home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

越前和紙の旅

 


 

 

つい先日のことです

福井へ行ってきました

 

 

 

なぜ、福井か・・・

福井が気になっていた理由、主に2つ

 

・墨流しの伝統工芸士さんがいる

「墨流し」和風マーブリング(→

墨汁を水に垂らし、風の動き、

水の流れで動く墨汁の模様を写し取る技法
 

 

・やきとりの名門 秋吉の本店がある

「秋吉」個人的によく行く焼き鳥屋(→

どこにでもあるようでどこにもない、

美味しい焼き鳥と雰囲気がいいんです!

 

この2つの理由に、

今年になってもう1つ加わりました

越前和紙特有のひっかけ技法(理由はこれ→


 

 

 

よーし!

これは行くしかないですね

 

 






 

 

 

 

・・・
 

 

というわけで、福井着

 



改札を出る前に、モダンなレリーフが!
漆芸家、盒鏡疣佐峠ず酩覆箸里海







恐竜もお出迎え・・?

 

 



いや、これ、動くんですよ、、、

 長い駅舎の壁もすべて恐竜!




こんなのも

駅周りの恐竜推し、すごい
ぐいぐいと迫られました




そして駅前に、秋吉!
さすがです、福井(ここは本店じゃないです)


 

 



路面電車





勝木書店
地元に愛される品揃えの良い大型書店という感じ
郷土、福井出身作家もの、しっかり推していました





気になる喫茶もチラホラ




 

 




シャッター商店街なのかな?
平日だったから閉まっている感じ



この新栄商店街にある「わおん書房」さん、
行きたかったのですがお休みの日でした










駅前にあった古書店、好文堂
よきよき!



地方の資料は地方で探す
『ふくいの工芸』購入しました




 

 

 

 

 



・・・・

さて、ここからが本題

事前調べ
・越前和紙の里(→)をチェック
・墨流しの体験WS、伝統工芸士さんが入院中
・ひっかけ和紙は工房独特のもので

 詳細は教えてもらえず

まあ要は何も分からなかったので
とにかく越前和紙の里へ行けば
資料とか展示があるかもだし、
ひっかけ和紙を何か買えればいいし
行ってみなけりゃわからない!

と家を出たのでした

福井駅前の観光案内所でマップをもらうと
「越前和紙の里へ行かれるのであれば
大瀧神社にも行かれるといいですよ」
と教えていただきました
「紙の神様」が祀られているようです
ここはノーチェックだったので
それは最初に行かないと、、!




ここまでが1日目のお話




・・・

次の日の早朝

紙の神様にお詣りするところからスタート

福井ではなく、武生駅まで動きます

そこからバス(本数少ないので注意)
 

 

 


マンホールが、紙漉き!





人っ子ひとり居ません
静まりかえった鳥居前、

杉などの大木から見下ろされ、
別世界のよう、、神聖さが迫ってきます







ここから入った本殿が素晴らしかった
古い柱や彫刻、

屋根の複雑な重なり(それが特徴らしい)
これは神様いるぞ…!
気持ちが波立ち、本当にそう思えました
なんとなく写真をパシャパシャと撮れず、これだけ


大瀧神社岡太神社こんなサイトありました→
 

 



で、ここは下宮ということで
上宮である奥の院があるらしい
山道30分ほど、らしい
行ってみよう、歩き始めると・・

 






、、、熊!? 





熊って出会っちゃうものなの?
せっかくここまで来たので

熊に引っかかりつつも
少しづつ山道を登り始めました
すでにその山道が修験道みたいな感じだったので
じわじわと不安が増えていくなか
前方の木々の間で

ガサガサっと黒い塊が走り去って行き!

私は硬直!そして後退り!
え、あれが熊なの?
さすがに無理、奥の院は諦めることに…

(あとで聞いたところでは

イノシシとかサルもいるみたい)



紙の神様、紙祖神は
川上御前という女性の神様

この村里は田や畑が足りなくて

さぞや生活に困るであろう。
しかし、この村は清らかな水には恵まれている。

これからはその水で紙を漉いて生活を立てるがよい

 

「紙を漉くといいよ!」

なんてカッコいい伝説なの







何も調べてないおかげで
おお!そうなんだ〜と
高ぶりつつ、

奥の院はすっぱり諦めて

越前和紙の里まで歩いていると
あちらこちらに製紙所がある







そして!紙の神様の恩恵なのか
こんな看板が出ている場所がありました


 



和紙がいろいろ!
ひっかけ和紙も!!!
迷いなく足を踏み入れると
奥で作業されている女性が会釈してくれました◎
と同時に、車が入ってきて、、
柳瀬良三さん、この製紙所の社長さん
お話をすることができました






そしてそして!
ひっかけ和紙の技法について、
ひっかけの金型について、
丁寧に教えていただくことができました
金型の現物まで見せていただきました!!
模様の部分もすべて手作りだそうです
写真はNGなので、
金型・・・?と思った方は
こちら、ひっかけ技法について→
「和紙の原料である繊維を金型にひっかけて
地紙に被せるように乗せて漉き合わせる」
ふむふむ、です
ひっかけ和紙を見たときに
落水紙っぽいけど
このきちんとした模様は何だろう?
と思った疑問も解決しました


さらに!!
柳瀬良三製紙所さんの見学だけでなく
他の製紙所さんまで案内していただきました

・やなせ和紙(→
襖紙などの大判の紙を漉いている製紙所
大きな漉き舟の中にこれまた大きな簀桁を
女性二人がかりで息を合わせて漉いていました
「水と遊んでいるだけ」笑顔の言葉が忘れらません
石のようなコロンとした箱も見せていただきました
手作業だからこその温かみのある箱でした
harukami(→

・長田製紙所(→
こちらも襖紙の老舗ということで
本当に大きな大きな簀桁がありました
カラフルに染色された和紙の繊維を
漉き込むことで華やかな模様紙や
もみ紙なども製紙されていて
アート作品、灯りなどのインテリア、
かわいい小物もたくさんありました

・柳瀬良三製紙所(→
とにかく良三さんが優しくて熱い!
私のような急に訪ねた人間に
丁寧にお話してくれるのです
お仕事の邪魔にならないかなぁ
と心配になりつつ、
嬉しくなっていろいろお伺いしてしまいました
ちょうどトロロアオイの生産が無くなる
というニュースがあったりしたので
そのことも尋ねてみると
ここ大滝町でも栽培を始めてみてるところ!
というお話だったり
和紙づくりはどんどん売れるような
ウナギ登りの産業ではないけれど、
ずっと続いていた伝統工芸であり伝統技術、
止めてしまえばそれまでだけど
続ければ、続けることができる!

 

5月には紙の神様の盛大なお祭りがあって

あの奥の院から下宮まで神様を神輿でお迎えし、

何日間か神様は集落を廻って

また奥の院へ戻っていく

このお祭に来るといいよーとのこと



柳瀬良三製紙所さんの
手漉きひっかけ和紙、
ただただ、ため息の出る美しさ
和紙を漉く工程で、和紙の原料である繊維を
金型にひっかけ載せて模様をつくる
無理のない自然の美しさ
漉いている時の水の艶やかさをそのまま写し取って
密やかに残っているような「ひっかけ」
光り、輝いています*****


本当に、ありがとうございました!!










何気ない静かな道とお家のように見えますが
ほとんど製紙所さんなんですよね












・・

そしてやっと?やってきた、
越前和紙の里(→
ここで勉強しようと思っていたけど
すでに深い予習が終わっていました

ここは復習エリアということで





・紙の文化博物館
和紙にまつわる図書が揃っていて、
いろいろな和紙のサンプルがずらりと
2階の展示室では、紙漉き道具など貴重な資料、
伝統工芸士の紹介など、パネルには柳瀬さんの姿が






なんか漉き道具に見えてきちゃう


 

 



・卯立の工芸館
移築復元した紙漉き家屋
伝統工芸士さんが、紙漉きの手順を教えてくれます
流し漉きと溜め漉きの違い、分かりました(→



そう、流し好きと溜め漉き・・・

今さらながら気付いたのですが
「和紙」「和本」といっても
もともと中国からの技術だし?

とぼんやり思っていました
でも!流し漉きは日本だけの技術なんだと分かり

ということはやっぱり「和紙」なんだなって
japanise bindingで人気の和本についても

和紙を使っているということで「和本」かな、と

 

 


ミツマタ




・パピルス館
和紙漉き体験ができたり、和紙や和小物の販売

・越前和紙うめ田
品揃え豊富、手漉きではないけど
ひっかけ和紙を買うことができました

・よってこ
食事処、福井名物おろし蕎麦をいただきました


いやいや、大満足の越前和紙さん

紙の神様、ありがとうございました

 

 

 

 

 

 


・・・・
で、
まだ時間ある!
かこさとし絵本館へ駆け付け



わわ、だるまちゃーん
と、てんぐちゃん!




