home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 6/6(土)ヨンネ手製本ワークショップ at くんぷう堂(鎌倉) | main | webshopをオープンしました >>
パタパタからくり製本(jacob's ladder binding)

 

 

 

 



 

 

 

パタパタからくり製本(jacobs ladder binding)とは?

 

まず「マジックフラワーチェンジャー」という

玩具のような本の出会いから
 

大泉学園のポラン書房さんで見つけた本です

かわいい!というのもポイントでしたが

古本屋さんで見つけてしまったので、

この製本おもしろいな!

と、製本目線で購入しました
 

で、製本方法を調べていたら

Jacob's ladder structure book とか

Jacob's ladder binding と呼ぶらしく
 

そこから日本語の「ヤコブの梯子」を辿ると

ウィキペディアでは「日本でパタパタ、

板返し、団十郎のからくり屏風と呼ばれる玩具の、

英語圏での呼び名」とありました

 

 

というわけで、

「パタパタからくり製本」

と訳して紹介してみたいと思います

 



通常必要な材料は
・木材や厚紙
・帯紙
・接着剤
となりますが、

なんとか接着剤を使わないで、
紙だけでつくってみる方法を
既存のつくり方を参考に考えてみました


 

 

 

 




」」」」」」」」」」」」」」
用意するもの 
紙(コピー用紙、画用紙、チラシなどでも)
カッター、定規、はさみ、カッターマット、





、紙を用意します(ここでは、2色でつくります)

長方形または正方形、サイズは自由





2色をそれぞれ6枚づつ用意します





このように、折りたたみます
左をA、右をBとします



 


Aのつくり方

短辺をだいたい半分あたりのところまで折ります




反対側も折ります




さらに包むように、だいたい半分ぐらいまで折ります




反対側も折ります




Aのできあがり




 



Bのつくり方
長辺をだいたい半分あたりのところまで折ります




反対側も折ります





さらに包むように、だいたい半分ぐらいまで折ります




反対側も折ります





開いて、四つの端をカットします




折り目まで斜めにカットします




四つの端すべてを同じようにカットします





折り目のあるところまで半分に折ります





折り目を戻します





反対側も同じように折ります
これで、Bのできあがり





AとBができました





12枚の紙を同じように折ります
Aが3つ、Bが3つ(緑色)




Aが3つ、Bが3つ(黄色)




全部でAは6つ、Bは6つです








、さらに紙を用意します(Cとします)
15ミリ幅で、A長辺3倍の長さ(少し短めがいいです)





Cは15本、用意します





Aが6つ、Bが6つ、Cが15本、
これで、紙の準備は完了です





 

 





」」」」」」」」」」」」」」
さて、綴じます




、Aを横長に置きます





、上下を開いて





、Cの端を折り、


 



、Aの隙間に引っ掛けるように差し込みます


 

 


、上の方に、固定します





、同じように、下の方にも
Cを引っ掛けるように差し込みます





、反対側には、真ん中に
Cを引っ掛けるように差し込みます





10、上下を折り、戻します





11、BをAに差し込みます




12、折り目のところまで、ぴったりと




13、BをAの上にかぶせて




14、反対側も差し込みます







15、AとBがつながりました



 

 



16、右側にある2つのCを折ります





17、左側にあるCも折ります






18、その上にAを乗せます









19、Aの上下を開きます




20、Cをすべて折ります



21、Aの隙間に、引っ掛けるように差し込みます



22、すべて引っ掛けるように差し込みます


 

 

 

 



23、新しいCを3本用意し
からの手順と同じように、差し込みます




 


24、上下を折り、戻します






25、BをAの間に差し込みます




26、反対側にも差し込みます









27、ここからは、15から26の手順を繰り返します




Cを折って



新しいAを乗せて



Aの上下を開いて、Cを差し込み



新しい3本のCを差し込み



Aの上下を戻して



Bを差し込み、かぶせる






 


 


28、A→B→A→B→A→Bと

重なるように繰り返していくと

Cを使い切り、この状態になります


 



29、Aの上下を戻して


 


30、Aの間にBを差し込み、かぶせます






31、できあがり


 

 

 


AとBで1セット
計6セットを、Cで綴じています

緑A→黄B→黄A→緑B→緑A→黄B
→黄A→緑B→緑A→黄B→黄A→緑B
色の部分を揃えるとおもしろさが増しますが
とりあえずABABという順番ができていればOK







この本の構造の楽しみ方は3つ
●見開きが変わる本
●蛇腹ように広がる折本

●パタパタっと入れ替わるからくり本

柄のある紙を使う
自分で絵や文字を描く

紙の大きさを変える

ポップアップをつくる
1セットの数を増やしてみる、など
つくり方をマスターしたら
中身をつくって遊んでみてください

 

暗くなったり怒ったりも必要なことだし

それを咀嚼しながら手を動かすことで

はっとした気付きがあったりもします

散歩のように手製本の時間があったらいいな

楽しい本ができあがりますように・・・!

 

 

 







●見開きが変わる本












●蛇腹ように広がる折本











●パタパタっと入れ替わるからくり本



 

 


 

→紙を折って綴じる手製本、こちらもどうぞ

・織継ぎ製本(→

・くちばし製本(→) 


 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

 

 

 

 

| 折って綴じて手製本 | 15:31 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする