home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
<< 文庫本をハードカバーにする講座でした at エスパス・ビブリオさん | main | マカロンみたいなまるい豆本講座 at 甘夏書店 >>
シルクスクリーン印刷×手帳製本講座 at David&Jonathan

12月なかば、冷え込みますが天気は快晴
まちにまった!?
シルクスクリーン印刷×手帳製本講座の日でした

(余談ですが、幼少期、「待ちに待った」を
「町に待った」だと思っていて、町全体が
わくわくしている感じを想像していました・・)





・・・・・・


シルクスクリーンで刷った布が
来年の手帳の表紙になります、よ

西荻窪にあるデビッド&ジョナサンさんにて





第1陣の参加者の方々
2名、2名に別れて
シルクと製本を交互にやりながら同時進行します


デビジョさんがシルクの仕組みについて丁寧に説明
なるほど、なるほど、、、ふむふむむ




こちらは製本チーム





見返しを本文に糸でかがってつけています
(見返しをポケットにしたので、壊れにくいように)





本文の角、表紙の角を丸くします(カッターでやりまーす)
角丸にすると手帳っぽさが増しますね





シルク班、カラフルにできています
3Dのような?ちょっとチカチカします





布は2枚、刷ることができます(1枚のみ使います)






シルク班と製本班が最後は合流して
表紙の仕上げへ突入!ここが正念場





・・・じゃん、できました!

色の組み合わせ、版の組み合わせで
いろいろな思いを込めた手帳ができました




使わなかったもう1枚の布、こちらもきれいです




デビジョキャラを忍ばせて

       たったったっ、と


ご参加いただいた皆様
ありがとうございました◎





・・・・・・・・・・・・



さて、そして、第2陣、午後の部です


製本班、見返しのポケットづくりから






シルク班も、スタート





手刷りです、両手でしっかり
木枠の版もいいんだなあ





刷ったら、パッ!と、これが気持ちいい






本文に糸でかがって(糸の色も選んでもらっています)







ちょっと休憩・・・
先週まで展示されていたアトリエ原始人さんの作品

デビジョさんには、
ちょっとおもしろい作品がいろいろ






シルク班、真剣に刷っています
これから1年使う手帳ですからね






そして、布ができあがりました
いい意味でシルクっぽくないというか、絵画のよう






ひたすら働くデビジョさん(本当にありがとうございます)






そして、仕上げの表紙づくりへ






外はもう真っ暗




ボール紙に貼り付けて、ゴムをつけて、本文と合わせます






・・・わーい、できましたー!




裏側はまた違う顔

右の3つは同じ版を使っていますが、個性が出ていますね





アニメのエンディング!
とデビジョさんの一声があった、裏表紙

歌が聞こえてきそうです


♪でんでんでんぐりかえって バイバイバイ

お・し・ま・い




というわけで、ご参加いただいた皆さま
シルクスクリーン印刷でご協力いただいた
デビッド&ジョナサンさん
本当に、どうもありがとうございました!!









・・・・
(このシルクコラボ講座は
 手帳以外でもやりたいなあ、と思っています・・)

  


 
| 講座やワークショップの様子 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/439
トラックバック