top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< ヨンネ手製本講座 at 左右社 青山地下スクール  | main | リボン背の本をつくる手製本講座でした >>
立山連峰が絶景らしいのだけど






2016年12月
富山へ行ってきました
今回はめずらしく、2人旅行です
というわけで
バスではなく、新幹線にて◎

金曜の午後に出発し
2時間ちょっとで到着しました
お天気はちらほら雨





・・・

もう夕方、まずはライブハウスへ
古いビルの5階にあるので
階段を登りながら
むかしの新宿リキッドを思い出し
懐かしむ、など



終了後、夜の駅前をウロウロし
大喜というお店にて
富山ブラックに挑戦!(元祖とのこと)

富山のブラックラーメンは
しょっぱいしょっぱい!という情報ばかりなので
少し気後れしつつも、入店
・・・確かに、しょっぱい!なにこれ!?
レンゲがないのは、そういうこと?(スープのめない)
逃げ場のない、しょっぱさです

と思いつつも、なぜか食べ進む・・
まわりのお客さんを観察して
小ライスを頼むなど(さすがに米がうまいです)

※富山ブラックラーメン
戦後、復興事業で働く肉体労働者の塩分補強のために
醤油を濃くしたラーメン(ウィキペディアより)








・・・
次の日
雨です

市内を路面電車が走っていたので
乗ってみる



ガタゴトと、数駅
朝食は、純喫茶ツタヤ




大正12年創業とあります!
といっても、建物の外観も内装も新しいものでした

このツタヤの向かいには何やらかっこいい建物が・・
ガラス美術館と富山市立図書館の入るTOYAMAキラリ
(あとで知ったけど、建築は隈研吾、そうだったのか)







腹ごなしをして、街散策




街から外れてみたり



戻ってきたり







昼過ぎに
ジンジャーラーメンブックスさんへ
ラーメン屋さんではなく、古本屋さんです

不思議な名前の由来は・・
神社の近くに神社ラーメンというラーメン屋さんがあった
移転して、神社の近くではなくなったので
ジンジャーラーメンに名前変更(生姜入りラーメンを出す)
そのラーメン屋さんが閉店する際に
現店主が古本屋さんとして居抜きでオープン
ネオンがお気に入りいうことで、そのまま名前を受け継ぐ
ラーメンではなく、カレーを出す

その他、世界のビールが揃っていたり
冷蔵ケースに古本が入っている、など




・・・


さて、カレーも気になりましたが
昨晩食べたブラックラーメン
あのしょっぱさが気になって仕方がない・・
またあの味を確認したくなってきており

麺家いろはへ

今日のブラックは、れんげ付
で、、、
ぜんぜんしょっぱくない!普通に美味しい
美味しいのだけど、なんだか寂しいなぁ









古本ブックエンドさん(→

静かに本を購入したけれど
このあと店主さんとまた会うことになる・・




本日の目的地は、ひらすま書房さん(→

「ヒトハコ」を創刊したばかりの(→
南陀楼さんのトークショーあり◎

不忍の一箱古本市に参加してから
10年ほど経っているはずです
ただただ図書館仲間と参加して楽しむという
一箱古本市だったけれど
手製本をはじめたこともあり
一箱古本周りの方たちと自然とつながって
ヒトハコには思い出や感謝がいっぱいです

そして、打ち上げに誘っていただき・・!
ひらすま書房さんはじめ、ブックエンドさん
古本よあけさん(→)よこわけ文庫さん(→
などなど・・
ちょっとした旅では寄ることがないようなお店にて
美味しい食べもの、地酒をいただきました


気持ち良く、就寝・・・











・・・
次の日
さて、富山へ来ているわけで
なんとなく、日本海へ、より近づきたくなるものです
GoogleMapでみると
氷見線に乗り、氷見という駅までならば
夕方富山に戻ってこられそう、よし






高岡駅で乗り換えようとすると
1時間ほど電車待ち
それならば、街をささっと歩いてみようー

駅前の地図をみると
お城があるようなので、そのあたりへ





ひらすま書房さんの置きBOOKのお店あった










古い建物いろいろ







はん文庫、図工室?
気になったけれどまだオープンしておらず









こちらも、閉店?喫茶店








高岡大仏







駅前にて





駆け足だったけど
もっとゆっくり観光できそう










で、氷見線!
・・・わ、一両!











Suicaは使えません(いちお、JR)









海岸線ぎりぎり!のところを電車が走っていたら







雨晴という名前の駅に到着

海岸近いです、下車したいけど、、、
雨も降ってるしねぇ










というわけで、楽しい氷見線
終点、氷見駅着








藤子不二雄A氏が、氷見市出身ということで
忍者ハットリ君のタクシー
(バスも同じく、そして帰りはハットリ君列車だった!)









ハットリ君ロードを歩く・・誰もいない!(日曜だよ)
海岸側の道へ逸れると、氷見ブリの食事処が・・
氷見ブリ三昧!(刺身、焼き、しゃぶしゃぶ)
ぶりぶり、堪能しました◎





記念撮影







ところで・・・
ずっと曇りや雨だったのですが
立山連峰の雪山は、素晴らしい景観らしい
(夏もこれまた・・らしい)
富山市内からも、氷見市からも、見えるらしい
そう、らしいらしい・・
しかし、山はチラリとも見えませんでした
すごーく、残念!
また、来たいなぁ





・・・・

富山
ジンジャーラーメンさん
古本ブックエンドさん
ひらすま書房さんにて購入

















 

| 日々のこと | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/811
トラックバック