top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
本をつくる×たのしむ本展 at K3factory(奈良)





展示のお知らせです

奈良のギャラリー
k3factoryさんにお声かけいただき
今までの作品を展示します
10人の作家さんたちの
本の作品を手に取ることができます
お近くの方は、ぜひ◎

■本をつくる×たのしむ本展

3/3 (土)〜4/1 (日)
11時〜17時
営業日(木・金・土・日)

k3factory &gallery
instagram→
facebook→



展示している作品については
HPのgalleryに掲載しているものいないもの、あります
gallery→(2015年以降の作品が未掲載です・・)

改めて写真を撮ったので
かんたんに紹介します
この他にも展示している本があります
手製本ノートや『はじめて手でつくる本』の
販売もあります





・・・・


『源氏物語殺人事件』
半革装改装本、スリップケース付
もともとあじろ綴じだった本を解体し
折丁の背を和紙で補修し本かがりをしました
いわゆる改装本です
個人的には2色の革が背の部分で継いだところがポイント











『幻想虫豆本』
今日はどの虫の気分かな?
と思いながらひとつ虫豆本を取り
その中の言葉(あまり意味がないけれど)を読む
という、虫豆本の標本











『はじめてのおつかいの思い出』
絵本、林明子『はじめてのおつかい』の思い出から制作
お話を知っていると、この本の構造の趣旨が
わかってもらえるのかな、、、と思います









詞集『てがみうた』
word:ululu
革装、夫婦箱付
手紙のようにパタパタと折丁が開きます








詞集『てがみうた』
word:ululu photography:yonne
封筒を綴じた本
歌詞を印刷したポストカードと紙ものが封筒の中に入っています
フィルムで写真を撮っていた時で、写真も貼ってあります

 

 




手製本をはじめたばかりの頃の作品もあります
造りは荒いところもありますが
紙を綴じること
素材をどうするか
何をまとめたいのか
構造をどのように見せるか、など
手製本の楽しさや広がりを
感じていただけたら幸いです






・・・
 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

 

 

| その他のお知らせ | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『はじめて手でつくる本』台湾版

 

 

 

『はじめて手でつくる本』の台湾版

発売されました◎(→





読めない漢字の並びを追ってみると
アコーディオンアルバム→手風琴相簿
トラベラーズノート→旅人筆記本
針穴→針眼
紙の目→絲流方向、などなど
​おもしろいです






台湾のお知り合いで手製本に興味がある方が
いらっしゃいましたら(すごく限定的ですけど、、)
お知らせしていただくと嬉しいです







・・・
ちなみに、3月に台湾旅をしたので
訪ねた書店などについて
少しアップしたいと思います

美味しいものや面白いものが多くて
写真たっくさんなのですが
省いたものも多く・・厳選?です





・・・
まずは
書店、古書店から



・誠品書店敦南店(→
24時間営業の新刊書店
台湾、いや、アジア最大の書店と言われる
本店にも行きたかったけど、残念ながら・・

立ち読みし放題という感じで
床に座り込んで読み込む人多数、印象的でした
写真は夜の23時頃・・賑わってる!






・茉莉二手書店(→
二手・・ということで古書店ですが
新刊屋さんのようにピッカピカで洒落てます
オールジャンル、しっかり揃っていました
大学の近くで若者わさわさ!








・Bookstore1920s(→
問屋街の中心あたり、レトロな建物の1階
文学や歴史、写真集など、
日本の訳本も多かったです


この建物の1階

 

 

 

 

 





・行冊walkingbook(→
人気があまりない、裏道?というほどでもないけれど
ボロボロの建物の間を歩いて行くと・・
ひっそりと隠れるように、ありました、行冊さん
(ロゴが好きです、ぜひリンク先を見てみてください)

1階Living room
2階Dinig room
3階Reading room

本屋さんではなかったです
3階に、4時間200元で入店しました
Zineや写真集があり、自由に読むことができます
お水は無料、その他ドリンクは有料

定員のお兄さんも綺麗どころ揃ってるし
すっきりしたデザインなので
居心地悪い・・?と思いきや
誰も居ないので、のんびりできました
洒落た秘密基地です

3階から見える街並み・・↓








・偵探書屋Muder Ink(→
ここも本屋さんではなかった!
古家具とミステリーアイテムがレイアウトされた
ミステリー好きのための会員制のブックカフェ

 

