home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

やってみよう!読みやすい「組版」実習でした

 

 





今年最後の西荻窪アトリエ・ハコさん

午後は前田年昭さんを迎えて手製本特別講座

やってみよう!読みやすい組版実習、でした

 

 

手製本しません!
けれど、手製本、製本につながる
「本」のお話です
 

本の中身に書かれている文字について

文字がどう組まれているかについて

ゲスト講師の前田年昭さんと一緒に考えました





とある冊子の違和感探しからスタートし、
筆の墨継ぎや句読点の役目からの組版を考え
切って貼ってのアナログ実習です


本ができた歴史、
言葉が生まれて、文字を書いて伝えて
伝えるための決まりごと、
組むこと、そして読むこと
多くの人々がつながるために本がある
書く、組む、読む、言葉と歴史が伝わる
後世に残すためにきちんとした本にする

本の修理や手製本にも共通することで
本づくり、手製本に携わること
読者としても大切なことを
伝えていただきました

 

 

 

 

 




参加されていた方には校正のプロである
元編集長さんもいらっしゃったりして
その視点はとても気持ちよかったです

また、読者の視点からの意見交換もありました

とある本を読んだら読みやすくて震えた!など
様々な立場の皆さんと共有できました

 

 

美しい組版とは読みやすい組版である

という前田さんの言葉を噛みしめる

貴重な時間となりました
 

 

 



 


 

 

 

ゲスト講師の前田年昭さん

ご参加いただいた皆様

ありがとうございました!!







 

 

 

 

 

 

 

 

・・

組版の歴史を遡ると

読みやすい組版について深まります

前田さんからの

オススメ参考図書はこちら
 

『近代文体発生の史的研究』

山本正秀(著)岩波書店(刊)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
抜き綴じの手製本ワークショップでした

 

 

 

 

今年最後の西荻窪アトリエ・ハコさん

 

午前は糸綴じワークショップ番外編
抜き綴じの手製本ワークショップでした

 

 

 

 





手製本の基本である支持体のある糸かがりは

目引きした穴を全てを通って綴じますが

全ての穴を通らずある意味手抜きをして綴じるのが

抜き綴じです

 

 

本の修理をしながら出会った2つの抜き綴じを

参加していただいた皆さんと共有しました

 

3折まとめてだったり

2折まとめて綴じ進めるという

ごぼう抜きのような、抜け駆けのような綴じ方を

しっかり?綴じました、よ

 

支持体と綴じ糸クリスマスカラーにしたのですが

写真は撮れずでした、、

 

 

 

 

 

穴をすべて通らないとスピードアップ!

こんなに飛ばしてしまうんだ!?

やはり安定感には欠けるかも、など、

実際に綴じてみるとおもしろいですよね

 

 


 

 

ご参加いただいた皆さま

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

・・

糸綴じ、製本の綴じについては

綴じ方を知りながら歴史も知ると

おもしろいです

 

綴じを深めるために

この本がオススメです

『書物と製本術 ルリユール/綴じの文化史』

野村悠里(著)みすず書房(刊)

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 22:23 | comments(0) | - | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、「はさむ、しまう、おさめる」




ブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブ、全4回(→

手製本の技術で、文房具をつくろう!
自分の手で文房具をつくり、
自分にあった文房具を考えてみる、
という、手製本クラブです



今回のテーマは

「はさむ、しまう、おさめる」

 

本をつくる時は
1、中身を綴じる
2、表紙をつくる
3、中身と表紙を合わせる
という大きな工程があります
そのうち、
2、表紙をつくる、をピックアップ!

中身がないのに、表紙だけつくったらどうなるか?
挟んで、仕舞って、収める文房具ができるわけです


 

 

 

 

 


・・・

というわけで、

1回目は紙挟み、できました



表紙は裏打ちクロスを使いましたが、
紙でもつくることができます

留め具はゴム
ゴムの留め方だけでもアレンジが広がりますし、
留め具はリボンでもボタンでも何でもありです

紙を切る、ノリを塗る、

紙と紙を貼り合わせる、など
手製本のポイントも含まれているので
はじめての方でも楽しみながら技術向上!



