home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< かがり台と手締めプレスをつくる手製本講座でした | main | 10/13(日)10/14(月・祝)御朱印帳と文庫本の改装の手製本ワークショップ at くらしずくマーケット2019(九十九里) >>
手製本3回連続講座「製本の種類を知る、観察を楽しむ」3回目


 

 


Sunday morning! 

9月の初日、下北沢の朝です
 

開店前の本屋B&Bさんにて、
手製本3回連続講座、
「製本の種類を知る、観察を楽しむ」
3回目でした
 


 ・・・

1回目は「本の構造、中身」
ということで、中身の綴じについて知り、
観察しました(→

2回目は「本の構造、表紙」
ということで、製本の表紙に注目し

観察しました(→
 

 

そして

ラストの3回目は

「本の構造、中身と表紙」ということで

1回目と2回目に観察した中身と表紙について

実際に本を分解して構造を確認してみる

という内容でした

 


 





 


 

中身と表紙がどのように合わさっているのか、
まずは、中身と表紙を分けます

見返しがあるもの、ないもの
寒冷紗があるもの、ないもの
中身について折丁の綴じはどの綴じ方か、
無線、あじろ、中綴じ、糸綴じ、

確認して折丁毎に分けていきます

ハードカバーの表紙については

芯材にどう包まれているか

分解して改めて観察します

 

和綴じの本を見つけて

分解された方もいました
 

そしてもちろん、
これは製本の巻き戻しシーンであって
自分の手で始めから製本してみることでも
中身と表紙の種類や構造が理解しやすくなります

 








また、本を分解し、壊すことで
壊しやすいもの、壊しにくいもの、
工程が多いほど壊しやすかったり、
工程が少ないほど壊しにくかったり、
つまり、

直しやすい、直しにくいにつながったり
ということも分かります


本を読む人は本がどのように製本されているのか
本をつくりたい人はどう製本するといいか、
本を直したい人はどう製本されててどう直すか、
知ったり考えたりする方向性も見えてきます




・・

分解した本を組み立て直すこともできますが

それはまた別の機会に、、、ということで
実際に製本してみる時間では
本の散逸を防ぐための帙のようなもの
「つばくろ」の簡易版をつくりました

 


 

 

ご参加いただいた皆さま

会場や本の協力をしていただいた

本屋B&Bさま

本当にありがとうございました!!

 

 

 

 


 

 

・・・
帰りにB&Bさんで購入した本です
ここ最近、興味のあるテーマ2冊

ちなみにどちらも

ソフトカバー、あじろ綴じ



みすず書房、
ソフトカバーだけど栞紐ついてました



 





・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1097
トラックバック