home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 「デザインのひきだし40」「毎日がもっと輝くみんなのノート術」掲載のお知らせ | main | 7月19日(日)手製本の糸かがり綴じについて at アトリエ・ハコ(西荻窪) >>
本の修理 柳宗悦

 

 

 

 




本の修理をしました

 

 

 


『工藝の美』柳宗悦
製本:宮本忠昌 昭和17年 私家版

before

 

 



一昨年に日本民藝館の書物工芸展で観た本です!

素材も印刷も製本も美しいですね

本文紙には三椏紙を

表紙布には葛布(くずふ)が使われているとのこと

私家版限定本です


 

 

壊れはシンプルです
その他の痛みなどはありません

一折目の綴じ糸が切れて接着剤も剥がれ

二折目から離れそうになってる、というもの



 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

本文も表紙芯材も逆目でしたが

アルアルなので仕方ないです
 

 

ご依頼主さんのご希望は

何度も読みたいのにこれでは不安で開きづらい

としても大切にしたい、とのことでした

 

 

 

 

 



一折目の綴じ糸が三ヶ所のうち二ヶ所切れている

ということは、糊だけの修理では

一折目はその後にまた分解の恐れがあります

少し解体して直すことにしました
 

見返しを一折目から離して中身の背を露わにします

一折と二折目を糸で綴じ合せ、糊で背固め

寒冷紗はないのでそのまま見返しを戻す

 

 

 









 

 

 

 

 

 

after

 


 







 

 

 

 

大切な工芸品の修理について
ご依頼、ありがとうございました

 

 

状態や修理の目的によっては

こちらで「直さない」と判断する場合もあります

ご依頼主さんが想像していた以上に

直す部分が多くある、という場合もあります

ご相談は無料ですのでお気軽にご相談ください

 

 

 




 

・・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com




 

 

| 本の修理ビフォーアフター | 12:29 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする