home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

角背の上製本の手製本講座でした




谷中霊園を抜けて、
上野のあおば堂さんへ
 
11月と12月、合わせて2回で
角背の上製本をつくる手製本講座でした







・・
1回目
 
本の基本と折丁、目引き、綴じ、
麻紐の支持体で糸かがりしました
糸の留め方、糸を引く方向、支持体の役割、
折丁端の糸の処理、糸の繋ぎ方、ポイントいろいろ
 


 

 

 

 

 



・・
2回目

綴じた中身に表紙を合わせて上製本にします

合わせる前に、背中の準備です

背固め、支持体を見返し裏へ張り付け

寒冷紗、栞紐、花布、クータをつけます

 

表紙は好きな布を裏打ちして使いました

 

 

 

 

 

できあがり

 

 

 

 

 

 

 

 

あおば堂さんでの手製本講座、

次回は来年の4月頃、

コーネル装とスリップケースの予定です

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12/22(日)手製本特別講座 【やってみよう!読みやすい「組版」実習】 ゲスト講師:前田年昭さん at アトリエ・ハコ(西荻窪)



12月の手製本講座
特別編のお知らせです
 
ゲスト講師として
組版・校正者で組継ぎ本考案者の
前田年昭さんをお招きし
組版について教えていただきます


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 やってみよう!読みやすい「組版」実習
 at アトリエ・ハコ(西荻窪)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
日時:12月22日(日)14:30〜17:30
  (受付、14:15より)
 
参加費:2500円
 
場所:アトリエ・ハコ(→
   杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F 
   tel 03-5941-6474

持ち物カッター、筆記用具、電卓

 
定員:15名様
 
終了しました 講座の様子(→


・・
講師:前田年昭さん
プロフィール(組版・校正者、組継ぎ本考案者)
ガリ版、タイプ印刷から活版、電算写植を経てDTPに至るまで和文組版に携わってきた。また、中国・北大方正研修、組版関連JIS規格策定、日本語の文字と組版を考える会、神戸芸術工科大学・桑沢デザイン研究所の組版講義を通じて、東アジアの文字と組版について考え続けている。
(HP→

 

 
本をつくる、、、
多くの工程があります
手製本や製本は、
印刷された紙を綴じて背をつくり、
本というかたちの媒体をつくります

組版は製本前の印刷の部分に関わってきます
印刷されているものの多くは、文字です
意識することは少ないかもしれませんが
文字は、組まれた状態で印刷されています
古くは手書きや木版だった印刷は
活字、写植、DTPの時代へ進みます
本ではなくWEBという画面にも文字があります
 
文字を組む、組版に長く携わってきた
前田年昭さんの言葉を聞きながら
組版について知ってみましょう

 

・・前田年昭さんより・・・・・
人びとは、ことばを文字にして紙に刷って束ねて綴じ、本にすることによって、ことばを伝え続けてきました。

本は人間が創り出したいちばんの発明です。文字のない本はありません。美しい本とは読みやすい本であること、すなわち、広く伝え、表現するという目的が貫かれていることが、何より大切な条件です。

 
では、文字はどのような決まりごとで組まれているのでしょうか。私たちは学校で、ひとますにひとつずつ文字を並べると、原稿用紙の使い方として習っています。けれど、印刷物としての文字の並べ方、つまり組版については学校で教わることはありません。ワープロ、パソコンやスマートフォンで文字を入力することはできますが、ほんとうに読みやすい本づくりを実現するためには「組版」という技術が必要です。

今回は、読みやすく文字を組む「組版」の基本を、実際に文字を並べる実習をとおして考えてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 


申し込み、お問い合わせ
mail にてヨンネまでお願いします
info@yon-ne.com

 

件名に、組版実習
内容に、お名前お電話番号、
明記してください

 

※3日以内に返信します

もし返信がない場合にはエラーの可能性があるので

お手数ですが改めてメールをお送りください


 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 
| 手製本講座やWSのお知らせ | 15:45 | comments(0) | - | pookmark |
2020ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ「いれる、かたす、ととのえる」(全4回)

 

 



 

ブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブ

2020年もやります

 

内容は、函、箱、ハコ!
いれる、かたす、ととのえる、です



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ブックなの?ブングなの?

 ヨンネ手製本クラブ

「いれる、かたす、ととのえる」(全4回)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日程:1月19日(日)
   2月16日(日)
   3月15日(日)
   4月19日(日)
いづれも 14:30〜17:30

参加費:20000円(4回分)


場所:アトリエ・ハコ(→

   杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

 
持ち物:初回はなし、2回目からあり

 

定員:6名様(キャンセル待ち受付中


 

 




「いれる、かたす、ととのえる」
本を収める、保存するための函、

洋本ではスリップケースや夫婦箱などがあります

和本になると、無双帙、四方帙などもありますね

そんな本のハコのつくり方をアレンジして

文具をつくってみよう、という内容です


第1回 ファイルボックス
スリップケースのつくり方で

形をアレンジすれば

ファイルボックスになります

A4サイズでつくります
    

第2回 フタ付き小箱

夫婦箱のつくり方で

夫婦(2つ)にしないで1つで
つくってアレンジすれば
フタ付きの箱になります

手のひらサイズでつくります


第3回 引き出しケース

1、2回を踏まえてレベルアップ

まずはシンプルなトレー箱をつくります
トレー箱がぴったり収まる箱をつくると

引き出しケースになります

筆記用具サイズでつくります


第4回 自由につくる
それまでの3回を踏まえて
自分なりに新しいブングをつくる
それまでの復習でもう1度つくる、など
自由につくる時間です
こういうものがつくりたい!
という質問には
1〜3回の中でアドバイスします
やってみたいこと!復習しなきゃ!
最後の回でチャレンジしてみましょう

 


 


 

 

 

 

 

 




 


申し込み、お問い合わせ
mail にて→ヨンネまでお願いします
info@yon-ne.com

 

件名に、ブックなの?ブングなの?
内容に、お名前お電話番号
明記してください

 

 

※3日以内に返信します

もし返信がない場合にはエラーの可能性があるので

お手数ですが改めてメールをお送りください


 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 
 
 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/18(土)ヨンネ手製本ワークショップ at 古書くんぷう堂(鎌倉)

 

 

 

 


2020年1月の

手製本ワークショップのお知らせです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ◎リボン背の糸かがりノートづくり

 ◎文庫本をハードカバーに改装する

  at くんぷう堂(鎌倉)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:1月18日(土) 

 リボン背 10:00〜13:00(残席1名様)

 文庫本  14:00〜17:00(キャンセル待ち受付中

 受付は15分前から

   
参加費:各回 5000円(材料費込み、お茶付き)

持ち物:共通、カッターマット(A4以上)
    カッター、はさみ

    金物定規、シャープペンシル

 

    文庫本WS、文庫本 1冊

    表紙にしたい布(綿)

    200mm×300mm 1枚


定員:各回 6名様 
 

会場:古書くんぷう堂(→
〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助1-7-16

鎌倉駅西口より徒歩6分


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 




リボン背の糸かがりノートづくり




 

手製本の醍醐味「糸かがり」
その構造がわかる、
リボン背の糸かがりノートです
 
ばらばらの紙が
どのように本の形になるのか
綴じの支持体となる
リボンを見せた仕立てのノートをつくります
 
糸綴じをやってみたい方
ノートをつくりたい方
手製本を知りたい方
どなたでもご参加可能です






文庫本をハードカバーに改装する




好きな文庫本をハードカバーに改装します
文庫本1冊と、表紙にしたい布を
お持ち込みください
 
工程の多い手製本のなかで
ハードカバーの表紙を中心に製本します
ソフトカバーの表紙を外し、
見返し、寒冷紗、栞紐、花布、クータをつけて
自分好みの上製本に仕立てましょう





 

・・・・・・・・・・・
お申し込み・お問い合せは

ヨンネ→までメールにて

または

くんぷう堂さんの店頭にて

「リボン背の糸かがりノート」
「文庫本をハードカバーに改装」

ご希望のWS名と

お名前ご連絡先をお知らせください

info@yon-ne.com

 



 

 




・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 


 



 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 19:57 | comments(0) | - | pookmark |
12/22(日)抜き綴じの手製本ワークショップ at アトリエ・ハコ(西荻窪)

 

 

2019年さいごの

手製本ワークショップのお知らせです

 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 抜き綴じの手製本ワークショップ

  at アトリエ・ハコ(西荻窪)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日程:12/22(日)10:30〜13:00


参加費:4500円


場所:アトリエ・ハコ(→

   杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

 
持ち物:なし
 

定員:8名様

 

終了しました WSの様子(→





抜き綴じとは・・
本の中身、折丁を綴じるには
ノリで綴じたり糸で綴じたりしますが
糸で綴じるものに、

本かがり、という方法があります
本かがりは、基本的な糸での綴じ方で
一折づつ、綴じ穴すべてを通ってかがる綴じ方です
また、綴じ穴には支持体と呼ばれる
麻糸や平紐があるとより丈夫な綴じになります

そして、抜き綴じとは
その本かがりをベースにしつつも
二折づつ、綴じ穴をすべては通らないで
穴を飛ばしてかがる綴じ方です
抜き方、飛ばし方は様々です


なぜこのような綴じ方があるかというと
綴じのスピードアップのためです
綴じ穴すべてを通るのは面倒くさい!
というわけですね、よく言えば効率的!
それだけ多くの本を
手で綴じていたことがあった

ということでもあります





・・・
本を修理していると、

この抜き綴じに出会うことが時々あります
そんな抜き綴じされている本の抜き方を
修理前に記録してみたので
同じように抜き綴じしてみよう、
というのが
今回の手製本ワークショップの内容です


2つの抜き綴じをやります
本かがりをやったことがあると
理解度、面白度は上がると思いますが
はじめての方でもご参加いただけます

ただ綴じるだけですので

見返しや表紙などはつきません

背固めなどもしません

 

年末の息抜きに?

抜き綴じ、やってみませんか



抜き綴じの記録メモ
 

 

 

 

 



注:函はつくりません





お申し込み・お問い合わせは

件名「抜き綴じ手製本WS」と
内容には、

お名前ご連絡先を明記の上

メール→でお願いします
info@yon-ne.com




 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→






 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 14:01 | comments(0) | - | pookmark |
12/5(木)フィンランド三角豆本をつくる手製本WS at ギャラリーTEN(谷中)



 

 


12月の手製本WSのお知らせです
 

 

 


・・ランミンヨウル展・・・

2019年12月3日(火)- 12月8日(日)
11:00 - 19:00(最終日-17:00) 

 

 

今年も参加します

フィンランドのあたたかいクリスマス

ランミンヨウル展です

今回は、フィンランド三角豆本をつくる

手製本ワークショップをやります
 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   フィンランド三角豆本をつくろう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日時:12月5日(木)

   11:30〜13:30

   14:30〜16:30


参加費:4000円

(材料費込み、ランミンヨウルお茶お菓子付)

場所:
ギャラリーTEN
〒110-0001 東京都台東区谷中2-4-2
(根津駅から徒歩約7分)

持ち物:なし

 

定員:各回4名様 
 

終了しました WSの様子→

 





 

 

 

今年で6回目?の参加でしょうか

フィンランドに行きたいな

と思いつつ、気持ちだけでもフィンランド!

ということで展示に参加していました

けれど、今年は!

2018年末と2019年初め、

年末年始にフィンランドに行ってきたのです*

ということで、その旅路を思い出しながら

ワークショップの内容を考えてみました




フィンランドのクリスマス定番のお菓子、
クリスマススターというプルーンパイ

パン屋さん、カフェなどで多く見かけました

 

これは↓サンタクロース村で食べたもの




フィンランド語では ”joulutorttu ”
ヨウルトルットゥ、というらしいです
豆本の中身は

そのお菓子のつくり方を

シンプルに図説したものです


表紙はフィンランドのペーパーショップで買った
クリスマス柄のペーパーを使います

三角と四角と丸と星型のつながり、

フィンランド三角豆本です

 

製本方法としては、中綴じ、
ドイツ装変形バージョン、です

2冊つくります☆彡

 

 

 

 


・・・・

 

 


お申し込み・お問い合わせは

件名「フィンランド豆本」と
内容には、お名前ご連絡先、

希望時間(午前or午後)
明記の上、メール→でお願いします
info@yon-ne.com

 

 

 

 


***
フィンランド旅について
ブログに書こうと思いつつ
バタバタしてたらもう2019年末のことを
考える時期になってしまいました・・

インスタグラムには写真をアップしてあるので

気になる方は遡って見てみてください(→

 




 





 



