top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 5/4(水・祝)手製本のすゝめ ヨンネ meets Coffee&Bindery Gigi | main | 本の修理 歌集 >>
2016年3月のプライベートレッスン





3月が終わってしまう!
早いなあ、と思う反面
まだ3月でもあったり・・

今年は始まったばかりなんだ
慌てないこと、きりり




・・・・・・
さて、3月のプライベートレッスンの様子です



こちらの生徒さんは、単発でノートづくり
開きがよくて、なかなか売っていないカタチのノートとして
これはどうだろうと、列帖装をお伝えしました



和綴じのひとつです

和綴じといえば、平綴じで開きが悪い
というイメージになりますが
これは、開きがとてもいい、洋本のようなカタチ




背には綴じ糸が、ちらーりと見えます










こちらの生徒さんは、文庫本をドイツ装に

ヨーロッパの古本のような装丁に◎



ドイツ装は、平と背が別パーツになっています





【参考】古本屋さんで見つけたドイツ装
イラストが真鍋博で、かっこいい装丁です








こちらの生徒さんは、中綴じのハードカバーに挑戦





継ぎ表紙にしてみました








お子様連れの生徒さん
今日は、列帖装をやりました

ほ乳瓶の中身が、ミルクじゃない!
離乳食になったんだって
いろいろあれこれ、あーかわいい



で、列帖装のノド









こちらの生徒さんは、前回の続き
本かがりした本文に見返し、表紙をつけていきます




菜の花のクロス!春らしく完成









こちらは、洋本の基礎が終わっている生徒さん
宿題でやったりして、少しづつ修理本を進めていました

前回、綴じを終了させたので、背の処理から

花布を綴じつけていきます
丸背の本の花布は、ボンドでちょんっと付けるだけではなく
本文に綴じ付けると、外れづらいです





平表紙に影響がないように背にクロスをつけ
中身と合わせて完成しました
(ちょっと難関がありましたが、何とか!)



いくら和紙でも、ノドから貼らないこと
(時間がないと、仕方ないこともあるけれど)
折丁を解体して、背から補修したいですね・・




ドイツ装の応用でつくっています


そう、ドイツ装は修理に役立ちます(宣伝→









・・・・・
節目の季節
プライベートレッスンは
今月で終了する生徒さん、数名

ということで
平日のんびりやってみたい方
お気軽にお問い合せください

プライベートレッスンの募集はこちらです→







 
| プライベートレッスンの様子 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/715
トラックバック