top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 太陽とギターを盗んだら | main | としょかん よだん >>
とうとう としょかん
やってきました。北新宿図書館での製本講座。
申込日の初日に20名満員御礼になったという・・。
北新宿でも初めての出来事だったらしいです。

本はどういう風にできているのか?
和綴じの本はなんとな〜くわかるけれど
洋本となると、???。
というよりも、手で本が作れるとは思えなかった、
という方もいるぐらいなので。

本の構造がわかる!こんな作りだったんだ!
と、嬉しい発見、楽しく作業
ができるような講座にしてみました。



さらに欲張って2種類のモノを作ります。



一つ目は、一折り中綴じのフランス装ノート。


年配の方にはカッターや目打ちに力が入らないようで
少し苦労されている方もいましたが、
図書館スタッフさんで手伝ったり、
定規をしっかり押さえて〜などアドバイス。

中身を作った時点で、「できた!」と満足
している方もいましたが、まだまだ〜
表紙も作りましょう。


表紙と中身の本文を合わせて、出来上がり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は、リボンを軸にしたノートです。
一折りではまとまらない、何折りもあるものは
どのようにかがられているのか、構造がわかります。



みんな黙々と。



かがっていきます。
一折りのかがりよりも、ちょっと難しいですが。


出来ました〜。写真ぼやけてます。


みなさん、楽しかった〜という方が多く
満足していただき、よかったです!


北新宿図書館の会場は、窓が大きく
絵画のように桜の木が窓から見えます。

春には桜の花を楽しめるということで、
その時期にまた来たいですねえ。






| 古本まわり | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
夕方、北海道の屋根と言われている大雪山を見ると初冠雪。…寒いです。製本教室、先生してますね。たくさんの受講生のみなさんに目配り、気配り、たいへんだったのではないでしょうか。お疲れ様です。出版されている製本の本で定規の目盛り側でカッターを使っていて、すごく気になっていたのですが(職場でも目盛り側で平気で切る人がいます)、今回の写真を見てやっぱり目盛りで切らないよね、と一安心。
フジハラさんの改装本いいなぁ、とか、いつもブログ参考になります。では、土曜日のレッスン、よろしくお願いします。
| 河合です | 2011/09/22 6:08 PM |
河合さん。
北海道にも台風が行ったみたいですが大丈夫でしたか。
目盛り側で切ってはいけないわけではないですが
危ないですよね。平らな定規ならどちらでもいいですし。
土曜日は、丸背の改装に突入です。その前に革作業の
練習も。こちらこそ、よろしくお願いします。
| ヨンネ | 2011/09/23 1:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/69
トラックバック