・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11/30(土)2020年の手帳をつくろう、革装と箔押し at アトリエ・ハコ(西荻窪)

 

 

 



11月のお知らせです

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   2020年の手帳をつくろう、

 革装丁と箔押しの手製本ワークショップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:11月30日(土)

   14:30〜17:30

参加費:6000円(材料費込み)

場所:西荻窪アトリエ・ハコさん 地図:

         杉並区西荻南3−8−19 ヤマイチビル3F

持ち物:手帳1冊、またはノート1冊

   (サイズ:H250mm×W150mm以内)

    表紙に使いたい紙

 

※革と紙を合わせた表紙になります

革の色は、黒、紺、茶です

見返しや表紙の紙もこちらでご用意しますが

使いたい紙がありましたらお持ち込みください


定員:5名様

 

 

終了しました 講座の様子→

 


 

革装、箔押し、参考例

今までの講座の様子はこちら→ or 

(今回は箔押し師さんは居ません)

 

 

・・・
革と紙の継ぎ革装で
2020年の手帳をつくります
 

市販の手帳やノートを改装します

中身に見返しと寒冷紗をつけ、

ボール紙を革と紙で包んで表紙をつくり、

中身と表紙を合わせます
 

 

製本ができたら、箔押しです

活字ホルダーと箔フィルムで行います

2020」と箔押しします

また、ホットペンを使って

フリーハンドで箔を乗せることもできます

 



手帳でも、ノートでも、どちらでもOK

 


 

 

 


・・・・・・・・・・・・
お申し込み・お問い合せは
件名「手帳ワークショップ」
内容に、お名前、ご連絡先、を明記の上
ヨンネまでメール→
でお願いします

info@yon-ne.com

 

 

 

 


・・・

*『はじめて手でつくる本』発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップ→

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本2回連続講座「角背の上製本:基本の糸かがりと布表紙」at あおば堂(上野)

 

 

 

 






冬の手製本講座のお知らせです

 

 




+++++++++++++++++++++
   手製本2回連続講座 

   角背の上製本:基本の糸かがりと布表紙

   at あおば堂(上野)

+++++++++++++++++++++
 

 

 

 


日時:2019年
   11月10日(日)、12月8日(日)
   13:00〜16:00

参加費:¥9800(材料費込み)

定員:6名様


会場:あおば堂(→

〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-10-17 I

Terrace上野桜木101    


持ち物:見返し紙、表紙の布
※2回目に使いますので1回目に案内します

 

 

終了しました 講座の様子→


 

 

並製本に対して、

上製本という製本方法があります

 

並製本とは、中身と表紙を綴じてから

天小口を三方断ちする製本で、

いわゆるソフトカバーの本です

 

上製本とは、中身と表紙を別々につくり

見返しを表紙の裏面を貼り合わせる製本で、

いわゆるハードカバーの本です

上製本には、丸背と角背があります

 

 

 

・・・

 

今回の手製本2回連続講座では

手製本ならではの

しっかりした糸綴じで中身をつくり

裏打ちした布で表紙を仕上げる

角背の上製本を製本します


紙を折って、糸で綴じ、見返しをつけ
背固め、花布と栞をつける(中身)
中身に合わせて芯材をカットし
裏打ちしたクロスでくるむ(表紙)
中身と表紙を合わせると
角背の上製本ができあがります

糸の綴じ方は、手製本ならではの
支持体という支えのある糸かがりです
開きもよく丈夫に綴じることができます

工程は多いですが

ひとつひとつ確実に進めますので

はじめての方もご参加いただけます



 

 

 

・・・


お申し込みは、あおば堂さんまで

電話メール、または
あおば堂facebookにてお願いします

090-6940-2401
aobadou.sakuragi@gmail.com







 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→





 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/13(日)10/14(月・祝)御朱印帳と文庫本の改装の手製本ワークショップ at くらしずくマーケット2019(九十九里)

 




10月、千葉の九十九里で開催の

くらしずくマーケットに参加します
 

 

和本として御朱印帳づくり
洋本として文庫本改装する

手製本ワークショップをやります

 


終了しました→
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 くらしずく2019 ワークショップ
 手製本に親しもう
 御朱印帳をつくろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【日程】10月13日(日)、10月14日(月・祝)

【時間】10:00-12:00(両日とも)

【定員】各回8名

【対象】中学生以上

【参加費】3800円

【参加方法】お申込みはこちらへ→
 





 

 

和本の古いカタチは巻物からはじまりました
巻物では不便だった点を改良したものが折本です
折本は、半分に折った紙を交互に重ね、
のりで貼り合わせて製本します

寺社の御朱印を集める御朱印帳も
折本でつくられていることが多いです

 

今回のWSでは、
表紙にネパールの手漉き和紙を使います
切手帳やアルバムなどにも活かすことができます
基本の製本方法を知って、楽しんでみてください






 

 

 

 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 くらしずく2019 ワークショップ
 手製本に親しもう
 お気に入りの文庫本をハードカバーにしよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【日程】10月13日(日)、10月14日(月・祝)
【時間】13:00-16:00(両日とも)
【定員】各回8名
【対象】中学生以上
【持ち物】文庫本、1冊
【参加費】4800円
【参加方法】お申込みはこちらへ→





 

 

 

洋本はしっかり丈夫に製本する

という特徴があります

文庫本をハードカバーに仕立てるWSでは

中身はソフトカバーである文庫本を使い

見返しと寒冷紗、栞紐と花布を中身につけ、

布装の表紙をつくって合わせることで

文庫本を改装、リメイクします
 

本の表紙がどうやってできているのか?

自分の手で製本してみると本の構造がよく分かり、

より愛着のある1冊になると思います

お気に入りの文庫本を1冊ご持参ください
 

 





■くらしずく2019 HP(→

■本の修理と手製本講座を
紹介していただきました(→





 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/6(日)国芳飛び出す動かす、しかけ絵本をつくる手製本WS at 甘夏書店(押上)


 


10月のお知らせです

 

 


飛び出す、動かす、しかけ絵本をつくる
手製本ワークショップです

しかけの素材は、歌川国芳です◎

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   国芳飛び出す動かす
   しかけ絵本をつくる手製本WS
       at 甘夏書店さん
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


日時:10月6日(日)
   13:00〜16:00

     
参加費:4800円(カフェikkAさんドリンク付)

※『めでる国芳ブック』1980円(税込)

ご購入の方は参加費から550円を割引いたします
自由に素材を使うには、本の購入をオススメします

定員:6名様

場所:甘夏書店(→
   東京都墨田区向島3−6−5
   一軒家カフェikkA(→)の 2階にあります

持ち物:特になし


・・・・・

終了しました(→

 




 


3月に、国芳猫まめ本をつくる
という手製本ワークショップを
甘夏書店さんで開催しました(→

これは、
ページを切り離して自由に遊べる

『めでる国芳ブック』(大福書林)
という本を使った豆本WSでした


『めでる国芳ブック』は

「ねこ」「どうぶつ」「おどろかす」
というシリーズになっています
(大福書林さんHP→

今回は、その「おどろかす」を使って
国芳の絵が飛び出したり、動かしたりできる
しかけ絵本をつくろう、
という手製本ワークショップとなります




 

 

猫まめ本をつくった時には

表紙と見返しが国芳になりましたが

今回は、表紙も中身もすべて

国芳でいっぱいにすることができます

※素材を多く使います

『めでる国芳ブックおどろかす』

ご購入をオススメします

甘夏書店さんでご購入の方は、
参加費を550円引き、となります
購入しない場合でも素材はありますが
限りがありますのでご了承ください

 

 

・・・

 

ユニークな猫たちも魅力的でしたが
妖怪や化物も、おどろおどろしい、
というより友達になれそう!で惹かれます
だるま、てるてる坊主など
生き物ではないものたちの
親しみやすさ、おどろきたっぷり!
しかけ絵本にすることで、

国芳と遊んでみませんか


 

 

 

・・

手製本のポイントは

中身、貼り合わせ製本

表紙、継ぎ表紙

しかけ部分を中心に

手製本することになります
 

 

はじめての方も大歓迎です





 




・・・・・・・・・・・
●お申し込み・お問い合せは
件名「国芳しかけ絵本
内容に、お名前お電話番号参加人数
を明記の上、メールでお願いします
info@yon-ne.com
 

 

甘夏さんの店頭でもお申込いただけます

甘夏書店HP→

 

 









 

 

 

・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/28PAGES | >>