top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 本の修理 古いフォトアルバム | main | 4/7(土)文庫本をハードカバーに改装する手製本講座 at あおば堂(上野) >>
Firenze BindingとSewn Boards Bindingの手製本講座でした






さてさて、
2018年1月もすでに月末
初雪にして大雪!雪雪雪
そんな銀世界も一瞬のできごと
そして氷点下の続く日々・・
寒いです!






・・・

西荻窪アトリエ・ハコさんにて
Firenze BindingとSewn Boards Bindingの
手製本講座でした



綴じと表紙の応用編ということで
お馴染みの顔ぶれさん、多めです



糸綴じ、化粧裁ち、接着剤の使い分けと塗り方、
紙の目、本の構造の理解、などなど、
基本的なことの復習も兼ねています
もちろん、はじめての方もいらっしゃいました
そんな方にはより丁寧にお伝え、です







・・・
Firenze Binding、完成



古い本のカタチですので
本来は、革を主に使いますが
スキバルテックスや麻紐、厚紙にて
クラフト仕様にアレンジしました

支持体だけは、革を使っています
ダブルバインディングという丈夫な綴じ方

綴じた中身と表紙は簡易的(とはいえ、しっかり)に
糸で合わせてあるだけなので取り外しやすく
折丁を増やしていくこともできる
という、文書や台帳に使われていた製本です

 

 

 

 










・・・
Sewn Boards Binding、完成


この写真ではわかりづらいですが・・・




表紙になる芯材も見返しも
まとめて糸で綴じてしまう、
というボード製本のアレンジです




上製本の特徴である溝がなく
その分、空きをつくって動きやすくなっています
ノート、手帳など
何度も開いて使う製本に向いています


 



 

 

 



・・
手製本の基本がわかるということは、
こうやるとこうなる、
というつくる過程がわかるということ
それが1番おもしろいのです
わかってくると
じゃあ、さらにこうしたらどうなる?
と、どんどん手製本が広がります
手製本以外も、広がります
ものの見方が、変わります
街の見方も世界の見方も変わる・・かも!?





・・・

ご参加ありがとうございました





・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→





 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/921
トラックバック