top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 革装の豆本をつくる手製本講座でした | main | 和綴じの手製本講座でした >>
本の修理 ハリガネ綴じ製本の古書




本の修理をしました


ハリガネ綴じの古書、2冊です

ビフォーの写真はないのですが
ホッチキスをイメージしていただければと思います
ガッチャン!と、まとめて綴じられています
(ハリガネ綴じ・・→




今回は、穴の損傷が激しかったので
穴の部分も一折づつ和紙で補修しました






そして、中身は、保護ページを表と裏で挟んだ状態で

糸で平綴じをし、保護ページに見返しをつけました

※表紙と中身を一緒に平綴じすると

表紙と中身をつなぐノド部分が壊れやすいので

見返しをつけることで、できるだけ避けることができれば・・


「論理学」 1927年発行 138p




中身は平綴じなので、開きはこんな感じですが
読むのに問題はないと思います





もう1冊は、32ページの冊子のようなもの
32ページだとハリガネ中綴じっぽいですが
ハリガネ平綴じされていました

また、背の損傷が激しく、切れてしまっていたので
背をすべて和紙でつなぎました


「共産党問答 1集」1953年発行 32p





いちばん内側の部分はのどから和紙でつないでいます

和紙でつないだあとは、一折中綴じの要領で
表紙と本文をまとめて糸綴じしました




ご依頼、ありがとうございました

 

 

 

 


今までの手製本のご依頼→
本の修理のご依頼→


・・・・・・
本の修理、ご相談ください

お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください

古本と手製本ヨンネ
植村愛音
info@yon-ne.com



 

| 本の修理あれこれ | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/790
トラックバック