home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

<< 3/26(火)革装豆本のアクセサリーをつくる手製本教室 at 本屋B&B(下北沢) | main | 201902本の修理と手製本アドバンスクラス >>
本の修理教室 STEP UP講座 at 関町図書館

 

 

 

 


ぽかぽか陽気の2月20日
練馬区立関町図書館にて

本の修理教室、
ステップアップ講座の3回目でした




・・・
 

 

昨年からスタートした本の修理教室です
 

ステップワンツーは
「本のつくりを知ろう」
「絵本の修理講座」
本の構造を知ること、
そして実際に手を動かして
絵本の製本をつくってみることで
本の修理につなげ活かす、という内容でした

 

 

 

ラストの今回は「本の修理Q&A」

 

参加者の皆さんに壊れた本をお持ち込みいただき
その本の構造を観察する

どのように直したいか

そのためにはどのような技術が必要か

修理の概論、本の構造、手製本の技術について

参加者の皆さんと共有しよう

という試みでした
 

どんな壊れた本がやってくるのか?

当日まで分からないので、ワクワクドキドキ!

 

 

いざ壊れた本が揃ってみると
打ち合わせをしたかのように

様々な壊れ方と直し方の本が集まりました






 

 


無線綴じソフトカバーの料理本
中綴じハードカバー絵本
支持体のある糸綴じ半革装!
四つ目綴じの和装本
無線綴じの分厚い地図帳
破れ、外れ、シワ、などなど

壊れているのは悲しいですけど、
すばらしいサンプルが集まりました


 

図書館の本とは異なり

一人一人、一冊一冊、

それぞれの本への思いがあります

 

どのような目的で直したいのか

もっと読みたい、綺麗にしたい、

保存したい、とりあえず今すぐ使いたいのか

どのようにその本が製本されているか

糸綴じ、無線綴じ、表紙の構造、素材は何か

和紙や接着剤、クータについて、などなど

 

手製本のこと、修理のこと、
少しでも興味を持っていただき

手製本が広まると嬉しいですね
 



ご参加いただいた皆さま
スタッフの皆さま、ありがとうございました

 

 

 










・・・
少し寄り道してチャリチャリ帰ったのですが
上石神井駅、レトロなお店が残っていて
建物も、看板文字も、くらくら!楽しかったです

 

 


気になったけど入店せず



窓枠のカーブもよかった

 


入店しちゃいました、店内のレトロ感・・!



だんご屋で売っていた、しいたけ巻





・・・

 

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1042
トラックバック