けんぱ、けんぱ、けんけんぱ!





ウキウキして、到着



 

 

 


臨時休館日!でした・・・泣











・・・

旅、
というよりも家出、
交通手段と宿だけ決めて
あまり計画し過ぎないのが好きです
でも、もっと調べておけばよかった
と思うこともたまにある…

でもやっぱり、歩いて探したり
発見する楽しさが、おもしろい


今回は、ここ…!
moji(→

 



宿の近くにあって、前を通りかかりました
これは!!
お店って気付かないぐらい静かな佇まい
でもそのさりげない外観にセンスが滲み出てます
入ってみました、カフェです
いや、ほんと、近所にあったらなー

空間を贅沢に使った店内、

家の窓も框景になるのかという感動
市街から離れてますけど、ぜひ
あの路面電車(福井鉄道)に乗って
赤十字前駅で下車です

 

 

 



 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 日々のこと | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ「はさむ、しまう、おさめる」(全4回) at アトリエ・ハコ(西荻窪)

 


・・お知らせ・・・
 

ブックなの?ブングなの?
ヨンネ手製本クラブ

秋からもやります

 

内容は、

ただいま開催中のものと同じ

はさむ、しまう、おさめる、です(→

 



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ブックなの?ブングなの?

 ヨンネ手製本クラブ

「はさむ、しまう、おさめる」(全4回)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日程:9月22日(日)
   10月20日(日)
   11月17日(日)
   12月15日(日)
いづれも 14:30〜17:30

参加費:18000円(4回分)


場所:アトリエ・ハコ(→

   杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

 
持ち物:初回はなし、

   2回目から持参可能

 

定員:6名様



「はさむ、しまう、おさめる」
本ができるには、中身と表紙が必要です
中身をつくらず表紙だけをつくると
中身には、はさむ、しまう、おさめる
ファイルやアルバムをつくることができます


第1回 紙ばさみファイル
表紙だけをつくり、挟む分の厚みを考慮し
ゴムの留め具をつけて作る、紙ばさみファイル
    
第2回 差し込みファイル

挟むだけではなく、ノドに差し込み部をつくり
四ツ目綴じで仕上げる、差し込みファイル

第3回 ポケットアルバム
表紙だけをつくり、市販のクリアポケットを
タケットバインディングというシンプルな綴じで
固定する、ポケットアルバム

第4回 自由につくる
それまでの3回を踏まえて
自分なりにアレンジし新しいブングをつくる
それまでの復習でもう1度つくる、など
自由につくる時間です
こういうものが作りたいという質問に
事前に回答してアドバイスします
やってみたいこと!復習しなきゃ!
最後の回でチャレンジしてみましょう

 






 

 

本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?

ヨンネ手製本クラブ

こちらも、9月-12月あります(→

 

 

 

 

・・・


申し込み、お問い合わせ
mail にて→ヨンネまでお願いします
info@yon-ne.com

 

件名に、ブックなの?ブングなの??
内容に、お名前お電話番号
明記してください

 

 

※3日以内に返信します

もし返信がない場合にはエラーの可能性があるので

お手数ですが改めてメールをお送りください

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ「本になるために背をつくる」

 



さて、お知らせです
 


本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?

ヨンネ手製本クラブ

はじめます

 

 

ブックなの?ブングなの?

ヨンネ手製本クラブ(→★)

同じく手製本クラブですが、

内容が異なります




長くなりますが、

少し、前置きです


・・・
私が手製本をはじめたきっかけは
本の修理に興味を持ったこと
本の修理ができるようになるには

製本ができればいいのでは?
作ることができれば、直すことができる
そう、思いました

はじめてみると、すごく、楽しかった

本は自分の手でつくることができること

本の修理もできること

造本から本と深く関わることができること



・・
そして、

手製本の技術やおもしろさ

本の修理や本づくりに役立つ手製本が
広く広まればいいな、ということが

古本と手製本ヨンネのテーマでした



ただ、
1回だけの手製本ワークショップでは

糸綴じの方法や本の構造は伝わっても

中身のある「本」はなかなかできないこと

それがずっと気になっていました

・・

でも、

本をつくるには

中身がとっても重要、大切です

時間がとてもかかるものです

DTPとかできないと?

