home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
<< 3/24(土)本のハコ(函・夫婦箱・箱帙)で文房具をつくる at 西荻窪アトリエ・ハコ | main | 2018年 本の修理と手製本 基礎2(ドイツ装の改装本)4月〜6月 >>
2018年 本の修理と手製本 基礎1(角背の改装本)4月〜6月




2018年度の
手製本基礎講座1のお知らせです

 



 


************************
 本の修理と角背の改装本(全6回講座)
************************

日程:2018年4月28日(土)
         5月26日(土)
         6月23日(土)

        10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

 

講座の様子4月28日→

講座の様子5月26日→

講座の様子6月23日→


持ち物:初回はナシ
    表紙の布と見返し紙の持ち込みあり
    こちらについては、初回に説明致します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています

この講座は、その第一歩として
角背の本を解体し、仕立て直して改装する
という内容になります

※本はこちらで用意します
※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません


内容:本の修理と角背の改装本(くるみ製本)
vol.1 手製本基礎知識(糊の作り方や本の構造について)
vol.2 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.3 目引き、見返し、表紙布の裏打ち
vol.4 本かがり、背固め、背の補強
vol.5 表紙づくり、完成まで
vol.6 スリップケース(保存箱づくり)


こちらの6回講座を修了した方は
・ドイツ装の修理と製本(基礎2)→

・綴じの種類と表紙の構造(基礎3)→

・丸背の改装本(応用1)

など

ステップアップの手製本講座があります

 
お申し込み・お問い合わせは

→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座1」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com



・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 



 

 

 

 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/915
トラックバック