home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

サルミアッキ食べ比べ&工作会でした






どうなるか?

心配でもあり楽しみでもあった
サルミアッキ食べ比べ&工作会
とうとう、当日となりまして
そして、あっという間に終わりました

 



ずらり、サルミアッキ◆



進行としては
サルミアッキを食べて

精神的ダメージを受けると

箱づくりに影響するかもなので
まず、工作会をやりました



パチッとカチッとはまるフタが気持ちいい、

この箱を、真似てつくります

 




テキスト通りに図面を書いて

線をきれいにカットして、折る!
手製本の技術があれば何のその?
折り箱だから、カンタンです



 




・・・
箱づくりを楽しんだあとは
お待ちかねのサルミアッキ会

 



はい、少しサルミアッキ増えました
サルミアッキ酒と箱2つ増えています
サルミアッキに精通しているJUSSIさんが
持ってきてくれました!





立食形式で
食べたいものを食べて、
甘草と塩化アンモニウムの組み合わせを味わい
あーだこーだとお喋りしました

私がサルミアッキを知ったきっかけのTさん
その繋がりのJUSSIさん
強力な参加者もいらっしゃって
ゆるりとしつつも濃厚な集いとなりました



サルミアッキをぱくりぱくりと食べて
誰一人も顔を曲げたり手が止まったり
ティッシュに口移ししない、という
珍しく貴重な光景だったと思います
(写真を撮る余裕がなかった!)

 

黒い食べ物

固い、柔らかい、酸味、ほんのり甘み、

パッケージに「地獄」と書いてあるもの

食べやすい、歯にねばりつくもの

なんともいえない、この感じ

サルミアッキ、おもしろいです

 


ご参加いただいた皆さま

私の思いつきで手製本とは関係ない会に

興味を持っていただき

本当にありがとうございました
Kiitos paljon!!

 

 

 

 

・・


宴の後、、、




おまけのクッキー

 



サルミアッキについては
JUSSIさんのブログで
丁寧に紹介されています

カワイイカッコイイパッケージが

まだまだ、あるある!
JUSII SALMIAKKINEN(→




 

 

 



・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→







 

| 講座やワークショップの様子 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201902手製本アドバンスクラス






2019年の手製本アドバンスクラス
1月はお休みさせていただいたので
2月からスタートです

手製本アドバンスクラスとは(→
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいものを

手製本します

 

 

 

・・・

豆本づくり
2冊同時進行!




 tiny book!! できました







修理に取り組み中
がっちがちに固まった背固めの接着剤
糊には糊を、ということで
糊で柔らかくして接着剤を丁寧に取り除きます






折丁が外れた本
すべての折丁を綴じ直さない場合
前後の折丁に綴じつけます
パピヨンかがりにて


 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 


 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理教室 STEP UP講座 at 関町図書館

 

 

 

 


ぽかぽか陽気の2月20日
練馬区立関町図書館にて

本の修理教室、
ステップアップ講座の3回目でした




・・・
 

 

昨年からスタートした本の修理教室です
 

ステップワンツーは
「本のつくりを知ろう」
「絵本の修理講座」
本の構造を知ること、
そして実際に手を動かして
絵本の製本をつくってみることで
本の修理につなげ活かす、という内容でした

 

 

 

ラストの今回は「本の修理Q&A」

 

参加者の皆さんに壊れた本をお持ち込みいただき
その本の構造を観察する

どのように直したいか

そのためにはどのような技術が必要か

修理の概論、本の構造、手製本の技術について

参加者の皆さんと共有しよう

という試みでした
 

どんな壊れた本がやってくるのか?

当日まで分からないので、ワクワクドキドキ!

 

 

いざ壊れた本が揃ってみると
打ち合わせをしたかのように

様々な壊れ方と直し方の本が集まりました






 

 


無線綴じソフトカバーの料理本
中綴じハードカバー絵本
支持体のある糸綴じ半革装!
四つ目綴じの和装本
無線綴じの分厚い地図帳
破れ、外れ、シワ、などなど

壊れているのは悲しいですけど、
すばらしいサンプルが集まりました


 

図書館の本とは異なり

一人一人、一冊一冊、

それぞれの本への思いがあります

 

どのような目的で直したいのか

もっと読みたい、綺麗にしたい、

保存したい、とりあえず今すぐ使いたいのか

どのようにその本が製本されているか

糸綴じ、無線綴じ、表紙の構造、素材は何か

和紙や接着剤、クータについて、などなど

 

手製本のこと、修理のこと、
少しでも興味を持っていただき

手製本が広まると嬉しいですね
 



ご参加いただいた皆さま
スタッフの皆さま、ありがとうございました

 

 

 










・・・
少し寄り道してチャリチャリ帰ったのですが
上石神井駅、レトロなお店が残っていて
建物も、看板文字も、くらくら!楽しかったです

 

 


気になったけど入店せず



窓枠のカーブもよかった

 


入店しちゃいました、店内のレトロ感・・!



