home    *news    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
9/23(日)手製本のいろいろな綴じ方について at アトリエ・ハコ(西荻窪)


 

9月の手製本講座のお知らせです

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 手製本のいろいろな綴じ方について
 糸かがり5パターンで紙を綴じてみよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時:2018年9月23日(日)

   10:30〜17:30(お昼休憩あり)
       

受講料:¥8600(材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:8名様(残席4名様です 8/9現在)

持ち物:なし





手製本に欠かせない、糸綴じ、糸かがり・・

のり綴じや平綴じなど

どんな綴じ方でも、紙をまとめることはできますし
基本的には表紙をつけてしまうので
綴じの違いがよくわかる背は隠れてしまいます

ですが、背に見えている綴じ糸というのは
手製本の魅力のひとつでもあると思います

今回の手製本講座では
そんな様々な綴じ方から
基本の支持体のある綴じと支持体のない綴じ
2パターンを枝分かれさせて
全部で5パターンの綴じで、折丁を綴ります

糸かがり5パターンは以下です
・支持体有・麻紐
・支持体有・平ヒモ
・支持体無・1本針かがり(リンクステッチ)
・支持体無・1本針かがり(フレンチリンク)
・支持体無・パピヨンかがり

糸綴じ、糸かがりを復習したい
糸綴じのアレンジを増やしたい
糸綴じのノートをつくりたい
糸綴じの基本から自分で新しい綴じ方を考えてみたい
とにかく糸綴じをやってみたい

手製本をはじめた方、これからステップアップする方
本づくりをやってみたい方

紙が好きの方、文房具が好きな方
手を動かすことが好きな方
などなど、

どなたでもご参加いただけます

5パターンの綴じで製本してみましょう

※講座内容はあくまで綴じ方だけになります


前回の講座の様子は→

 

 

 

 

 

・・


お申し込み・お問い合せは
mailで→ヨンネまでお願いします
 

件名に「いろいろな綴じ方」と明記の上
お名前、ご連絡先をお知らせ下さい
info@yon-ne.com

 

※3日以内に返信させていただきます 
もし返信がない場合には

ブロックされている可能性がありますので

お手数ですが再度メッセージをお願い致します。



 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年秋 ヨンネ手製本講座 at OTAブックアート(武蔵小山)

 

 

 

OTAブックアートさんでの

手製本講座のお知らせです

 

 

アートブックではなく、ブックアート

本でもあり、芸術でもある、ブックアート

まだまだ馴染みのない言葉ですが

そんなブックアートをドイツで学び

ブックアーティストとして活動している

太田泰友さん

 

 

・・・

太田泰友プロフィール
1988年生まれ、山梨県出身。ブックアーティスト。OTAブックアート代表。
2017年、ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学(ドイツ、ハレ)ザビーネ・ゴルデ教授のもと、日本人初のブックアートにおけるドイツの最高学位マイスターシューラー号を取得。これまでに、ドイツをはじめとしたヨーロッパで作品の制作・発表を行い、ドイツ国立図書館などヨーロッパやアメリカを中心に多くの作品をパブリック・コレクションとして収蔵している。
2016年度、ポーラ美術振興財団在外研修員(ドイツ)。

 

ドイツから戻った太田さんは

今年、東京でアトリエをオープンしました

(OTAブックアート→

手製本とブックアートについて

広まる拠点となりそうです

 

 

・・・

OTAブックアート
ブックアーティスト太田泰友が2017年12月に設立した、ブックアートを追究・発信することを目的としたスタジオ。ブックアートの制作の場であり、本づくりにまつわるワークショップやイベントを開催し、本の新しい可能性を追究しています。

 

 

 

そして、そして!

OTAブックアートさんにて

ヨンネ手製本講座を開催することになりました

 

ブックアートをつくるためには

手製本の基本が必要です

アートにつなげるためにも

様々な製本をつくってみる、

そんなプログラムです

少しでもお手伝いできたらと思います
 

 

お申し込み・詳細は 

OTAブックアート(→
 

 

facebookイベントページ

1Day角背上製本(→

ヨンネ手製本講座(和本編、洋本編)(→
 

 

 

 

プログラムは3つあります

〈角背上製本1Day〉

〈和本編6回〉

〈洋本編6回〉

 

以下、詳細を転載します


 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ヨンネ手製本講座 at OTAブックアート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本の総合芸術であるブックアート。製本は、ブックアートを構成する重要な要素の一つです。作品のコンセプトを体現するために、作られたページを一冊に綴じる製本もあれば、それ自体が作品のコンセプトと密接に関係する製本もあります。

OTAブックアートでは、本の新たな可能性を追究する一つの重要な手段として、手製本のワークショップを開催します。製本を手がかりにブックアートにアプローチしてみたい方、本を自らの手で作れるようになってみたい方、ぜひ一緒に手を動かしながら、本に対する新しい視野を手に入れてみましょう。

 

 

 

 

●ヨンネ手製本講座(1Day)at OTAブックアート

講師に植村愛音さんをお迎えし、1日(2コマ)で糸かがりの角背上製本の手製本を学びます。

1日で1冊の上製本を手で作ってみて、全体の構造を知り、基本的な作業を習得するのが目標です。

会場にはOTAブックアート代表の太田泰友も同席し、太田がドイツで経験してきたことや、手製本とブックアートの関わりなどについてもご紹介します。

 

日時:2018年8月4日(土)10:00〜17:00

間にお昼休みをはさみます。

 

会場:OTAブックアート

   東京都品川区小山2-16-3

   東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩7分)

 

参加費:10000円(+税)

※OTAブックアートのサポーター会員の方は、ワークショップ参加チケットをお使いいただけます。

チケット1枚をお使いの場合、残り1コマ分の5000円(+税)をお支払いください。

 

定員:10名

 

持ち物:特になし(持ち込みも可能)

 

終了しました(→




 

 

 

 

 

 

●ヨンネ手製本講座(和本編)at OTAブックアート

講師に植村愛音さんをお迎えし、基本的な和本づくりの手製本について全6回のカリキュラムで学びます。このカリキュラムでは、代表的な和本の作り方を習得し、それぞれの特徴を理解することを目標にしています。

会場にはOTAブックアート代表の太田泰友も同席し、太田がドイツで経験してきたことや、手製 本とブックアートの関わりなどについてもご紹介します。


 

内容

第1回 和本について、巻子本、大和綴じ

第2回 折本、大福帳

第3回 旋風葉、判取帳

第4回 粘葉装 紙と布の裏打ち

第5回 列帖装(裏打ち紙使用)

第6回 四ツ目綴じ(裏打ち布使用)
 

 

日時

第1回 2018年9月2日(日)10:00〜 

第2回 2018年9月16日(日)10:00〜 

第3回 2018年10月7日(日)10:00〜 

第4回 2018年10月14日(日)10:00〜  

第5回 2018年11月4日(日)10:00〜  

第6回 2018年11月18日(日)10:00〜  

各回2〜3時間の予定です
 

 

会場:OTAブックアート

   東京都品川区小山2-16-3

   東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩7
 

 

参加費:¥33,000(+税)

※1回 ¥5,500(+税)× 6回 の計算となります。
※OTAブックアートのサポーター会員のチケットをご利用いただく場合、枚数分を差し引いた金額をお支払いください。
 

定員:10名
 

 

持ち物:特になし(持ち込みも可能)







 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ヨンネ手製本講座(洋本編)at OTAブックアート

講師に植村愛音さんをお迎えし、基本的な洋本づくりの手製本について全6回のカリキュラムで学びます。このカリキュラムでは、全6回の中で様々なバリエーションの技術や材料を組み合わせて体験し、今後それらを自ら応用していけるようになることも目指します。

会場にはOTAブックアート代表の太田泰友も同席し、太田がドイツで経験してきたことや、手製本とブックアートの関わりなどについてもご紹介します。

 

 

内容

第1回 洋本について、一折中綴じ、折丁の多い綴じ

第2回 中綴じハードカバー

第3回 本かがり上製本1(本かがり 麻ヒモ)

第4回本かがり上製本2(ドイツ装仕立て)

第5回 本かがり丸背上製本1(本かがり 平ヒモ)

第6回 本かがり丸背上製本2(コーネル装仕立て)
 

 

日時

第1回 2018年9月2日(日)14:00〜 

第2回 2018年9月16日(日)14:00〜 

第3回 2018年10月7日(日)14:00〜

第4回 2018年10月14日(日)14:00〜 

第5回 2018年11月4日(日)14:00〜

第6回 2018年11月18日(日)14:00〜

各回2〜3時間の予定です
 

 

会場:OTAブックアート

  東京都品川区小山2-16-3

   東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩7
 

 

参加費:¥33,000(+税)

※1回 ¥5,500(+税)× 6回 の計算となります。
※OTAブックアートのサポーター会員のチケットをご利用いただく場合、枚数分を差し引いた金額をお支払いください。

 


定員:10名
 

 

持ち物:特になし(持ち込みも可能)




 

 

 

 

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at 西荻窪アトリエ・ハコでした





武井武雄の刊本作品
造本、印刷、デザイン、物語
すばらしい芸術作品!
愛でるだけでなく
手に取って読むことができるのです
1ページ1ページ、頁をめくりながら
わくわく、気持ちが高まります
誰もが魅せられてしまいます

そんな刊本作品のひとつ
『胡蝶散策』の製本をやってみよう
というワークショップでした


※この手製本ワークショップについては

イルフ童画館さんの許可を得ています

 




本を開いた時に蝶々のカタチになっている、

という造本

そのために、中身も表紙も斜めにします

 

斜めにするためには

手間が通常の倍はかかりますし
ちょっとしたポイントが必要です

だけど?
斜めにしただけなのに

愛らしさも倍!増し増しです!







『胡蝶散策』には
ふんわりした帙で本がくるまれています

それも作ってみました









 

中身の印刷や、

折丁背の難しい造本ポイントは省いています

それでも、こんなに愛らしい




また、ワークショップでは
『胡蝶散策』以外の刊本作品を5冊ほど
見ていただきました


紙、印刷、造本、綴じ方など
様々な方向から観察できるのも
刊本作品の魅力のひとつ
奥が深いのです



 

 

 

 



・・・
実は、今年はもう1回、
刊本作品をつくってみよう!
あります

イルフ童画館で9月の予定
西荻窪アトリエ・ハコさんで10月の予定です

もちろん、

また別の刊本作品の手製本をつくります
、、、お楽しみに☆


 

 

 

 

 

 

 


・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理と手製本ブラッシュアップ講座2018年6月






西荻窪アトリエ・ハコさんにて
ブラッシュアップ手製本講座の日でした


基礎1、2、3を終了したレベルアップ応用生
振替レッスンの方、単発の方、はじめての方など
フリーな日を今年から設けています

 

 

 

・・・

『はじめて手でつくる本』に載っている

手製本を順番に進めるという方は、

中綴じ4種を

 

それから、はじめての方が

中綴じハードカバー

 

応用生が、丸背の糸かがり、
フィレンツェバインディング、箱帙、
みんな、いろいろ、やりました














ブラッシュアップ手製本講座については→です




・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 



 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018本の修理と手製本講座、角背とドイツ装vol.5&vol.6でした




西荻窪アトリエ・ハコさんにて
本の修理と手製本講座全6回
最終日でした

全6回の講座が2コースあります
基礎1は角背上製本と函
基礎2はドイツ装と夫婦箱
というプログラムです

どちらも1冊の本と向き合って
本の構造を確認しながら、自分の手で
組み立て直し、製本します

1〜4回までの講座の様子
vol.1&vol.2(→
vol.3&vol.4(→


今日はどちらも完成させます!
 

 

 

 


・・・
基礎1、角背上製本と函づくり

本の解体、折丁の補修、
本かがりで綴じ直し、布の裏打ち、

表紙は裏打ちした布を使って
角背上製本に仕立て直しました







保存のための函もつくりました

 

 

 

 






 

 
















・・・

もうワンステップアップの
基礎2、ドイツ装と夫婦箱

本の解体、折丁の補修、
一本針かがりで綴じ直し、表紙の再生(紙の裏打ち)
前回は、ドイツ装仕立てで完成まで

今回は、保存のための夫婦箱づくり

 




ぴったり入る、箱をつくりました






 

 


表紙は、もとの表紙を再生、裏打ちして使っています
ドイツ装仕立てで、背の部分については白い裏打ち布です
やはり、背の部分は布がいいですね、丈夫になります




全6回、ご参加ありがとうございました







・・・

8月からは全8回の
基礎3、本の修理と手製本
綴じの種類と表紙の構造 →
 

8月26日は1回完結
絵本の修理のための手製本講座 →

基礎3といっても、はじめての方も参加できます
本の修理や手製本にご興味ある方の
ご参加、お待ちしております




 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理教室 STEP UP講座 at 関町図書館




今月は、
図書館での講座が続きます
 

 


練馬区立関町図書館にて

本の修理の講座でした





本の修理を知りたい
とのご要望で、
全3回(1回だけの参加もOK)の
STEP UP 講座です



ステップワン!は
「本のつくりを知ろう!」
という内容

何かをつくる時、直す時、
その何かをよく見ること、分解してみること、など
観察する、考察する、作ってみる

という視点が必要です


ただただ直す、という終着点だけにとらわれず
どうやってできているのか
見て、考えて、手を動かして、作ってみる
まずは、そこからスタートしてみましょう

遠回りのようでも、
自分の手で本をつくることができれば
どんな本でも修理することができます


 

 

ご参加いただいた皆さまは

お子さんの絵本を修理したい方

浪曲の歌本を直してみたい方など

身近な本を直すには?

という方が多かったようです

 

 

専門的な技術もありますが

破れた洋服を繕うように

本を直していけるよう

ステップアップして

いただけたら嬉しいです

 

 

・・

ステップツーは10月の予定です

詳細については

練馬区立関町図書館の

館内掲示板など

チェックしてみてください


また、8月26日(日)には
絵本の修理のための手製本講座を
西荻窪のアトリエ・ハコさんにて開催します
中綴じ、ハードカバーの表紙
絵本に多いページの少ない製本をつくり
修理する際のポイントをお伝えします
詳細→
 

 

 

 

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→







 

| 講座やワークショップの様子 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
絵本の修理 くるみ割り人形





絵本の修理をしました


人形劇の絵本です

『くるみ割り人形』

辻信太郎 1979年 サンリオ



before




背表紙がパッカリと





表と裏の見返しには、ガムテープがベッタリ





破れ、切れ、折れなどのページもあります






セロハンテープでつないであったり








・・・

とてもよく読まれた本のようで
想い入れもひとしお


汚れや折れ跡、書き込みなど
古くなった見た目はそのままでよいので
安心して開いて読むことができるように

というご依頼でした






・・・
まずは
中身と表紙を分けます

見返しは剥がして、ガムテープをできるだけ取り除き
裏打ちして再生します


 

 







中身については
糸綴じ製本だったため
こちらも折丁毎に分解し
破れている箇所は和紙で補修
セロハンテープもできるだけ取り除き
すべての折丁背を和紙で補強し
糸で綴じ直しました


背表紙については
新しい裏打ちクロスで製作し
継ぎ表紙にしました








after






























この本を幼い頃に買ってくれた
ご両親にも見てもらうそうです
喜んでもらえると嬉しいですね








・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

| 本の修理あれこれ | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆本をつくろう!手製本講座でした at 南田中図書館

 

 

 


梅雨入り、しましたね

雨もザザザと、本降りに


そんな本日は

毎年恒例、練馬区立南田中図書館にて
製本講座第5回目、でした

今回のテーマは「お土産感」
製本を学ぼう!というより
楽しくかわいくうきうきする!
を優先してみました


家に帰ってから
コッソリ読んだりもできる
豆本がいいかもね?
そして、2冊つくっちゃおう!

 

 

 



・・・

ヨンネ豆文庫の選書からピックアップ
ハードカバー製本ではなくて、
表紙と中身を一緒に一折中綴じして

シンプルに製本
という内容になりました




中学生の女の子も参加してくれました◎





2冊つくることで、復習にもなったようで
2冊目の製本では、
皆さん、モクモクと、サクサクと
手際よく製本されていました
綴じ方のアレンジもばっちりです






童話である『ありときのこ』宮沢賢治
雪の科学者のエッセイ『サラダの謎』中谷宇吉郎

 

 

 



図書館スタッフさんに
関連本も並べていただきました








新しい本との関係ができると嬉しいですね

 

お足元の悪い中、みなさん
ご参加ありがとうございました

 

 

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/16(月)手製本ワークショップ(交差式製本)at 無印良品有楽町




7月、無印良品有楽町にて
手製本ワークショップを開催します


 


・・・・・・・・・・・・・・・・
  手製本ワークショップ
  
交差式製本でつくるノート
     at 無印良品有楽町
・・・・・・・・・・・・・・・・



 


日時:7月16日(月・祝)
   10:30〜12:30
   14:00〜16:00
 

参加費:3800円

定員:各回8名様

参加対象:12歳以上
     ※針や目打ち、ハサミを使います


場所:無印良品有楽町3F OpenMuji

持ちもの:特になし


・・・・・・・・




交差式製本という製本方法で
中身のノート部分と表紙を一緒に糸で綴じて
手の平サイズのノートをつくります

交差式製本とは
表と裏の表紙が、背で交差させて

手を組んだようなカタチになっている
ヨーロッパの製本家さんが考案された
製本方法です

紙と糸だけで製本するので

開きが良く、綴じ直しもできて
素材の組み合わせでアレンジも広がります
絵本づくり、アルバムづくり、

ノートづくりなど

手製本で自分だけの本づくりを楽しみませんか
 

 



お問い合せ、詳細は
無印良品イベントページ→ 募集中です



 

 

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

*本の修理と手製本のお問い合せについて→







 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/24(火)綴じ方を学んでノートやZineをつくろう!糸綴じ手製本教室 at 本屋B&B(下北沢)




7月の手製本ワークショップのお知らせです

会場は、下北沢の本屋B&Bさん!
 


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   綴じ方を学んでノートやZineをつくろう!

   糸綴じ手製本教室
   at 本屋B&B(下北沢)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日時:7月24日(火)  
    13:00〜16:00

 参加費:4800円+ドリンク代500円

 会場:本屋B&B(→

    〒155−0031
    東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
    03-6450-8272


持ち物:特になし

 定員:6名様 

 


・・・・・・・・
終了しました 講座の様子は→

 

 

パンフレットステッチ(基本の一折中綴じ)
コーチングステッチ(一折アレンジ綴じ)
クロスステッチと交差式製本(二折アレンジ綴じ)




何枚か重ねた紙を折り、
折った真ん中で綴じる
とてもシンプルな製本である、一折中綴じ
 

基本の綴じ方のパンフレットステッチをはじめ

糸の流れ、綴じ方をアレンジすると
おもしろい模様をつくることもできます

今回つくるものは
・基本の一折中綴じである
パンフレットステッチで1冊、
・一折中綴じのアレンジとして
コーチングステッチでもう1冊、
・二折でつくるクロスステッチを
交差式製本にてさらにもう1冊
全部で3冊製本します
 


糊は使わず、紙と糸だけで製本します

気軽に手製本してみたい
冊子やzineづくりに技を加えたい
こだわりノートをつくってみたい

いろんな製本方法を知りたい
などなど

手製本で
想いを伝える本をつくることができます!
ご参加お待ちしております

 

 

 

 

お申し込みは、B&Bさんへ
(告知ページ→



 






・・・
 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/93PAGES | >>