home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 本の修理 フルート教本 | main | 202008 本の修理と手製本アドバンスクラス >>
本の修理 パリのパノラマ写真集


 

 

 


本の修理をしました


 

 

パリのパノラマ写真集 1905年
糸かがり綴じ、ハードカバー、304頁

 

 

before

 


手製本なのか、支持体が2本ありました

さすがに弱いかもな…という印象です

本文紙は重めで

折丁の構造がその重さをさらに増しています

というのは4頁1折の折丁がいくつかあり、

その折丁では開いた片面に

見開きサイズのパノラマ頁を折って貼り付けていて

片側だけ6頁になっているからです

そうなるとバランスが悪く重さが増し

4頁1折の背(紙が1枚)に負担がかかります

支持体2本と紙が重めですし

背はつらかったかもしれません

 

また、横長本はめくりづらいため

いくつかの頁は写真にかかるように破けていました

 

その他、表側の遊び見返し紛失、

表紙は壊れておらず痛みのみです
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理のご希望としては、

アンティークの良さを残したいので

表紙の痛みはそのまま残して

中身のバラバラをまとめたい

とのことでした

 


まず、表紙をそのまま使うには

見返しを剥がさないで修理したいと思いました

通常の製本では

中身と表紙は見返しでつながっていますが

支持体とクータ(背につける筒状の紙)があれば

支持体で表紙とつながることができるし

クータも背を支えることを手伝ってくれます

 

そこで、見返しノドについては

表側から裏打ちクロスでつなぎたいので

見返しノドに新しい素材が見えてしまっても良いか

ご依頼主さんに確認し、了承を得ました

 

なので、表紙は少し手直ししてそのまま、

中身をバラして製本をはじめから綴じ直します
 

 

 

 

・・・


中身の折をそれぞれ分けます

ノンブルがないのですべてメモ

汚れが酷く1枚1枚ドライクリーニング

折丁の背を和紙で補修

 

 

 

 

 

支持体5つの基本の糸かがり綴じで

背を綴じ直しました

 

 

 

 

 

遊び見返しは和紙の足をつけて

それぞれ最初と最後の折丁にまとめて綴じています

 

綴じ終わったら、

背固め、寒冷紗、クータをつけます


表紙は壊れていないので

弱った背芯材のみ取り外し

背を裏打ちして補強、新しい芯材を加えました

 

 


中身と表紙を合わせます

支持体を表紙裏に貼り付け、

クータも背に貼り、背を支えます

見返しノドには裏打ちクロスを貼りました

 

 

 

 

 

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙には手を加えていないので

before-afterの写真は特に変わりないです

新品ピカピカ!ではない古本の歴史が残りつつ

本文はきれいにめくりやすくなったかと思います

 

ご依頼主さんには

「こんなになるなんて想像していなかった」

と、ご連絡いただきました◎

 

喜んでいただけてよかった、嬉しいです

ご依頼、ありがとうございました

 

 

・補足

歴史で考えてみると

綴じ方は変えてしまっているので、

製本としての歴史を残すには

直さないという選択になるかもしれません・・

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com

 

 

 

 

| 本の修理ビフォーアフター | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする