top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
本の修理と角背&ドイツ装の手製本講座vol.5&vol.6でした





桜の蕾がぷっくりしてきました
が・・・まだまだ朝晩は、寒い寒い


そんな3月第4土曜日
西荻窪アトリエ・ハコにて
手製本講座でした



6回連続講座の最終日です






前回、解体して補修した折丁を
本かがりで綴じ、背固めするところまでやりました
そして表紙に使う布の裏打ちも・・(→



今回は、どどん!と、仕上げまで
そして、完成した本を納める
スリップケースもつくりました


背がとても美しいです
きれいですねー






日本の名随筆シリーズ
『歌』、『菓』、『月』
ということで、布のセレクトもばっちり






こちらの生徒さんは一歩進んで
1本針かがりで改装です






もとの表紙を活かす、ドイツ装仕立てで完成◎





1日2コマの6回連続講座
3ヶ月間、お疲れ様でした



今後も手製本を続けて欲しいですし
続けなくても、本を読むときに
その本がどんな製本でできているか、など
本との関係性がより深くなればいいなと思っています



・・・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→



 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年1月〜3月のプライベートレッスン




手製本プライベートレッスン(→
密やかに?やっています・・

2017年3月現在
10名ほどの生徒さんがいらっしゃいます
のんびりマイペースコースです




・・・・
そんな
2017年1月〜3月の
プライベートレッスンの様子を
まとめておきます

ご自分の本をつくりたい方
豆本をいろいろつくりたい方
本の修理、絵本の修理を学びたい方
などなど、です




・・・・
こちらの生徒さん
修理を目的とされています


支持体なしで綴じる製本を




折丁の部分は黄色、見返しは赤です




表紙の寸法をきっちりと
本文には、寒冷紗、花布、クータを




完成です








・・・・・・・
解体と修理の続きの生徒さん

基本の目引きはのこぎりで
折丁の同じ位置に一気に穴があきます






かがり台を使って綴じていきます




綴じ終わり





表紙は自分で裏打ちしたクロスで、本の仕立て直し
合わせて、黄色の裏打ちクロスで花布をつくりました

日本の名随筆『宙』
イメージしたイラストも貼り込み◎
かわいいですね












・・・・
こちらの生徒さんも
解体して組み立て直しの練習





表紙の芯材も剥がして、裏打ちをします





丸背に仕立てます





再生した表紙は
ドイツ装仕立てにて、つくり直しました
背にはもとのタイトルを貼って、完成です






・・・・・・
絵本の修理、実践
構造を理解しながら、解体してみます

絵本は、本文と見返しが同じ用紙を使っていて
一緒に印刷していることも多く
見返しと本文を分けることが難しかったりします
よく、見分けて






表紙は壊れていなかったので
中身を綴じ直してから
溝、背をボンドで固定して完成









・・・・
こちらは図鑑の修理





表紙の再生中







中身は宿題として、自宅で綴じてきてもらいました
つくり直した表紙と合わせて、完成◎








・・・
豆本コースの生徒さん

切手を納める豆本

本文は平綴じですので、綴じは難しくありません
無線綴じの修理などにも応用できます
表紙は2mm厚のハードカバー



フィンランドのことわざ豆本

こちらは、中綴じ、継ぎ表紙の製本です








・・・・・
プライベートレッスンは、基本的に1名ですが
今回は、2名様で・・・
少し狭いけども、単発レッスンでした






リボン背の本です









・・・・・・
本の修理を学びたい方
初回のレッスン

中綴じ、折丁の重なりの理解
紙の破れの直し方
ハードカバーの表紙のつくり方、などなど






それを踏まえて
2冊の本を解体して組み立て直します
いつもと教材を変えてみました



同じシリーズの本ですが、綴じ方が異なっています
また、見返しの構造も異なりますので
それを分解しながら確認しつつ・・・
表紙も剥がして裏打ちしました









・・・・・
こちらの生徒さんも、図鑑の修理
図鑑は本当によく壊れますね
昆虫、自動車、電車、魚・・人気?の壊れやすいシリーズ








・・・・
そして3月の最後には
広島から写真家さんが

スイスバインディングという
見返しを裏表紙側にのみ貼り
背を固定しない製本で、1冊
本文は1本針かがりです

好きな色を聞くと、赤、ということで
赤の表紙で仕上げました
(広島カープってことらしい!なるほどです)







・・・

そして・・
手製本プライベートレッスンですが
現時点では、あと2名ぐらいの空きになりますので
(自分の製作状況や講座準備の都合などです・・)
ご検討の方はお問い合せいただけたらと思います



・・・・・・・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→






 

| プライベートレッスンの様子 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4/22(土)ヨンネ手製本講座 at 栞日 in 松本




4月のお知らせです

長野県、松本市にある
心地よい暮らしのヒントを集めた本屋さん
・・・栞日(しおりび)→


この、素敵な本屋さんにて
4月22日の土曜日(晴れますように太陽
手製本ワークショップをやらせていただきます





・・・・・・・・・・・・・・・・・
 革装の豆本アクセサリーをつくる
・・・・・・・・・・・・・・・・・




日時:4月22日(土)
   10:00〜13:00

参加費:4800円(材料費込み)