そう、思ってしまいます

 

本は何かを伝える媒体であり

伝えるためには、何冊もつくって

多くの人に読んでもらわないと?

 

 

・・・

いやいや、

そんなに難しく考えないで

どんなものでも本になるし!

メモ、手紙、ハガキ、封筒、旅行のチケット

拾った紙、音、写真、イラスト、風景、妄想、夢!

なんでも本にしてしまおう

 

手製本で1冊だけ、
詰め込んだ本、できます


 


本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?

ヨンネ手製本クラブ

はじまりです
 

 

 

テーマは2つに分けて続けていく予定です

vol.1「本になるために背をつくる」

vol.2「本になるために版をつくる」

 

 

 

まずは、vol.1からスタート
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本になっちゃいけないものなんて

 ないんじゃないかしら?

 ヨンネ手製本クラブ

「本になるために背をつくる」(全4回)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日程:9月21日(土)

   10月19日(土)

   11月16日(土)

   12月21日(土) 
いづれも 13:00〜16:00

参加費:18000円(4回分)


場所:Readin’ Writin’ BOOK STORE(→

   東京都台東区寿2-4-7 ※座敷席となります

 
持ち物:初回はなし

   2回目からそれぞれ持ち物あり

 

定員:6名様(残席3名様です)


※写真は参考作品です


 

 

「本になるための背をつくる」
本ができるには、背が必要です

ペラペラの1枚の紙がいくら重なっても

本らしさがないと多くの人が思うと思います

そのために、背をつくる

どうすれば、背をつくることができるのか

折る、綴じる、背をつくる!

第1回 中身の構造
本の中身はどんな構造か

中身となる折丁の構造を理解して

基本の折丁、アルバムの折丁、

折ることができないものの折丁化

背表紙に直接綴じる、など

手を動かしながら学びます
    
第2回 表紙の構造

和本、洋本など

いろいろな表紙の構造について知り、

ハードカバーの表紙をつくります

第3回 手製本してみる
1回目と2回目を踏まえて、

つくりたい素材を本にします

第4回 手製本してみる

1回目と2回目を踏まえて、

つくりたい素材を本にします

 

 

 

・・・

 

どんな本ができあがるのか?

参加していただいた皆さんそれぞれ、

いろいろな本になるはず、、です!

 

また、進行状況によっては

ご自宅でやる作業(宿題)がでる場合もあります



 



 

 

 

 

 

 

 

・・・


申し込み、お問い合わせ
mail にて→ヨンネまでお願いします
info@yon-ne.com

 

件名に、本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら
内容に、お名前お電話番号
明記してください

 

・・・・

※3日以内に返信します

もし返信がない場合にはエラーの可能性があるので

お手数ですが改めてメールをお送りください

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手製本3回連続講座「製本の種類を知る、観察を楽しむ」1回目

 

 

 

 


Sunday morning! !
ということで、
夜の喧騒とは別の顔、

静かな下北沢の朝です…


・・・

開店前の本屋B&Bさんにて
手製本3回連続講座
「製本の種類を知る、観察を楽しむ」
1回目、でした





・・・

第1回目は「本の構造、中身」ということで
製本の中身と綴じに注目

折丁という中身を構成する単位を
手を動かして一折を知っていただきたく
まずは一折中綴じの糸綴じノートを制作

折丁がイメージできたところで
その折丁を重ねて綴じるには
どんな種類があるのか、
本屋さんで見ることのできる綴じは?
無線綴じ、あじろ綴じ、中綴じ、平綴じ、糸綴じ
綴じの種類を知るという時間


そして、実際に本屋さんの本棚から
その綴じを探して観察してみよう!
 




視点は「モノ」としての本
好きな本、気になる本、
そういう視点ではなく本を手に取ります















そして、探し出してきた本を
無線、あじろ、糸綴じ、改めて観察







綴じでジャンルは分かるのか?
 

 

(B&Bさんには、平綴じも折本もありました!)

 

 


さっと製本したい本なのか

よく使われる本なのか
ロングセラー本なのか、
写真が多いのか

紙の厚みや大きさを選ぶものか、などなど
そういう要素で綴じ方が変わってきます


​なので、
観察や分類の正解というのは特にないのですが、
何となくの傾向はあります

そうすると「モノ」の視点で
綴じ方を探していたけれど
ジャンルからも綴じ方に検討つけることができる
ということも分かります

 

 

 

 

・・・

 

これから本を手に取る時に

製本の種類の視点も追加してみてください

読書の楽しみ、観察の楽しみ

新しい本との出会いもあるはず
 

 

 

 

・・・


次回、2回目は表紙に注目

同じく本棚探検します
1回目の中身と合わせて

また何か発見があるかもしれません

 

ちなみに、3回連続講座ですが

1回だけの受講も可能です

詳細は、本屋B&Bさんのページから→

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックなの?ブングなの?ヨンネ手製本クラブ、ポケットアルバム





ブックなの?ブングなの?

ヨンネ手製本クラブ(→
新しいシリーズの手製本講座
スタートしてます

 

 

 


・・・

本をしなやかに丈夫につくるのもいいけど
手製本技術で文房具をつくってもいいかな?
ということで

テーマを更新しつつ
続けていこうと思っています


まずは「はさむ、しまう、おさめる」
全4回で文具をつくります
 

 

1回目、紙ばさみ(→
2回目、差し込みファイル(→

つくりました
 

 

 








さて、3回目は、、、

ハードカバーの表紙のつくり方と

仮綴じの留め方を活かして

ポケットアルバムをつくります

 



 


 


2mmのボール紙で
かっちりとした表紙ができます
クロスが足りなくても慌てず・・・
継ぎ表紙の方法をついでにレッスン◎


綴じがおもしろいのですが
ただ、ネジルだけです

仮綴じなので、すぐに取り外せます
けれど、しっかり留まっている
そんな綴じ方です

フィレンツェバインディング(→
その一部を使ってみました

この留め方そのものは
タケットバインディング(tacketbinding)
という名前があるようです

tack「仮縫い」ということなのかな

 

 

 







中身は折った状態のものなら、何でもOK


市販のポケットを綴じてポケットアルバム
厚紙を折って綴じてスクラップブック
冊子を綴じて合本に
年毎に資料をまとめるファイルとしても





そして、来月で最終回!

今までの技術や考えを踏まえて

自分で使いたい文具をつくってみよう

という回です

 

毎月少しづつ相談を受けつつ

みんなの作りたいものが見えてきました

どんなものができあがるか、楽しみです

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 





 

| 講座やワークショップの様子 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刊本作品の手製本をつくってみよう at 西荻窪アトリエ・ハコでした





6月最後の手製本ワークショップは

西荻窪アトリエハコさんにて、

刊本作品の手製本をやってみよう!でした

イルフ童画館さんから提案があり始まりまして

武井武雄の刊本作品を製本面から捉えて

同じように手製本してみる、という内容です

 

イルフ童画館(→

刊本作品(→
 

 

 

・・・


第1回目『胡蝶散策』(→
第2回目『雪の讃頌』(→
に続き、
3回目は、

『さもいや伝』の製本を模倣してみます




どの刊本作品も
製本以外の素材や印刷などは
とんでもなく凝った素材や技術で
仕立てられています

それに比べ、製本について分類すると
そこまで多い方法や技術はありません

本文紙の表面のみ印刷されているものが多いので

それをどう綴じるかという工夫をしながら
本文の素材や印刷で
製本の方向性を決めているようです


 



『さもいや伝』は
綴じは列帖装、帙は鏡帙
という製本方法でした


・・・

列帖装は、和綴じですが

折り目を綴じるという洋本のような構造です
綴じとしては、機械綴じにも通じる糸綴じで
綴じ方のほか、結び方にも特徴があります
実物を確認しながら、しっかり綴じました



本文の印刷は、

雲母引き和紙に印伝が施されている
という、これまた凝った造り・・・
さすがにそれは模倣できませんが
表紙の緞子は、できるだけ近づけてみました

 


 

 

・・・


そして、鏡帙に使う表紙は
仕入れたてほやほやの(当日3日前に購入した)
手漉きのひっかけ和紙を使いました

ひっかけ和紙は、越前和紙特有の技法です
ひっかけ技法については

「金型に繊維をひっかけ、和紙に載せる」
という資料の記述では

分かるような、分からないような?
どんな金型なのか?興味がフツフツと・・・

 

 

そこで、、、
とにかく行ってみれば、何かしら分かるかも!
勢いだけで越前まで出掛け、

まずは紙の神様にお詣り(神頼み)


