home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

花布綴じ付け、花布編みの手製本講座でした






7月の手製本講座は花布に注目

*花布綴じ付け
 裏打ちクロスでつくった花布を綴じ付けるタイプ

*花布編み
 本来の花布である編み込むようにつくるタイプ







・・・


講座前日の準備、
糸かがりの中身に見返し、寒冷紗をつけて
ノリが乾いた状態にしておきます




糸はテマリシャスさんの草木染め糸を使います◎



 

 

 




・・・
花布綴じ付け

裏打ちクロスに芯材糸をはさみ
花布をつくります
その花布を1本の糸を使って
本文の折丁ノドに渡すように
綴じ付けていきます
















必ず、表紙はつけてください
背が丸見えは、危険です



とはいえ、背側から見た花布、愛おしいです









・・・
花布編み

1本の芯材糸と、2色の色糸を使って
折丁に編み込むようにつくる
花布編みのベーシックなつくりかたです

花布は本来、丈夫にするという役割がありました
市販の花布をペタッとつけるだけでも
すこしは天地を保護する機能はありますが
古い本では剥がれてきているものも多いです
糸かがりの中身に編み込むことで
外れることなく、しっかりと天地を守ります



 

 























きれいに編むことができると、背も美しいです

(必ず表紙はつけてくださいね)




花布は、
本をつくる上で無くてはならないもの
というわけではないです、今では・・


でも、なぜ花布がついているのか
装飾だけではなく、丈夫にする役目がある

ということや、

糸かがりでないと花布は編むことができない

つまり、本はみんな糸かがりだった

ということなど、
花布を自分の手で編むことで
本の歴史に触れつつ、

本づくりをより楽しむことができます

本の修理をする時にも
本の天地にささやかな色を添えるアートブックにも
花布綴じ付け、花布編みを、ぜひ**


花布は、英語で「headband」なので
「花」と訳した人に拍手です
名訳だと思う・・・!







 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はじめてみよう手製本、手製本ワークショップ2本立て、でした




7月の三連休最終日

武蔵野プレイスで開催中の
プレイスフェスタも最終日

●はじめてみよう手製本
・オリジナルノートづくりから本の構造を知ろう
・お気に入りの文庫本をハードカバーに改装しよう
2本立てにて、図書館ワークショップでした

 



 


まさに老若男女、という感じで
青少年から年配の方まで、男性も割合多めで
幅広くご参加いただきました

 

 


・・・
ノートづくりは、一折中綴じにて
一折、という本の中身を構成する単位を知りながら
シンプルなノートができあがる、というもの


ノートをつくったあとは、
一折が重なってどう綴じられるか、
無線綴じ、あじろ綴じ、平綴じ、糸かがり
ソフトカバー、ハードカバー
本の構造、綴じを中心に
図書館にある本を観察しました

これはどうだろ?と
皆さんが本を介して交流されていて
嬉しい瞬間がたくさんありました
 

 

 


・・・
文庫本をハードカバーに改装する、
お気に入りの文庫本を持ってきていただき
布装の上製本に仕立て直す、というもの


ソフトカバーをハードカバーに
自分の手でつくり替えることで
本の構造をより深く知ることができます

ハードカバーの本に仕上がった時の
華やぐような表情!よかったです◎




 

 

手製本を通じて本を別の視点から知り

本との新しい関係性ができることで

図書館をさらに楽しんでいただければ嬉しいです


ご参加いただいた皆さま
武蔵野プレイスのスタッフの皆さま
ありがとうございました!!


 

 

 

 

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本3回連続講座「製本の種類を知る、観察を楽しむ」1回目

 

 

 

 


Sunday morning! !
ということで、
夜の喧騒とは別の顔、

静かな下北沢の朝です…


・・・

開店前の本屋B&Bさんにて
手製本3回連続講座
「製本の種類を知る、観察を楽しむ」
1回目、でした





・・・

第1回目は「本の構造、中身」ということで
製本の中身と綴じに注目

折丁という中身を構成する単位を
手を動かして一折を知っていただきたく
まずは一折中綴じの糸綴じノートを制作

折丁がイメージできたところで
その折丁を重ねて綴じるには
どんな種類があるのか、
本屋さんで見ることのできる綴じは?
無線綴じ、あじろ綴じ、中綴じ、平綴じ、糸綴じ
綴じの種類を知るという時間


そして、実際に本屋さんの本棚から
その綴じを探して観察してみよう!
 




視点は「モノ」としての本
好きな本、気になる本、
そういう視点ではなく本を手に取ります















そして、探し出してきた本を
無線、あじろ、糸綴じ、改めて観察







綴じでジャンルは分かるのか?
 

 

(B&Bさんには、平綴じも折本もありました!)

 

 


さっと製本したい本なのか

よく使われる本なのか
ロングセラー本なのか、
写真が多いのか

紙の厚みや大きさを選ぶものか、などなど
そういう要素で綴じ方が変わってきます


​なので、
観察や分類の正解というのは特にないのですが、
何となくの傾向はあります

そうすると「モノ」の視点で
綴じ方を探していたけれど
ジャンルからも綴じ方に検討つけることができる
ということも分かります

 

 

 

 

・・・

 

これから本を手に取る時に

製本の種類の視点も追加してみてください

読書の楽しみ、観察の楽しみ

新しい本との出会いもあるはず
 

 

 

 

・・・


次回、2回目は表紙に注目

同じく本棚探検します
1回目の中身と合わせて

また何か発見があるかもしれません

 

ちなみに、3回連続講座ですが

1回だけの受講も可能です

詳細は、本屋B&Bさんのページから→

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、ポケットアルバム





ブックなの?ブングなの?

ヨンネ手製本クラブ(→
新しいシリーズの手製本講座
スタートしてます

 

 

 


・・・

本をしなやかに丈夫につくるのもいいけど
手製本技術で文房具をつくってもいいかな?
ということで

テーマを更新しつつ
続けていこうと思っています


まずは「はさむ、しまう、おさめる」
全4回で文具をつくります
 

 

1回目、紙ばさみ(→
2回目、差し込みファイル(→

つくりました
 

 

 








さて、3回目は、、、

ハードカバーの表紙のつくり方と

仮綴じの留め方を活かして

ポケットアルバムをつくります

 



 


 


2mmのボール紙で
かっちりとした表紙ができます
クロスが足りなくても慌てず・・・
継ぎ表紙の方法をついでにレッスン◎


綴じがおもしろいのですが
ただ、ネジルだけです

仮綴じなので、すぐに取り外せます
けれど、しっかり留まっている
そんな綴じ方です

フィレンツェバインディング(→
その一部を使ってみました

この留め方そのものは
タケットバインディング(tacketbinding)
という名前があるようです

tack「仮縫い」ということなのかな

 

 

 







中身は折った状態のものなら、何でもOK


市販のポケットを綴じてポケットアルバム
厚紙を折って綴じてスクラップブック
冊子を綴じて合本に
年毎に資料をまとめるファイルとしても





そして、来月で最終回!

今までの技術や考えを踏まえて

自分で使いたい文具をつくってみよう

という回です

 

毎月少しづつ相談を受けつつ

みんなの作りたいものが見えてきました

どんなものができあがるか、楽しみです

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 





 

| 講座やワークショップの様子 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at 西荻窪アトリエ・ハコでした





6月最後の手製本ワークショップは

西荻窪アトリエハコさんにて、

刊本作品の手製本をやってみよう!でした

イルフ童画館さんから提案があり始まりまして

武井武雄の刊本作品を製本面から捉えて

同じように手製本してみる、という内容です

 

イルフ童画館(→

刊本作品(→
 

 

 

・・・


第1回目『胡蝶散策』(→
第2回目『雪の讃頌』(→
に続き、
3回目は、

『さもいや伝』の製本を模倣してみます




どの刊本作品も
製本以外の素材や印刷などは
とんでもなく凝った素材や技術で
仕立てられています

それに比べ、製本について分類すると
そこまで多い方法や技術はありません

本文紙の表面のみ印刷されているものが多いので

それをどう綴じるかという工夫をしながら
本文の素材や印刷で
製本の方向性を決めているようです


 



『さもいや伝』は
綴じは列帖装、帙は鏡帙
という製本方法でした


・・・

列帖装は、和綴じですが

折り目を綴じるという洋本のような構造です
綴じとしては、機械綴じにも通じる糸綴じで
綴じ方のほか、結び方にも特徴があります
実物を確認しながら、しっかり綴じました



本文の印刷は、

雲母引き和紙に印伝が施されている
という、これまた凝った造り・・・
さすがにそれは模倣できませんが
表紙の緞子は、できるだけ近づけてみました

 


 

 

・・・


そして、鏡帙に使う表紙は
仕入れたてほやほやの(当日3日前に購入した)
手漉きのひっかけ和紙を使いました

ひっかけ和紙は、越前和紙特有の技法です
ひっかけ技法については

「金型に繊維をひっかけ、和紙に載せる」
という資料の記述では

分かるような、分からないような?
どんな金型なのか?興味がフツフツと・・・

 

 

そこで、、、
とにかく行ってみれば、何かしら分かるかも!
勢いだけで越前まで出掛け、

まずは紙の神様にお詣り(神頼み)


すると本当に偶然にも、
柳瀬良三さんという職人さんに

出会うことができて、たくさんお話も伺え、
ひっかけ技法に使っている金型も見せていただき!
製紙所も見学させていただくことができました
(これについては改めてブログに書きます)








ま、そんな旅行動もありつつ、、、
『さもいや伝』の製本
このように仕上がりました



白の和紙は
柳瀬良三さんの製紙所で漉いている
手漉きのひっかけ和紙


色のある和紙は
越前和紙の里にあった和紙屋さんで購入
こちらは機械漉きのひっかけ和紙です

 

 



鏡帙とは、中蓋に白紙や画がある帙で
『さもいや伝』には

物語を表す版画が印刷されています







 

 




たくさん、仕上がりました!


 

 

 




武井武雄の刊本作品を知らなかった
という方は、これをきっかけに、
武井武雄、武井武雄の実験精神やユーモア
そして刊本作品について知っていただき
探求して楽しんでいただければ嬉しいです


手製本についても、和紙についても
どうしてそうなっているのか?
気になるものは、足と目で調べてみるのも
おもしろいものです

読書のおもしろさのように
ひとつの点があって触れてみると
そこからどんどん線が出てきて
あっちの点、こっちの点、
次々とつながっていくように・・・

 

 

 

ご参加いただいた皆さま

イルフ童画館さん

柳瀬良三製紙所さん、

ありがとうございました

 

 

 

 







 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201906本の修理と手製本アドバンスクラス



 



2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

 

 

手製本の基礎が終了した方を中心に

製本したいもの

修理したいもの

アートブックなど、

つくりたいものを自由に手製本します
 

 

 

 

 

 

 






本の修理は糸で綴じるまでの下準備、

掃除、解体、補修、再生などコツコツと







 

 

 

 

 

 

かがりの準備ができたら、しっかり糸かがり

かがり台を使うと、ピシッと綴じまとまります
 

 





 

アートブックに向けて箱づくりをスタートした方、

文具シリーズを楽しむ方、などなど
 

 

 

 

背固めして、次回は表紙の工程へ、、、

 



 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→

 






・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2019 本の修理と手製本、角背とドイツ装でした




 

 


梅雨、じめじめ

あっという間に6月も終わりです


2019年の本の修理と手製本講座

基礎1と基礎2
4月スタートクラス

全6回が終了しました


基礎1は角背の改装本(→
基礎2はドイツ装の改装本(→


1冊の本と向き合って
解体することで本の構造を知り
組み立て直すことで

本の修理と手製本に活かそう
という手製本講座です







・・・

初回は、手製本の基礎、紙のこと
道具、材料のことなど、お伝えします

基礎2のドイツ装の方は、
基礎1の復習も入ってきますので
さっそく、本の解体をはじめます







本を解体、クリーニング、
折丁の背を和紙で補修します







扉やジャケットなど、
ペラのもの、綴じ込むものには
和紙の足をつけて、折丁化します














 



・・・



和紙で補修した折丁を整えて
保護紙であるギャルドブランシュを加え
糸を通す穴を空ける、目引きを行います






目引き、

基礎1は、ノコギリを使って行う基本の目引き

基礎2は、カッターで1折づつ行う目引き、です

 






糸で綴じて、折丁をかがっていきます

基礎1は、支持体ありの基本の糸かがり
支持体になる麻紐がタテ軸、
折丁と綴じ糸がヨコ軸になることで
織り物のように丈夫に綴じることができます

基礎2は、支持体なしの糸かがり
1本の針で綴じる方法です
支持体ありよりも、堅牢さは低くなりますが
手軽に綴じることができます


 

 

 

 

 

綴じ終わったら、背固めします
 


 

 

 

 


また、裏打ちを行います
アイロン接着の裏打ちもありますが
糊を使って自分で裏打ちすることで
修理の技術につながります


基礎1は、布の裏打ちです

改装する表紙につかいます


基礎2は、紙の裏打ちです

もとの表紙を芯材から剥がして

裏打ちすることで再生し

表紙に戻します
 

 






 


 



・・・

綴じ終わった中身と
裏打ちした表紙を合わせて
仕上げていきます

 

基礎1は、角背の布装上製本
基礎2は、もとの表紙を活かしたドイツ装


中身の仕立ては共通です

背の補強に寒冷紗、

それから花布をつけ

修理に有効な筒状の紙(クータ)をつけます



本は、背表紙や溝がよく壊れます

表紙は紙よりも布の方が壊れにくく丈夫です

また、ドイツ装は背表紙のみ布装にすることで

表紙と裏表紙の平は紙にすることができるので
もとの表紙を再生して使います




本が完成したら
本をぴったり納める函をつくります

基礎1は、スリップケース
基礎2は、夫婦箱です
 


 








 

本の保護のためにも
作品づくりの完成度を高めるためにも

函をつくることができると
本の修理と手製本の良さが広がります
 

 

 

 

 

 

ご参加ありがとうございました◎

 

 

 

・・・

 

2020年の、本の修理と手製本講座

基礎1と基礎2は
秋以降にまた募集を開始する予定です
HPのnews →にお知らせしますので
よろしくお願いします

 

 

 



・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→





 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文庫本をドイツ装に改装する手製本講座でした





梅雨なのか、夏なのか、
どしゃ降りの翌日、ぴかっと晴れ

 

 

 


上野のあおば堂さんにて
文庫本をドイツ装にする手製本講座でした






ドイツ装は、表紙のつくり方が

基本の表紙のつくり方と異なります

表表紙、背表紙、裏表紙の芯材を
それぞれ包み、3つそれぞれをつなげて

表紙に仕立てます


少し手間が増えますが
表紙に紙を使いたいとき
背表紙はクロスにすることで
丈夫さを保つことができます

継ぎ表紙でもその役割は果たせますが
ドイツ装は背表紙のクロスが
平に被ってこないので
デザインとしては別の見え方になります

 

また、本の修理にも有効です

本は背がよく壊れてしまうため

もとの表紙と裏表紙の平はそのまま残し

背だけを新しくつくり直して修理します








 

 

表紙のつくり方以外の工程は

文庫本をハードカバーにする

基本の手順と同じです!



、、、できあがり





※付箋について
付箋を本のページに貼りつけたままにすると
剥がれなくなる可能性があります
修理の観点からは付箋はNGですー
 

 

 

 

 

 

 

 

文庫本をハードカバーに改装する

つくり方はこちらの書籍にも掲載しています◎

『はじめて手でつくる本』ヨンネ著(→

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大福帳と判取帳をつくる手製本講座 at 南田中図書館、でした


 

 




さて、今年も練馬区立南田中図書館にて
製本講座を開催させていただきました。





こちらの図書館では
製本講座は6回目になります

はじめの頃は
製本の基礎を知る
という内容にしていましたが
ここ数年は
誰でもすぐにつくることができる製本や
お土産感をテーマにしています



今年は、大福帳と判取帳でつくるメモ帳
ということで2冊つくりました






紙を切る、穴を開ける、糸を通す、紙縒をつくる、
シンプルながらも、コツが必要だったり
やりやすい方法があるので
皆で教えあいながら、ワイワイと・・



いろいろな紙を使って

ご自宅でも手製本

 

ぜひ、日々の生活に

ときどき、手製本を取り入れてみてください


 



 

 

 

 

 





ご参加いただいた皆さま
図書館スタッフの皆さま
ありがとうございました




 

 

 

 

・・・

 

図書館での製本講座、ご依頼承ります

本の構造をしっかりと知るもの

図書の修理に役立つもの(例→

手製本を楽しむもの(例→

ご希望に応じて内容を提案いたします

 

お問い合わせは

こちらのフォームから

お願いします→

 

 

 

 

・・・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at イルフ童画館 でした


 


・・・

今年もイルフ童画館へ

 

新宿から特急あずさに乗れば
2時間半で岡谷に到着です

 

 

 

 

 

余談ですが、、、

あずさは自由席がなくなり

指定席のみになりました

さらに、座席頭上には

指定済み、指定無し、今指定中

というランプが付くように!

便利かも
 









昨年からはじまった
武井武雄の刊本作品の手製本をつくってみよう
今回で3回目です

取り上げたのは『さもいや伝』
なぜ『さもいや伝』を選んだかと言うと・・・

刊本作品は

素材、印刷、技法、デザイン、など
1冊1冊すべてが異なっていますが
製本方法は共通したものが多いです

 

ただ、その中でも

『さもいや伝』だけは
ある綴じ方でできていました

なので、綴じ方を見たときに

チェックしていたんです◎



それは、列帖装という和綴じです




和綴じといえば、四つ目綴じなど
和紙を袋状にして、和紙の表のみ使う
という綴じ方が一般的です
薄い和紙では表に印刷したり文字を書くと
裏側に透けて見えてしまうからなのですが…



では、しっかりした厚めの和紙だったら?

列帖装という洋本のような綴じ方で
綴じることができます

 

 


実際の『さもいや伝』は
雲母引きのしっかりした和紙を使っていました
雲母引きの紙でやってみたいところですが

素材をすべては真似できずなので
綴じ方を真似てみました


 

 

 

慣れない結び方が出てきます

理解すると難しくないのですが

はじめてだと、不思議不思議?

武井武雄のこだわりを手を動かして

感じることができます

 


 

 

 

 

・・・


『さもいや伝』には帙もついています
鏡帙、という中蓋に絵がある仕立てです

そちらも再現してみました
 

 


できあがりー

 

地味に見えますが、つくり方は
しっかりと刊本作品そのもの!!
 

 

 

 

 

 




イルフ童画館のスタッフの皆さま
ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました!

刊本作品は奥が深く
知らないことがまだまだ、あります
どんどん調べて知って楽しみたいです






 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 



 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/35PAGES | >>