home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

文庫本をドイツ装に改装する手製本講座でした





梅雨なのか、夏なのか、
どしゃ降りの翌日、ぴかっと晴れ

 

 

 


上野のあおば堂さんにて
文庫本をドイツ装にする手製本講座でした






ドイツ装は、表紙のつくり方が

基本の表紙のつくり方と異なります

表表紙、背表紙、裏表紙の芯材を
それぞれ包み、3つそれぞれをつなげて

表紙に仕立てます


少し手間が増えますが
表紙に紙を使いたいとき
背表紙はクロスにすることで
丈夫さを保つことができます

継ぎ表紙でもその役割は果たせますが
ドイツ装は背表紙のクロスが
平に被ってこないので
デザインとしては別の見え方になります

 

また、本の修理にも有効です

本は背がよく壊れてしまうため

もとの表紙と裏表紙の平はそのまま残し

背だけを新しくつくり直して修理します








 

 

表紙のつくり方以外の工程は

文庫本をハードカバーにする

基本の手順と同じです!



、、、できあがり





※付箋について
付箋を本のページに貼りつけたままにすると
剥がれなくなる可能性があります
修理の観点からは付箋はNGですー
 

 

 

 

 

 

 

 

文庫本をハードカバーに改装する

つくり方はこちらの書籍にも掲載しています◎

『はじめて手でつくる本』ヨンネ著(→

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/15(月・祝)はじめてみよう手製本 at 武蔵野プレイス

 

 

 

 

 

 

募集開始となりましたので

こちらにもアップさせていただきます


以下、武蔵野プレイスさんから転載しました
 

 

 

 

 


・・・

プレイス・フェスタ2019
「はじめてみよう手製本」





 

 

 

普段身近にある本も、自らの手で組み立てると
また違った見方ができるかもしれません。

今回は、手製本の世界に触れる第一歩として、

「古本と手製本ヨンネ」の植村愛音さんを

講師にむかえ2つのワークショップを開催します。

あらためて物としての本に注目してみませんか?
 

 


 

 

.リジナルノートづくりから本の構造を知ろう
本のつくりを観察し、シンプルな糸とじのノート(180mm×120mm)を1人1冊制作します。

△気に入りの文庫本をハードカバーにしよう
ソフトカバーの文庫本をハードカバーに作り替えます。お好きな文庫本を1冊ご持参ください。


【開催日時】令和元年7月15日(月・祝)
仝畫10時〜正午 午後2時〜5時

【場所】武蔵野プレイス4階フォーラム

【対象】中学生以上

【定員】30名 15名
(定員を超えた場合、市内在住・在勤・在学を優先して抽選)

【参加料】
^貳漫600円
中学生以上の青少年:300円  

一般:1,800円、
中学生以上の青少年:900円

【申込締切】6月30日(日)※必着

【問合せ先】
武蔵野プレイス図書館担当
TEL:0422-30-1900
申込方法など詳しくはこちら→

※お申込みいただけるのは ↓△里Δ繊

どちらか1講座です。


プレイス・フェスタ 2019(→

 




 

 

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大福帳と判取帳をつくる手製本講座 at 南田中図書館、でした


 

 




さて、今年も練馬区立南田中図書館にて
製本講座を開催させていただきました。





こちらの図書館では
製本講座は6回目になります

はじめの頃は
製本の基礎を知る
という内容にしていましたが
ここ数年は
誰でもすぐにつくることができる製本や
お土産感をテーマにしています



今年は、大福帳と判取帳でつくるメモ帳
ということで2冊つくりました






紙を切る、穴を開ける、糸を通す、紙縒をつくる、
シンプルながらも、コツが必要だったり
やりやすい方法があるので
皆で教えあいながら、ワイワイと・・



いろいろな紙を使って

ご自宅でも手製本

 

ぜひ、日々の生活に

ときどき、手製本を取り入れてみてください


 



 

 

 

 

 





ご参加いただいた皆さま
図書館スタッフの皆さま
ありがとうございました




 

 

 

 

・・・

 

図書館での製本講座、ご依頼承ります

本の構造をしっかりと知るもの

図書の修理に役立つもの(例→

手製本を楽しむもの(例→

ご希望に応じて内容を提案いたします

 

お問い合わせは

こちらのフォームから

お願いします→

 

 

 

 

・・・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at イルフ童画館 でした


 


・・・

今年もイルフ童画館へ

 

新宿から特急あずさに乗れば
2時間半で岡谷に到着です

 

 

 

 

 

余談ですが、、、

あずさは自由席がなくなり

指定席のみになりました

さらに、座席頭上には

指定済み、指定無し、今指定中

というランプが付くように!