すると本当に偶然にも、
柳瀬良三さんという職人さんに

出会うことができて、たくさんお話も伺え、
ひっかけ技法に使っている金型も見せていただき!
製紙所も見学させていただくことができました
(これについては改めてブログに書きます)








ま、そんな旅行動もありつつ、、、
『さもいや伝』の製本
このように仕上がりました



白の和紙は
柳瀬良三さんの製紙所で漉いている
手漉きのひっかけ和紙


色のある和紙は
越前和紙の里にあった和紙屋さんで購入
こちらは機械漉きのひっかけ和紙です

 

 



鏡帙とは、中蓋に白紙や画がある帙で
『さもいや伝』には

物語を表す版画が印刷されています







 

 




たくさん、仕上がりました!


 

 

 




武井武雄の刊本作品を知らなかった
という方は、これをきっかけに、
武井武雄、武井武雄の実験精神やユーモア
そして刊本作品について知っていただき
探求して楽しんでいただければ嬉しいです


手製本についても、和紙についても
どうしてそうなっているのか?
気になるものは、足と目で調べてみるのも
おもしろいものです

読書のおもしろさのように
ひとつの点があって触れてみると
そこからどんどん線が出てきて
あっちの点、こっちの点、
次々とつながっていくように・・・

 

 

 

ご参加いただいた皆さま

イルフ童画館さん

柳瀬良三製紙所さん、

ありがとうございました

 

 

 

 







 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→




 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
201906本の修理と手製本アドバンスクラス



 



2019年の手製本アドバンスクラス
毎月第4日曜日(→
西荻窪アトリエハコにて

 

 

手製本の基礎が終了した方を中心に

製本したいもの

修理したいもの

アートブックなど、

つくりたいものを自由に手製本します
 

 

 

 

 

 

 






本の修理は糸で綴じるまでの下準備、

掃除、解体、補修、再生などコツコツと







 

 

 

 

 

 

かがりの準備ができたら、しっかり糸かがり

かがり台を使うと、ピシッと綴じまとまります
 

 





 

アートブックに向けて箱づくりをスタートした方、

文具シリーズを楽しむ方、などなど
 

 

 

 

背固めして、次回は表紙の工程へ、、、

 



 

 

・・・
手製本アドバンスクラスとは
手製本の応用&自由コースです

本の修理、今まで習ったことの復習や応用

展示会へ向けての作品づくり、など

自分のつくりたいやりたいことを製本します


詳細はこちらご覧ください(→

 






・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→



 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2019 本の修理と手製本、角背とドイツ装でした




 

 


梅雨、じめじめ

あっという間に6月も終わりです


2019年の本の修理と手製本講座

基礎1と基礎2
4月スタートクラス

全6回が終了しました


基礎1は角背の改装本(→
基礎2はドイツ装の改装本(→


1冊の本と向き合って
解体することで本の構造を知り
組み立て直すことで

本の修理と手製本に活かそう
という手製本講座です







・・・

初回は、手製本の基礎、紙のこと
道具、材料のことなど、お伝えします

基礎2のドイツ装の方は、
基礎1の復習も入ってきますので
さっそく、本の解体をはじめます







本を解体、クリーニング、
折丁の背を和紙で補修します







扉やジャケットなど、
ペラのもの、綴じ込むものには
和紙の足をつけて、折丁化します














 



・・・



和紙で補修した折丁を整えて
保護紙であるギャルドブランシュを加え
糸を通す穴を空ける、目引きを行います






目引き、

基礎1は、ノコギリを使って行う基本の目引き

基礎2は、カッターで1折づつ行う目引き、です

 






糸で綴じて、折丁をかがっていきます

基礎1は、支持体ありの基本の糸かがり
支持体になる麻紐がタテ軸、
折丁と綴じ糸がヨコ軸になることで
織り物のように丈夫に綴じることができます

基礎2は、支持体なしの糸かがり
1本の針で綴じる方法です
支持体ありよりも、堅牢さは低くなりますが
手軽に綴じることができます


 

 

 

 

 

綴じ終わったら、背固めします
 


 

 

 

 


また、裏打ちを行います
アイロン接着の裏打ちもありますが
糊を使って自分で裏打ちすることで
修理の技術につながります


基礎1は、布の裏打ちです

改装する表紙につかいます


基礎2は、紙の裏打ちです

もとの表紙を芯材から剥がして

裏打ちすることで再生し

表紙に戻します
 

 






 


 



・・・

綴じ終わった中身と
裏打ちした表紙を合わせて
仕上げていきます

 

基礎1は、角背の布装上製本
基礎2は、もとの表紙を活かしたドイツ装


中身の仕立ては共通です

背の補強に寒冷紗、

それから花布をつけ

修理に有効な筒状の紙(クータ)をつけます



本は、背表紙や溝がよく壊れます

表紙は紙よりも布の方が壊れにくく丈夫です

また、ドイツ装は背表紙のみ布装にすることで

表紙と裏表紙の平は紙にすることができるので
もとの表紙を再生して使います




本が完成したら
本をぴったり納める函をつくります

基礎1は、スリップケース
基礎2は、夫婦箱です
 


 








 

本の保護のためにも
作品づくりの完成度を高めるためにも

函をつくることができると
本の修理と手製本の良さが広がります
 

 

 

 

 

 

ご参加ありがとうございました◎

 

 

 

・・・

 

2020年の、本の修理と手製本講座

基礎1と基礎2は
秋以降にまた募集を開始する予定です
HPのnews →にお知らせしますので
よろしくお願いします

 

 

 



・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→





 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文庫本をドイツ装に改装する手製本講座でした





梅雨なのか、夏なのか、
どしゃ降りの翌日、ぴかっと晴れ

 

 

 


上野のあおば堂さんにて
文庫本をドイツ装にする手製本講座でした






ドイツ装は、表紙のつくり方が

基本の表紙のつくり方と異なります

表表紙、背表紙、裏表紙の芯材を
それぞれ包み、3つそれぞれをつなげて

表紙に仕立てます


少し手間が増えますが
表紙に紙を使いたいとき
背表紙はクロスにすることで
丈夫さを保つことができます

継ぎ表紙でもその役割は果たせますが
ドイツ装は背表紙のクロスが
平に被ってこないので
デザインとしては別の見え方になります

 

また、本の修理にも有効です

本は背がよく壊れてしまうため

もとの表紙と裏表紙の平はそのまま残し

背だけを新しくつくり直して修理します








 

 

表紙のつくり方以外の工程は

文庫本をハードカバーにする

基本の手順と同じです!



、、、できあがり





※付箋について
付箋を本のページに貼りつけたままにすると
剥がれなくなる可能性があります
修理の観点からは付箋はNGですー
 

 

 

 

 

 

 

 

文庫本をハードカバーに改装する

つくり方はこちらの書籍にも掲載しています◎

『はじめて手でつくる本』ヨンネ著(→

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 


 

| 講座やワークショップの様子 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/15(月・祝)はじめてみよう手製本 at 武蔵野プレイス

 

 

 

 

 

 

募集開始となりましたので

こちらにもアップさせていただきます


以下、武蔵野プレイスさんから転載しました
 

 

 

 

 


・・・

プレイス・フェスタ2019
「はじめてみよう手製本」





 

 

 

普段身近にある本も、自らの手で組み立てると
また違った見方ができるかもしれません。

今回は、手製本の世界に触れる第一歩として、

「古本と手製本ヨンネ」の植村愛音さんを

講師にむかえ2つのワークショップを開催します。

あらためて物としての本に注目してみませんか?
 

 


 

 

.リジナルノートづくりから本の構造を知ろう
本のつくりを観察し、シンプルな糸とじのノート(180mm×120mm)を1人1冊制作します。

△気に入りの文庫本をハードカバーにしよう
ソフトカバーの文庫本をハードカバーに作り替えます。お好きな文庫本を1冊ご持参ください。


【開催日時】令和元年7月15日(月・祝)
仝畫10時〜正午 午後2時〜5時

【場所】武蔵野プレイス4階フォーラム

【対象】中学生以上

【定員】30名 15名
(定員を超えた場合、市内在住・在勤・在学を優先して抽選)

【参加料】
^貳漫600円
中学生以上の青少年:300円  

一般:1,800円、
中学生以上の青少年:900円

【申込締切】6月30日(日)※必着

【問合せ先】
武蔵野プレイス図書館担当
TEL:0422-30-1900
申込方法など詳しくはこちら→

※お申込みいただけるのは ↓△里Δ繊

どちらか1講座です。


プレイス・フェスタ 2019(→

 




 

 

 

 

・・・

 

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/103PAGES | >>