top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 11/3(火・祝)組継ぎ本をつくってみよう at 西荻窪アトリエ・ハコさん | main | 手製本*丸背布装、ムーラン紙函入り >>
本の修理と角背の製本vol.1&vol.2




8月22日(土)
日が短くなってきましたね




西荻窪のアトリエ・ハコさんにて
本の修理と角背の製本講座、スタートしました
この講座は全6回となっていまして
本日は、1回目、2回目でした





ご参加いただいているのは、6名様






作品社の「日本の名随筆シリーズ」は
糸綴じのソフトカバーで
天地が空いたスリーブ函にはいっています

内容も、テーマに沿ってまとまっていて
様々な作家のエッセイを、ちらりちらりと楽しみながら
新しい作家さんを見つけることもできたり(→

壊れた本ではないですが
このシリーズの古本を練習台として改装しながら
製本と修理に役立てていただければ
という、内容です



まずは、本文の解体から

糸綴じをカットして折丁ごとに分けます
入り込んだ糊などを掃除、背は和紙で補修




別丁については、和紙で足をつけて
折丁として組み込みます





ワックスペーパーを使って、貼りつけ






ひとつ、貼り付いたところ・・・






一折一折、折丁に触れていきました
コツコツと、解体と補修



すべての折丁に和紙がついたら
今日はここまでです
楽しい必要はないですけど
この作業が楽しいなあ、と思えると
どんどん製本がおもしろくなってきます




来月は、この折丁を糸でかがってまとめまーす


















 
| 手製本講座の様子 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/647
トラックバック