便利かも
 









昨年からはじまった
武井武雄の刊本作品の手製本をつくってみよう
今回で3回目です

取り上げたのは『さもいや伝』
なぜ『さもいや伝』を選んだかと言うと・・・

刊本作品は

素材、印刷、技法、デザイン、など
1冊1冊すべてが異なっていますが
製本方法は共通したものが多いです

 

ただ、その中でも

『さもいや伝』だけは
ある綴じ方でできていました

なので、綴じ方を見たときに

チェックしていたんです◎



それは、列帖装という和綴じです




和綴じといえば、四つ目綴じなど
和紙を袋状にして、和紙の表のみ使う
という綴じ方が一般的です
薄い和紙では表に印刷したり文字を書くと
裏側に透けて見えてしまうからなのですが…



では、しっかりした厚めの和紙だったら?

列帖装という洋本のような綴じ方で
綴じることができます

 

 


実際の『さもいや伝』は
雲母引きのしっかりした和紙を使っていました
雲母引きの紙でやってみたいところですが

素材をすべては真似できずなので
綴じ方を真似てみました


 

 

 

慣れない結び方が出てきます

理解すると難しくないのですが

はじめてだと、不思議不思議?

武井武雄のこだわりを手を動かして

感じることができます

 


 

 

 

 

・・・


『さもいや伝』には帙もついています
鏡帙、という中蓋に絵がある仕立てです

そちらも再現してみました
 

 


できあがりー

 

地味に見えますが、つくり方は
しっかりと刊本作品そのもの!!
 

 

 

 

 

 




イルフ童画館のスタッフの皆さま
ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました!

刊本作品は奥が深く
知らないことがまだまだ、あります
どんどん調べて知って楽しみたいです






 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 



 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、差し込みファイル





ブックなの?ブングなの?

ヨンネ手製本クラブ(→
新しいシリーズの手製本講座
スタートしてます

 

 

 

 


・・・

本をしなやかに丈夫につくるのもいいけど
手製本技術で文房具をつくってもいいかな?
ということで

テーマを更新しつつ
続けていこうと思っています


まずは「はさむ、しまう、おさめる」
全4回で文具をつくります





会場は、高円寺のブックカフェkuutamoさん




 

1回目は
紙ばさみ(→)つくりました

2回目は
紙ものを差し込み挟んで収める、
差し込みファイル


和綴じのつくりかた、

四つ目綴じの製本方法をアレンジして

つくります







和紙ではなく洋紙を使う
本文の横幅を短くする
表紙はハードカバーにすると・・

キチっと差し込みができて
チケットやはがきなど
サイズに合わせて仕舞うことができる
チケットファイルやハガキホルダーが

できあがり!









 

 




 


 


 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→





 

 

| 講座やワークショップの様子 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201905本の修理と手製本アドバンスクラス




2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

​製本したいもの
修理したいもの
つくりたいものを自由に手製本します


 

 

・・・

 





 

本の修理は糸で綴じるまでの下準備、
掃除、解体、補修、再生などコツコツと行います

 


無線綴じの修理も同じです

糸綴じするまでの下準備、

和紙で繋いで継いで、折丁化、コツコツ
つまり、無線綴じは

折丁化するまでの手間がかかるので

糸綴じの方が壊れにくいし修理しやすい
ということでもあります

 


もちろん、

糸綴じの本でも損傷が激しいと

和紙の補修は同じように手間がかかります

また、

無線綴じを無線綴じとして直しても

よい場合もあります

 

どうして修理をするのか

どのレベルの修理がよいのか

目的によって直し方を変えて

本の修理をします

 

 

 


 

 



 

 

 

 


 

アートブック制作に向けて試作をつくったり

和本シリーズをどんどん手製本したり

かがり台を使ってみたり、などなど・・・

 




 

 


 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→
 







・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/20(土)花布綴じ付け&花布編みの手製本ワークショップ at アトリエ・ハコ(西荻窪)


 

 

 

 


7月の手製本講座のお知らせです

 

 

本の天地についている、花布

自分でつくることができます

市販品に似たものをつくって綴じ付けたり

本来のつくりかたである編む方法にしたり

花布だけの手製本ワークショップです

 

糸は、西荻窪テマリシャスさんの

草木染め糸を使います◎

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花布綴じ付け&花布編みの手製本ワークショップ

at アトリエ・ハコ(西荻窪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





日時:7月20日(土)

 

花布綴じ付け 

10:30−13:30(残2)

 

花布編み   

14:30−17:30(満席)

 

場所:西荻窪 アトリエハコ(→
         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474


参加費:各4800円(材料費込み)


定員:各回6名さま

 

持ち物:なし

※中身の本に関してはノートタイプを

こちらでご用意いたします

ご自分で製本した中身を持ち込み可能です

その場合は、糸綴じ製本であること、

見返し寒冷紗をつけてお持ち込ください

 

・・・・・・・・・・・・・



 

*花布綴じ付け 10:30−13:30

 

手製本のアクセントであり

愛しい部分のひとつ花布に注目!

綴じ付けよう!編です

 

裏打ちクロスで花布をつくり

テマリシャス糸で綴じ付けます

※表紙は製本しません

 

 

 

 

 

 


*花布編み  14:30−17:30

 

手製本のアクセントであり

愛しい部分のひとつ花布に注目!

編んでみよう!編です

 

花布の原点、編む・・・

2色の糸を使った基本の花布編みです

手製本は、手芸面、工作面、大工面など

さまざまな工程がありますが

もっとも手芸らしい作業です

※表紙は製本しません


 

 

 

花布綴じ付け、花布編み

背からみるとこのような違い有り

 

 

前回の講座の様子はこちら→


 

 

 

 

 

・・・


申し込み、お問い合わせ
mail にて→ヨンネまでお願いします
info@yon-ne.com

 

件名に、つくりたい花布

花布綴じ付け、花布編み、どちらか
内容に、お名前お電話番号
明記してください

 

・・・・

※3日以内に返信します

もし返信がない場合にはエラーの可能性があるので

お手数ですが改めてメールをお送りください




 

 

・・・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、紙ばさみ






ブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブ(→
新しいシリーズの手製本講座
スタートしました

本をしなやかに丈夫につくるのもいいけど
手製本技術で文房具をつくってもいいかな?
というわけです

 


・・・

今回は「はさむ、しまう、おさめる」をテーマに
全4回で文具をつくります



会場は、高円寺のブックカフェkuutamoさん





 

つくるものは
紙ものを挟む仕舞う収める、紙ばさみ


本をつくるとき、中身が必要ですが
中身はなくて、表紙だけつくり、
中身はあとから「挟む」ものだったら・・・
紙ファイルになる、ということで

表紙をつくる要領で手製本!



 

 



小口側にゴムをつけて
挟んだ中身が飛び出さないように
納めて、仕舞いましょう

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→


 

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/7(日)8/4(日)9/1(日)手製本3回連続講座「製本の種類を知る、観察を楽しむ」 at 本屋B&B(下北沢)

 

 

 




βσσκ!!

βσσκ!!
開店前の本屋さんで遊ぶ!?

新しい手製本講座のお知らせです
会場は本屋B&Bさん◎
 

 

 

・・・

 

開店前の静謐な本屋さん、

本棚の中でスタンバイし

整然とすまして並んでいる本たち、

(それはイメージであって

 実際はバタバタと忙しい!!)

 

そんな本の背や平を見ながら

タイトルや内容、ジャンル、装丁などで

本を手に取るのではなく

製本の視点から観察分類採取します

 

野鳥観察、植物採取、きのこ狩り、のように

本の種類を知り観察をしながら

製本の種類がなぜあるのか、

本の内容と製本の種類は重なるのか、

などなど、みんなで考察する

という手製本講座です
 

 

また、

つくってみないとわからない!よね

ということで、

すこーしだけ手製本もやります

 


 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 手製本連続講座
 製本の種類を知る、観察を楽しむ 全3回
 at 本屋B&B(下北沢)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





日時:2019年7月7日(日)
        8月4日(日)
        9月1日(日)
     10:00〜12:00

参加費:2500円+ドリンク代500円/1回
    (3回分:合計9000円)

持ち物:各回共通
    カッターマット(サイズA4以上)

    カッター

    定規
    シャープペンシル
 その他、2回目と3回目には
 本の持ち込みしていただきます
 (詳細は1回目に説明します)

会場:本屋B&B(→

    〒155−0031
    東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
    03-6450-8272

定員:各回16名

・・・


内容

vol.1 本の構造、中身
中身をつくっている綴じについて
綴じの種類を知って、観察を楽しみます
無線綴じ、あじろ綴じ、平綴じ、
一折中綴じ、糸綴じ
つくるもの:一折中綴じノート(中身を綴じる)


vol.2 本の構造、表紙
中身を包む表紙について
表紙の種類を知って、観察を楽しみます
ソフトカバー(見返し有り無し)
ハードカバー(角背上製本、丸背上製本)
つくるもの:文庫本フランス装(表紙をつくる)


vol.3 本の構造、中身と表紙
中身と表紙がどう合わさっているのか
vol.1と2の内容を踏まえて
本を分解し、観察を楽しみます
つくるもの:つばくろ(本を包んで保存する)



 

 

 

 

 

お申し込みは

B&Bさんへ(→
★をクリックしてください

 

 

※5/30追記

3回通しチケットは完売いたしましたが
好評につき、各回単発でのチケットを

追加販売します

 

1回目(7/7)と2回目(8/4)と3回目(9/1)
スペースの都合上、制作のご参加はなしで、
聴講、制作の見学のみとなります

 

テキスト付きです。材料は付きません
制作がありませんので、持ち物は不要です

いずれもお立ち見になることをご了承ください


3回通し参加の方とは参加形態が異なりますが、
聴いていただく内容は一緒です

ご参加お待ちしております

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理 あじろ綴じ





本の修理をしました

 

令和になったし

2000年は19年経っているし

1900年代もすっかり過去、、、


25年前の書籍です

 

 




『聖なる予言』1994年刊

あじろ綴じ 丸背ハードカバー

before

ジャケットは紛失
丸背のハードカバー




あじろ綴じ
ノドが外れかかっています

 

 

こちらは外れています




表紙の痛み






何度も読む本なので読みやすくしたい
というご希望
改装もOKということで、
お好みの布を表紙に使い
修理とリメイクをしました


 

 



あじろ綴じ、
接着剤が弱ってきていて
何度も読んだことで背に歪みが生じ
折丁がズレて外れていました

このままどんどん壊れていきそう

ここで考えられる修理の方法いくつか


1、折丁をバラして接着剤をきれいに除き
和紙で継いで糸綴じに仕立て直す方法

2、折丁をバラして接着剤をきれいに除き

あじろ綴じで再製本する方法

3、現状で外れている折丁のみ取り外し
接着剤を取り除き、中身に戻す方法
 

1はしっかり丈夫になる、

2は古い接着剤がなくなって

負荷の偏りが軽減される、

という利点がありますが

1と2はそれなりに予算も必要


今後どれだけ再読するか?
1年に1-2回読むだろうとのこと

ということで、
今回は3の方法で修理しました








 

 

 

after



 












表紙はリメイクなので
花布と栞紐も布に合わせました

ご依頼、ありがとうございました


 

 

 

 



・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
修理の目的、ご希望の素材や

予算などに合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com

 

| 本の修理ビフォーアフター | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/102PAGES | >>