 

 



 


・田園城市風格書店(→

セレクトショップのような趣き・・

zineや小説、雑貨や古本、日本の雑誌など

店内には社長の古本屋というスペースもあり

地下はギャラリーになっていました







・日星鑄字行 Ri Xing Type Foundry(→
書店ではないですが、活字屋さんと
レタープレスの雑貨屋さんが向かいあっているお店
活字屋では、活字を選んで組んで、判子にしてくれるそうです

 







以上
本まわりの台湾でした







・・・
その他、街中など


有記名茶

 

 

 

 

 






・・・
寧夏観光夜市




牡蠣オムレツ



くだもの・・




くだもの、くだもの!

 

 

 

 





・・・
彩虹村

 

 

 

 

 

 

 

 






・・・
ここは、台中



紙漉き体験


 



 




 

 








 

 






・・・
紹興酒のゆるキャラ








・・・
仇份

熱海、江ノ島、原宿など
ごっちゃ混ぜにしたような観光地





 

 

 

 

 

 

 






 






 

 

 



 

 

 

 

 

 






・・
どっさり、しいたけ
迪化老街




かわいい屋台
とにかく屋台が、たっくさん



何事もカラフル





そして
スクーター天国




 

 

 

 






以上。おわり、です
また行ってみたいけれど
他にも行きたいところはある・・





 

 

 

| その他のお知らせ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/17(日)栞になる大福メモ帳の手製本ワークショップ at kuutamoマルシェ


7月のイベント参加のお知らせです



西武池袋線、中村橋にあるカフェ
kuutamoさん(→)にて
7/17(日)、18(月・祝)の2日間
作家さんの展示や販売、ワークショップがあったり
お茶やビールも飲んだり・・
というマルシェが開催されます


17日(日)の1日のみですが
私ものんびりと参加させていただくことになりました
かんたんな手製本ワークショップを、やります
ワンコイン◎で随時参加できる、というものです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 7/17(日)kuutamoマルシェ 
 栞になる大福メモ帳の手製本ワークショップ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大福帳という冊子のようなものを
なんとなく知っているという方も多いと思います
江戸や明治時代に使われていた帳簿なのですが
綴じ方がとてもシンプルで、ノリも使わず
紙と糸があれば、大福帳をつくることができます

そんな大福帳の綴じ方で
栞になる大福メモ帳をつくります



日時:7月17日(日) 
   11:00〜18:00

所用時間:10分〜15分ほど 
     オープン中、いつでも参加可能

参加費:500円/1冊

場所:kuutamoさん(→

        東京都練馬区中村北3丁目20−6

・・・・・・・・・・・・・・・・・





洋紙や和紙など
紙の種類もいろいろ揃える予定です






そのまま本に挟むこともできますし
メモを書き込みしたり
ちぎって栞を増やしたり・・
メモ帳がメインというか、栞の束のようなイメージです



  
kuutamoさんは
西武池袋線、中村橋の駅から3分ほどです
中央線の阿佐ヶ谷駅からバスも出ています

オープン中、いつでも参加可能です
ぜひぜひ、遊びに来て下さい
※混雑する場合にはお待ちいただくこともあります










 
| その他のお知らせ | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
神保町いちのいち、豆本コーナー



本の街といえば、神保町!

千代田区神田神保町1-1には
三省堂書店さんがあります
その1階には、雑貨店
神保町いちのいち(→)さん
(いちのいち、って、住所なんですね・・!)


とある豆本作家さんのご紹介のおかげで
神保町いちのいちさんで
豆本を取り扱っていただけることになりました
ありがとうございます

ヨンネ豆文庫と、雑貨豆本(3種)です
4/28より販売されるとのこと





・・・
以下、納品したものです



・ヨンネ豆文庫
『きのこ会議』夢野久作
『ありときのこ』宮沢賢治
『ねことおしるこ』小川未明
『おちゃの湯満腹談』夢野久作
『三角と四角』巌谷小波
『キャラメルと飴玉』夢野久作
『サラダの謎』中谷宇吉郎
『ばかな汽車』豊島与志雄
『川へおちた玉ねぎさん』村山籌子
『堀切橋の怪異』田中貢太郎





ヨンネ豆文庫とは(→
1冊で読み切ることができる
かわいくて、シュールで、ほんわかして、はっとする
小さな本の、小さなページの中に
ぐうっ、とワープできるなようなお話を
ピックアップして、豆本にまとめています
中綴じ、ハードカバー、イラストほんの少し









・フィンランドのことわざ豆本
「クリスマスには夜中に食べてもいい」など
フィンランドのことわざを、フィンランド語で遊んだ豆本です





中綴じ、継ぎ表紙ハードカバー、フィンランド語(別紙訳付き)










・革装豆本ネックレス
革装の豆本にヒモをつけて、ネックレスにしました
糸綴じ、本文無地ノートタイプ、革表紙

本文は無地ですので、好きな言葉を書き込んでも◎









・切手を収める豆本
トレーシングペーパーの本文で、ポケットがあるので
切手を収めることができます(1ページ、1枚)

美しい切手、印刷のかっこいい切手
いろいろ収めて、愛でましょう



平綴じ、布装ハードカバー、ゴム付き




※すべての豆本について
在庫数が少ないものもありますので、売り切れの際にはご容赦ください





・・・・・

神保町いちのいちさんを訪ねると
店員さんから声をかけられることがあります

ギフトを探しているのか、日用品かなど
商品を丁寧に説明してくれるので
気づかなかったものに出会えることがあります

豆本コーナーには、20名の豆本作家さんの作品が並ぶそうです
そんなコーナーに参加させていただき、恐縮ですが
本屋さんとつながる場所で手に取っていただけるのは嬉しいです

ぜひ、足を運んでみてください









 
| その他のお知らせ | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊



【お知らせ】
手製本の本が、できました


はじめて手でつくる本 』
ヨンネ著 エクスナレッジ刊


で、そうはいってもどういった内容なの?
本屋さんに行かないと立ち読みもできないし
小さな本屋さんには置いていないかも・・

というわけで
本の中をちょっとだけ紹介します

また、本に載せたものは
今まで手製本講座でやったことがあるものです
その講座の様子(★マーク)もあわせてご覧ください



・・・・・・・・・・・・・・
Chapter1 きほんの本づくり

*一折中綴じの本

紙と糸だけでつくる本です  小冊子、zineなどに◎
基本の一折中綴じのほか、綴じの模様が楽しめるものを載せました
講座の様子



*和綴じの本

本の構造がわかりやすい、綴じの文様が魅力の和綴じの本です
表紙の和紙は、高円寺のハチマクラさんで購入したもの
講座の様子



*一折ハードカバーの本

中綴じした本文にハードカバーをつけてます
絵本などページの少ない本などに◎
表紙の芯材の計算、のりボンドが登場し、基本ポイントいろいろ
講座の様子



*複数折ハードカバーの本

折丁が多くなると、中綴じとは別の綴じ方になります
厚みもでて、より本らしく◎ 角背の製本です
平面の紙が立体的な本になっていく過程が楽しいです
講座の様子



*リボン背の本

複数折の綴じの応用、リボンリンプ製本のアレンジともいえます
リボンを軸にして折丁を綴じまとめて
手製本ならではの、本のかたちをつくります
背表紙がないので、折丁の重なる本の構造がよくわかります
講座の様子





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chapter 2 表紙をかえてオリジナルをつくる

*文庫本の改装


ハードカバーの表紙のつくり方をマスターしたら
これもできちゃいますよ
花布、スピン、見返し、素材の組み合わせも自由自在
講座の様子



*手帳の改装

市販の手帳、いいのがないな?と思っている方
外側だけの問題だったら、中身がいいものを見つけてみましょう
ポケットつけたり、好きな布を表紙にして、オリジナルに改装します
写真の布は、西荻窪のデビッド&ジョナサンさんのご協力をいただきました
シルクスクリーンでTシャツをつくっているかっこいいお店です
講座の様子





・・・・・・・・・・・・・・
Chapter 3 思い出を綴じる

*アルバム


ノートにいろいろなものを貼ると、膨らんでしまいますよね
そうならないように
背の厚みを小口よりも大きくして綴じるアルバム製本です
講座の様子



*アコーディオンアルバム

糊でつなげる蛇腹の製本です
糸で綴じずにつくることができるので、挑戦しやすいと思います
窓をつけたり、ヒモをつけるのも、ボール紙を扱う練習に◎
講座の様子



*トラベラーズノート

二折のものを綴じる、フランス装のアレンジ、などが製本ポイント
旅のおともに持参しても良し、
旅から戻って思い出を綴じても良し、です
講座の様子→





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chapter 4 本づくりのテクニックで小物をつくる

*夫婦箱の名刺入れ


夫婦箱は、本をいれるための箱
本のサイズを測って、ぴったりの箱を・・
となると、ちょっと大変なので、名刺サイズに決めてしまいました
小箱としてつくりながら、夫婦箱のことを知っていただけたら・・
講座の様子→




*切手入れ豆本

切手をいれる豆本、かわいいだけではありません
平綴じした本文にハードカバーの表紙をあわせるつくり方です
糸綴じが難しいかも、と思ったら、これをつくってみて下さい
講座の様子→



*革装豆本のアクセサリー

革に挑戦したいという方、まずは豆本からつくってみてはどうでしょう
本文は糸でかがって、しっかり開くことができるように
ヒモをつければネックレスにもなって◎
講座の様子→




2017/07 追記(→
2017年6月に台湾版が発売されました
手製本に熱い!?のか
気になって台湾旅など



・・・・・
その他、今までの手製本講座の様子は
こちら→をご覧ください










 
| その他のお知らせ | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2/16(火)-27(土)小さな古本市 at 神楽坂temameさん



2月は、神楽坂にて
レラドビブリオテックという本のイベントがあります
2016年2月13日(土)〜21日(日)(→


小道が気になる神楽坂で
本に関する展示や販売があります

散歩しながら神楽坂を発見できるイベントです

それに合わせて
神楽坂のギャラリーカフェtemameさん(→)では
「本の時間、お菓子の時間」展が開かれます
2/16(火)〜2/27(土)※日曜定休


手作り作家さんの
本をテーマにした作品販売に加えて

mondobooksをはじめとする
一箱古本市の精鋭!が集まって

「小さな古本市」も開催します

お茶とお菓子を横に
のんびり読むことができるような

散歩と同じように知らない風景に出会ったり
寄り道の楽しさを味わえるような

いろんな古本が並びます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 小さな古本市 at 神楽坂temameさん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*モンガ堂 
    西荻窪のやさしい古本屋、モンガさん(HP→


*やまがら文庫
   一箱系古本乙女部門代表、やまがらさん(blog→
               

*BookRobbin
 本にかかわるデザインがしごとの、ロビンさん(blog→

*暢気文庫
 蔵書をいろいろ放出予定!出版社勤務の、暢気さん(twitter→


*文庫善哉
 極私的古本売り!善哉さん(twitter→


*ベランダ本棚
 のんびりできるベランダのような本棚、ベランダさん(HP→


*レインボーブックス
 一箱古本市ではおなじみの、虹男さん(twitter→


*mondobooks
 ゆるりと古本活動をしています、モンド部古本科


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






本を読んで、思いや風景を巡らし
歩きながら、さらにその奥の道へ・・
ぜひ、本の街散策、してみてください




・・・・・・・・・・
展示開催中の2/24(水)には
文庫本をハードカバーに改装する製本講座をやります
詳細は→をご覧ください










 
| その他のお知らせ | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『はじめて手でつくる本』 エクスナレッジ刊 12/17発売


【お知らせ】です
いままでの手製本講座が、本になりました◎



『はじめて手でつくる本』12/17発売です

ヨンネ著
エクスナレッジ刊
ISBN 978-4767821047
定価 1728円(税込み)




・・・・・・・
紙と糸で綴じる本からはじまり、
構造がわかりやすい伝統的な和綴じや
芯紙と裏打ち布、のりボンドなど
材料が増えるハードカバー、
文庫本の改装、アルバムから豆本まで
糸で綴って思いを綴る本をテーマにし
手製本を楽しむことができるカタチを
集めてみました


のりボンドのつくり方
裏打ち布のつくり方、紙の目のことなど
はじめて手製本に取り組む方にも
わかりやすいように、写真豊富な構成です









・・・・・・・・
2011年の7月が最初だったと思うのですが
人が集まるかなあ、というゼロの状態で
西荻窪モイスェンさん2階への階段をあがりました

それがスタートとなり
モイスェンさん、アトリエハコさん、図書館、カフェ、古本屋さんなど
いろんな場所で講座を続けることができています
それは、手製本に興味を持ち、講座に参加していただいている
参加者のみなさんのおかげです
いつも、ありがとうございます




そうして手製本の講座を続けていたところ
思いもかけず、本の出版のお話をいただきました
うーん、手製本の良書はすでに出ているし・・
と少し悩みましたが

家庭でつくる料理のような、手製本の本
そんな本になればいいなあと
と前向きになり、取り組んでみることにしました
きっかけを与えてくれた
編集の方には本当に感謝しています




たくさんの方にお礼を伝えたいのですが
兎にも角にも
この本を手にとって、作ってみたい!という思いが湧き
手で綴って本にするという手製本の楽しさを感じて
自分で綴った新しい本との出会いになれば、嬉しいです


自分の手と口で伝えることができる講座とは異なり
本によってどのように手製本が伝わるのか、不安もあります
ご意見、ご感想、良い点、悪い点
お聞かせください mail   
info@yon-ne.com





・・・・・・・・
はじめて手でつくる本 』
ヨンネ著  エクスナレッジ刊

リンク先、密林さんにしてありますが・・・
本屋さんでお求めいただけると嬉しいです
小さい本屋さんには置いていない可能性あります
お手数ですが注文してみてください

まずは読んでみたい、という方は
図書館へリクエストもいいかと思います

直接に私から購入したい、という方は
ご相談ください
講座の際にお渡しできると思います


どうぞよろしくお願い致します

2015年12月   ヨンネ
 mail   info@yon-ne.com
      



・・・・
*本の内容について・・
糸で綴じる製本を中心にして

基本的なものと、応用のみ、と
そんなかんじの構成になっています


*きほんの本づくり
一折中綴じの本(紙と糸だけで綴じる製本)
和綴じの本(伝統的な和綴じ)
一折ハードカバーの本(ハードカバーの基本)
複数折ハードカバーの本(ページが多い本)
リボン背の本(複数折の応用)

*表紙をかえてオリジナルをつくる
文庫本の改装(ハードカバーの基本を活かして)
手帳の改装(ソフトカバーの軽い表紙)

*思い出を綴じる
アルバム(複数折の応用、アルバム製本)
アコーディオンアルバム(糸綴じでない蛇腹の製本)
トラベラーズノート(紙と糸で綴じる応用編)

*本づくりのテクニックで小物をつくる
夫婦箱の名刺入れ(函づくり)
切手入れ豆本(平綴じをハードカバーに)
革装豆本のアクセサリー(革を使った豆本)


*さらに詳しい内容は
こちら→をご覧ください


















 
| その他のお知らせ | 08:47 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
12/9-12/27 高円寺ハチマクラさん企画『紙を使う・紙と遊ぶvol.1』に参加します


製本といえば
紙をよく使います

紙を折って、綴って
布と革とを組み合わせたり・・・ですよね
手製本教室でも、紙を好きな方が多く、
紙の話は尽きません

紙好きな方にぜひ、というお知らせです


柄のある紙を用意する時
どこで買っているものが多いかというと・・・
高円寺のハチマクラさん!です
(その他は、竹尾、紙の温度など)

ハチマクラさんは
柄ではなく、無地の紙も、多く揃っていますし
デッドストックの紙ものや、海外の紙ものなど
小さな店内にずっと居座りたくなってしまうようなお店


そんなハチマクラさんで、こんな展示があります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 紙を使う・紙と遊ぶvol.1 テーマ「贈る」
 12/9(水)ー12/27(日)→

