home    *news    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
<< 4/7(土)文庫本をハードカバーに改装する手製本講座 at あおば堂(上野) | main | 5/27(日)文庫本をハードカバーに改装する手製本講座 at アトリエ・ハコ(西荻窪) >>
本の修理 美術洋書



 


本の修理をしました
 

 



 

『Simone Martini』Milano 1968
イタリアの画家、Simone Martini の絵画集です

知ったふうに書きましたが、、、

Simone Martini がどんな人か・・?知らなかったです
調べてみると、1284年頃 - 1344年という時代
14世紀の有名な画家のようです

 

「受胎告知」の作者、とありました
あ、それは見たことあるかも!





 

 

 

 

 

 

 

・・・

ビフォー

表紙については
背表紙の天地にスレは見られるものの
その他はまったく損傷ないです




問題は、、中身





糸綴じの綺麗な製本ですが
もとの作品が大きく(受胎告知だもんね)
壁画だったりするので
見開きで見せる絵画がたくさんあり
(折り込みで見せる絵画も)
4ページ1折が多数

そして、のどに糸がかからないように
糸で綴じている折丁と
綴じていない(接着剤のみ)折丁が混在




また、美術書のため

折丁は少しツルッとしたコート紙なので
接着剤が剥がれてしまい
糸で綴じていない折丁は外れやすいです
・・・すべて外れていました


 

 

 







修理方法

見返しは損傷なし
というわけで
見返しと中身を分けて
中身のみ取り出します

 

折丁をすべてバラします

折丁の背についた接着剤は

ツルリと取れて、紙も傷んでいないので

背の補修はナシです


見開きノドの絵画に糸が見えないように
折丁の構成を考えます
4ページ1折の折丁は、和紙の足にて継ぎ
その他の折丁に組み込みます

すべての折丁を糸で綴じ直し
もとの見返しと合わせ、完成しました








・・

アフター






糸綴じ







和紙継ぎ

 


 

 




折り込みのある折丁






見返し

 

 









ご依頼、ありがとうございました






・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
目的やご希望の素材や予算に合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com


 

 

 

 

 

| 本の修理あれこれ | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/922
トラックバック