top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 11/5(日)組継ぎ本と織継ぎ本をつくる at 西荻窪アトリエ・ハコ | main | 交差式の手製本講座でした >>
本の修理 真宗聖典

 

 





本の修理をしました




『真宗聖典』 昭和10年発行 平成12年刊

比較的新しい本で
カバーをかけて使っていたこともあり
​表紙の傷みは少ないですが
聖典ということで、とても読み込まれていました
フセンもいっぱい








before
・・・
背割れしていました
糸綴じなのですが、糸が切れて
折丁の背が破れてしまったようです






なんとか直そうと、背割れの前後の数ページには

セロハンテープも貼られていたり・・









・・・
丈夫にきれいにしてほしい
というご依頼でした


すべての折丁を綴じ直す
というほどではなく、
背割れからの前後数ページ
それから、表紙と裏表紙側のページを
補修して綴じ直すことで
中身を直しました

もとの表紙は紙クロスでしたが
今後も使い続けると破れる可能性が高いので
新しいクロスにしました




綴じ直した中身に花布、栞紐、クータをつけ
表紙と合わせ、できあがりです





after
・・・
 







背割れして破れた箇所は
和紙で補修して綴じ直し






セロハンテープのついていたページも

テープを剥がして、和紙で補修、綴じ直し

 





堅牢でありながらも、しなやかな
バランスのいい製本によって
読みやすく、長持ちします



※付箋について
今回は、
ご依頼主さんの大切なページの付箋ですので
剥がしていませんが
貼って剥がせる付箋といえども
長く貼りっぱなしにしておくと
接着剤が変化します
せめて文字の部分には
貼らないようにお願いします







ご依頼、ありがとうございました



・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
目的やご希望の素材や予算に合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 本の修理あれこれ | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/887
トラックバック