home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
<< 綴じ糸の継ぎ方 | main | 本のハコ(函、夫婦箱、箱帙)で文房具をつくる手製本講座でした >>
2018年1月〜2月のプライベートレッスン



 

 

 

 

2018年
じわじわと進んでいますね

世の中は腹立たしいことばかりです
みんながそうしているから大丈夫
と気軽に思うのはこわいな、と思います
どうしてもそう考えがちですが
自分なりに考える、失敗する、考察する
そんな思考を身につけるのには
手製本もひとつ、ではないかと?
どうでしょう
最初は真似事、基本からです
基本は必要です
そこから自由に手製本してみる

先を読むこと、手を動かすこと

考えること、想像すること

新しい人と物との関係性がうまれます

そうすれば
世の中も少しは良い方向にいくかも、、、
しれません(そんなわけないか。)


 

 



・・・


さて、季節の変わり目もあり

この春にレッスン終了の方が
3名ほどいらっしゃいます


平日限定、ローカル線、狭い作業場ですが

マイペースで手製本を習いたい方

ぜひ、ご検討ください

プライベートレッスン募集詳細→




どんなことをやっているのか、できるのか?
1月〜2月のレッスンの様子をまとめます






・・・


革装の改装本に取りかかっている生徒さん
半革装の表紙につかうペーストペーパーづくり




色を決めたら、模様をつけます




重ねて模様をつけると奥行きがでます





乾かして、できあがり


 



中身はしっかり本かがりで完成しています

 

 

 




表紙に使う革の処理をします
メスを使って、革削ぎ






表紙の芯材に貼りつけるところまで
次回、完成になります








・・・
sewn boards binding
やってみたい、という生徒さん


中身はフレンチリンクで綴じます
見返しも表紙も一緒に綴じるのが特徴





完成◎





表紙の背の開きがよいのも特徴です

 







・・・
角背の改装本、完成間近の生徒さん

表紙の切り出しも慣れてきました

 




ドイツ装仕立てで、できあがり◎



 

 







・・・

全8回の講座(→
こちらと同内容で進めています


ラストの2回分




 

 



中身の綴じは3つ
1本針かがり
本かがり(支持体は麻ヒモ)
本かがり(支持体は平ヒモ)

表紙も3つ
1mm厚の表紙
地券紙の表紙
丸背の表紙(コーネル装)

という綴じと表紙の構造を知る内容
最後は3冊できました









・・・
手持ちのアルバムを自分で少し直したい
という生徒さん、単発受講です


これがビフォー

 

 



ちょっとボロっとしています
そこまで壊れてはいません




古いフォトコーナーがかわいい





事前の相談の結果
背表紙を革にして仕立て直すことにしました

 

 




はじめての見返し貼りも





こちらがアフタ−、完成です◎


 





 




・・・

 


こちらの生徒さんはお二人でご参加

全8回の講座(→
こちらと同内容で進めています


1,2回が終わって
3,4回目、前回つくった中身に表紙をつけます




ボール紙カット

 





ソフトカバーは
見返し有り無しで2冊

ハードカバーは
一折中綴じ(基本のハードカバー)
平綴じ(クータなし)
複数折り綴じ(クータあり、ドイツ装)
3つの中身に表紙をつけます

ドイツ装仕立ては
背のみ取り替える修理に役立ちます






日を新たに、5,6回目を

 


糸綴じをしっかり3パターン



 

 


背固め、寒冷紗つけて乾かすところまで!
次回、完成させます

 

 

 

 

 

 

 



・・・


角背の改装本が終わって
丸背の改装本をやってみよう、という生徒さん
どの本にしましょう、選んでいただきました




『星の王子さま』に決めて
本の解体をスタート
折丁を一折一折、掃除します

 

 

 



折丁の背は和紙で補修
表紙も派がして裏打ちまで



 




・・・
夫婦箱、やってみたい
という生徒さん


箱づくりは、寸法きっちり、カットもきれいに
気をつけながら作業します










できあがり

 





 

 



・・・

こちらの生徒さん
左右社青山地下スクールの
ヨンネ手製本講座に参加されてから
自宅でたくさん製本されていました

もっとやりたい
ということで、
ステップアップ、ブラッシュアップ
していきましょう


まずは、3つの糸綴じを

 

 

1本針かがり
本かがり(支持体麻ヒモ)
2つ中身が完成し

本かがり(支持体平ヒモ)については
宿題としてご自宅でやってきていただくことにしました






 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| プライベートレッスンの様子 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/919
トラックバック