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、DMです
荷札のDMなんて・・・!
楽しいです


展示については
以下、ハチマクラさんから抜粋です

*************
『紙を使う・紙と遊ぶ vol.1』
日程:2015年12月9日(水)〜27(日)
テーマ「贈る」

時間:13:00-21:00(日曜は20時まで)
月・火休み
場所:ハチマクラ店内
協力:Wiggieカンパニー(図案家)
洋傘パン店(ラッピングと焼菓子販売)
雑貨製作所 キボリコキボリオ
happ(w)rapp(メデタイもの作家)
Kuff Luff(紙モノ作家)
ヨンネ(古本と手製本)
※順不同

「紙の使い方がわからない」という
お客さまの声から発想した企画です。

いつも紙にまみれてるので、
「使い方がわからない」という言葉に驚きました。
包んだり、ブックカバーにしたり、箱に貼ったり、
袋に、栞に、手紙に、…と使い方はいろいろ。
日常的な作家さんとのやりとりでも、
ハッとさせられる使い方を見せてもらえます。

ならば、日頃から紙を使い慣れてる方々に、
楽しい紙の使い方を教えてもらいましょう〜、
という企画。

シリーズ第一弾は「贈る」がテーマです。
*******************



紙使いがとても上手な方ばかりの名前が並んでいて
私が名を連ねるのは恐縮なのですが
製本は紙を使うから、、、ということで
参加させていただくことになりました
ありがとうございます!

また、期間中の12/17、手製本の本である
『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 エクスナレッジ刊 
が、発売されますので
(初耳という方、情報アップ、しばらくお待ちください)
ハチマクラさんにも置いていただきます


ぜひぜひ、みなさま足をお運び下さい
ハチマクラさん、リンク


プレゼントそのものも見つかるでしょうし
包んだものにちょっと添えるようなナニカ
贈り方の参考になるようなアイデアなど
いろんなモノが見つかることと思います











 
| その他のお知らせ | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
mondobooks2days again! at Maeuschen in Chasanpo



6月6日(土)
6月7日(日)
西荻窪で、チャサンポー(→)でした


それに合わせて
mondobooks(ヨンネ含む4人組の古本ユニット)は
古本と雑貨市を開きました

場所は、いつも製本講座でお世話になっている
焼き菓子モイスェンさん

そして、今回は特別ゲストで
古本部門として文庫善哉さんと
雑貨部門として湊商会さんをお迎えしました、よ



金曜日の夜、搬入




雑貨も古本も、揃いました








6月6日(土)
この日は、私はまるみずレッスンデーだったので
参加できず、モンドメンバー2名と湊商会さんがお店番






この狭い階段を登って・・





どーん、と
これは、6月7日(日)の写真
こけしとマトちゃん、減ってますね






この日は、私と文庫善哉さんがお店番
オープン30分前に、急きょ善哉さんにDJをお願いすることに

・・・突然にも関わらず
プレイヤーとレコードたくさん持ってきていただきました
ありがとうございます!


レコードの音がモイスェンさんの2階で響く中
西荻にお住まいの方、遠方からの方、
古本つながりの方、湊商会さんのファン
文庫善哉さんのファン、そして製本の生徒さん
などなど、たくさんの方に来て頂きました





西荻の最北端にあるモンガ堂さん(→)は
限定チロルチョコを届けてくれました





お客さんの波はあるのですが
あまり途切れることがなく・・・
と、奇跡的に!
10分ほど誰もいなくなった時間に
古ツアさん(→)がいらっしゃいました
一昨年のmondobooks2daysにも来て頂いたしで(→
嬉しいです!ありがとうございます








そんなこんなでバタバタしていたら
アッと言う間に、おわりました








終了後・・・
大好きな音羽館が15周年ということで
15%セールをやっている!
ということを聞き、それは行きたい!
荷物がらがら行ってみました







買ったもの

レジ前にあった蔵書大福帳
大福帳の綴じ方、シンプルで好きです







 
| その他のお知らせ | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
**5月のお休みのお知らせ**




本の修理、製本依頼、製本講座について
お問い合せ、お申し込みをくださる方へ



お休みを2週間ほどいただきます
5/10(日)〜5/23(土)までのあいだ
お問い合せメールの返信が遅れる可能性があります
ご了承ください


5/9(土)までにいただいたメールには
5/10中に返信致します。

5/24(日)を過ぎても返信がない場合には
お手数ですが、改めてメールをいただけると助かります



どうぞよろしくお願い致します










 
| その他のお知らせ | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>