home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 2020本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ「本になるために版をつくる」 | main | 202002 本の修理と手製本アドバンスクラス >>
平和台図書館で製本講座「豆本をつくろう」でした

 






2020年の図書館講座はじめは
平和台図書館で製本講座
「豆本をつくろう」でした





 


・・・
手製本するのは
宮沢賢治『ありときのこ』の豆本で
製本ポイントは一折中綴じのハードカバー


 

豆本はかわいい!が溢れていますし
自分もつくってみたい!
という気持ちも高まりやすいと思います
自分でつくった豆本、
古本屋で買い求めた豆本など
いろいろな豆本も見ていただきました



 


講座は紙の目のことからはじめて
折丁について、一折中綴じのページ構成
糸での中綴じ、表紙の構造とくるみ方
中身と表紙の合わせ方、
そして、、完成!と進みました

 

 





工程毎に「おぉ…」という静かな声も聞こえたり
「3枚の厚紙が組み合わさって表紙になるんだ!」
と驚きの声もあがったり、
バレンタインの次の日ということもあって
「若い時に知ってたらチョコよりも豆本をつくって
文学青年に渡せたのになー!」などなど
かわいい声をたくさんいただきました

 

 

 

 



豆本って文句なしに可愛いですよね
小さいだけでカワイイという・・・
なんだかずるいけれど、
豆本をきっかけに
本をつくってみてもらえたら嬉しいです



小さな気持ちも
大きな野望も
本になって届きますように、、!











 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→






 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする