home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

本の修理 古雑誌




本の修理をしました
古雑誌です





『文藝春秋』
田中角栄研究その金脈と人脈
昭和49年11月特別号

 


before





ぱっかりと背割れしています







45年前の雑誌
接着剤が劣化しています
この先も背割れ箇所が増えそう








ご依頼主さんにとって
この雑誌は仕事の上でも個人的にも
とても思い入れが強く、
自分の顔のような雑誌だ
兎に角、背割れを戻してほしい
というご希望でした
 

 


読みやすくする、
今後もよく利用するためには
無線綴じのままでは危険です

とはいえ
読みやすくしたいというわけではなく
このまま大切に保存したい
ということなので

読みやすくするために
無線綴じを糸綴じに仕立て直したり
平綴じでまとめるのは
もとの形状を損なうため
和紙とのりを使って

無線綴じのまま直しました





背の接着が外れそうな箇所は
のりを入れることによって戻ります

すでに外れてしまっている箇所は
のどの所々に和紙の足をつけて
ページ同士の引きを分散させる方法で
繋ぐことにしました











after






 

 

 

 


無線綴じのままの修理ですので
開くときは注意して90度ぐらいまでにし

180度開いたりコピーを取ったりしないように
大切に取り扱うことで保存につながります


ご依頼、ありがとうございました









・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com

 

 

 

| 本の修理ビフォーアフター | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201904本の修理と手製本アドバンスクラス




2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

​製本したいもの
修理したいもの
つくりたいものを自由に手製本

 

4月は、GW10連休の2日目は

主に修理や改装の方でした
 

 

 



・・


お母さんが何度も読んできた上下巻の歴史小説
ぼろぼろになってしまったので
修理して改装しよう、という計画です
まずは、解体と掃除から








こちらも修理
ページに穴がいっぱい
穴を和紙で補修したあと
折丁の背も和紙で補修します








 



学んでいる語学書が無線綴じ
どんどんバラけてしまっているので
開きの良い糸綴じに修理してリメイクしたい

まずは無線綴じの折丁を解体し
和紙でつなげていく作業から


 

 

 

 

 

 




 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→
 



 

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2019年 本の修理と手製本 基礎3(綴じの種類と表紙の構造)8月〜11月




 

 

手製本基礎講座3のお知らせです

・・

 

 

基礎3は、どなたでも受講できます

基礎123の受講の流れについては
下記が可能になります

 

基礎1→2→3

基礎3→1→2
基礎1→3→2

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   本の修理と手製本
 綴じの種類と表紙の構造(全8回)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日程:2019年8月24日(土)
        9月28日(土)

        10月26日(土)
        11月23日(土)

        10:30〜17:30
     (1日2コマ全8回、お昼休みあり)

受講料:¥43200(税込み、材料費込み)

   ※初回日に一括払いでお願い致します

   (分割払いはご相談ください)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様(満席です)

持ち物:特になし




・・・・・


本の構造を知り、

綴じの種類や表紙の構造について学びながら
本の修理と手製本を学ぶ講座です
初級と中級と合わせて8回の連続講座です


本の修理は、どのように修理するか、

どこまで修理するかなど
1冊1冊の本に向き合わなければなりません
部分的な修理ではなく、

いちから本をつくることで、
自ら対処法を考えて修理をできるように、
また、機械製本されたものを

どのように手製本で組み立て直すか
実際に手を動かして学びます

 


・・
手製本基礎講座1(→)と2(→)は
書籍を解体して組み立て直すという
1冊の本と向き合う内容となっています

手製本基礎講座3については
様々な綴じの種類と表紙の構造を

自分の手で製本してみることで
本の修理と手製本につなげることを目指します

 

 

 

本の修理と手製本(初級)vol.1〜vol.4

Vol.1 手製本の基礎   
紙、接着剤、道具、本の構造について
本のクリーニング、本の扱い方、

破れたページの修理

Vol.2 綴じの種類1

無線綴じ、あじろ綴じ、中綴じ、平綴じ、
折丁の多い糸綴じ 

*背割れの本を綴じ直す

Vol.3 表紙の構造1

ソフトカバー(見返し無)、

ソフトカバー(見返し有)、
角背ハードカバー(2mm厚) 

Vol.4 表紙の構造2

角背ハードカバー(2mm厚)

角背ハードカバー(ドイツ装)
*クータの必要性 

*花布のつくり方

 


本の修理と手製本(中級)vol.5〜vol.8
Vol.5 本の修理と手製本の基礎
外れたページの修理、濡れたページの修理
裏打ち(布と紙の裏打ち)

Vol.6 綴じの種類2

折丁の多い糸綴じ(本かがり、麻紐)

折丁の多い糸綴じ(1本針かがり)
折丁の多い糸綴じ(本かがり、平紐)

Vol.7 表紙の構造3

丸背ハードカバー(2mm厚、コーネル装)

Vol.8 表紙の構造4

角背ハードカバー(1mm厚)

丸背薄表紙(辞書などにみられる地券装)




※本の修理については、

身近な本を直すための技術です

貴重書の保存や修復に関しての技術ではありません

※手製本基礎講座「3」については

はじめての方でも、

「1」「2」を受講された方も

どなたでも参加することができます

(手製本基礎講座→

 

 

基礎3の講座の様子

2017年→ 

2018年→

 

 



・・・


お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで

件名「手製本基礎講座3」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com

 





 

 

 

平日に手製本レッスンを受けてみたい

という方も募集しています
マンツーマンでゆっくり学びます
(詳細ははこちら→




・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→







 

 

 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
8/31(土)かがり台と手締めプレスをつくる、使う! at アトリエ・ハコ(西荻窪)


 

 

夏、、、!?

暑いのも眩しいのもニガテで

想像したくはないのですが、

 

8月のお知らせです

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 かがり台と手締めプレスをつくる、使う!

 手製本講座 at アトリエ・ハコ(西荻窪)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

日時:2019年8月31日(土)

   10:30〜16:00(お昼休憩あり)
       

参加費:¥23000(材料費、講習費、税込み)
   ※参加費は前払い銀行振込となります
    参加と振込の〆切8/5となります

    振込先はお申込みした方にお知らせします


場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

 

定員:8名(満席です/キャンセル待ち受付中です)

持ち物:金槌、ペンチ、新聞紙

 

※釘を打ったり、金具を取り付けます

 

※仕上がりが大きいので、

段ボールをこちらで用意します

持ち帰る、又は、配送となります

送料、梱包材はご負担ください)
 

 

 



手製本の道具は

文房具、彫刻用や手芸用、
表装用や大工道具などを

代用というか工夫して使っています

 

そして製本にしか使い道がないかも?

という独特の道具もあります
その一つが、かがり台です

今まで出張の手製本講座では
かがり台を使わないで綴じていました

また、『西洋製本図鑑』には

かがり台の手作り方法が掲載されています

その作り方を参考に、少しアレンジして

使いやすいかがり台をつくってみました

材料、材料カットなどこちらで手配しますので
当日は、組み立てるだけです

また、使い方をお伝えします
ピンッと支持体を張るための部品具があるので

セッティング方法をきっちりと覚えましょう

あとは、かがるだけ・・!

かがるのが初めての方も
支持体ありのかがり方を知っている方も
どなたでもご参加ください

手製本に糸綴じ、糸かがりは欠かせません

支持体があると綴じも安定して丈夫に仕上がります
道具でレベルアップ、しましょう






また、簡単な手締めプレスもつくります
こちらも組み立てるだけの簡易的なものですが

本を固定したり、背の処理などに
あると便利!な手製本道具です

 




 

 

 

 

・・


お申し込み・お問い合せは
mailで→ヨンネまでお願いします
 

件名に「かがり台と手締めプレス」と明記の上
お名前、ご連絡先をお知らせ下さい
info@yon-ne.com
 

 

※3日以内に返信させていただきます 
もし返信がない場合には

ブロックされている可能性がありますので

お手数ですが再度メッセージをお願します



 

参照 Kathy Abbott

『Bookbinding A step by step guide』





 

 

・・・・・

*『はじめて手でつくる本』発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップ→







 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6/2(日)6/29(土)刊本作品の手製本をつくってみよう at イルフ童画館(長野県岡谷)アトリエ・ハコ(西荻窪)




 


昨年、イルフ童画館にて

刊本作品の製本方法で本をつくってみよう

という企画にお誘いいただき

2冊の刊本作品の製本に注目し

みんなで手製本してみました

 


つくった2冊はこちら

『胡蝶散策』(→

『雪の讃頌』(→



 

 

そして、今年もまた

刊本作品の手製本をしてみよう!やります

 

 

今年のお題は、、、

じゃじゃん!
 

 

刊本作品No.66『さもいや伝』です

 


左:ほんもの 右:ワークショップ用

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 刊本作品の手製本をつくってみよう
 at イルフ童画館 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:6月2日(日)  
   13:30〜16:30

参加費:未定

場所:イルフ童画館(→

〒394-0027 長野県岡谷市中央町2-2-1
TEL 0266-24-3319


持ち物:特になし

こちらのお申し込みは
イルフ童画館さんへ直接お願いします

 

終了しました(→

・・・・・・・・・・・・・・・・
 


さて、どんな本なのか?
製本や素材に着目してみましょう

 

本文紙
見開きサイズで漉き、
雲母引き(きらびき)を施した料紙
印伝(鹿革に漆を乗せる伝統工芸)で
文字や絵を印刷

綴じ
列帖装という日本独特の綴じ方で
洋本のように開くことができる
『さもいや伝』では2折のみ

表紙
高級感のある緞子生地


基本の無双帙と異なり
中蓋に白紙や画がある鏡帙
表に使用されている和紙は
ひっかけ和紙(越前和紙固有の伝統技法)

 












・・・
さて、この刊本作品の製本を

ワークショップではどう手製本するか?

つくってみました

 

素材については
同じものを揃えるのは難しいので
製本に重点を置いて、再現を試みました


本文紙
見開きサイズで漉いたものではなく
新鳥の子を使って(雲母引きはなし)

綴じ
紅白の色糸を使った列帖装

表紙
緞子生地(WSでは緞子和紙を使うかも)


鏡帙、再現
表の和紙もひっかけ和紙で!




 

 



雲母引き紙、緞子生地、紙に印伝、
ひっかき和紙、列帖装、鏡帙
伝統的な素材とアレンジが凝縮された刊本作品を
実際に手に取り、そして自分の手でつくってみて
武井武雄の頭の中はどうなっているの?
想像を膨らませてみましょう

そして『さもいや伝』ってどんな話?

本を読んでみましょう


 

この機会にぜひイルフ童画館へ

足を運んでみてください



 

 






・・・

また、西荻窪の教室でも同じ内容で開催します
(イルフ童画館さんの許可を得ています◎)

『さもいや伝』ほか、
その他の刊本作品も見ながら
武井武雄のアイデアについて
考えつつ、楽しみつつ、手製本します
6月29日(土)です
こちらもご検討ください

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 刊本作品の手製本をつくってみよう
 
at 西荻窪アトリエ・ハコ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日時:6月29日(土)  
   10:30〜13:30
(満席)
   14:30〜17:30(満席)

参加費:4800円

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474


お申し込み、お問い合せは
件名に、刊本作品
内容に、お名前・お電話番号
午前と午後のご希望 
を明記の上
ヨンネまでメール→
でお願いします
info@yon-ne.com

 

※申込後は2日以内に返信いたします

もし届かない場合には不具合の可能性があります
お手数ですが改めてメールをお送りください


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 




 



 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革装豆本のアクセサリーをつくる手製本講座でした






おひさま、ぽかぽか。でした
桜が咲いてから寒い日が続いたので
まだまだお花見日和だった土曜日


西荻窪galerie nonさんにて
革装豆本のアクセサリーをつくる
手製本ワークショップでした





古本のページを切り取り
折丁をつくります

化粧裁ちをして、目引き、糸綴じ、
中身をつくります

革の仕立てはメスで削いで
表紙をつくります


 

 




みなさん、ネックレスにしました
表紙を飾って、できあがり!!





マーブル紙の見返し







さっそく、身につけて








珈琲と焼菓子のおやつ付き
ギャルリーノンさん、美味しくいただきました







ご参加いただいたみなさま
ありがとうございました!





 


・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6/16(日)文庫本をドイツ装に改装する手製本講座 at あおば堂(上野)

 

 

 

6月の手製本講座のお知らせです

 

 


+++++++++++++++++++++
   文庫本をドイツ装に改装する手製本講座

   at あおば堂(上野)

+++++++++++++++++++++


日時:2019年6月16日(日)
   13:00〜16:00

参加費:¥4800(材料費込み)

定員:6名様(ありがとうございます満席です 

       キャンセル待ち受付中)


会場:あおば堂(→

   〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-10-17 I

   Terrace上野桜木101    


持ち物:○改装したい文庫本 1冊

    ○表紙に使いたい布または紙

    (200mm×300mm 1枚

     紙の場合Y目にて
    ※布は手拭いなどの厚みがベスト
    ※紙の目が分からない方は
    300×300サイズをお願いします
 

 

 



 



お手持ちの文庫本を

ドイツ装で改装します

ドイツ装とは、

表紙、背表紙、裏表紙の芯材を
別々に包んでから1つにつなげる

という表紙の構造が特徴です


継ぎ表紙に似ていますが
背の素材が平まで被ってきません

色の組み合わせを楽しむデザインとしても
背と表紙を分けることで本の修理としても
活用することができます

改装したい文庫本1冊と
表紙に使いた布または紙をお持ち込みください
※背のクロスはこちらで用意します




 


お申し込みは、あおば堂さんまで

電話メール、または
あおば堂facebookにてお願いします

090-6940-2401
aobadou.sakuragi@gmail.com



++++++++++++






 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
国芳猫まめ本の手製本WSでした






押上の甘夏書店さんにて開催されている
「めでる国芳、向島」フェア 、ラストデー
そして、国芳猫まめ本WS、おかわりデー


『めでる国芳ブック』(大福書林)を
素材に使って豆本づくり、でした





『めでる国芳』シリーズは
ねこ、どうぶつ、おどろかす、とありますが
今回は「ねこ」を使っています

 


猫に加えて琴、ちらり生足、天麩羅、着物など
皆さんのツボを突いてくる絵が詰まっていました





素材を選んだら
中身は糸綴じでノートをつくります
折丁は5折、支持体のない綴じを豆サイズで
見返し貼り、背固め、寒冷紗、花布を


表紙は凹みをつくって
切り抜いた絵を嵌め込みしました



ずらりと、できあがり◎






見返しに魅力があると
本を開いた時の期待も高まりますね
(これはノートだけど・・・)








甘夏書店さんは
一軒家カフェikkAさんの2階にあります

紅茶に詳しいikkAさんのお茶付きWSで
今回は、桜のお茶でした*

 


ご参加いただいた皆さま
甘夏書店さん、カフェikkAさん、
大福書林さん
ありがとうございました




 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

| 講座やワークショップの様子 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かがり台と手締めプレスをつくる手製本講座でした

 





手製本している人

糸かがりしている人

増えているのかも?

参加者増えてます−◎

 

 


かがり台と手締めプレスをつくる

手製本ワークショップでした


 



つくる、といっても
組み立てるだけ、なのです

使い方、が大切です
支持体のセッティング
固定方法、しっかり確認して
家に帰っても忘れないように

本になるための重要な要素「綴じ」
紙を綴じて、背ができて、本になる

伝えたいこと広げたい残したいもの
伝えたくないけど抱きしめたいもの
ガンガンかがって綴じて、本にする
 


 


 

 

 

・・・
ご参加いただいたみなさま
会場のアトリエハコさん
ありがとうございました

 

かがり台づくりの参考にしたのは

『西洋製本図鑑』雄松堂、です



・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『はじめて手でつくる本』重版が決定しました!!!




●嬉しいお知らせです

2015年末の発売から3年と少し・・・
『はじめて手でつくる本』
(エクスナレッジ刊)の
重版が決定しました!!!!!

まさかまさかの、、、
手製本の本で?このご時世だし?
と、びっくり、嬉しいです

手に取っていただいた皆さま
本屋と古本屋と図書館
今までお会いしたすべての皆さま
そしてこれから手に取っていただく皆さま
多くの方に深く感謝申し上げます





古本屋でやばそうな古本を買った!
絶版本が復刊した!
バンドが再結成した!
チケットが当たった!など、
ギュイーンと踊る気持ち

重版決定!は
同じようにギュインッ!!!
となりました
重版決定していただいた
エクスナレッジさんに感謝です


また、重版にあたり
手製本手順などはそのままですが
手に入らなくなった紙など
変更する箇所があります

それはそれで!
違いが楽しいかと!?

よろしくお願いします!
 

 

 

 

 

●『はじめて手でつくる本』って何?

2015年12月に出版されました

詳細は→をご覧ください

 

●台湾版もあります

2017年7月に出版されました→

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

| その他のお知らせ | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/102PAGES | >>