 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

ブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブ
テーマ「はさむ、しまう、おさめる」
2回目は、、、

和綴じのひとつ、四つ目綴じのアレンジで、
差し込みファイルをつくりました

 







​洋紙を折った中身と
裏打ちクロスでつくった表紙を綴じ合わせると、
差し込みファイルのできあがり







 

 

 

 

 



・・・3回目は
ポケットアルバムをつくりました

 


ブックなの?ブングなの?
ということで、
本の表紙のみをつくると、
はさむ、しまう、おさめる

アルバムになります

バインダー金具やクリップボード金具など
金具をつけてもいいのですが
そこは綴じて製本らしさ!を、、、
タケットバインディングという
捻じって留める綴じにて
市販のポケットファイルを綴じました

綴じる中身は、紙を折って台紙にしたり
アレンジは自由にできる仕様です










こちらは、生徒さんがつくってきたもの
2回目のチケットファイルのつくりかた復習!

ミニサイズでつくって名刺入れに!

早速つくってみたの、いいですー◎

 










・・・さて、最終回
今までの3回を踏まえて自由につくります
もちろん同じものをつくって復習もOK
事前にイメージのある方はアドバイスしています
しっかり試作をしてきて当日に臨んだりも!

 

 


さて、どんなものができるのか、、






何やら大きなものですよ




 

 

 


とんてん、穴開けも慣れてきました









 

・・

できあがり!

ボール紙、裏打ちクロス、紙という
シンプルな材料で、こんなに幅広く?

できあがります、ブングたち

 

 

 

 


・A4サイズアルバム
大きな魚のクロスを活かしたいので
アルバムの復習でサイズを大きくして








・内ポケット付き紙ばさみ
紙ばさみの復習で、ポケット付き









・手帳カバー
紙ばさみを応用し手帳カバー
より安定感のある挟みを下部に付けて
自分の使う手帳がぴったりと収まるサイズで

 

 





 

 



・畳める眼鏡ケース
市販されている眼鏡ケースを見て、
これはつくることができるかも?
と思ってしまった、とのこと
そう、できちゃいます◎
展開図や試作をして下準備もしっかりで、いざ!

 

 








・ポケットアルバム
3回目をお休みされたお二人は振替参加でした
久々の制作!楽しんでいただけたようです

 

※お休みした場合はできる限り振替します
ということで、4回目はまた来年にでも





 


・・
ブックなの?ブングなの?
手製本の技術で文房具をつくるというシリーズです
基本の構造とアレンジ、
自分で考えてつくってみる・・
文房具は自分好みのこだわりで、

使い勝手の良いもの

ということを求めている方も多いかと

 

これができればこれも?
という皆さんの頭の中が出てくる最終回は
私も楽しませていただいています

手を動かしてつくってみると
なるほど!という気づきもあったり
意外なことを思いついたり、できます
自分の手でつくることができるように
自分の使いたいものをつくることができるように
ぜひ、手製本、続けてみてください
ご参加ありがとうございました◎


2020年のブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブは「ハコ」です
前期は満席となっていますが(→
後期も予定しています
キャンセル待ちも受付中です






 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フィンランド三角豆本をつくる手製本ワークショップでした





 



ランミンヨウル2019にて、
フィンランド三角豆本ワークショップでした

 

三角の形の豆本を2冊づつ製本しました





表紙を開いて2つ並べると星のかたちになる
クリスマススターパイ、ヨウルトルットウの豆本
中身はヨウルトルットウのつくり方を簡潔に


ヨウルトルットウは

パイシートとプルーンジャムがあれば

誰でも簡単につくることができそう

パイ生地とジャムを手作りしたら

もっともっと美味しいでしょうけれど・・








▲▼手製本ポイントは
中綴じ、三角の角のくるみ、
背表紙がないハードカバー仕立て、でした

シンプルな変形製本なので、

お菓子感覚でつくることができます◎

 














・・・

参加していただいた方、

会いにきていただいた

つもの方、

はじめてだけどああ!というような方
思いがけないお!という方にもお会いできました

ランミンヨウルと

近所のひるねこBOOKSさんのおかげです
(ひるねこBOOKSさんは目と鼻の先にあります)



 

 


ありがとうございました


 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2020年の手帳をつくろう、革装と箔押しの手製本でした

 

 

 