だんご屋で売っていた、しいたけ巻





・・・

 

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平和台図書館にて文庫本ノートをつくる手製本講座でした






2019年初めの図書館製本講座は
平和台図書館にて




・・・

文庫本の改装をやってみたい!
ということで

定員:12名
文庫本ノートを使う
表紙は好きな布を裏打ち

そんな設定をして、、いざ!





文庫本の改装の製本ポイントは
上製本(ハードカバー)の本の構造を知る
ということです

いつも読んでいる本が
どのようにできているのか
まずは、図書館の本を
よく観察してみるところから
スタート

ソフトカバーもハードカバーも
両方を比べて見つめます
ハードカバーには
見返しと寒冷紗があって
そして花布や栞紐がついている
ソフトカバーには
見返しあったりなかったり、

無線綴じや糸綴じのことも・・


また、ハードカバーの本の
壊れやすい点
直すにはどのような方法があるか
なども、チラチラとお伝えしつつ
ひとつひとつの工程を進めました




・・

はじめての方ばかりでしたが
皆さんしっかり作業を重ねていただいて
自分だけのオリジナル文庫本ノート!
できあがりました◎



 

 

 










平和台図書館のスタッフの皆さま
ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 




 

| 講座やワークショップの様子 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手帳を改装する手製本ワークショップでした




2019年はじめの

手製本ワークショップ、
谷中のあおば堂さんにて

スタートです

 


 

 


・・


手帳を改装したい、というご希望で
手帳やノート、表紙の布を持ち込みしていただき
ポケット、ゴム付きの布装丁にリメイクしました


手帳やノート、ビフォー





科学手帳、興味津々





まずは、もとの表紙を外して
手帳の寸法を測り、

新しい見返しを合わせます






今回のポイントのひとつ
見返しの地を折ってポケットにします






折るだけでは開いてしまうので
中綴じの要領でノドを固定します





表紙のポイントは
1mm厚のボール紙、布装丁

角丸、背表紙なし、ゴム付き
といったところでしょうか


手帳の改装については
『はじめて手でつくる本』に

手順が掲載されていますので
気になるかたはチェックしてみてください
※今回と見返し部分の手順が異なります


 



完成!






ポケットの部分





ご参加いただいた皆さま
あおば堂さま
ありがとうございました

 

この手帳とノートを携えて、、、

今年もよい年でありますように!




 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→






 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かがり台と手締めプレスをつくる手製本講座でした

 

 



自分へのクリスマスプレゼントにいかが?
ということで、
製本しない手製本講座


手製本の道具である
かがり台と手締めプレスをつくりました





なあんにも難しいことはなく
木材カットまでの準備はしてあるので
組み立てるだけなのですー



それよりも、使い方、です
支持体のセッティング方法をしっかり確認
何度も繰り返して覚えます




あとはもう、お家で楽しむだけ
ぐいぐい糸かがりできちゃいます

 

うん、そう
かがり台がなくても、かがることはできます
結婚しなくても、愛があればいいんじゃない?
に似ているようでもありますが
かがり台があると、手製本ライフが充実します

世界が変わります!
結婚という形にこだわっても世界は変わりません

それよりも愛と自立と思いやりが大切な気がする

子どもを産んだら世界は変わりそうだけど
って話がどんどん逸れました




兎に角、綴じは大切
本になるための重要な要素
紙を綴じて背ができて本になる

伝えたいこと、溢れる想い
怒りも叫びたいことも
想いを綴じて本になる、のです
 



ちなみに、かがり台づくりの参考にしたのは
『西洋製本図鑑』雄松堂、です

 





・・・
ご参加いただいたみなさま
会場のアトリエハコさん
ありがとうございました

メリークリスマス!
よいお年を〜
 





・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
角の包み方と平での継ぎ方の手製本講座でした





12月終わる?3連休初日?
手製本はどんな時でも!
とはいえ、
製本しない手製本講座

角の包み方
平での継ぎ方
糸の継ぎ方

という、内容でした




・・・
なんのこっちゃ?
なのですが
手製本の工程の
どうでも良さそうだけど
どうでもよくない部分に
ポイントピュンッ!
みんなでわいわい、
やりました








できあがり、
写真を撮ってみたものの
伝わりづらい・・!

 

 

 


・・・
角の包み方は6パターン

1基本のクロスの包みにはじまり、
2角の余りを立ち上げる包み
3角丸のときのギャザー包み
4角のクロスをカットしないで畳み込む包み
それから
5紙で包む(ボール紙面取りすると◎)
6革で包む(角の削ぎ方レクチャー)




・・・
平での継ぎ方は3パターン

クロスと紙(重ね合わせ)
革と紙(重ね合わせの削ぎ)
革とクロス(クロスは折り込む)

 

 

ここまでで9つも包みまくったため、

みなさん、この数時間でテキパキした

手の動きになってきていました◎

 

 

 

 



・・・

また、糸の継ぎ方もやりました

 

綴じていて糸が足りなくなったとき、どうするか
2つの方法をお伝えしました


自分のやりやすい方法を選択してみてください
1つはこちらに詳細あります→
覚えてしまえばカンタンーです

じゃんじゃか綴じまくろう!!

 

 

 

ご参加、ありがとうございました!

 

 

 

 

 


・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
骨ヘラを仕立てる手製本講座でした




12月22日、土曜日AM
クリスマスが近づいている?みたいですが、
手製本のための道具づくりを
 

 

今月は

製本しない手製本講座ポンポンポン!
3つやります



1つは、骨ヘラの仕立て





ひたすら削ります
もちろん、闇雲に削るわけではなく
背固めの時につかったり
折り筋をつけたり
押さえるためにつかったり
細かい作業のために、、、
など
手製本の場面場面で、使い勝手が良いように








削り終わったら
リンシードオイルを一晩浸み込ませて、完成!

(写真は浸み込ませる前の状態)

 

 


道具を揃えておくと
手製本の作業がキラキラ別世界になります
どんどん製本して使って下さい!

ご参加ありがとうございました





 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018秋ヨンネ手製本講座 at OTAブックアート まとめ

 

 

 





年末がじわじわと・・・

2018年9月ー11月の

ヨンネ手製本講座 at OTAブックアート

和本編と洋本編、終了しました


 

 

講座の様子はOTAブックアートさんで

レポートしていただいています

参加している方の目線で

とても詳細でわかりやすいです

いやほんと、素晴らしいレポート!

手製本の楽しさが伝わってきます

嬉しい!

ありがとうございます◎

 

ということで

この講座では私はレポート放棄!

各回の★マークをクリックしてくださいね


 

・・・
 

 

 

 

第1回(→
和:和本について、巻子本、大和綴じ
洋:洋本について、一折中綴じ、折丁の多い綴じ













 

第2回(→
和:折本、大福帳
洋:中綴じハードカバー













第3回(→
和:旋風葉、判取帳
洋:本かがり上製本1(本かがり麻ヒモ)






 








 

 

第4回(→
和: 粘葉装 紙と布の裏打ち
洋: 本かがり上製本2(ドイツ装)

 













 

第5回(→
和:列帖装(裏打ち紙使用)
​洋:本かがり丸背上製本1(本かがり平ヒモ)














 

第6回(→
和:四ツ目綴じ(裏打ち布使用)
洋:本かがり丸背上製本2(コーネル装)














 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フィンランドのことわざ豆本をつくる手製本WSでした







今年で10回目!とのこと
フィンランドのあたたかいクリスマス
ランミンヨウル2018、はじまってます




12月6日(木)
フィンランドの独立記念日!

フィンランドのことわざ豆本をつくる
手製本ワークショップを開催しました





12月に入っても
20℃近い日もあって
あたたかかったのですが
今日は雨も降って、空気も冷えてきました
外はクリスマスらしく!
ギャラリー内はあたたかく!
ランミンヨウル〜!












手製本ポイントは
一折中綴じ、という綴じ方
そして表紙はハードカバー
継ぎ表紙仕立て、です















フィンランドのことわざは
ランミンヨウルにも参加している
Kaoriさんがセレクトしてくれました
また、訳もつけていただいていて
別紙で訳付です

「クリスマスは夜中でも食べられる」
ということわざがタイトルになっていて
本文には8つのことわざが書いてあります

日本語のことわざにも近いものがあったり
フィンランドらしいものがあったり
ぜひ、比べて楽しんでください

 

 

 


ご参加いただいた皆さま

Kaoriさん

ランミンヨウルの皆さん

ありがとうございました

 

 




・・・

また、ランミンヨウル2018

12月8日(土)
17:00より
フィンランドの伝統楽器カンテレの演奏会があります
カンテレは透き通った美しい音色の楽器です
演奏はKarluv207
ミナペルホネンの
イメージ映像のための音楽も手がけている
音楽デュオです


お時間ある方は…ぜひ♪
詳細はこちら→







 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 





 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/33PAGES | >>