top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
<< 秋の山 | main | ちいさなモビール展 >>
文庫本をフランス装に、講座でした


涼しくなったなあ、と思っていたら 
またも30度、暑い1日でした

そんな気温高まるお昼時、 アトリエハコさんで
文庫本をフランス装にする、講座を行いました


生徒さん3名様


文庫本の改装はハードカバーに仕立てる講座ですが
こちらは、フランス装というソフトカバータイプ

雰囲気のある仕上がりになるので
文庫本を布装でフランス装にしてしまおう
というわけです

まずは、本文の処理から
見返しを貼ります


表紙を作ります

直線、直角をしっかり測らないと
仕上がりがきれいにできません



出版社によって文庫本のサイズが若干異なりますが
今回は3人とも新潮社文庫だったので
背巾が違うだけで、縦横は同じ大きさ

で、完成しました




「裏庭」梨木香歩



「薬指の標本」小川洋子



「モーラとわたし」おーなり由子


定規で測ったりする基本はしっかりと、
自由な部分は好きなように、思いっきり

というわけで、

本の内容から布柄を選んだり
表紙のデザインをすることは
自由エリアの手製本の楽しさ

布はお持ち込みしていただき
表紙のデザインは少しアドバイスしながら・・・
三者三様で本ができました、よ◎



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、
来月の講座は、豆本講座と箱作りの講座があります



この豆本作りは、
本文を糸かがりで作りますので
丈夫な仕上がりになります

ヒモをつけてペンダントにも応用可
お家で作れるように
1冊分の材料をお持ち帰りいただけます

詳細は→こちらもご覧ください、ませ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



| 手製本講座の様子 | 23:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
大きい柄は仕立てると表情が変わるのがおもしろいですよね。こんどは大きい柄とか、刺繍とかしてみようと思います。
| 河合です | 2012/09/30 1:22 PM |
ほんと、切り取り方でだいぶ変わりますね。
河合さんの刺繍の本、楽しみにしています。
| ヨンネ | 2012/10/02 2:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/246
トラックバック