home    *news    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
イギリスとドイツの旅 1



2年前のこと
マラソンが趣味の妹が
ロンドンマラソンに応募し当たったことにより
母と3人でロンドンに行きました
3人で旅行も珍しいことで
しかも、海外

イギリスに行くことがあったら
ヘイオンワイ(Hay-on-Wye)に行ってみたい
と、ぼんやり思っていたけど忘れていて
(というか、気軽に行けないと思っていた)
母が、ヘイオンワイに行きたい!
と発言し
そうだ、私もだよ!というわけで


マラソンが終わった日程で行ってきました
電車で3時間、バスで1時間弱?ぐらい
電車とバスだけ調べておいて(妹が調べてくれた)
とにかく、それに乗って、
着いたらインフォメーションで宿を訪ね
B&Bに泊まりました

古本の街、ヘイオンワイは
1日でぐるりと廻ることができて
古本屋さんがたくさん
写真もいっぱい撮って
このブログに書きたかったのですが
まとめようと思いつつ、はや2年・・



そこへ・・・
カリグラフィーを習っている知人から
イギリスとドイツに行こう!とのお誘い

ドイツで製本を学んでいる知人がいるので
連絡とってドイツを案内してもらおう
グーテンベルグも大切だけど
イギリスは出版の歴史もあるし
ロンドンも行っちゃおう

カリグラフィーは写本につながるので
文字と本を一緒にみれるしさ

ということで
そのお誘いに乗っかることにしました


そして、今度こそは!
ブログにアップしよう・・・
と、思ったのです


というわけで
お休みいただいていたのは、そういうわけです
無事に戻ってまいりました


シンプルになるとは思いますが
ちょっとだけ、旅のようすを・・



@ロンドン
・V&AにあるNational Art Library
ここは、知人がカリグラフィーの作品を見たい
ということで、事前に予約をしてくれていたので
入ることができる場所でした
予約には、推薦状も必要で、なかなかどうして
入室が難しいところらしい

カリグラフィー作品を見る、
ということは
古い本を手に取ることができる、
ということ
貴重な本を8点ほど、見せていただきました

Victoria and Albert Museum(→
ヴィクトリア女王とアルバート公が基礎を築いたという
なんでもある!膨大なコレクションの博物館でした




・The British Library (→
やはり、図書館行かないとでしょう
というわけで、大英図書館へ
何があるのかもわからなかったけど
無料で入ることのできるギャラリーがあり
写本、古地図、楽譜から、ビートルズの手書き歌詞まで
じっくりと見ることができました
コンピュータでデータ化されているものもあり
ギャラリー内のディスプレイ上で
ページがめくれるようになっていました
もっと時間があれば、このデータもすべて見たかったぐらい

また、ちょうどマグナ・カルタ展をやっていて(有料)
こちらは人も多くて大人気
マグナカルタのこと、ちゃんと知らないな・・と思いつつ
展示物をみるみるみる(説明文がちゃんと理解できればなあ)
疲れるぐらい、充実した内容でした


・Shephers(→
入り口を入ると折り紙でつくったオブジェもあり
見やすくてきれいな店内、製本の専門店です

紙から製本の道具や材料まで揃っていて
HPによると、ワークショップもあるらしく
日程が合えば受けたかったところ(言葉に自信ないけど)






○画材屋さん3店
チェーン店もありますが、どれも大英博物館の周辺にあるので
3店を同時に巡ることも可能だと思います
(博物館も行くとなると、2日必要かも)


・Cornelissen&son(→
雰囲気のある小さな画材屋さん
枝の先に紙をくしゃくしゃして花のようにしてあったり
ウインドウの並べ方が、洒落ています





・London Graphic Centre(→
こちらも、画材屋さん、文房具もあります
日本のmidoriシリーズなどもありましたが、高かった!

ファッション街にあるので、お買い物も◎
(せっかくなので、近くのDr.Martinで靴買っちゃいました)




・Paper Chase(→
表からみると、ファンシーな文房具屋さん?
と思うのですが、3階建てで、画材もしっかり揃っています
オリジナルの文房具もあって、楽しかったです(写真撮り忘れ)




○古本屋さん、ちょこちょこ

どこかへ出掛けたら、古本屋さんを探したくなる
というか、歩いていると
古本屋さんはだいたいあるんです
が、ロンドンは広くて大きくて
歩いていたら、ぶち当たるということは
ちょっと難しい



こちらは、たまたま、画材屋さん巡りの時
大英博物館前にあった、古本屋さん



高価な本も多かったけど
手軽に買えるものもレジ前にありました






その他は、ちょうど出発前のBRUTUSが
ロンドン特集だったので、事前チェックをし
そこに載っていた本屋さんへ行ってみました

・大型書店 Foyles(→
写真に収まりきらないほど大きい、新刊書店
座ってじっくり選べるし、カフェもありました




bookbindingの横にはcalligraphy
まさにこの旅のテーマのような棚です、すばらしい

(※写真撮影許可取りました)


 Foylesでの収穫は、本というよりも?
オリジナルのトートバッグ、です
帆布のしっかりしたもので、
仕切りと、マジックテープ付きポケットと、
筆記用具入れポケットもあるという優れもの




・高級古本屋 Henry Sotherans(→
地下にはボタニカルプリントなども売っていて
いろいろ、高級そうな、古本屋さん
絵本もたくさんありました
カタログだけなら3£(?だったはず)

そんな高級なものの中から
お手頃価格の楽譜を見つけて、購入






・テムズ川沿いの青空古本市


早めに行ったら少しづつ準備していました
時間がなかったので、すべて揃うところまで見れなかったけど、
毎日やっているらしいです









テムズ川沿いを東の方へ歩いていくと
現代美術館へ行くことができます




・現代美術館前 Marcus Campbell Art Books(→
新刊だけでなく、店内には、値下げ?した本もいろいろ



シンプルな装丁でなんとなく気になった
『NO WHERE』という写真集を買いました

最初のページにボブディランの言葉があって
スコットランドの風景が続く、というもの
で、今、調べてみたのですが
この人ですね RICHARD LONG(→




さすがに長くなってきたので
2へ続けることにします→








 
| 古本まわり | 16:13 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
mondobooks 2days again!




6月のお知らせです


mondobooksとして
西荻窪チャサンポー(→
に参加します


***********

mondobooks 2days again!

日時:6月6日(土)
   6月7日(日)
   11:00〜19:00


場所:西荻窪モイスェンさん(→
   杉並区西荻南3−17−7


内容:古本雑貨蚤の市
   2013年にも行った古本市(→)をパワーアップ

   ゲストに、吉祥寺クワランカカフェに棚を持つ
   「文庫善哉」さんと、西荻のフリマといったら
   必ず出店している「湊商会」さん
   という2組をお迎えしてお送りします

 
   お・た・の・し・み・に










 
| 古本まわり | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
mondobooksと古本



5月3日、日曜日!
ゴールデンウィークですね

ヨンネの参加する
古本ユニット「mondobooks」は
不忍ブックストリートの
一箱古本市(→
をきっかけにはじまった
古本部活動

手製本をはじめるきっかけになった
図書館での仕事で知り合った4人組です

ゆるゆると活動しているので
長く続いています、ね


そして今回も
一箱古本市に出店しました



お天気よくって、本もほっかほっか



出店場所は、根津のカフェ月の裏さん前
タナカホンヤさんという古本屋さんの近くでもあります

大通りの裏道なので、ほどよい人通りで
のんびりと始まりました

先日に開いた西荻での製本講座に参加していた方に
お会いできたり(ほんと、たまたま!)

製本関係の本を少し出したり
豆本も置いていたので
お客さんと、製本についてお話できたり

若い方でも、製本が気になっている
という声もあったり
お、前はこんなに製本の話できたかな
と思って、嬉しかったです


店主のカフェ月の裏さん
箱をのぞいてくれたみなさま
お買いあげいただいたみなさま
スタッフのみなさま
ありがとうございました




そしてそして・・・
mondobooksは
来月、西荻窪のチャサンポーでも
古本と雑貨市を開催します◎
詳細はこちらをご覧ください→









 




 
| 古本まわり | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オズマガジン 手づくり特集



ひな祭りも過ぎ
3月に入ってもう4日

そうこうしているうちに
次の号が出そうなので、アップ!



2月12日発売のオズマガジン(→)手づくり特集
いろいろなワークショップやお店が紹介されています

毎月利用させていただいている
西荻窪アトリエ・ハコさんが載りました


アトリエ・ハコさんでは
お菓子の教室、ソープカービング、ヨガ
お習字、落語会、演劇など
本当にいろいろなワークショップやイベントが
開催されています

手製本ヨンネの豆文庫の写真と
2月の講座のお知らせ(終了しました・・・)
が、載っています

本屋さんで見かけましたら
ぱらりとめくってみてください







手で作るから、手製本◎






 
| 古本まわり | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クリスマスには夜中に食べてもいい


12月2日ー12月7日
フィンランドのあたたかいクリスマス
ランミンヨウル展
at ギャラリーTEN


こちらで販売する
豆本をつくりました




フィンランドのことわざ豆本













フィンランドの切手豆本






こちらはフィンランド語ではないのですが・・
革装の豆本ネックレスです








12月4日(木)と12月5日(金)
フィンランドの飴の包み紙でつくる
豆本ワークショップの参加者も募集しています
詳細は→こちらをご覧ください



その他のお問い合せは
info@yon-ne.com
までお願いします





 
| 古本まわり | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シルクスクリーン×手帳、試作会



さっむい!
雨と風の水曜日

デビジョさんにて、
手帳の試作会を行いました






新版にストライプをお願いしていたのですが
なんと、他にもいろいろ新しい版が◎
組み合わせとしてはさらに増えるので
迷ってしまいます




さて、できあがったのは、こちら2冊







今回は、新版もいろいろですが
デビジョさんのキャラがいろいろ


ここにアップしてあるもの以外にもたくさんありますよ









ポケットは4つ付き




12月13日(土)
シルクスクリーン×手帳製本講座
まだ少し残席があります

詳細は→こちらをご覧ください
info@yon-ne.com









 
| 古本まわり | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
mondobooks enjoyed ブックカーニバル in カマクラ



6月8日(日)
mondobooksとして
ブックカーニバル in カマクラ (→
に、参加してきました


昨年の参加の様子→



mondobooksは
図書館で働いている時に
出会った4人の仲間と始めた
一箱古本市などに参加しながら
古本を売るユニットです


手製本を始めるきっかけにもなった
図書館仕事でしたので
古本と手製本は、同時進行
もう8年経ちました


しみじみ




・・・
で、6月に入り
ちょうど
ヨンネ豆文庫(→)の制作を始めていて
大量の端紙が出たので

捨てるのは勿体ないな
と、ブックカーニバル用に
お土産づくりをしてみました



モンド部とは、mondobooksの初期の名前
8年前に不忍の一箱古本市に初めて参加した際に
消しゴムはんこで手拭いを作って
お買い上げの方にプレゼントしたのでした




そのハンコを、端紙に押して
何かできないか・・・

と、糸と針でごにょごにょやっていたら
こんなものができました
使い捨てしおりブックです

そのまま、挟んでもいいですし
中は無地なのでメモ帳にもなります



夜中に、せっせと制作






そして、いざ、鎌倉へ

会場は、由比ヶ浜公会堂




他にも会場があるので、スタンプラリーに参加すると
こんなかわいいトートバッグがもらえるのです
(まだ手にいれたことなし)






mondobooksは、今回もごっちゃりしてます






こちらはお隣の駄々猫さんブース
こけしとマトがいますね◎






ブックくん、というマリオネット

くねくね





お買い上げの方に差し上げた
使い捨てしおりブックも
おかげさまで、なくなりました

主催のモブロさん、実行委員の方々
本当に、ありがとうございました


写真があまり撮れずで
伝わりづらいですが
子どもも多く、おはなし会や
作家さんのトークイベントなどもあります

毎年、6月の始めに開催されるので
本の好きな方はぜひ、チェックしてみてください












・・・・・・・・

自分の古本を売りにいっているのだけれど
売れた分、買ってきてしまうので
なかなか減らない、のが、古本市


備忘録的に
写真だけアップしておきます



キノコものと絵本たち




























たことしょうねん














 
| 古本まわり | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
辻堂のえほんカフェさんtiny zooさんに行ってきました





お知らせが遅くなってしまいましたが
(ツイッターでは伝えていたのですが・・・言い訳)


辻堂のえほんカフェ、tiny zooさん(→)にて
mondobooksとして古本市に参加しています
2/21〜3/29(期間延長になりました!)






辻堂かあ、遠いなあ・・と思っていたのですが
お世話になっている曳舟の甘夏書店さんも出店されていて
その他いろいろつながっていたこともあり
海の近く、、、せっかくなので足を運んでみました

サーファーショップが周りにあったり
見慣れない風景の中に、かわいいお店が!





えほんの古本市は、このように





ほしい本がいっぱい〜
迷いに迷って、この2冊

おさらをあらわなかったおじさん (岩波の子どもの本)
文 フィリス・クラジラフスキー  絵 バーバラ・クーニー

限られた色を使ったイラストがいいです
部屋の細部までじっくり見ることのできるイラスト

おじさんのつくる変な料理もおもしろい
教訓めいているようだけど、お皿を洗わないことよりも
変な料理を子供に知られる方がまずいのでは・・・



もしもぼくがおとなだったら…
文 ヤニコヴスキー・エーヴァ 絵 レーベル・スロー

こちらも教訓的のようだけど、絵が好きで買いました
大人の女の人、男の人、おばあさん、
それぞれの言葉をフォントで区別していて
洋書でも読んでみたいと思う絵本

そうそう、大人って理不尽だよねえ
と読みながら、ラストにもびっくり




・・・・・・・・・

ヨンネ豆文庫も置いていただきました◎
ありがとうございます

ヨンネ豆文庫は童話が多いので
えほんカフェのお客様の反応が気になるところ・・











 
| 古本まわり | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2013年ありがとうございました


もう大晦日になっていました・・・ね


1時間、1日、1ヶ月などなど
いろいろな区切りがあるけれど

1年という区切りは
私にとってとてもありがたいものです

区切りがあっての一服
それがないと、視界が狭まってきてしまいそう
1年を振り返って、また来年を思う、いい区切りです


今年は、ヨンネの製本教室が
西荻の外へ飛び出した年だったように思います

いろんな場所へいけばいろんな人との出会いがあり
それがとても励みになり、楽しみにもなって
ワークショップや講座も続けることができました



・・・・・・・・・


また、少しづつ修理の仕事を始めた年でもあります

新しいモノができることによって
古いモノが捨てられることがありますが
そういう時にどうしても考え込んでしまいます
そんなに新しいモノは必要なのだろうか

本を直してまた読めるようにする
本の修理の仕事は
精神的な拠り所になりました




・・・・・・・・・・・・・


製本を始めるきっかけとなった、まるみず組に始まり
場所を貸していただいているお店やギャラリーの方
そして、講座に来て頂いている生徒さんやお客様
みなさんに感謝しています

ありがとうございました!



来年は、また何か変化があるかもしれません
すこ〜しづつでも変化しなければいけないとも思います

来年もどうぞよろしくお願いします


よいお年をお迎えください◎









 
| 古本まわり | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014手帳の試作会






秋晴れ◎きもちよいです



以前お知らせした、12月に予定している
手帳のコラボ講座(→
まだ試作品を作っていなかったので・・・
作ってきました、よ





はてさて、何をするかというと

まずは、表紙にする布に
シルクスクリーンの版で柄をつくるわけです
組み合わせ次第で、自由な柄になります


最初に、これ刷りました
左、ヨンネ  右、デビジョさん




シルクスクリーンの版
木枠の版がまたぐっときます




1色目の上から、こうやってまた・・・





デビジョさんは何やら複雑な組み合わせで・・・




こんなことに!すごい!






などなど、
いろいろやって・・・(盛り上がって写真忘れ)
布ができました


左側 ヨンネ   右側 デビジョさん



デビジョキャラも忍ばせて・・・



手刷りなので、カスレていたり、ズレていたりしますが・・・
それもアジってことで!とっても楽しい作業なんです◎











さて後半は、製本作業へ





見返しと本文をかがります(修理にも使えるやり方)
見返しは折り返してポケットにしちゃいます






本文も表紙も角丸にして、1年愛用できるように





ゴムをつけて、見返し貼って





完成です☆





左 ヨンネ  右 デビジョさん




見返し




角丸





ヨンネ






いちお、2枚刷ることができる予定
別の1枚は製本に使ってもいいし、手芸にも使えます




デビジョさんが連続に刷ったキャラ
走ってる〜かわいい










ご協力いただいているシルクスクリーン&イラストは
デビッド&ジョナサンさん、西荻窪にお店があります

HP→ ブログ→







あ、、、そして講座は満席になってしまいました
キャンセル待ちも受け付けしようかな・・・
と、思います
もしかしたら、別枠を設けられるかも?
決まったらまたお知らせしますm(-_-)m











 
| 古本まわり | 10:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/9PAGES | >>