やっと?寒くなってきました
冬になると準備したいのが、手帳です
手製本をはじめるきっかけに
はじめている人はせっかくなら
手帳の改装、やってみましょう





・・

自分好みにというのもひとつ
そして使い倒すのであれば、
布装や革装で丈夫に仕立てたいところ

今回は、継ぎ革表紙で
革の良さと、紙の合わせを楽しみました










手製本ポイントは
1mm厚表紙、角丸、背表紙なし
革装、継ぎ表紙、メスの扱い方、です

それから、箔押し
活字ホルダーと箔フィルムで
ぐいっと押してみました

メスの扱いについては
初めは、むむむ・・となります
何回かやっているとすんなりできるのですが
その、むむむ・・をまずは体験です

できあがった革の手触りの良さや
使い続けて味が出てくるのがわかると
また革のチャレンジしてみよう!
と、なるはず◎





・・・
手帳は持ち込みなので、サイズはいろいろ
できあがりです








・・
番外編
こちらも同じ内容です
プライベートレッスン







 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 








 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201911 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

 

 






2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

 


手製本の基礎が終了した方を中心に

製本したいもの

修理したいもの

アートブックなど、

つくりたいものを自由に手製本します


 

 

 


・・

 


着々と進めていた修理本が完成したり、

手帳づくりに取りかかったり

試作した製本の調整をしたり

夫婦箱をつくったり、花布を編んだり、

などなど、など


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→



 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2019 本の修理と手製本 綴じの種類と表紙の構造全8回でした

 





2019 本の修理と手製本講座
綴じの種類と表紙の構造、全8回
終了しました


8月-11月の4か月にかけ
本の構造やしくみを知り
実際に手を動かし製本してみることで
本の修理と手製本につなげよう
という内容でした
8つの綴じと、8つの表紙で
8冊の手製本をつくりました






・・
1-2回目

紙の性質、本の構造、接着剤のことなど
基本事項からスタート
破れたページの和紙での補修や
無線綴じ、あじろ綴じ、平綴じ、
中綴じ、折丁の多い綴じ、5つ綴じました







 


この日は取材がありました
カメラマン兼ライターの沼尻さんが撮影中

作品というには恥ずかしいけれど、
いつもは持ち歩かない
ワークショップでつくる製本とはまた別の
手製本を見ていただきました
へええ?おもしろい!
と感想がいただけたりで嬉しかったです
取材の記事はこちら→









 

 


・・

3‐4回目
 

 

前回に綴じた中身、

無線綴じ、あじろ綴じ、平綴じ、

中綴じ、折丁の多い糸綴じ

この5つの綴じに

それぞれ異なる表紙を合わせました


ソフトカバー、ハードカバー、

見返しや寒冷紗や花布がどうなっているか

背にクータがあるかないか、表紙のくるみ方など、

1つ1つ確認しつつ自分の手で製本してみることで

本の修理や手製本に向けて基本を固めます



つくってみることも大切ですが
よく見ること、観察することも同じように大切
私も、なあんにも見えてないですよね、、、
と思われる行動をしていることがありますが
本に関してはよく見たい、見ようという気持ちです
気持ち、というかそれが好きだし面白いし、
修理にもつながるし新しい本との出会いもあるし
おもしろいです、皆さんもぜひ

 






 

 

 

・・

5‐6回目
 

 

1-4回で5種の綴じと表紙をつくりました
後半の5-8回はさらにレベルアップ

基本の糸かがり、支持体有無、
そして丸背上製本、丸背地券装、
1mm厚ハードカバーとして3冊仕上げます
今日は綴じ綴じ綴じ、綴じ3つ

そのほか、濡れた本はどうするか、
ページが外れた場合など、修理の場面を考えて
製本ができる!ようになれば、
どんな壊れ方でも慌てずに対応できます

 






 

 

 

・・
7-8回目

前回綴じた3つの中身に表紙を合わせました
1mm表紙上製本、丸背地券装、
丸背上製本コーネル装、3冊

本の修理と手製本
綴じの種類と表紙の構造、
全8回で、8冊つくり
8つの綴じと8つの表紙を手製本しました


これが手製本の全てではないけれど、
基本をぎゅっと詰め込んだ内容です
本の構造や仕組みを知って製本して、
本の修理と手製本に必ずつながます

必ず、というのは言い過ぎなのかもしれません
ただ、すべてではないにせよ
ゼロだったところに小数点がついただけでも◎
あとは続けることと復習もぜひ
せっかくの手の動きを忘れないためにも

