top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 列帖装と一折中綴じハードカバー | main | コーネル装の製本講座でした >>
丸背の製本(継ぎ表紙)とドイツ装



プライベートレッスンの様子です


角背の製本の次は、丸背・・
ということで、ノートで練習


糸でかがる方法は角背と同じですが
背にあらかじめ少し高さをだしておきます
小口よりも少し大きくなった背幅で
丸みをつくることができます



表紙のつくり方も、角背と似ていますが
背表紙はボール紙よりも薄い紙を使います







丸背、完成

表紙は、継ぎ表紙でつくりました
修理する場合には、もともとの表紙を利用することが多いので
背のみ布装にして、継ぎ表紙にすれば
もとの素材を使うことができます






もとの表紙を使うことができるといえば・・
ということで、もうひとつ、練習






ドイツ装です
継ぎ表紙と似ていますが
表紙、裏表紙、背表紙とパーツをわけた上で
つなげた表紙になっています

ドイツ装のほうが、継ぎ表紙と比べて
もとの表紙の平をしっかり見せることができます






・・・・・・・
プライベートレッスンのご相談は
こちらをご覧ください(→★)








 
| プライベートレッスンの様子 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/673
トラックバック