持ち物:なし

定員:6名様

表紙の素材に革を使って、豆本をつくります
本文は紙を糸で綴じますので
小さいながらもしっかりと
手で本をつくることができます








・・・・・・・・・・・・・・・・・
 文庫本をハードカバーに改装する
・・・・・・・・・・・・・・・・・




日時:4月22日(土)
   14:00〜17:00

参加費:¥4800(材料費込み)


持ち物:文庫本 1冊
表紙にしたい布 20センチ×30センチ 1枚
※素材は綿で、厚みは手拭いやハンカチの厚みが好ましいです。

定員:6名様

好きな文庫本を、好きな布でハードカバーに改装します
本の表紙がどうやってできているのか
表紙の布、見返しや花布、栞紐の組み合わせを楽しみながら
自分の手で文庫本を改装します





※受付は、栞日にて

Facebookのイベントページをご覧ください(→
 

 

 

 

 

 

 




 

| 手製本講座のお知らせ | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本講座 at 練馬区立平和台図書館






三連休、中日です
3月19日、日曜日
練馬区立平和台図書館にて
手製本講座でした



今まで開催した図書館での手製本講座とは
少しベクトルを変えて
本の修理の入口になるような内容にしてみました◎


・・・・・・
「本のしくみを知ってみよう」
自分で本を作ってみたい
こわれてしまった本を直してみたい…
そもそも本はどのような構造になっているのでしょうか?
手製本を通して本のしくみについて知りながら
糸を使った中綴じノートを一冊作ります
破れた本の直し方を体験します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




本の修理屋さんというのは街中で見かけません

靴の修理とか、洋服のお直しのお店
それから自転車屋さんでも修理をしています
本の修理も同じことなのですが・・

靴、洋服、自転車などを直す人は
靴、洋服、自転車を、つくることができる人です
同じように、本を直す場合にも
本をつくることができれば
直すことができるというわけです


そのためには、本がどのようにつくられているのか
本の構造を理解して、同じように組み立て直す
ということが必要になってきます


本は、ざっくり分解すると
中身と表紙でできているので
今回の手製本講座では
その中身の方に焦点をあててみました



折丁のこと、紙の目のことなどをお伝えし
手を動かしていただきながら、
一折中綴じのノートをつくったり
破れたページを直してみたり、など
(セロハンテープを貼ってつなぐのはNG)
講義と実技、半々で進行




いつもより講義が多めだったこともあり
しっかりと本のしくみについて伝えることができ
私も嬉しく思いました



スタッフのみなさま
ご参加いただいたみなさま
どうもありがとうございました


・・・・・・・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→








せっかく練馬区北部?へ来たので
気になっていた喫茶ボタンへも足を延ばしてみました













 

 

| 手製本講座の様子 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夫婦箱の名刺入れをつくる手製本講座でした




卒業シーズン
花粉シーズン
3月も半分過ぎました


西荻窪モイスェンさんにて
夫婦箱の名刺入れをつくる手製本講座でした





夫婦箱は、本を収納して保護するための箱です
納めたい本のサイズを図り、ぴったりの箱をつくります
その箱を納める箱をつくって2つの対の箱をつくります
それが夫婦箱なのですが・・
2時間の講座では仕上がりません


ということで、
サイズは名刺サイズに固定し
夫婦箱をつくる手順を体験しながら
名刺入れをつくってしまおう
という内容の手製本講座でした




表紙の布は、好きなものをお持ち込みいただき
完成しました





箱の部分は紙を使っています







ちょうどフィナンシェ1つが入るぐらいのサイズ







この夫婦箱の名刺入れのつくり方は
『はじめて手でつくる本』にて紹介していますので
気になる方は、本を読んでみていただけたらと思います

・・・・・・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→





 

| 手製本講座の様子 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中綴じノートをつくる手製本ワークショップでした


3月になりました

新しい生活を手づくりノートではじめよう!
ということで、
シンプルな中綴じノートをつくる
ワークショップを行いました


会場は、無印良品有楽町
有楽町駅前すぐ!アクセス◎





つくるノートは2冊
基本のパンフレットステッチと
アレンジしたコーチングステッチ
という綴じ方で、製本します





紙の目の方向を確認し
中身と表紙をまとめて半分に折ったら
折目に目打ちで穴をあけます


あけた穴に糸を通して、紙を綴じたら、完成◎

用意した紙はこちら
・コットンペーパーのムーラン紙、木綿糸くず入り(青)
・ファーストビンテージの3色(緑、黄、赤)


綴じ方については
『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 エクスナレッジ刊
の、最初の最初、一折中綴じの本、という項目で
詳しい手順が載っています
パンフレットステッチ
コーチングステッチ
チェーンステッチ
ツイストステッチ
4種類ありますので、ぜひ参考にしてください



*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→




・・・・
余談ですが
ちょうどこのワークショップの次の日
めずらしいことに、妹からメールが・・
「小冊子という機能で楽譜をコピーしたのだけど
良いまとめ方ないかな」とのこと
(妹はバイオリンを教えています・・)

そりゃ、中綴じでしょう!(ホッチキスもあるけどね)
ということで、やり方を伝えると
「穴を空けるのも手が痛くなりそうだし
めんどくさいので、ホッチキスでまとめた」
という返事

私も面倒くさがりではありますが
いやはや、、ですね



ちなみに、楽譜を譜面立てにペタンと置きたい場合
組継ぎ製本が、いちばん良いかと思います
この方法も以前妹に伝えてあったのですが
ページの面付け計算が難しいということで
却下されています(ネットに計算機があります!)→


















 
| 手製本講座の様子 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理と角背の改装本vol.3&vol.4の手製本講座でした





春がじわじわと・・
冬のコートは手放してしまおう
というような陽気


西荻窪アトリエハコさんにて
本の修理と角背の改装本の手製本講座でした

全6回の中盤です



前回、本を解体して、折丁毎に分け
その折丁の背を和紙で補修
筒箱の素材を本文に組み込むところまでやりました







今日は・・・
その折丁に加えて、ギャルドブランシュ
(本の前後にある余白ページ、扉へ誘う入り口でもあり
 中身を保護する紙でもある8ページ)
を組み込んで、目引きをします



ギャルドブランシュに見返しを貼り込み、プレスして置きます
(本来は、1日置くとよいです)








・・・・
昼休み




見返しとギャルドブランシュを
きれいに化粧裁ちしたら
さっそく、かがりです

支持体の麻紐がある、基本的な本かがり
この基本の構造を押さえておくと
糸かがりのアレンジにも役立ちますね





かがり終わったら、背固めをして
今日はここまで・・・?



・・表紙に使う布の裏打ちもやります








これは、1日乾かします!





次回は、完成までとスリップケースをつくります◎
おつかれさまでした








・・・
ひとコマ、朝ごはん
西荻へむかう途中の公園にて、ぱくりと
下井草のカリーナのサンドウィッチ




 

| 手製本講座の様子 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Secret Belgian Binding の手製本講座でした




春一番!の、翌日
寒くなりましたが
曇り空の穏やかな土曜日



西荻窪モイスェンさんにて、手製本講座でした


Secret Belgian Binding という
Anne Goyさん考案の製本方法で
手のひらサイズのアルバムをつくります


和綴じのように
表紙に綴じ糸が見える・・
といっても、中身と一緒に綴じているわけではなく
表紙は表紙で糸でつないでいるわけです



穴の位置で、アレンジもできます
おもしろくて、かっこいい製本◎

 

 

表紙、背表紙、裏表紙、

それぞれを糸でつなぐわけですが

イカダ作りってこんな感じかな?

という感想も・・

なるほど、です

イカダ作ったことないけど

なんとなく、わかる!





ご参加ありがとうございました


イカダもそうですが、
織り物もそうだし、手製本もそうかな、と

というのは、
素材そのものも、何かしらが組み重なってできていて
そしてそれがまた組み重なって
カタチあるものが造られて・・・
なーんて身近なものをじっとみていると
イームズのパワーズオブテンを思い出しました
手製本をしながら、紙を糸で綴じながら、宇宙いけます◎




・・・・・・・

次回、3月18日(土)は
夫婦箱の名刺入れをつくります
詳細はこちら→をご覧ください



 

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 






 

| 手製本講座の様子 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3/5(日)新しい生活を手づくりノートではじめよう at 無印良品有楽町



3月のお知らせ・・
無印良品有楽町にて手製本講座をやります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 新しい生活を手づくりノートではじめよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




日時:3月5日(日)
   11:00〜12:00
   14:00〜15:00
   15:30〜16:30

参加費:1500円

定員:各回10名様

会場:無印良品有楽町3F Open MUJI

持ち物:なし


終了しました →


糸で紙を綴じる中綴じノートを2冊つくります
基本のパンフレットステッチに加え
コーチングステッチという2種の綴じ方をお伝えします
シンプルなノートを気軽につくることができます
ぜひ、ご参加ください




詳細は、無印良品HP、イベントページにて→









 
| 手製本講座のお知らせ | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本講座 at 新宿区立四谷図書館




お天気は、晴れ
2月12日、日曜日

新宿区立四谷図書館にて
手製本講座でした

写真は、図書館むかいの新宿御苑



親子連れから70代まで、年齢差もなんのその
テキパキと製本されていました
紙を糸で綴じながら、折丁の重なりと本の構造の入口となる
手製本ノートをつくりました






新宿御苑を一望できる会場にて





スタッフのみなさま
ご参加いただいたみなさま
ありがとうございました
・・・・


*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→





 

| 手製本講座の様子 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/81PAGES | >>