home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

202003 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 


 

 

 

 



ぽかぽか陽気
換気良くしないと!というのもありますが
春風が気持ちいいのでずっと窓を開けてました

 

 

 


本の修理と手製本講座
第四日曜日はアドバンスクラス
修理したい本は目的に沿って直し、
つくりたい本は自由に手製本します


 







子どもの頃からずっと手にして

読み続けているという手芸本

あじろ綴じ、

ぱっかりと分冊のようになっていました

 

・解体してあじろ綴じで直す

・解体して和紙で背をつくり糸綴じで直す

・少し解体して平綴じでまとめる

 

修理方法はいろいろ

目的を考えていただき、

シンプルな3つめで修理


 

 

これでまた何度も読み返せます

 

 

 

 

 

 

 

大切な古本の函が壊れているので

新しく夫婦箱をつくってしっかり保存しよう

と制作はじめ・・


 

 

 

 

 

 

バラバラな冊子が溜まってきたので

綴じまとめたい

足に冊子を綴じて、その足をまた綴じる

という少々手間はかかるけれど

綴じまとめるのには良い製本をオススメ

まずは足づくりをスタート


 

 

 

 

 

 

 

小箱づくり、なども





 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→
 

 

 

 

 

 



 

| 講座やワークショップの様子 | 23:38 | comments(0) | - | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ「いれる、かたす、ととのえる」







昨日は雪で、この日は冬晴れ!
 


西荻窪アトリエ・ハコさんにて、
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ

2020年、はじまりました


今年は「いれる、かたす、ととのえる」全4回
本を収める函のアレンジで文具をつくります






1月・・・
1回目は、ボックスファイル

スリップケースをつくる要領で、
切り出し・内貼り・組み立て・包み、と進めました






なかなか大きい、A4サイズ
紙や布の素材やサイズを変えたり、
ちぎった紙を貼りつけて
コラージュしつつ包んだりしても楽しいはず


並ぶだけで、これだけかわいい◎

たくさんつくりたくなりますね












 

 

 

2月・・・

2回目はフタ付き小箱をつくりました

夫婦箱のアレンジです

 

 

小箱をつくって表紙をフタのように合わせます

 






クロスでも紙でも、そこはお好みで使いましょう
でもやはり表紙になるフタはクロスのほうが壊れにくいです
貼りやすい紙、貼りやすくするにはなどのポイントや

組み立てのサイズ計算はきっちりと

前回のボックスファイルの復習もあったり

じわじわとレベルアップしてます






 

 

 

 

 

 

 

3月・・・

前日に雪がボタボタと降りましたが

この日は晴天、換気良く3回目です

 

3回目は引き出しケース

 

 

 

引き出しケースづくりは

1回目と2回目の要素を盛り込んでいます

寸法きっちり、ボール紙の直角カット、

組み立て、紙や裏打ちクロス貼り、

フチのくるみ、など

復習ポイントいろいろ
 

 

 

中の箱は、トレー仕立て、

2回目と似ています、ちょっと違うとこあり

ボール紙を切り出して、ボンドで組み立て、

紙や裏打ちクロスで貼り合わせてくるみます

その中の箱を採寸し、外箱づくり

これは1回目と同じですが、

計算方法をプラスしました◎
 

 

中の箱と外の箱がぴったり合わさると

スッと引き出せます!

 

 

 


 

 

 

次回、1から3回を踏まえて好きな箱をつくります




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
横浜市立南図書館にて図書修理講座でした

 

 




2週続けて、、
横浜の先、弘明寺まで


図書館ボランティアさんや
学校司書さん向けの
図書修理講座全2回をおこないました


 

 

 


・・・

部分的修理の方法では壁がぶつかる、
そんな時はイチから製本してみると
本の構造の理解が深まり
修理方法を決めることができ、
実行できるようになります

昨年はそんな概論のお話と
中綴じや和紙補修の実習をやりました
今年は糸かがりなどレベルアップしたい
というご要望があり、
角背の上製本をつくりながら
修理の要点、本の構造について
知っていただこう、
という内容にさせていただきました

 




レベルアップとはいえ、
はじめて参加する方も多く
概論からスタートしました

紙のこと、紙の目のこと、折丁のこと、
中身の綴じ方

(無線や網代、平綴じや中綴じ、糸かがり綴じ)
見返しがどうなっているか
表紙の構造
(ソフトカバー、ハードカバー、芯材の厚み)
などをお伝えしてから
角背上製本つくりました


 


1回目は
折丁をつくり
支持体ありの糸かがり綴じと
パピヨン綴じの2つの綴じ方で
中身をつくりました

支持体ありの糸綴じは
機械製本では見かけることがないものの
支持体と綴じ糸が交差する
タテ糸とヨコ糸の構造が
無線綴じなどの背に
紙縒りや麻ひもを食い込ませて
修理するための理解が深まるため、
皆さんに実習していただきました

 

パピヨン綴じは

機械綴じに近い綴じ方なので

外れた糸かがりの折丁を

数折分綴じ戻す際に

活かすことができます

 

 



2回目は
背固めからはじまり、
支持体の納め方、
寒冷紗、花布、クータをつけながら
それぞれの役割を確認しつつ
表紙をつくって合わせました
角背布装上製本のできあがり、です

工程ごとに修理するポイントや
気を付けたいことをお伝えしています
ふだんの修理の場面では

表紙を新しくつくって直すということは
少ないとは思いますが、
中身と表紙を合わせる際に
どこに接着剤をつけるのか、
自分の手でつくってみると

とてもよく分かると思います



(2回目の講座前に、弘明寺観音にお参りしてみました)

 


皆さんとても熱心で

修理仲間との嬉しい2日間でした


これからの修理にどうぞ役立ちますように!

