home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 10/6(日)国芳飛び出す動かす、しかけ絵本をつくる手製本WS at 甘夏書店(押上) | main | 本の修理 世界の童話シリーズ >>
本の修理 観世流謡曲百番集上下巻




本の修理をしました





『観世流謡曲百番集』上下巻
上巻 昭和2年
下巻 大正15年
観世流改訂本刊行會

糸かがり、地券表紙、革装


 

​before



革表紙、地券装、糸かがり製本

 


できるだけ本の雰囲気を変えないで
これからも安心して読めるようにしてほしい
というご依頼でした





 

革、ボロボロ、

背表紙、下巻は欠けてます

 


 

見返し、痛み、剥がれかかっている

 



糸かがり、切れ、背固め外れ

 






 

 

 



・・修理・・

上巻
綴じの外れや破れが多く、
折丁をすべて和紙補修して綴じ直し
見返しを剥がして裏打ち再生
表紙は表、背、裏でそれぞれ裏打ち再生
新しく地券装で表紙をつくり貼り込み


下巻
折丁一部のみ綴じ直し、
その後は上巻と同じ

 

 

 

辞書のように薄い本文紙なのに、
折丁は16頁1折で、たまに8頁1折だったりもして

この本文紙の厚みだと

32頁1折ぐらいでないと背が弱くなるわけで
折丁構成の悪さに愕然としつつ、、、
そして折丁数が嵩むので
和紙で補修するとどうしても背が高くなる
ということで上巻は丸背になりました
その方が本は開き易いけれど
もとのカタチとは異なった仕上がりに






after














 

 

 

 

ご依頼、ありがとうございました

 

 



・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com


 

 

 

 

 

| 本の修理ビフォーアフター | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1086
トラックバック