top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 6/5(木)紅若菜さんの紅型染め×和綴じ豆本ノート講座 | main | 切手を収める豆本講座でした >>
りぼんノートをつくる講座でした



西荻窪、アトリエ・ハコさんにて
いつもの製本講座でした



りぼんノートをつくる講座が3名様
また、リピートの生徒さんが文庫本の改装講座を復習
という内容です





りぼんノートをつくる講座は、
折り丁の多い本の構造を、りぼんを軸にしたカガリで
知ってみよう、というものです



折り丁づくりから





机のへりを利用して、糸かがり







中身ができました






表紙づくり





完成したものは、こちら








背は、リボンとカガリ糸がみえています






開きがよいので、書きやすい

京都に旅行にいくので
しおり&旅ノートにするとのこと
いいですね!






さて、復習レッスンの方は・・・
見返し貼って、寒冷紗




文庫本の改装の復習、一度受講しているし
他の講座でもいろいろ作っているので
スムーズに進みます




最後の難関、見返し貼り〜







そして、完成です!

太宰治「女生徒」(タイトルはお家で入れるとのこと)
実はこれ、アマゾンのオンデマンド出版本(右)
装丁がいまいち・・ということでお持ち込み



私も、オンデマンド本がどのようなものか
知りたかったので、よかったです
親書サイズで、文字組やフォントもいいかんじ


1話だけで買うことができるので
短編集に入っている1話だけが欲しい!
という場合、
改装本にするといいですね
(糸かがりの本だったらもっといいのに・・・)


そして、バラ柄なのは・・・
「女生徒が下着に薔薇柄の刺繍をしている」から

そうだったなあ・・・
花布は淡いオレンジ、スピンもピンク◎
秘めた下着っぽい?ですね






そこで思い出したのが
写真が佐内正史さんの女生徒

うーん、青空文庫に入っているお話に
写真を合わせて、本にするのもいいな・・
(本文データづくりが課題ですね)






・・・・・・

というわけで、
今日も生徒さんとお喋りしながら
楽しい土曜日でした












※復習講座について
今月から、リピートの生徒さんに限り受け付けします
基本的に、西荻窪のアトリエ・ハコさんでの
月に1回の教室日程に限ります(10時〜17時半)
​→スケジュール
また、人数によっては受けられない場合もあります
詳細はお問い合せ下さい   
メール

info@yon-ne.com







 
| 手製本講座の様子 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/504
トラックバック