home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 4/29(水・祝)封筒型のトラベラーズノートをつくろう | main | カリグラフィー教室にて製本講座でした >>
じわじわと、あたらしい



4月です、ね





今月の講座は
カリグラフィー教室での製本講座
図書館での製本講座
など
新しいことをはじめる、季節
講師を務めるまるみず組でも、新学期

それから新たに
本の修理と角背の製本
という、6回講座をやります(→

ちなみに、5月は
講座をお休みさせていただきます
詳細はまたお知らせします
 


・・・

ときどき、考えていること・・
楽しい、という言葉について

楽しみにしています
楽しんでください
というように使うことはあるのですけど
楽しかった!
いま、楽しい!
などと、使うことがないのです

楽しい、ってナンダロウ
と、考えはじめると、むずかしい

先のことに対しては楽しいを使って
今のことに対しては、楽しいを使いたくない?
のかな・・

今、感じているのは、楽しい、
という言葉ではまとめたくない、というか・・







まあ、なぜそれを書こうと思ったかというと・・

楽しい、で終わらせたくない
ということなのかもしれません


手製本をはじめた時
本ってこんな風にできているんだ!
という、新しい世界をみたあのかんじ
本をみる視点、ものをつくるということ
エトセトラ
楽しい、という言葉では表せないもの



・・・

製本講座やワークショップをやっていて思うことは
参加してくれた方に楽しんでもらいたい
ということも、もちろんあるのですが

新しい視点、新しい世界の見方、考え方
を、ほんの少しでも感じていただけたらいいな
ということです

いちど講座に参加したからといって
次の日から
劇的に生活が変わるわけでもなんでもないですけど
本を手に取ったとき、本の造りについて考えたり
お菓子を食べる時も、どうやってこのお菓子ができているのか考えたり
日々の小さなことから世界の大きなことまで
なんで、どうして、そうなのか、考える

そういうきっかけになって
どんどん自分で何かをはじめることができればいいなあ
と、思ったり、しています


自分が動けば相手も動くし
相手が変われば自分も変わるし


わからないことも、たくさんあるし
人に言えないことは、どうしたらいいのか
本当のことは、どこにいけばわかるのか
など、
考えごとは尽きません


それでも
すこーしづつなにかしら変化できないかな
と、あれやこれやとやっています
日々、歩いて、帰って、また歩く













 
| 日々のこと | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/612
トラックバック