top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 12/9-12/27 高円寺ハチマクラさん企画『紙を使う・紙と遊ぶvol.1』に参加します | main | 西荻窪デビッド&ジョナサンさんで、シルクスクリーン×手帳WSでした >>
『はじめて手でつくる本』 エクスナレッジ刊 12/17発売


【お知らせ】です
いままでの手製本講座が、本になりました◎



『はじめて手でつくる本』12/17発売です

ヨンネ著
エクスナレッジ刊
ISBN 978-4767821047
定価 1728円(税込み)




・・・・・・・
紙と糸で綴じる本からはじまり、
構造がわかりやすい伝統的な和綴じや
芯紙と裏打ち布、のりボンドなど
材料が増えるハードカバー、
文庫本の改装、アルバムから豆本まで
糸で綴って思いを綴る本をテーマにし
手製本を楽しむことができるカタチを
集めてみました


のりボンドのつくり方
裏打ち布のつくり方、紙の目のことなど
はじめて手製本に取り組む方にも
わかりやすいように、写真豊富な構成です









・・・・・・・・
2011年の7月が最初だったと思うのですが
人が集まるかなあ、というゼロの状態で
西荻窪モイスェンさん2階への階段をあがりました

それがスタートとなり
モイスェンさん、アトリエハコさん、図書館、カフェ、古本屋さんなど
いろんな場所で講座を続けることができています
それは、手製本に興味を持ち、講座に参加していただいている
参加者のみなさんのおかげです
いつも、ありがとうございます




そうして手製本の講座を続けていたところ
思いもかけず、本の出版のお話をいただきました
うーん、手製本の良書はすでに出ているし・・
と少し悩みましたが

家庭でつくる料理のような、手製本の本
そんな本になればいいなあと
と前向きになり、取り組んでみることにしました
きっかけを与えてくれた
編集の方には本当に感謝しています




たくさんの方にお礼を伝えたいのですが
兎にも角にも
この本を手にとって、作ってみたい!という思いが湧き
手で綴って本にするという手製本の楽しさを感じて
自分で綴った新しい本との出会いになれば、嬉しいです


自分の手と口で伝えることができる講座とは異なり
本によってどのように手製本が伝わるのか、不安もあります
ご意見、ご感想、良い点、悪い点
お聞かせください mail   
info@yon-ne.com





・・・・・・・・
はじめて手でつくる本 』
ヨンネ著  エクスナレッジ刊

リンク先、密林さんにしてありますが・・・
本屋さんでお求めいただけると嬉しいです
小さい本屋さんには置いていない可能性あります
お手数ですが注文してみてください

まずは読んでみたい、という方は
図書館へリクエストもいいかと思います

直接に私から購入したい、という方は
ご相談ください
講座の際にお渡しできると思います


どうぞよろしくお願い致します

2015年12月   ヨンネ
 mail   info@yon-ne.com
      



・・・・
*本の内容について・・
糸で綴じる製本を中心にして

基本的なものと、応用のみ、と
そんなかんじの構成になっています


*きほんの本づくり
一折中綴じの本(紙と糸だけで綴じる製本)
和綴じの本(伝統的な和綴じ)
一折ハードカバーの本(ハードカバーの基本)
複数折ハードカバーの本(ページが多い本)
リボン背の本(複数折の応用)

*表紙をかえてオリジナルをつくる
文庫本の改装(ハードカバーの基本を活かして)
手帳の改装(ソフトカバーの軽い表紙)

*思い出を綴じる
アルバム(複数折の応用、アルバム製本)
アコーディオンアルバム(糸綴じでない蛇腹の製本)
トラベラーズノート(紙と糸で綴じる応用編)

*本づくりのテクニックで小物をつくる
夫婦箱の名刺入れ(函づくり)
切手入れ豆本(平綴じをハードカバーに)
革装豆本のアクセサリー(革を使った豆本)


*さらに詳しい内容は
こちら→をご覧ください


















 
| その他のお知らせ | 08:47 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
13年前に古巣から『自分で作る小さな本』を出版したあと、全国で小さな本が作られはじめ、その後、作り方の本も山のように出てきました。中学生の時に初めて作った感動のままに、仕事として装丁のデザインをしながらあらゆる素材と向き合い、編集者や詩人や作家との交流、読書や映画や絵画の記憶などの内面を書いておきたいと思い、この数十年のエッセイと、講習と個展の作品集をまとめた本を上梓しました。「本」への深い思いが詰まっています。ご覧頂ければ幸いです。『本の夢小さな夢の本』(芸術新聞社刊)
http://www.gei-shin.co.jp/books/ISBN978-4-87586-450-9.html
| 田中敏恵 | 2015/12/09 7:39 PM |
田中敏恵さま
コメントとご著書のご紹介ありがとうございます。
豆本をきっかけに手製本をはじめる方も多いです。豆本こそ手製本ならでは、とも思えます。手でつくる本が広まりますように。
| ヨンネ | 2015/12/21 11:59 AM |
ヨンネさま
初めまして。突然のメールで失礼いたします。
9/6からの平日の製作教室に参加したいのですが、まだ空いておりますか?
ご連絡をいただきたく、宜しくお願い致します。
| 丸山杏子 | 2017/09/05 1:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/678
トラックバック