top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

     

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲
ARCHIVES
2018年 本の修理と手製本 基礎4(修理実践や丸背改装本etc)




2018年
手製本基礎講座4のお知らせです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本の修理と手製本
 修理実践や丸背改装本2018
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


手製本基礎講座1〜3を終了した方が対象となります
(参照→

日程:2018年度
   5/27(日) 10:30〜13:00
   6/24(日) 10:30〜13:00
   8/26(日) 10:30〜13:00
   10/28(日) 10:30〜13:00
   11/25(日) 10:30〜13:00

※場合によっては14:30〜17:00
という午後の回あり、要相談にて

受講料:¥15000/3回
    ¥24000/5回
    ¥45000/10回

※材料など持ち込みの場合あり
※基礎4を受講される方は
その他の単発講座の参加費が500円引きとなります

 


会場:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

・・・・・・・・・・・・


基礎講座4ということで
基礎という名ですが、応用編になります
1〜3を終えた方のステップアップとして
自由にやりたいことができる内容です

直したい本を直したり(修理実践)
改装したい本を丸背の革装に改装したり(丸背改装本)
今までの復習をしてみたり
つくりたいものを相談しながら
ひとりひとりに対応します


つくりたいもの、個人のペースなどによって
レッスン回数が異なります
自宅でできることは
作業を宿題にすることもあります


上記日程の中で毎回でも、時々でも

という自由なペースで進めます

2019年度もも予定しています




本の修理実践






丸背改装本、半革装、スリップケース付


 

 



 


お申し込み・お問い合わせは
→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座4」とし
お名前、ご連絡先

手製本したい内容を簡単に明記の上

メールでお申し込みください
info@yon-ne.com

 


 

 

 

・・・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年 本の修理と手製本 基礎2(ドイツ装の改装本)4月〜6月


 

 

2018年度の
手製本基礎講座2のお知らせです


こちらの講座は
手製本基礎講座1(→)を終了した方向けです


************************
 本の修理とドイツ装の製本(全6回講座)
************************

日程:2018年4月28日(土)
         5月26日(土)
         6月23日(土)
              10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)
        

 

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様
 

講座の様子4月28日→

 

持ち物:初回に、本を1冊持ってきていただきます
   (ggg Books 世界のグラフィックデザインシリーズ)
   詳細は、お申し込みいただいた方にメールでご連絡します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています




・・・・・・・・・・・・・
この講座は、手製本基礎講座1にて
本の構造と、手製本、本の修理
本かがり、布の裏打ちなど
本を解体して組み立て直すことを

学んでいただいた方を対象としています


手製本基礎講座1との相違点
・表紙の再生(紙の裏打ち、基礎1では布の裏打ち)
・一本針かがり(基礎1では、支持体のある本かがり)
・ドイツ装(本は表紙のミゾや背が壊れやすいため
     ドイツ装の方法で表紙を組み立て直します)
・夫婦箱(基礎1では、スリップケース)

内容:本の修理とドイツ装の製本
vol.1 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.2 目引き、表紙の再生(紙の裏打ち)
vol.3 一本針かがり、背固め、背の補強
vol.4 ドイツ装の表紙づくり、完成まで
vol.5 夫婦箱、切り出しと組み立て
vol.6 夫婦箱、完成


※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません
 

お申し込み・お問い合わせは
→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座2」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com

 

 

 

・・・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 

 

 



 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年 本の修理と手製本 基礎1(角背の改装本)4月〜6月




2018年度の
手製本基礎講座1のお知らせです

 



 


************************
 本の修理と角背の改装本(全6回講座)
************************

日程:2018年4月28日(土)
         5月26日(土)
         6月23日(土)

        10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

 

講座の様子4月28日→


持ち物:初回はナシ
    表紙の布と見返し紙の持ち込みあり
    こちらについては、初回に説明致します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています

この講座は、その第一歩として
角背の本を解体し、仕立て直して改装する
という内容になります

※本はこちらで用意します
※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません


内容:本の修理と角背の改装本(くるみ製本)
vol.1 手製本基礎知識(糊の作り方や本の構造について)
vol.2 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.3 目引き、見返し、表紙布の裏打ち
vol.4 本かがり、背固め、背の補強
vol.5 表紙づくり、完成まで
vol.6 スリップケース(保存箱づくり)


こちらの6回講座を修了した方は
・ドイツ装の修理と製本(基礎2)→

・綴じの種類と表紙の構造(基礎3)→

・丸背の改装本(応用1)

など

ステップアップの手製本講座があります

 
お申し込み・お問い合わせは

→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座1」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com



・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→

 

 



 

 

 

 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年 本の修理と手製本 基礎3(綴じの種類と表紙の構造)9月〜12月




 

 

手製本基礎講座1、2続き

3を新設しました

 


******************
   本の修理と手製本
 綴じの種類と表紙の構造(全8回)

******************

日程:2017年9月23日(土・祝)
        10月28日(土)

        11月25日(土)
        12月23日(土・祝)

        10:30〜17:30
       (1日2コマ全8回、お昼休みあり)

受講料:¥43200(税込み、材料費込み)

   ※初回に一括払いでお願い致します

   (分割払いはご相談ください)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:特になし

 

終了しました 講座の様子はこちら→




・・・・・


本の構造を知り、綴じの種類や表紙の構造について学びながら
本の修理と手製本を学ぶ講座です
初級と中級合わせて8回の連続講座です


本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するかなど
1冊1冊の本に向き合わなければなりません
部分的な修理ではなく、いちから本をつくることで、
自ら対処法を考えて修理をできるように、
また、機械製本されたものをどのように手製本で組み立て直すか
実際に手を動かして学びます

・・
手製本基礎講座1と2は(→
実際の本を解体して組み立て直すという
1冊の本と向き合う内容となっています

手製本基礎講座3については
様々な綴じの種類と表紙の構造を手製本することで
本の修理と手製本につなげることを目指します



 

 

 

 

 

本の修理と手製本(初級)vol.1〜vol.4

Vol.1 手製本の基礎   
紙、接着剤、道具、本の構造について
本のクリーニング、本の扱い方、破れたページの修理

Vol.2 綴じの種類1

無線綴じ、あじろ綴じ、中綴じ、平綴じ、
折丁の多い糸綴じ *背割れの本を綴じ直す

Vol.3 表紙の構造1

ソフトカバー(見返し無)、ソフトカバー(見返し有)、
角背ハードカバー(2mm厚) 

Vol.4 表紙の構造2

角背ハードカバー(2mm厚)

角背ハードカバー(ドイツ装)
*クータの必要性 *花布のつくり方

 


本の修理と手製本(中級)vol.5〜vol.8
Vol.5 本の修理と手製本の基礎
外れたページの修理、濡れたページの修理
裏打ち(布と紙、本を解体して剥がして裏打ちします)

Vol.6 綴じの種類2

折丁の多い糸綴じ(本かがり、麻紐)

折丁の多い糸綴じ(1本針かがり)
折丁の多い糸綴じ(本かがり、平紐)

Vol.7 表紙の構造3

丸背ハードカバー(2mm厚、コーネル装)

Vol.8 表紙の構造4

角背ハードカバー(1mm厚)

丸背薄表紙(辞書などにみられる地券装)




※本の修理については、身近な本を直すための技術です

貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません

※手製本基礎講座「3」については

はじめての方でも、「1」「2」を受講された方でも

参加することができます(手製本基礎講座→




お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで

件名「手製本基礎講座3」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com
 





 

また、別途、平日に講座を受けてみたい

という方も募集しています
マンツーマンでじっくり学びます
(詳細ははこちら→




・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→







 

 

 

 

 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年 本の修理と手製本 基礎2(ドイツ装の改装本)6月〜8月





手製本基礎講座2のお知らせです


こちらの講座は
手製本基礎講座1(→)を終了した方向けです


************************
 本の修理とドイツ装の製本(全6回講座)
************************

日程:2017年6月24日(土)
        7月22日(土)

        8月26日(土)

        10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

 

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:初回に、本を1冊持ってきていただきます
   (ggg Books 世界のグラフィックデザインシリーズ)
   詳細は、お申し込みいただいた方にメールでご連絡します

 

終了しました 講座の様子はこちら→



前回の講座の様子は(→、→など)

製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています


・・・・・・・・・・・・・
この講座は、手製本基礎講座1にて
本の構造と、手製本、本の修理本かがり、布の裏打ちなど
本を解体して組み立て直すことを知っていただいた方を対象としています

手製本基礎講座1との相違点
・表紙の再生(紙の裏打ち、基礎1では布の裏打ち)
・一本針かがり(基礎1では、支持体のある本かがり)
・ドイツ装(本は表紙のミゾや背が壊れやすいため
     ドイツ装の方法で表紙を組み立て直します)
・夫婦箱(基礎1では、スリップケース)

内容:本の修理とドイツ装の製本
vol.1 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.2 目引き、表紙の再生(紙の裏打ち)
vol.3 一本針かがり、背固め、背の補強
vol.4 ドイツ装の表紙づくり、完成まで
vol.5 夫婦箱、切り出しと組み立て
vol.6 夫婦箱、完成


※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません
 

お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座2」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com

 

 

また、別途、平日に講座を受けてみたい

という方を募集しています
マンツーマンでじっくり学びます
(詳細ははこちら→
 




 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年 本の修理と手製本 基礎1(角背の改装本)6月〜8月





手製本基礎講座1のお知らせです




************************
 本の修理と角背の改装本(全6回講座)
************************

日程:2017年6月24日(土)
        7月22日(土)

        8月26日(土)

        10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:初回はナシ
    表紙の布と見返し紙の持ち込みあり
    こちらについては、初回に説明致します

 

終了しました 講座の様子はこちら→



前回の講座の様子は()こちらです

製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています

この講座は、その第一歩として
角背の本を解体し、仕立て直して改装する
という内容になります

※本はこちらで用意します
※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません


内容:本の修理と角背の改装本(くるみ製本)
vol.1 手製本基礎知識(糊の作り方や本の構造について)
vol.2 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.3 目引き、見返し、表紙布の裏打ち
vol.4 本かがり、背固め、背の補強
vol.5 表紙づくり、完成まで
vol.6 スリップケース(保存箱づくり)


こちらの6回講座を修了した方は
・表紙を裏打ちして再利用したドイツ装の修理(基礎2)
 →

・丸背の改装本(基礎3)

など
目的に合わせてステップアップする講座を予定しています
ご相談ください


また、マンツーマンのプライベート手製本レッスンも募集中です

基本の手製本、本の修理、本の仕立て直し、つくりたいものだけ
などなど
実際に壊れた本などを持ち込みいただいて直すこともできます
(詳細ははこちら→
 

お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座1」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com











 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年 本の修理と手製本 基礎1(角背の改装本)1月〜3月

 


手製本基礎講座1のお知らせです


************************
 本の修理と角背の改装本(全6回講座)
************************

日程:2017年1月28日(土)
        終了しました 講座の様子はこちら→から
         2月25日(土)

        終了しました 講座の様子はこちら→から
         3月25日(土)

        終了しました 講座の様子はこちら→から
              10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:初回はナシ
    その他の持ち込み素材については初回に説明致します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています

この講座は、その第一歩として
角背の本を解体し、改装する、という内容になります

※本はこちらで用意します
※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません
※紙の破れやノリ綴じのページ外れについての修理実践は行いません 


内容:本の修理と角背の改装本(くるみ製本)
vol.1 手製本基礎知識(糊の作り方や本の構造について)
vol.2 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.3 目引き、見返し、表紙布の裏打ち
vol.4 本かがり、背固め、背の補強
vol.5 表紙づくり、完成まで
vol.6 スリップケース(又は、予備のコマ)


こちらの6回講座を修了した方は
・表紙を裏打ちして再利用したドイツ装の修理(基礎2)
 →募集中です)

・丸背の改装本(基礎3)
・壊れた本の修理(応用1)
・革装の製本、アルバム製本(応用2)

など
目的に合わせてステップアップする講座を予定しています
ご相談ください

 

また、別途、平日に講座を受けてみたい

という方を募集しています
マンツーマンでじっくり学びます
(詳細ははこちら→
 

お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座1」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com








 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年 本の修理と手製本 基礎2(ドイツ装の改装本)1月〜3月

 


手製本基礎講座2のお知らせです


こちらの講座は
手製本基礎講座1(→)を終了した方向けです


************************
 本の修理とドイツ装の製本(全6回講座)
************************

日程:2017年1月28日(土)
         2月25日(土)
         3月25日(土)
              10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)
        

       終了しました 講座の様子はこちら→と→から

 

受講料:¥31200(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:初回に、本を1冊持ってきていただきます
   (ggg Books 世界のグラフィックデザインシリーズ)
   詳細は、お申し込みいただいた方にメールでご連絡します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみるのもひとつの方法です
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり
2方向を目指す手製本基礎講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません

そこで、一から本をつくる技術を身につけて
自ら対処法を考え、修理をしていくこと
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自由にイメージした本を作ることができるように
手製本を学んでいただきたいと思っています


・・・・・・・・・・・・・
この講座は、手製本基礎講座1にて
本の構造と、手製本、本の修理、本かがり、布の裏打ちなど
本を解体して組み立て直すことを知っていただいた方を対象としています

手製本基礎講座1との相違点
・表紙の再生(紙の裏打ち、基礎1では布の裏打ち)
・一本針かがり(基礎1では、支持体のある本かがり)
・ドイツ装(本は表紙のミゾや背が壊れやすいため
     ドイツ装の方法で表紙を組み立て直します)
・夫婦箱(基礎1では、スリップケース)

内容:本の修理とドイツ装の製本
vol.1 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.2 目引き、表紙の再生(紙の裏打ち)
vol.3 一本針かがり、背固め、背の補強
vol.4 ドイツ装の表紙づくり、完成まで
vol.5 夫婦箱、切り出しと組み立て
vol.6 夫婦箱、完成


※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません
 

お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座2」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com

 

 

また、別途、平日に講座を受けてみたい

という方を募集しています
マンツーマンでじっくり学びます
(詳細ははこちら→
 





 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016年 本の修理と手製本 基礎2(ドイツ装の改装本)4月〜6月

 

 


手製本基礎講座2のお知らせです


こちらの講座は
手製本基礎講座1(→)を終了した方向けです


************************
 本の修理とドイツ装の製本(全6回講座)
************************

日程:2016年4月23日(土)
        終了しました 講座の様子はこちら→から
        4月30日(土)
        終了しました 講座の様子はこちら→から
        6月25日(土)
             10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

※5月はお休みで、4月と6月です

受講料:¥28800(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:初回に、本を1冊持ってきていただきます
   (ggg Books 世界のグラフィックデザインシリーズ)
   詳細は、お申し込みいただいた方にメールでご連絡します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみることです
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり、の2方向を目指す製本入門講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません
そこで、一から本をつくることができるように基礎を身につけ
自ら対処法を考え修理ができるようにします
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自らイメージした本を作ることができるようにします


・・・・・・・・・・・・・
この講座は、手製本基礎講座1にて
本の構造と、手製本、本の修理、本かがり、布の裏打ちなど
本を解体して組み立て直すことを知っていただいた方を対象としています

手製本基礎講座1との違い
・表紙の再生(紙の裏打ち、基礎1では布の裏打ち)
・一本針かがり(基礎1では、本かがり)
・ドイツ装(本は表紙のミゾや背が壊れやすいため
     ドイツ装の方法で表紙を組み立て直します)
・チリのない夫婦箱(基礎1では、スリップケース)

内容:本の修理とドイツ装の製本
vol.1 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.2 目引き、表紙の再生(紙の裏打ち)
vol.3 一本針かがり、背固め、背の補強
vol.4 ドイツ装の表紙づくり、完成まで
vol.5 チリのない夫婦箱、切り出しと組み立て
vol.6 チリのない夫婦箱、完成


※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません
 

お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座2」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com


この講座とは別に
平日に講座を受けてみたい、という方も募集しています
マンツーマンでじっくり学びます
詳細ははこちら→









 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016年 本の修理と手製本 基礎1(角背の改装本)4月〜6月

 

 


手製本基礎講座1のお知らせです


************************
 本の修理と角背の改装本(全6回講座)
************************

日程:2016年4月23日(土)
        終了しました 講座の様子はこちら→から
        4月30日(土)
        終了しました 講座の様子はこちら→から
        6月25日(土)
        終了しました 講座の様子はこちら→から
              10:30〜17:30
       (1日2コマ全6回、お昼休みあり)

※今回は、日程がいつもと異なります
 4月と6月です


受講料:¥28800(税込み、材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:6名様

持ち物:初回はナシ
    その他の持ち込み素材については初回に説明致します


製本について、しっかり、じっくり、学ぶための基礎講座です
モノがどうやってできているかを理解するには
そのモノを壊して組み立て直してみることです
それは、本についても同じです
一度、本を分解し、手で製本し直してみることで
どのように本ができているかを知り
また、自ら本を作ることができる技術を身につけていきます

本の修理と、自由な本づくり、の2方向を目指す製本入門講座です

本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか
など、それぞれの本で異なってきます
1冊1冊の本に向き合わなければなりません
そこで、一から本をつくることができるように基礎を身につけ
自ら対処法を考え修理ができるようにします
また、製本の基礎を学ぶことで、本の構造を知り
自らイメージした本を作ることができるようにします

この講座は、その第一歩として
角背の本を解体し、改装する、という内容になります

※本はこちらで用意します
※本の修理については、身近な本を直すための技術です
 貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません


内容:本の修理と角背の改装本(くるみ製本)
vol.1 手製本基礎知識(糊の作り方や本の構造について)
vol.2 本の解体、背の修理、本文組み立て
vol.3 目引き、見返し、表紙布の裏打ち
vol.4 本かがり、背固め、背の補強
vol.5 表紙づくり、完成まで
vol.6 スリップケース(又は、予備のコマ)


こちらの6回講座を修了した方は
・表紙を裏打ちして再利用したドイツ装の修理(基礎2)
 →募集中です)
・丸背の改装本(基礎3)
・壊れた本の修理(応用1)
・革装の製本、アルバム製本(応用2)など
目的に合わせてステップアップする講座を予定しています
ご相談ください

 

また、この講座とは別に
平日に講座を受けてみたい、という方を募集しています
マンツーマンでじっくり学びます
詳細ははこちら→
 

お申し込み・お問い合わせは→ヨンネまで
件名「手製本基礎講座1」とし
お名前、ご連絡先をお知らせください
info@yon-ne.com









 

 

 

| 本の修理と手製本講座お知らせ | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>