そして手製本を楽しんでいただきながら

修理も手製本も引き継いで、つないでください


ありがとうございました




 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
コットンペーパーを表紙に使った糸綴じノートの手製本ワークショップでした






イベント自粛要請が出た
ちょうどその日、、
無印良品渋谷西武店で
手製本ワークショップでした

コットンペーパーを表紙に使った
中綴じのノートをつくりました




表紙に使うコットンペーパーは
フランスのムーラン紙という紙です
ムーラン紙はコットンを原料にした
糸屑入りのふんわり柔らかい手漉き紙、

手漉き紙の端っこって、すごーくいいんですよ

パウンドケーキの端っこだったり

パンの耳のような、そんな良さ・・

 

カッターでカットしてしまうと

その良さがなくなってしまうので

似たような良さを再現してみようと

紙の端を水切りという技法でバサバサっと仕立て
コットンペーパーの風合いを楽しみました


製本はシンプルな糸綴じです

一折中綴じで中身と表紙を一緒に綴じて

手製本ノートの完成!

 

シンプルながらも糸を変えたり、
新しい運針を考えてみてもおもしろい

幅の広がる綴じ方です◎





ご参加いただいた皆さま
本当にありがとうございました

I wish you good health and happiness!!

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 



 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
202002 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

 

 

 




2020年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて開設中です

 



手製本の基礎が終了した方を中心に

製本したいもの

修理したいもの

アートブックなど、

つくりたいものを自由に手製本します




 


 

・・
本日は今までの積み重ねありで

完成する方が多かったです

 

こちらは修理本

上中下巻の上が出来上がっており、

中下巻も完成!

 

 

 

 

 

 

総革装の改装本も完成!

洋書のぺーパーバックを

解体、補修しつつ糸かがりして

花布も編んだり・・

しっかりと完成です◎

 

 

 

 

 

 

 

市販の糸かがりノートを

フレンチリンクの糸綴じで綴じ直し

オリジナルの糸綴じノートにリメイクしました

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します

 

詳細はこちらご覧ください(→

 

 

 

またプライベート手製本レッスンでは

1回だけやカリキュラムを組んでなど

目的に応じて手製本レッスンします

詳細はこちら→




 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
平和台図書館で製本講座「豆本をつくろう」でした

 






2020年の図書館講座はじめは
平和台図書館で製本講座
「豆本をつくろう」でした





 


・・・
手製本するのは
宮沢賢治『ありときのこ』の豆本で
製本ポイントは一折中綴じのハードカバー


 

豆本はかわいい!が溢れていますし
自分もつくってみたい!
という気持ちも高まりやすいと思います
自分でつくった豆本、
古本屋で買い求めた豆本など
いろいろな豆本も見ていただきました



 


講座は紙の目のことからはじめて
折丁について、一折中綴じのページ構成
糸での中綴じ、表紙の構造とくるみ方
中身と表紙の合わせ方、
そして、、完成!と進みました

 

 





工程毎に「おぉ…」という静かな声も聞こえたり
「3枚の厚紙が組み合わさって表紙になるんだ!」
と驚きの声もあがったり、
バレンタインの次の日ということもあって
「若い時に知ってたらチョコよりも豆本をつくって
文学青年に渡せたのになー!」などなど
かわいい声をたくさんいただきました

 

 

 

 



豆本って文句なしに可愛いですよね
小さいだけでカワイイという・・・
なんだかずるいけれど、
豆本をきっかけに
本をつくってみてもらえたら嬉しいです



小さな気持ちも
大きな野望も
本になって届きますように、、!











 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→






 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
202001 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

 

 

 




2020年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて開設中です

 



手製本の基礎が終了した方を中心に

製本したいもの

修理したいもの

アートブックなど、

つくりたいものを自由に手製本します






 

 

 


・・
 

 

今日はお休みが7人も!
ということで午前はマンツーマンとなりました
アコーディオンアルバムづくりです

 








窓をつけて、できあがり
表と裏のクロスは
○模様がポジとネガになっています
○のバランスもわざとバラつくようにしました









午後も少人数にて

今できること、何をつくりたいか

限られた材料でどう製本するかという課題も



 

 



そして手製本をはじめたキッカケである
自分の作品を綴じて本にするという目的がひとつ達成できた!
とのことで嬉しいです



 

 

 

 

アルバム製本、背表紙なし

 

 


 

三つ目綴じミニファイル





 

 

 

 

 

 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します

 

詳細はこちらご覧ください(→

 

 

 

またプライベート手製本レッスンでは

1回だけやカリキュラムを組んでなど

目的に応じて手製本レッスンします

詳細はこちら→




 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
手製本ワークショップ at 古書くんぷう堂(鎌倉)でした

 


1月さいしょの手製本WSは
鎌倉の古書くんぷう堂さんでした

 

そしてそして、降りましたね
雪がふわふわと**
くんぷう堂さんの窓から
鎌倉の雪を堪能しました◎

 

 

 

 

 

・・

手製本ワークショップは

・中身の綴じを中心とした

「リボン背の糸かがりノート」

・表紙の構造を中心とした

「文庫本をハードカバーに改装する」

という2本立てです

 

 

 

 

・・・

午前は

リボン背の糸かがりノートづくり

 

 

折丁を重ねて綴じるため

支持体であるタテ糸にリボンを使い

ヨコ糸のかがり糸で綴じます

 

 

 

 

 

リボンは表紙に組み込むことで

中身と表紙が一体となる、という製本です

洋本の綴じの基本を知ることができ、

綴じのおもしろさも楽しいです

 

綴じることで背ができて

本が立つ、本になる、のです

 

できあがり!





 

 

 

 

 

 



・・・
午後は

文庫本をハードカバーに改装しました

 

表紙の構造を中心に手製本
工程は多いですが、
ハードカバーの表紙は
どうやって中身と合わさっているのか
自分で製本すると
よく分かります

 






できあがり

 

 

 

 

思い入れのある本の装丁をすると

より愛おしくなるようで、

今夜は抱えて寝る!という方もいました

 

本との新しい関係が増えますね

 

 

 

ご参加いただいた皆さま
古書くんぷう堂さん
ありがとうございました

 

 

 

 

 

また、開催したいです
6月ぐらいかなー




 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
やってみよう!読みやすい「組版」実習でした

 

 





今年最後の西荻窪アトリエ・ハコさん

午後は前田年昭さんを迎えて手製本特別講座

やってみよう!読みやすい組版実習、でした

 

 

手製本しません!
けれど、手製本、製本につながる
「本」のお話です
 

本の中身に書かれている文字について

文字がどう組まれているかについて

ゲスト講師の前田年昭さんと一緒に考えました





とある冊子の違和感探しからスタートし、
筆の墨継ぎや句読点の役目からの組版を考え
切って貼ってのアナログ実習です


本ができた歴史、
言葉が生まれて、文字を書いて伝えて
伝えるための決まりごと、
組むこと、そして読むこと
多くの人々がつながるために本がある
書く、組む、読む、言葉と歴史が伝わる
後世に残すためにきちんとした本にする

本の修理や手製本にも共通することで
本づくり、手製本に携わること
読者としても大切なことを
伝えていただきました

 

 

 

 

 




参加されていた方には校正のプロである
元編集長さんもいらっしゃったりして
その視点はとても気持ちよかったです

また、読者の視点からの意見交換もありました

とある本を読んだら読みやすくて震えた!など
様々な立場の皆さんと共有できました

 

 

美しい組版とは読みやすい組版である

という前田さんの言葉を噛みしめる

貴重な時間となりました
 

 

 



 


 

 

 

ゲスト講師の前田年昭さん

ご参加いただいた皆様

ありがとうございました!!







 

 

 

 

 

 

 

 

・・

組版の歴史を遡ると

読みやすい組版について深まります

前田さんからの

オススメ参考図書はこちら
 

『近代文体発生の史的研究』

山本正秀(著)岩波書店(刊)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
抜き綴じの手製本ワークショップでした

 

 

 

 

今年最後の西荻窪アトリエ・ハコさん

 

午前は糸綴じワークショップ番外編
抜き綴じの手製本ワークショップでした

 

 

 

 





手製本の基本である支持体のある糸かがりは

目引きした穴を全てを通って綴じますが

全ての穴を通らずある意味手抜きをして綴じるのが

抜き綴じです

 

 

本の修理をしながら出会った2つの抜き綴じを

参加していただいた皆さんと共有しました

 

3折まとめてだったり

2折まとめて綴じ進めるという

ごぼう抜きのような、抜け駆けのような綴じ方を

しっかり?綴じました、よ

 

支持体と綴じ糸クリスマスカラーにしたのですが

写真は撮れずでした、、

 

 

 

 

 

穴をすべて通らないとスピードアップ!

こんなに飛ばしてしまうんだ!?

やはり安定感には欠けるかも、など、

実際に綴じてみるとおもしろいですよね

 

 


 

 

ご参加いただいた皆さま

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

・・

糸綴じ、製本の綴じについては

綴じ方を知りながら歴史も知ると

おもしろいです

 

綴じを深めるために

この本がオススメです

『書物と製本術 ルリユール/綴じの文化史』

野村悠里(著)みすず書房(刊)

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 22:23 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/37PAGES | >>