top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 本の修理 真宗聖典 | main | 本の修理と手製本(初級編)全4回でした >>
交差式の手製本講座でした




さてさて、9月も、もう半ば
西荻窪モイスェンにて
交差式の手製本講座でした


えーと・・・ですね
スマホを忘れまして、写真がありません!
できあがりの写真はこちらになります

参加者の方に提供していただきました
ありがとうございます



交差式の製本は、イタリアのブックバインダー
カルメンチョ・アレギさんが考案した
製本方法です→
http://outofbinding.com/

折丁を表紙と一緒に綴じていく
という製本方法だけでも
様々なパターンがありますが

このサイトをみてもらうとわかるように
表紙の交差のパターンもいろいろ・・です

 

1パターンをお伝えしたので

このサイトをみて、他のパターンにも
ぜひ、チャレンジしてみてほしいです





・・・・・・

手製本を習い始めた頃
紙を糸で綴じること、本のかたちになること
とても楽しくて
様々な素材、いろいろなかたちを
いつも想像していました

想像したかたちを手を動かしながら

確かめていくのは(だいたい違うものになるけど)

わくわくして、面白かったです

今は、手製本に興味をもってもらうためには
どんなワークショップがいいかな・・
という思いでサンプル製本づくりをすることが
多くなってしまいました


それはそれで楽しいのですが
教えることになって気付いたことを
少し書こうと思います




・・・
学ぶこと、楽しいですよね
教えてもらうことも、楽しいです

どちらが楽しいかと比べることはないのですが
学ぶことには、自由があると思いました
なので、私のなかには
すべて教えてもらいたくない
という気持ちがどこかにあります

(ただの捻くれ者ともいえますが・・・)

何かを学び始めるときに
教えてもらう扉を開けると
歩き始めがスムーズになると思いますし
気が楽です
ただ、すべてを教えてもらうというのは
自由がなくなると思うのです

自分の志、趣向、判断、想像力、工夫など、
そういったものを組み込みながら学ぶと
自由で楽しいです

学ぶことには
自由と楽しさがあります



・・・
以上は、自分が学び始めたころの気持ちを
少し忘れかけていたので、思ったことでした

教える立場の身からいうと
だからといって全て教えないよー
というわけではなく
自由に学びたい人、手取足取り教えてもらいたい人
いろいろな人に合わせて

丁寧に伝えていきたいと思っていますので
ご安心ください

そして

どんどん手製本を楽しみ、
自由にいろいろなものを製本したり
本の修理をしたりしながら
手製本を広めて欲しいな
と思っています

 

私もまだまだ力が足りません

もっと学んでいかなければ!






 

 

 

・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 


 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/888
トラックバック