home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 手製本3回連続講座「製本の種類を知る、観察を楽しむ」3回目 | main | 手製本2回連続講座「角背の上製本:基本の糸かがりと布表紙」at あおば堂(上野) >>
10/13(日)10/14(月・祝)御朱印帳と文庫本の改装の手製本ワークショップ at くらしずくマーケット2019(九十九里)

 




10月、千葉の九十九里で開催の

くらしずくマーケットに参加します
 

 

和本として御朱印帳づくり
洋本として文庫本改装する

手製本ワークショップをやります



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 くらしずく2019 ワークショップ
 手製本に親しもう
 御朱印帳をつくろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【日程】10月13日(日)、10月14日(月・祝)

【時間】10:00-12:00(両日とも)

【定員】各回8名

【対象】中学生以上

【参加費】3800円

【参加方法】お申込みはこちらへ→
 





 

 

和本の古いカタチは巻物からはじまりました
巻物では不便だった点を改良したものが折本です
折本は、半分に折った紙を交互に重ね、
のりで貼り合わせて製本します

寺社の御朱印を集める御朱印帳も
折本でつくられていることが多いです

 

今回のWSでは、
表紙にネパールの手漉き和紙を使います
切手帳やアルバムなどにも活かすことができます
基本の製本方法を知って、楽しんでみてください






 

 

 

 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 くらしずく2019 ワークショップ
 手製本に親しもう
 お気に入りの文庫本をハードカバーにしよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【日程】10月13日(日)、10月14日(月・祝)
【時間】13:00-16:00(両日とも)
【定員】各回8名
【対象】中学生以上
【持ち物】文庫本、1冊
【参加費】4800円
【参加方法】お申込みはこちらへ→





 

 

 

洋本はしっかり丈夫に製本する

という特徴があります

文庫本をハードカバーに仕立てるWSでは

中身はソフトカバーである文庫本を使い

見返しと寒冷紗、栞紐と花布を中身につけ、

布装の表紙をつくって合わせることで

文庫本を改装、リメイクします
 

本の表紙がどうやってできているのか?

自分の手で製本してみると本の構造がよく分かり、

より愛着のある1冊になると思います

お気に入りの文庫本を1冊ご持参ください
 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1085
トラックバック