home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 12/22(日)手製本特別講座 【やってみよう!読みやすい「組版」実習】 ゲスト講師:前田年昭さん at アトリエ・ハコ(西荻窪) | main | 201911 本の修理と手製本アドバンスクラス >>
2019 本の修理と手製本 綴じの種類と表紙の構造全8回でした

 





2019 本の修理と手製本講座
綴じの種類と表紙の構造、全8回
終了しました


8月-11月の4か月にかけ
本の構造やしくみを知り
実際に手を動かし製本してみることで
本の修理と手製本につなげよう
という内容でした
8つの綴じと、8つの表紙で
8冊の手製本をつくりました






・・
1-2回目

紙の性質、本の構造、接着剤のことなど
基本事項からスタート
破れたページの和紙での補修や
無線綴じ、あじろ綴じ、平綴じ、
中綴じ、折丁の多い綴じ、5つ綴じました







 


この日は取材がありました
カメラマン兼ライターの沼尻さんが撮影中

作品というには恥ずかしいけれど、
いつもは持ち歩かない
ワークショップでつくる製本とはまた別の
手製本を見ていただきました
へええ?おもしろい!
と感想がいただけたりで嬉しかったです
取材の記事はこちら→









 

 


・・

3‐4回目
 

 

前回に綴じた中身、

無線綴じ、あじろ綴じ、平綴じ、

中綴じ、折丁の多い糸綴じ

この5つの綴じに

それぞれ異なる表紙を合わせました


ソフトカバー、ハードカバー、

見返しや寒冷紗や花布がどうなっているか

背にクータがあるかないか、表紙のくるみ方など、

1つ1つ確認しつつ自分の手で製本してみることで

本の修理や手製本に向けて基本を固めます



つくってみることも大切ですが
よく見ること、観察することも同じように大切
私も、なあんにも見えてないですよね、、、
と思われる行動をしていることがありますが
本に関してはよく見たい、見ようという気持ちです
気持ち、というかそれが好きだし面白いし、
修理にもつながるし新しい本との出会いもあるし
おもしろいです、皆さんもぜひ

 






 

 

 

・・

5‐6回目
 

 

1-4回で5種の綴じと表紙をつくりました
後半の5-8回はさらにレベルアップ

基本の糸かがり、支持体有無、
そして丸背上製本、丸背地券装、
1mm厚ハードカバーとして3冊仕上げます
今日は綴じ綴じ綴じ、綴じ3つ

そのほか、濡れた本はどうするか、
ページが外れた場合など、修理の場面を考えて
製本ができる!ようになれば、
どんな壊れ方でも慌てずに対応できます

 






 

 

 

・・
7-8回目

前回綴じた3つの中身に表紙を合わせました
1mm表紙上製本、丸背地券装、
丸背上製本コーネル装、3冊

本の修理と手製本
綴じの種類と表紙の構造、
全8回で、8冊つくり
8つの綴じと8つの表紙を手製本しました


これが手製本の全てではないけれど、
基本をぎゅっと詰め込んだ内容です
本の構造や仕組みを知って製本して、
本の修理と手製本に必ずつながます

必ず、というのは言い過ぎなのかもしれません
ただ、すべてではないにせよ
ゼロだったところに小数点がついただけでも◎
あとは続けることと復習もぜひ
せっかくの手の動きを忘れないためにも

 

 











 

 

 

2020年度の本の修理と手製本講座

年はじめからは、

1冊の本と向き合い解体して組み立て直す

角背の改装本、はじまります(→


 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1094
トラックバック