top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 8/6(日)夏の豆本ワークショップ at イルフ童画館 | main | 手製本依頼*孤島の鬼 >>
本の修理 MANGWA OF HOKUSAI





本の修理をしました




ほんもの!です
北斎漫画・・・!

 


和本全15冊が、2冊の革装に合本されています
で、革がボロボロになり、テープで固定してありました

ビフォー

 

 

 

 

 






見返しにも、がっちり、テープ






テープ、テープ!






表紙のミゾが離れて
見返しも分かれています






中身には何も損傷はないです
(さすが、和本と和紙!)

まあ、合本して保存していたら
革が傷んでしまったという感じでしょうか
そして、テープが・・

この状態だと、表紙を新しい革にして
同じような背バンド、箔押しの装丁にするのが
ピカピカになるのですが
(個人的には、表紙をつけないで
 和本15冊のままがいいと思いますが・・)

ご依頼としては
この雰囲気を保ったまま、新しくしないように
安心して本を開くことができるように・・

というものでした

さて、、、








・・・

アフター!です

背の革は、もとの背表紙を剥がし
新しい革の背表紙で、表表紙と裏表紙をつなげ
その新しい革のうえに、もとの背表紙を貼りました
キズや色も補填や補色してます





 

 

 

 

 

 

 





ピカピカでない、もとの古さを保ちつつ・・



 

 

 

 

 

 

 

 



見返しの、ノド部分は
薄く削いだ革を貼ってつなぎました

テープで留められた無地のページは
テープを剥がして和紙で補修しました






できあがり、です◎







ご依頼、ありがとうございました


・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
目的やご希望の素材や予算に合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します




 

 

 

 

 

 

 

| 本の修理あれこれ | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/858
トラックバック