home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
<< 7/20(土) 切手を収める豆本 mini stock book 講座 | main | 夫婦箱をつくる講座でした >>
和紙スキ体験


雨のぱらつく、6月下旬
まるみず組の講師と生徒さんで
和紙漉き体験をしてきました

製本につながる、素材づくり
まず、紙を作ってみよう、という企画です



わらわらと、やってきたのは
埼玉県の小川町



古い建物が、雰囲気あります



足を踏み入れても、レトロな雰囲気は増して・・・◎



・・・・・
と、建物見学はあとでゆっくり


紙漉きが始まりました
楮ととろろあおいの混ざった和紙の原料を漉いていきます
この、漉きの揺らし作業がムズカシー!


持ち上げて、重ねていきます
以下、動画的にぱらぱらと見てください
(まるみず先生が漉いているところです)







こんな風に、漉いたら、重ねていきます
まだ乾いてないのに、くっつかないのかな?
と思うのですが、とろろあおいのとろみに
楮の繊維が包まれているので、絡まらないようです




ここで、お昼休み

・・・・・・・・・

工場の庭には楮が自生していました


楮を育てるところから・・・の体験ではないのですが
楮をたたいたり、白いところだけ取り出したり・・・な画


この作業は、川の流れの中で女性がやっていたもの




・・・・・・・・・・

さて、作業に戻って

重ねたものを、圧搾機で水分を絞りだしているところ


あんなに厚みがあったのに、こんなに薄くなってる!


それを、ブラシを使って1枚づつはがし
温かくなっている鉄板に貼り付け、乾かします





ぺたーっとくっつけて、乾かして


できました!



この和紙、次は活版で印刷をして
本のかたちにしていく予定なのです、楽しみ◎








・・・・・・・・・・・・・・・・
和紙漉き体験、楽しかったですが、漉いたのは3枚のみ
もっともっと体験したい場合には
楮の紙料作りからの4日間体験もあるようです、よ
やってみたいー








| 日々のこと | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/368
トラックバック