home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 2020ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ「いれる、かたす、ととのえる」 | main | 6/6(土)ヨンネ手製本ワークショップ at くんぷう堂(鎌倉) >>
本の修理 紙葉

 

 

 

 




本の修理をしました

紙葉です

 

 

 

 




『LA REDEMPTION PAR LES BETES』

Pierre Bonnard (1959)

 

 

before



 

 



綴じられていない紙葉の状態

紙はとっても質のいいコットンペーパー




 

破れた部分を直します




 

 


まあまあ厚みのあるコットンペーパーです
10枚ほどまとめてグイッと千切られていました
それにしても何があったの?というぐらいの破れ方
ご依頼者さんによると、意図的に破っている、
とのこと




刃物で切れたわけではなく
手で千切るように切れている場合は、
多少重なりの部分があります
まずはその重なりを貼り合わせ、
そのあと極薄楮和紙にてカバー

 





 

 



after


 




 



 

 






 

人間であれば、傷口は絆創膏を貼ったり
縫ったりしておくと
細胞が再生されて治ります

紙はセロテープを貼っておいても
自然と再生されることはない
紙は紙で直す
優しい和紙の繊維にて修理

よしよしよかったね、、、

 

 

 

ご依頼、ありがとうございました

 

 

 

 


 

・・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com




 

 

| 本の修理ビフォーアフター | 19:15 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする