top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
コデックス装の手製本講座でした





降り続ける、雨、雨、雨、、、
そんな中、爆音映画際にて
「ブレードランナー」を観てきました(昔のやつね)
名作と言われつつも、初見!
スクリーンで観ることができて嬉しいです

この映画もまた雨が降り続けていて
ラスト近く、主人公とレプリカントが対峙するシーン
台詞も画も沁みました
長雨は、ブレードランナー観るのにぴったりです



さて本日も、雨、雨、雨が降ってます
台風もきているそうです





・・・
そんな雨のなか
西荻窪モイスェンにて
コデックス装の手製本講座でした


「糸綴じ」に注目してつくります
栃折久美子さん考案のパピヨン綴じにて
背表紙のない糸綴じノートを製本しました








伝統的な支持体のある糸綴じや
そこから変化させた支持体がない糸綴じは
糸の流れが似ていますが
パピヨン綴じはそれらとはまた別の糸の流れです

和綴じのひとつ、列帖装にヒントを得ている綴じ方です








できあがり!
表紙をわざと寸足らずにしたり・・・いいですね◎







モイスェンさんのお菓子にて
のんびり終了です

ご参加ありがとうございました




手製本の「糸綴じ」には、いろいろな顔があります
11月4日(土)には
基本的な糸綴じを、5パターン
ひたすら糸綴じだけをやる講座があります
糸綴じをマスターして丈夫な製本を!
ご興味ある方はこちらご覧ください→


 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→




 

 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手拭いをつかって御朱印帳をつくる手製本講座でした

 

 

 

雨とともに秋もやってきたようです
さわさわ雨です、押上へ


甘夏書店さんにて
手拭いをつかって御朱印帳をつくる
手製本ワークショップでした




・・・
まず、1回目


御朱印帳の構造は蛇腹の折本になります
半分に折った紙を交互に重ねてから

のりで貼り合わせてつなぎ
蛇腹の中身を仕立てます


表紙は和紙でつくることもできますが
今回はお好みの手拭いをお持ち込みいただき
裏打ちをして使いました





夜長堂さんのお相撲柄
ハス柄は表と裏で顔が異なります
モダンな青のストライプ柄も、裏は丸と四角
かわいらしい薔薇や落ち着いた菊などの花柄も

 

 

 







 

 

・・
さてさて、2回目
男性も2名いらっしゃいます



御朱印集めが趣味の方には
集めた御朱印帳を見せていただくこともできました

御朱印集めはしていないけれど
手拭いを活用したい方や
手製本に興味を持った方、などなど・・・
 

 

 

 

 

 



こちらも三者三様で
思い思いの御朱印帳に仕上がりました

建築をモチーフにした手拭い
除災招福のお守りや魔除けになるひょうたんを表に
裏にはつなぎ止めるための縄模様
カセットテープとラジカセの切り絵のような柄
スイカペンギンのほのぼのしたもの
東急大井町線と田園都市線の描かれたもの







御朱印帳は、

手製本をはじめたばかりの方でもつくりやすい
「折本」という和綴じです

巻物から発展した折本は
でんぷん糊のみで綴じるシンプルな構造です
御朱印集め、スタンプ集め、風景印集め
スクラップ帳などなど・・・
幅広く使うことができますので
どんどん作ってみてください!


ご参加いただいたみなさま
会場の甘夏書店さん
金木犀と栗!秋の香りのお茶を
提供していただいた一軒家カフェikkAさん

ありがとうございました







・・・・
ぼんやりした霧雨から浮かびあがるスカイツリー

 

 

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理と手製本(初級編)全4回でした




左右社青山地下スクールでの
本の修理と手製本(初級編)全4回
終了しました

青山地下スクールにて
修理に寄る方向での講座ははじめてでした
初級編ということで、
全4回に組んだので
あっという間に終わりました



・・
1回目
本の構造や紙、折丁、接着剤
製本の基本をお伝えしながら
実際にタイプの異なる本を手に取り
じっくりと観察、観察・・



ページの破れは、セロハンテープではなく
和紙テープ、補修テープでもなく!!
(これらも、あとで剥がせなくなることが多いような気がします)
和紙で、でんぷんのりで、補修しましょう
という内容もやりました

 

 






・・
2回目
本の中身5タイプを手でつくってみます
1回目で観察した綴じを再現してみる
というわけです

無線綴じ、あじろ綴じ
平綴じ、一折中綴じ、折丁の多い糸綴じ




 

 







・・
3回目
5タイプの中身に、それぞれ表紙をつけます
表紙も5タイプつくります
まずは、
ソフトカバー(見返しなし)
ソフトカバー(見返しあり)
ハードカバー(ページの少ない中綴じが中身)







・・
4回目
表紙の残りです
ハードカバー(クータのない簡易タイプ)
ハードカバー(クータ補強付、ドイツ装タイプ)


そんなこんなで
綴じ5タイプ
表紙5タイプをつくりました

これらは、本屋さんでよく見かける本のかたちと
修理に向くようにアレンジした本のかたちになります

本の修理は、部分的に直す方法を知っていても
それ以上の壊れ方をしてしまっては、直すことができません
まずは、自分で本をつくることができるように
手製本の技術を身につけてみましょう
紙の目、紙の厚み、接着剤の使い分け
どこに何が使われているか
本の構造の異なりを確認し
表紙、見返し、本の部位の役割を認識する

そうすることで
どのような壊れ方をしても
直す目的、本の今後、どんな本にしたいのか
という最終地点を考え、自ら判断して
本を直すことができるようになります






・・
ご参加ありがとうございました◎

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 

 

 


 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
交差式の手製本講座でした




さてさて、9月も、もう半ば
西荻窪モイスェンにて
交差式の手製本講座でした


えーと・・・ですね
スマホを忘れまして、写真がありません!
できあがりの写真はこちらになります

参加者の方に提供していただきました
ありがとうございます



交差式の製本は、イタリアのブックバインダー
カルメンチョ・アレギさんが考案した
製本方法です→
http://outofbinding.com/

折丁を表紙と一緒に綴じていく
という製本方法だけでも
様々なパターンがありますが

このサイトをみてもらうとわかるように
表紙の交差のパターンもいろいろ・・です

 

1パターンをお伝えしたので

このサイトをみて、他のパターンにも
ぜひ、チャレンジしてみてほしいです





・・・・・・

手製本を習い始めた頃
紙を糸で綴じること、本のかたちになること
とても楽しくて
様々な素材、いろいろなかたちを
いつも想像していました

想像したかたちを手を動かしながら

確かめていくのは(だいたい違うものになるけど)

わくわくして、面白かったです

今は、手製本に興味をもってもらうためには
どんなワークショップがいいかな・・
という思いでサンプル製本づくりをすることが
多くなってしまいました


それはそれで楽しいのですが
教えることになって気付いたことを
少し書こうと思います




・・・
学ぶこと、楽しいですよね
教えてもらうことも、楽しいです

どちらが楽しいかと比べることはないのですが
学ぶことには、自由があると思いました
なので、私のなかには
すべて教えてもらいたくない
という気持ちがどこかにあります

(ただの捻くれ者ともいえますが・・・)

何かを学び始めるときに
教えてもらう扉を開けると
歩き始めがスムーズになると思いますし
気が楽です
ただ、すべてを教えてもらうというのは
自由がなくなると思うのです

自分の志、趣向、判断、想像力、工夫など、
そういったものを組み込みながら学ぶと
自由で楽しいです

学ぶことには
自由と楽しさがあります



・・・
以上は、自分が学び始めたころの気持ちを
少し忘れかけていたので、思ったことでした

教える立場の身からいうと
だからといって全て教えないよー
というわけではなく
自由に学びたい人、手取足取り教えてもらいたい人
いろいろな人に合わせて

丁寧に伝えていきたいと思っていますので
ご安心ください

そして

どんどん手製本を楽しみ、
自由にいろいろなものを製本したり
本の修理をしたりしながら
手製本を広めて欲しいな
と思っています

 

私もまだまだ力が足りません

もっと学んでいかなければ!






 

 

 

・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 


 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革装の豆本をつくる手製本講座でした




朝、雨が降って
太陽が昇ると
すっかり秋の匂い・・
でした

9月になりました
中村橋kuutamoさんにて
革装豆本の手製本講座でした






のんびり2名様でスタート



本文は折丁をつくって、糸で綴じまとめます
折丁が多い時の、支持体無しでの綴じ方です


表紙は、革を使います
1mmボール紙を切り出して
薄く漉いた革に貼りつけていきます

薄く漉いてあるとはいえ
ボール紙にくるむので
厚みが出て欲しくない箇所については
革包丁やメスでさらに薄く削ぎます





背表紙にヒモを通して
中身と合わせ、完成です◎

 

 

 

 

 

 





箔フィルムとホットペンを使って
メガネのイラスト入り◎






ご参加のお二人、開催場所のkuutamoさん
ありがとうございました!


餃子やおかず盛り盛りのランチ付きで
美味しく、お喋りできました

 



 

 

・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理と手製本講座(全6回)でした





本の修理と手製本講座
6月〜8月、開催しました


●基礎1
角背の製本とスリップケース(全6回)
本を解体して、綴じ直し
新しい布を裏打ちして改装することで
本の構造を知り、修理と手製本に役立てます
・・5名参加

●基礎2
ドイツ装の製本と夫婦箱(全6回)
基礎1の復習として
解体して組み立て直すという共通点に加え
他の糸綴じ方法、元の表紙の再生
ドイツ装という表紙のつくり方で
修理と手製本に役立てます
・・1名参加







6月・・・1回目&2回目







手製本の基礎からはじまり、
本の解体と掃除、折丁の背を和紙で補修しました






基礎2でドイツ装の方は
表紙の再生として
芯材から表紙を剥がして裏打ちをしました


 

 

 








7月・・・3回目&4回目





補修した折丁に、のこぎりで目引きをし

麻紐を支持体として糸でかがっていきます






表紙は改装するため、表紙布の裏打ちを

 

 

 

 

 








8月・・・5回目&6回目

中身の背に、寒冷紗、花布、クータをつけて
表紙と合わせて改装します・・


そして、スリップケースもつくります



角背の改装本&スリップケース、完成◎

使い古した感じが好き、と言っていた方は
古エプロンを裏打ちして表紙にしました(左から2番目)
 

 

 

 

 

 

 








中身もしっかり糸で綴じ直して丈夫に、
表紙は内容に合わせて好きな布で改装したので
仕立てのいい服を着込んで、さあ、でかけよう!
って感じかな・・

 

 

 

 










ドイツ装で仕立てた方は
夫婦箱に収めて、完成です




ご参加、ありがとうございました

修理をもっと!という要望があったので
基礎3も設定しました
無線綴じにも対応していきます
こちらは9月からスタートです



 

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→



 

 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イルフ童画館で豆本ワークショップ




夏!です
夏の製本ワークショップ at イルフ童画館



・・
というわけで
また行ってきました
長野県岡谷市です
新宿からあずさに乗って2時間半ほど






岡谷駅を降り立つと
何もない!と思うのですが、
よくよく見ると、いろいろあるんです
(毎回、言っている気がする)

街の至るところに、武井武雄の作品が・・

ぜひ、訪ねて散歩して
確かめてほしいです◎


ちなみに
風景印を集めている方へ・・
岡谷東郵便局の風景印は
イルフ童画館のラムラム王
諏訪湖のスワンなどが
一緒になったものです、よ!







ものすごく、晴天
絵に描いたように、雲が白く、もくもくと

 

 

 

 

 

 

 

 





ただいま「チェコ絵本をめぐる旅」展、開催中
ヨゼフ・ラダやチャペック、トゥルンカに加えて
現代のチェコ絵本作家さんの原画もあり、見応え十分






そんななか、
この絵本が気になりました

『どうぶつたちがねむるとき』
イジー・ドヴォジャーク作
マリエ・シュトゥンプフォヴァー絵


フロッタージュという技法で
描かれていました
原画はやはり、いいですね

 










・・・
さて、ワークショップ

お子様1名、大人9名です!




はじめての方も
つくったことがある方も

接着剤、のりやボンドのこと
紙の性質のこと、道具の使い方
などなどお伝えしつつ
紙を折り、糸で綴じ、
厚紙を切って、クロスでくるんで・・

中綴じ、ハードカバーの
ブローチ豆本、できました
40mm×30mm

表紙については
チラシだったり、ブックカバーだったり
好きな紙を使い、継ぎ表紙で仕立てました



みなさん、とても熱心で温かく
作ることを楽しんでいらっしゃった様子が
印象的で嬉しかったです
ご参加ありがとうございました

また、
イルフ童画館のスタッフさん館長さんにも
感謝いたします!

みなさま、ありがとうございました






・・・
ミュージアムショップでは
赤ノッポ青ノッポのグッズが増えていました
ピンバッチ、クロッキー帳、レターセット!







・・・・・

 

 

 

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→




 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和綴じでメモ帳帳をつくる手製本ワークショップでした

 

 

 



無印良品有楽町OpenMuji にて
夏休み手製本ワークショップでした



和綴じでメモ帳をつくろう
・・・大福帳と判取帳という
2つの帳簿の綴じ方で
2つのメモ帳をつくりました





目打ちは使うのだけど
針を使わないで綴じます
ちびっこさんもOK


できあがったら、自分の名前を書いたり





マスキングテープを切り取って
細かく装飾したり







思い思いのメモ帳が、できました

 

 

 

 

 





大福帳、判取帳の
参考図書はこちら
『書窓製本之輯 全』
恩地孝四郎 編 上田徳三郎 口述 武井武雄 図
和本の部と洋本の部があり、図解もわかりやすいです
(左は和綴じのもの、右は復刻版)





・・・・・・・

 

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→






 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和綴じの手製本講座でした



7月は、和綴じが続きました

 

無印良品、御朱印帳
図書館、四ツ目綴じ・・


そしてモイスェンさんでは
いろいろと・・できました、よ




折本、列帖装、麻の葉綴じ

 

巻物を発展させた折本や
四ツ目綴じの応用バージョンである
綴じ模様がきれいな麻の葉綴じ、
それから洋本のような綴じの列帖装

 

いろいろな綴じがありますね


和紙ならではの軽やかな仕上がりが
和綴じのよいところですが
紙によっては洋紙を使い
和綴じでまとめてもいいかと思います

自由な本づくりが広がりますように



ご参加ありがとうございました




 

 



・・・
こちらは、先日に修理講座に参加された方が
ご自宅で直してきた本です


ハリガネで平綴じされていたものを
糸で綴じ直し、表紙の開きをよくするため
中身に負担をかけないための
見返しと表紙のつなぎの工夫も・・
お伝えした通り、バッチリ!で直ったようです

東郷青児のイラストに魅せられますね
好きな本を自分の手で直すことができると
夢が広がると思います




・・・
そうそう、夢といえば・・
作家の森博嗣さんが言ってました
「夢の基本は作ること、抽象的なものではなく
具体的に何かを作ること、材料を使わなくても
作文、作曲、作画、飼育、修理、研究・・etc」

(森博嗣さんは、作ったものは
人に見せない方がいい、とも言っています
比べてしまって落ち込むから
ということが理由みたいですが
私は見せてもいいと思います
自分に確かな軸や答えがあれば
落ち込むことはないと思うし・・)




誰かに提供された夢ではなく
人に見せたい夢ではなく
できあがったものをお手軽に買うのではなく
自分の中から湧いてくる夢、自分で構築する夢
それは、自分の手でつくること直すこと
思いついたものをつくること
自分で考えること

手製本がそのひとつになればいいなと思います
(好きではないと続けられないですが
続けていくことができる、ということは
好きなこと、なのだと思います)


・・・
ちなみに、私は過去もこれからについても
夢は持っていないのですが
やりたくないことを避けながら、
やりたくなくてもやると変わりそうと思ったことは
やってみるようにしていたら、こうなった・・
ということになります、かね・・
いや、こうなったというと、終わりになってしまうので
手製本をやめることはないとは思いますが
まだなにかこれから・・あるかも、ないかも
ふらふら生きてます

No Bookbinding, No Life!?




 

| 手製本講座の様子 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本講座 at 南田中図書館






閑静な住宅街にポーンっと現れる
練馬区立南田中図書館です



第4回の製本講座を開催しました






今まで開催していて
リクエストの多かった和綴じをやりました
基本の四ツ目綴じです
 

 

・・・

 

本文紙を一枚づつ半分に折ります
折った本文紙を重ねて
見返し紙でサンドイッチしたら
こよりで仮留めします
角布もつけます


表紙は中身よりも大きめに用意し
四方を折り曲げます


中身を表紙でサンドイッチしたら
4つの穴を空けます



一筆書きのように、糸を通していき
最後の結び目は穴の中に隠してしまえば
完成!です






菊花文様の和紙を使って仕上げました
和紙や綴じ糸を選ぶのも楽しみのひとつ

綴じ方だけでも覚えていただき
中身や表紙のつくり方は自由に◎
ぜひ、ご自宅でもつくってみてほしいです



 

 

 

・・・
ご参加ありがとうございました

 

 

 

 

 


・・・・・・・・・・・
 

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/26PAGES | >>