top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 東海道18切符の旅 | main | 本の修理 無線綴じの本や壊れた箱 >>
本の修理 できるだけ手を加えない





本の修理をしました



『重き流れのなかに』椎名麟三 昭和23年刊

糸綴じでソフトカバー






糸は切れている箇所が多く、背表紙が欠損しています
背が安定していないため
開くとどんどん壊れていきそうな状態



この本を安心して読むことができる本にするには
背を和紙で補修して綴じ直すことが必要です
さらに背表紙を新しく加えなければなりません
(表紙の仕上がり参考はこちら→



ただ、ご依頼内容としては
・原状の雰囲気を変えないこと
・新しい素材をできるだけ使わないこと
でした


また、よくよく調べると
この本は、古書価格も安価でした
書き込みなどがあるわけでもないので
修理代と照らし合わせたら・・
と思い
買い直す提案もしてみました

そうしたところ
ご依頼主さんは、この本に出会って
この本そのものに好意があるとのこと
同じ内容と外観だとしても
この本はこの本であり
買い換えてこの本を破棄するのは忍びない
ということでした

量産品の同じような本とはいえ
1冊1冊、本には顔があり
また、生きているのです
・・とてもよく分かるなぁ

そんなこの本への愛が伝わってきたので
それでは希望通りに修理できるよう
本の修理を承ることにしました






仕上がりはこちらです






本文は中身がこれ以上ばらけないように
麻糸で平綴じしました
麻糸の他に使った材料はでんぷん糊のみ
です


本の修理では、今後のことを考慮すると
直さない、という選択が必要なときもあります
この本にとって、またご依頼主さんにとって
もっとも適切な方法になっていれば嬉しいです



大切な本の修理のご依頼
ありがとうございました








・・・・・・
本の修理や手製本、ご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→



お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください

古本と手製本ヨンネ
植村愛音
info@yon-ne.com



・・・・・
*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→



 

| 本の修理あれこれ | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/843
トラックバック