home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 3/29(日)手製本の糸かがり綴じについて at アトリエ・ハコ(西荻窪) | main | 2020本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ「本になるために版をつくる」 >>
4/4(土)文庫本のコーネル装&スリップケース at あおば堂(上野)

 

 

 

 

4月の手製本ワークショップのお知らせです

 

 


+++++++++++++++++++++
   文庫本のコーネル装&スリップケース

   at あおば堂(上野)

+++++++++++++++++++++
 

 

 

日時:2020年4月4日(土)
   10:00〜17:30(昼休みアリ)


参加費:¥11000(材料費込み)

定員:6名様


会場:あおば堂(→

〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-10-17 I

Terrace上野桜木101    


持ち物:文庫本1冊

    表紙に使いたい紙 200×250mm 1枚

※その他の材料についてはこちらで用意しますので

持ち込みいただいた紙と合わせて使うことになります

 

追記:中止とさせていただきます 

 

 

 

 

文庫本をハードカバーに改装する、ステップアップ編です

※はじめての方でもご参加いただけますが

ハードカバーの表紙を製本したことがあると

理解が深まりやすいです

 

 

 

 

・コーネル装

文庫本をコーネル装に改装します

見返し、寒冷紗、栞紐、花布、クータ、

表紙芯材の切り出しまで、ここまでの工程は

通常の上製本の表紙づくりと同じですが

芯材を裏打ちクロスと紙でくるむ点が異なります

 

 

背と平にかかる部分はクロスでくるみ、

残りは紙という装丁は背継ぎ表紙ですが

加えて角(コーナー)もクロスでくるむことで

角革(コーネル)装となります(本来は革装丁)

壊れやすい背と角を丈夫な革(布)で保護するとともに

デザインにもなる機能美がいいですよね

 

 

 

 

 

 

 

・スリップケース(函)

文庫本を収めるスリップケース(函)をつくります

寸法をしっかり図り、ボール紙をきちんと切り出すことで

すっと収まるスリップケース(函)ができあがります

函に収まる本は作品の完成度が高まります◎

 

 

 

 

 

 

紙とクロスの合わせ方を知りたい

函ってどうやってつくるの?

など、

手製本をはじめた方には

技をプラスできる内容となります

ご参加お待ちしております

 


 

 

 

・・・


お申し込みは、あおば堂さんまで

電話メール、または
あおば堂facebookにてお願いします

090-6940-2401
aobadou.sakuragi@gmail.com






 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→





 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 21:33 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする