top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 8/2(水)和綴じのメモ帳をつくろう at 無印良品有楽町 | main | 手製本依頼*写真集 >>
和綴じの手製本講座でした



7月は、和綴じが続きました

 

無印良品、御朱印帳
図書館、四ツ目綴じ・・


そしてモイスェンさんでは
いろいろと・・できました、よ




折本、列帖装、麻の葉綴じ

 

巻物を発展させた折本や
四ツ目綴じの応用バージョンである
綴じ模様がきれいな麻の葉綴じ、
それから洋本のような綴じの列帖装

 

いろいろな綴じがありますね


和紙ならではの軽やかな仕上がりが
和綴じのよいところですが
紙によっては洋紙を使い
和綴じでまとめてもいいかと思います

自由な本づくりが広がりますように



ご参加ありがとうございました




 

 



・・・
こちらは、先日に修理講座に参加された方が
ご自宅で直してきた本です


ハリガネで平綴じされていたものを
糸で綴じ直し、表紙の開きをよくするため
中身に負担をかけないための
見返しと表紙のつなぎの工夫も・・
お伝えした通り、バッチリ!で直ったようです

東郷青児のイラストに魅せられますね
好きな本を自分の手で直すことができると
夢が広がると思います




・・・
そうそう、夢といえば・・
作家の森博嗣さんが言ってました
「夢の基本は作ること、抽象的なものではなく
具体的に何かを作ること、材料を使わなくても
作文、作曲、作画、飼育、修理、研究・・etc」

(森博嗣さんは、作ったものは
人に見せない方がいい、とも言っています
比べてしまって落ち込むから
ということが理由みたいですが
私は見せてもいいと思います
自分に確かな軸や答えがあれば
落ち込むことはないと思うし・・)




誰かに提供された夢ではなく
人に見せたい夢ではなく
できあがったものをお手軽に買うのではなく
自分の中から湧いてくる夢、自分で構築する夢
それは、自分の手でつくること直すこと
思いついたものをつくること
自分で考えること

手製本がそのひとつになればいいなと思います
(好きではないと続けられないですが
続けていくことができる、ということは
好きなこと、なのだと思います)


・・・
ちなみに、私は過去もこれからについても
夢は持っていないのですが
やりたくないことを避けながら、
やりたくなくてもやると変わりそうと思ったことは
やってみるようにしていたら、こうなった・・
ということになります、かね・・
いや、こうなったというと、終わりになってしまうので
手製本をやめることはないとは思いますが
まだなにかこれから・・あるかも、ないかも
ふらふら生きてます

No Bookbinding, No Life!?




 

| 手製本講座の様子 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/866
トラックバック