 

 











 

 

 

2020年度の本の修理と手製本講座

年はじめからは、

1冊の本と向き合い解体して組み立て直す

角背の改装本、はじまります(→


 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ





本になっちゃいけないものなんて
ないんじゃないかしら?
ヨンネ手製本クラブ、はじまりました

テーマは
「本になるために背をつくる」全4回
(→



・・1回目


紙を折って、綴じて、背をつくる
紙を折るまでは、まだ折った紙
これを綴って背をつくることで本らしく・・

本の要、本の柱、それは「背」です

 

背をつくる綴じ方はいろいろ

糸、ノリ、紙で綴じる


そのうち、糸で綴じるから、
中綴じ、平綴じ、糸かがりの基本を

お伝えしました






 

 

 

 

 

・・2回目


1回目に糸かがりした中身、

綴じたことで背はできていますが

背表紙もつけてあげましょう

 

中身の背に、のり、寒冷紗、

クータをつけて背固め

花布と栞紐も

 

表紙が合わさり、しっかりした背に

角背上製本のできあがりです

 


ひとくちに表紙と言ってもさまざまです

角背、丸背、並製本、上製本、くるみ表紙、

継ぎ表紙、コーネル装、ドイツ装、

スイス装などなど、

素材については、革、布、紙、アクリル、木材、

もっともっと、

組み合わせですごーく広がります

 

何を伝えたいのか、何をつくりたいのか、

コンテンツや目的に合わせ

綴じて背をつくり、本にします

 

 

 

 

 



・・3回目

今までの2回を踏まえて
綴じて、背をつくる
とにかく手を動かしてやってみる
試作してイメージしてきたり
試作してなくてもこの場所で考えて
相談しながら、、

背をつくるとは、綴じるとは?
ひとつの綴じ方だけでも
紙の折り方に変化をつければ
中身の工夫ができます










 

 

 




こちらは、試作してきたもの
ポケットアルバムをつくりたい、ということで
アルバム製本は、中身に貼ったり収めたりして

小口が膨らむことを考慮し、

あらかじめ背に厚みをつくります
背だけ折りを増やすイメージです




紙を折って綴じて、本の中身の背ができました
次回は、表紙をつくって合わせます

 

 

 








 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201910 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

 


手製本の基礎が終了した方を中心に

製本したいもの

修理したいもの

アートブックなど、

つくりたいものを自由に手製本します


 



・・


綴じ終わって丸み出し、表紙の裏打ちなど



 





玄のうとバッケ板を使って、丸み出しと耳出し
基本の丸背の仕組みを理解すれば
ボール紙やヘラなどを使って簡易的に
丸み出し、耳出しすることもできます









手製本の様々な工程ひとつひとつは
どれも好きなものだけれど、
丸み出しは、本当に楽しい

真っ直ぐ平らだった背が
トンテングイッと丸くなる過程は
フフフと微笑む感じ






 

 

 

 

 


・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
くらしずく2019で手製本ワークショップでした




緊張感のある台風一過でした
いろんなはじめてのことがありました
自然には抗えないけれど
自然と人間がどう生きているのか
ぐるぐる頭をめぐっています

できること、できないこと、やってみること
目に入ってくるもの、見えないたくさんのこと
被災されたすべての人たちが
一日も早くいつもの日常を取り戻せますように


 

 

 



・・・・
さて、私個人としては
台風直撃前日11日のレッスンお休み
直撃12日の講座もお休み、
13日のくらしずくは中止でした
そして、14日のくらしずくは開催決定とのことで!
それは行かねば!行ってきました

会場は九十九里の菅原工芸硝子敷地内です

めちゃめちゃいい空気です
 












ワークショップ会場
友禅染、草木染め、箒づくり、なども










・・・
午前は御朱印帳づくり
折本です

紙を折って、重ねて、ノリで綴じて、
表紙をつけたら、完成◎















 



・・・
午後は文庫本をハードカバーに

改装したい文庫本の中身に
見返し、寒冷紗、栞紐、花布、クータをつけ
表紙は裏打ちクロスでくるみ、
中身を表紙を合わせて、完成◎






















今、この場所だからこそお会いできた方々に感謝です

くらしずく実行委員やスタッフの皆さま、
ご参加いただいた皆さま、
本当に本当にありがとうございました!
 

 

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/36PAGES | >>