home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 201906本の修理と手製本アドバンスクラス | main | ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、ポケットアルバム >>
刊本作品の手製本をつくってみよう at 西荻窪アトリエ・ハコでした





6月最後の手製本ワークショップは

西荻窪アトリエハコさんにて、

刊本作品の手製本をやってみよう!でした

イルフ童画館さんから提案があり始まりまして

武井武雄の刊本作品を製本面から捉えて

同じように手製本してみる、という内容です

 

イルフ童画館(→

刊本作品(→
 

 

 

・・・


第1回目『胡蝶散策』(→
第2回目『雪の讃頌』(→
に続き、
3回目は、

『さもいや伝』の製本を模倣してみます




どの刊本作品も
製本以外の素材や印刷などは
とんでもなく凝った素材や技術で
仕立てられています

それに比べ、製本について分類すると
そこまで多い方法や技術はありません

本文紙の表面のみ印刷されているものが多いので

それをどう綴じるかという工夫をしながら
本文の素材や印刷で
製本の方向性を決めているようです


 



『さもいや伝』は
綴じは列帖装、帙は鏡帙
という製本方法でした


・・・

列帖装は、和綴じですが

折り目を綴じるという洋本のような構造です
綴じとしては、機械綴じにも通じる糸綴じで
綴じ方のほか、結び方にも特徴があります
実物を確認しながら、しっかり綴じました



本文の印刷は、

雲母引き和紙に印伝が施されている
という、これまた凝った造り・・・
さすがにそれは模倣できませんが
表紙の緞子は、できるだけ近づけてみました

 


 

 

・・・


そして、鏡帙に使う表紙は
仕入れたてほやほやの(当日3日前に購入した)
手漉きのひっかけ和紙を使いました

ひっかけ和紙は、越前和紙特有の技法です
ひっかけ技法については

「金型に繊維をひっかけ、和紙に載せる」
という資料の記述では

分かるような、分からないような?
どんな金型なのか?興味がフツフツと・・・

 

 

そこで、、、
とにかく行ってみれば、何かしら分かるかも!
勢いだけで越前まで出掛け、

まずは紙の神様にお詣り(神頼み)


すると本当に偶然にも、
柳瀬良三さんという職人さんに

出会うことができて、たくさんお話も伺え、
ひっかけ技法に使っている金型も見せていただき!
製紙所も見学させていただくことができました
(これについては改めてブログに書きます)








ま、そんな旅行動もありつつ、、、
『さもいや伝』の製本
このように仕上がりました



白の和紙は
柳瀬良三さんの製紙所で漉いている
手漉きのひっかけ和紙


色のある和紙は
越前和紙の里にあった和紙屋さんで購入
こちらは機械漉きのひっかけ和紙です

 

 



鏡帙とは、中蓋に白紙や画がある帙で
『さもいや伝』には

物語を表す版画が印刷されています







 

 




たくさん、仕上がりました!


 

 

 




武井武雄の刊本作品を知らなかった
という方は、これをきっかけに、
武井武雄、武井武雄の実験精神やユーモア
そして刊本作品について知っていただき
探求して楽しんでいただければ嬉しいです


手製本についても、和紙についても
どうしてそうなっているのか?
気になるものは、足と目で調べてみるのも
おもしろいものです

読書のおもしろさのように
ひとつの点があって触れてみると
そこからどんどん線が出てきて
あっちの点、こっちの点、
次々とつながっていくように・・・

 

 

 

ご参加いただいた皆さま

イルフ童画館さん

柳瀬良三製紙所さん、

ありがとうございました

 

 

 

 







 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1077
トラックバック