top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< のりボンドのつくり方 | main | 2月の猫展 >>
折丁の多い豆本ノートの講座でした


今日は、いつものモイスェンさん2階にて
豆本講座でした。

風邪が流行っているのかお一人さまキャンセルで
マンツーマン!です

そんなわけで、写真もしっかり撮れました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆折丁とは
紙を二つ折りにしたものをいいます(単位1折)
1枚を二つ折りにすると4ページ、1折
2枚まとめて二つ折りにすると8ページ、1折

絵本のようなページが少ないものは
例えば、8枚をまとめて1折にすれば32ページになり
一折中綴じというかがり方で作ることができます

ページの多いものは
折丁がいくつも重なって作られています
そのかがり方は、一折中綴じとは別のものになります


・・・・・と急に説明文になりましたが、
なかなか本の見た目だけでは、
この構造の違いが伝わりづらいのです

そして今日の豆本は、折丁の多い本でして、
4枚まとめて1折にしたものを、5折りで作りました


まずは、折丁づくりから
背固め、花布つけて、表紙づくりへ



・・・見返しを貼って




完成です!
ストライプのシンプルな布をお持込いただきました、よ
前回の講座では、こちらで用意した裏打ち布で作りましたが
今回からは、お持込の布で作ることができるようになりました)



講座後のお茶タイムは、モイスェンさんの薄焼きクッキー
さっくさくで、とても美味しいのです
左の本は、トンネルブック

まるみず組でもトンネルブックの講座が
単発で開かれていたこともあり、気になる構造
覗いた時のあの立体感が、、感動ものです



今日の講座の作り方で、革装にしたり、ドイツ装にしたり
背に紐をつければストラップやネックレスになりますし
裏表紙にピンをつけて、ブローチなんかにも応用ができます
革には、やはり箔押しを・・・ということで白箔
1文字押しただけですが、ホットペンで絵を描くのもよいかと




CM・・・・・・・・・・・・・・・
一折中綴じは、かがりが簡単です
この作り方での豆本講座は、近々2つ予定しています

◆3/2(土) 14:00〜16:00
ねこまめほん講座 at 茶房高円寺書林さん 詳細は→ 




◆3/8(金) 15:00〜17:00
紅茶豆本講座 at  cafe Lupopo さん 詳細は→

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・CM





| 手製本講座の様子 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/306
トラックバック