズの手製本講座
スタートしてます

 

 

 

 


・・・

本をしなやかに丈夫につくるのもいいけど
手製本技術で文房具をつくってもいいかな?
ということで

テーマを更新しつつ
続けていこうと思っています


まずは「はさむ、しまう、おさめる」
全4回で文具をつくります





会場は、高円寺のブックカフェkuutamoさん




 

1回目は
紙ばさみ(→)つくりました

2回目は
紙ものを差し込み挟んで収める、
差し込みファイル


和綴じのつくりかた、

四つ目綴じの製本方法をアレンジして

つくります







和紙ではなく洋紙を使う
本文の横幅を短くする
表紙はハードカバーにすると・・

キチっと差し込みができて
チケットやはがきなど
サイズに合わせて仕舞うことができる
チケットファイルやハガキホルダーが

できあがり!









 

 




 


 


 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→





 

 

| 講座やワークショップの様子 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201905本の修理と手製本アドバンスクラス




2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

​製本したいもの
修理したいもの
つくりたいものを自由に手製本します


 

 

・・・

 





 

本の修理は糸で綴じるまでの下準備、
掃除、解体、補修、再生などコツコツと行います

 


無線綴じの修理も同じです

糸綴じするまでの下準備、

和紙で繋いで継いで、折丁化、コツコツ
つまり、無線綴じは

折丁化するまでの手間がかかるので

糸綴じの方が壊れにくいし修理しやすい
ということでもあります

 


もちろん、

糸綴じの本でも損傷が激しいと

和紙の補修は同じように手間がかかります

また、

無線綴じを無線綴じとして直しても

よい場合もあります

 

どうして修理をするのか

どのレベルの修理がよいのか

目的によって直し方を変えて

本の修理をします

 

 

 


 

 



 

 

 

 


 

アートブック制作に向けて試作をつくったり

和本シリーズをどんどん手製本したり

かがり台を使ってみたり、などなど・・・

 




 

 


 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→
 







・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、紙ばさみ






ブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブ(→
新しいシリーズの手製本講座
スタートしました

本をしなやかに丈夫につくるのもいいけど
手製本技術で文房具をつくってもいいかな?
というわけです

 


・・・

今回は「はさむ、しまう、おさめる」をテーマに
全4回で文具をつくります



会場は、高円寺のブックカフェkuutamoさん





 

つくるものは
紙ものを挟む仕舞う収める、紙ばさみ


本をつくるとき、中身が必要ですが
中身はなくて、表紙だけつくり、
中身はあとから「挟む」ものだったら・・・
紙ファイルになる、ということで

表紙をつくる要領で手製本!



 

 



小口側にゴムをつけて
挟んだ中身が飛び出さないように
納めて、仕舞いましょう

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201904本の修理と手製本アドバンスクラス




2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

​製本したいもの
修理したいもの
つくりたいものを自由に手製本

 

4月は、GW10連休の2日目は

主に修理や改装の方でした
 

 

 



・・


お母さんが何度も読んできた上下巻の歴史小説
ぼろぼろになってしまったので
修理して改装しよう、という計画です
まずは、解体と掃除から








こちらも修理
ページに穴がいっぱい
穴を和紙で補修したあと
折丁の背も和紙で補修します








 



学んでいる語学書が無線綴じ
どんどんバラけてしまっているので
開きの良い糸綴じに修理してリメイクしたい

まずは無線綴じの折丁を解体し
和紙でつなげていく作業から


 

 

 

 

 

 




 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→
 



 

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革装豆本のアクセサリーをつくる手製本講座でした






おひさま、ぽかぽか。でした
桜が咲いてから寒い日が続いたので
まだまだお花見日和だった土曜日


西荻窪galerie nonさんにて
革装豆本のアクセサリーをつくる
手製本ワークショップでした





古本のページを切り取り
折丁をつくります

化粧裁ちをして、目引き、糸綴じ、
中身をつくります

革の仕立てはメスで削いで
表紙をつくります


 

 




みなさん、ネックレスにしました
表紙を飾って、できあがり!!





マーブル紙の見返し







さっそく、身につけて








珈琲と焼菓子のおやつ付き
ギャルリーノンさん、美味しくいただきました







ご参加いただいたみなさま
ありがとうございました!





 


・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
国芳猫まめ本の手製本WSでした






押上の甘夏書店さんにて開催されている
「めでる国芳、向島」フェア 、ラストデー
そして、国芳猫まめ本WS、おかわりデー


『めでる国芳ブック』(大福書林)を
素材に使って豆本づくり、でした





『めでる国芳』シリーズは
ねこ、どうぶつ、おどろかす、とありますが
今回は「ねこ」を使っています

 


猫に加えて琴、ちらり生足、天麩羅、着物など
皆さんのツボを突いてくる絵が詰まっていました





素材を選んだら
中身は糸綴じでノートをつくります
折丁は5折、支持体のない綴じを豆サイズで
見返し貼り、背固め、寒冷紗、花布を


表紙は凹みをつくって
切り抜いた絵を嵌め込みしました



ずらりと、できあがり◎






見返しに魅力があると
本を開いた時の期待も高まりますね
(これはノートだけど・・・)








甘夏書店さんは
一軒家カフェikkAさんの2階にあります

紅茶に詳しいikkAさんのお茶付きWSで
今回は、桜のお茶でした*

 


ご参加いただいた皆さま
甘夏書店さん、カフェikkAさん、
大福書林さん
ありがとうございました




 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

| 講座やワークショップの様子 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かがり台と手締めプレスをつくる手製本講座でした

 





手製本している人

糸かがりしている人

増えているのかも?

参加者増えてます−◎

 

 


かがり台と手締めプレスをつくる

手製本ワークショップでした


 



つくる、といっても
組み立てるだけ、なのです

使い方、が大切です
支持体のセッティング
固定方法、しっかり確認して
家に帰っても忘れないように

本になるための重要な要素「綴じ」
紙を綴じて、背ができて、本になる

伝えたいこと広げたい残したいもの
伝えたくないけど抱きしめたいもの
ガンガンかがって綴じて、本にする
 


 


 

 

 

・・・
ご参加いただいたみなさま
会場のアトリエハコさん
ありがとうございました

 

かがり台づくりの参考にしたのは

『西洋製本図鑑』雄松堂、です



・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革装の豆本アクセサリーをつくる手製本ワークショップでした





下北沢の本屋B&Bさんにて
手製本ワークショップでした

 

 


革装の豆本を手製本して
ネックレスやブローチに仕立てよう
というワークショップです





折丁は、無地のノートタイプか
洋書の古本を切り取ったタイプ、
16頁1折にして、糸で綴じます

表紙は1mm厚のボール紙を芯材に
革をつかって、しっとりと・・・?





革装丁にするには
芯材にくるむために、革の作業が加わります 
四隅や背表紙の天地の厚みを薄くします
メスを使って削ぎ削ぎと・・・!






できあがった表紙には

自由に装飾を

 

 


ホットペンを使って箔で絵を書いたり
丸のポンチで象嵌したり●○●○





★☆★☆★







****








ご参加いただいた皆さま
本屋B&Bさま

ありがとうございました

 

 

 


たくさんの本に囲まれて、落ち着く空間です◎

(photo by 本屋B&B)

 

 

 



・・・
 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 


 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/34PAGES | >>