home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
<< 3/10(日)3/31(日)国芳猫まめ本をつくる手製本WS at 甘夏書店(押上) | main | 3/17(日)フィンランドお楽しみ手製本ワークショップ at テマリシャス(西荻窪) >>
2/24(日)サルミアッキ食べ比べ&工作会 at アトリエ・ハコ(西荻窪)

 



手製本しない!!
工作会のお知らせです

 


年末年始にフィンランドへ行ってきました
旅をブログにまとめたいと思いつつ
まずは、お茶会でも、、ということで◆
 

■▲■▲■▲■▲■▲■▲■▲■▲

 

 サルミアッキ食べ比べ&工作会

  at アトリエ・ハコ(西荻窪)

 

■▲■▲■▲■▲■▲■▲■▲■▲



 

日時:2月24日(日)

  14:30〜17:00(受付14:15より)
       

参加費:¥1000(材料費、お菓子お茶代込み)


場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

持ち物:なし

 

ありがとうございます。満席です。




さて、、、何をするのかというと!
■いろいろあるサルミアッキの食べ比べと
■パチッとフタが閉まる小箱をつくります


■サルミアッキ(salmiakki)とは

世界一まずい飴と言われているお菓子です
甘草(リコリス)

といえばわかりやすいと思いますが
リコリスなら食べられるよ、

で、口にすると、痛い目?をみます
というのも、サルミアッキは
塩化アンモニウムとリコリスのお菓子だからです
甘さはなく、塩化アンモニウムによる塩味と
独特な臭いがあります

そんなサルミアッキを時々食べていて

不思議な味だなぁ、おもしろい気になるー

と、サルミアッキに惹かれてしまった私は
フィンランドを旅するにあたり
サルミアッキ収集を楽しみにしていました

フィンランドの国民的お菓子であり
パッケージがかっこよくて
スーパーに大量に鎮座しているらしい

サルミアッキ

ムーミンだってマリメッコだって
北欧デザインだって!

フィンランドには魅力たくさん
でもやはり、
・カウリスマキ映画の世界!
・そしてサルミアッキ!!
・あとはフィンランドサウナ!
この3点は必須な確認事項だったのです


そんなサルミアッキ、
味はひとつだけではないのです
固いアメだったり、柔らかいグミだったり

塩味が強かったり弱かったり
カタチも丸、菱形、魚、車、いろいろ、です

そこで・・・
食べ比べしてみたい人
どうでしょうか
いらっしゃるかなー
という会になります
 


(ヘルシンキの古本屋でみつけたサルミアッキ本)




■それから、食べているだけでは
おもしろくないので、少し工作したいと思います

サルミアッキは紙箱に入っているものが多いです
この紙箱、フタが特徴的なのです

(日本にもあるのかなぁ)



フタを噛ますところに

弁のようなものがついていて
フタの内側にカチッパチッとはまるので
勝手にフタが開いてしまうこともないし
お菓子をフタの方へ移動させて
取り出しやすくもなっています

 

このカチっとはまる感覚

伝わりにくいのですが

梱包材のプチプチを潰す感覚に

似ているというか・・・

小粒の楽しさがあるのです



そんな、紙箱を同じ構造でつくってみて
小物入れなどに、どうでしょう
という工作会です
紙を折って貼るだけで

カンタンにつくることができます◎





サルミアッキを食べてみたい
箱づくりもしてみたい
という方、お待ちしております

 

◆甘くて美味しいお菓子もご用意しますので

お気軽にご参加ください

 

◆カワイイやつはこちらもどうぞ

フィンランドお楽しみ手製本WS

(→

 

 

 

・・


お申し込み・お問い合せは
mailで→ヨンネまでお願いします
 

件名に「サルミアッキ」と明記の上
お名前、ご連絡先をお知らせ下さい
info@yon-ne.com
 

 

 

 

◆◆◆

*『はじめて手でつくる本』発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップ→







 

 

 





 

 





 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yon-ne.com/trackback/1031
トラックバック