top    *news    *blog    *profile    *gallery    *mail    :-)   

*『はじめて手でつくる本』 ヨンネ著 エクスナレッジ刊 発売中

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*募集中の手製本講座やワークショップはこちら

     

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
news
gallery
古本と手製本の本棚
▲ ▼ ▲ ▼ ▲ ▼ ▲ 

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △ 
ARCHIVES
交差式の手製本講座でした




さてさて、9月も、もう半ば
西荻窪モイスェンにて
交差式の手製本講座でした


えーと・・・ですね
スマホを忘れまして、写真がありません!
できあがりの写真はこちらになります

参加者の方に提供していただきました
ありがとうございます



交差式の製本は、イタリアのブックバインダー
カルメンチョ・アレギさんが考案した
製本方法です→
http://outofbinding.com/

折丁を表紙と一緒に綴じていく
という製本方法だけでも
様々なパターンがありますが

このサイトをみてもらうとわかるように
表紙の交差のパターンもいろいろ・・です

 

1パターンをお伝えしたので

このサイトをみて、他のパターンにも
ぜひ、チャレンジしてみてほしいです





・・・・・・

手製本を習い始めた頃
紙を糸で綴じること、本のかたちになること
とても楽しくて
様々な素材、いろいろなかたちを
いつも想像していました

想像したかたちを手を動かしながら

確かめていくのは(だいたい違うものになるけど)

わくわくして、面白かったです

今は、手製本に興味をもってもらうためには
どんなワークショップがいいかな・・
という思いでサンプル製本づくりをすることが
多くなってしまいました


それはそれで楽しいのですが
教えることになって気付いたことを
少し書こうと思います




・・・
学ぶこと、楽しいですよね
教えてもらうことも、楽しいです

どちらが楽しいかと比べることはないのですが
学ぶことには、自由があると思いました
なので、私のなかには
すべて教えてもらいたくない
という気持ちがどこかにあります

(ただの捻くれ者ともいえますが・・・)

何かを学び始めるときに
教えてもらう扉を開けると
歩き始めがスムーズになると思いますし
気が楽です
ただ、すべてを教えてもらうというのは
自由がなくなると思うのです

自分の志、趣向、判断、想像力、工夫など、
そういったものを組み込みながら学ぶと
自由で楽しいです

学ぶことには
自由と楽しさがあります



・・・
以上は、自分が学び始めたころの気持ちを
少し忘れかけていたので、思ったことでした

教える立場の身からいうと
だからといって全て教えないよー
というわけではなく
自由に学びたい人、手取足取り教えてもらいたい人
いろいろな人に合わせて

丁寧に伝えていきたいと思っていますので
ご安心ください

そして

どんどん手製本を楽しみ、
自由にいろいろなものを製本したり
本の修理をしたりしながら
手製本を広めて欲しいな
と思っています

 

私もまだまだ力が足りません

もっと学んでいかなければ!






 

 

 

・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 


 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理 真宗聖典

 

 





本の修理をしました




『真宗聖典』 昭和10年発行 平成12年刊

比較的新しい本で
カバーをかけて使っていたこともあり
​表紙の傷みは少ないですが
聖典ということで、とても読み込まれていました
フセンもいっぱい








before
・・・
背割れしていました
糸綴じなのですが、糸が切れて
折丁の背が破れてしまったようです






なんとか直そうと、背割れの前後の数ページには

セロハンテープも貼られていたり・・









・・・
丈夫にきれいにしてほしい
というご依頼でした


すべての折丁を綴じ直す
というほどではなく、
背割れからの前後数ページ
それから、表紙と裏表紙側のページを
補修して綴じ直すことで
中身を直しました

もとの表紙は紙クロスでしたが
今後も使い続けると破れる可能性が高いので
新しいクロスにしました




綴じ直した中身に花布、栞紐、クータをつけ
表紙と合わせ、できあがりです





after
・・・
 







背割れして破れた箇所は
和紙で補修して綴じ直し






セロハンテープのついていたページも

テープを剥がして、和紙で補修、綴じ直し

 





堅牢でありながらも、しなやかな
バランスのいい製本によって
読みやすく、長持ちします



※付箋について
今回は、
ご依頼主さんの大切なページの付箋ですので
剥がしていませんが
貼って剥がせる付箋といえども
長く貼りっぱなしにしておくと
接着剤が変化します
せめて文字の部分には
貼らないようにお願いします







ご依頼、ありがとうございました



・・・・・・
本の修理の方法は
1つだけではありません
目的やご希望の素材や予算に合わせて
修理方法を考えさせていただきます

本の修理や手製本、お気軽にご相談ください

今までの本の修理のご依頼→
手製本のご依頼→


お問い合せについては
こちら→ 
をお読みの上、ご連絡をお願い致します

古本と手製本ヨンネ 
植村愛音
info@yon-ne.com






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 本の修理あれこれ | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11/5(日)組継ぎ本と織継ぎ本をつくる at 西荻窪アトリエ・ハコ




 


11月のお知らせです
 

11月の手製本講座は
特別編 vol.1〜vol.3 があります
 
 
vol.1 は手製本のいろいろな綴じ方→
vol.2 は手製本の道具、骨ヘラを仕立てる→

そして、vol.3 は・・・恒例の!
組継ぎ本、です
今年は、組継ぎ本に加えて
織継ぎ本もつくります

どちらも、糸と接着剤を使わずに
紙のみで本をつくります◎
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   組継ぎ本、織継ぎ本をつくってみよう
 ゲスト講師:前田年昭さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




日時:11月5日(日)

   14:30〜17:00(受付14:10より)

参加費:2800円(材料費込み)

   
持ち物カッターマット(A4サイズ以上)
    カッター(刃を折るタイプのもの)
           30cm定規 、和裁ヘラ、筆記用具

 
場所:西荻窪アトリエ・ハコさん 地図:
         杉並区西荻南3−8−19 ヤマイチビル3F

定員:20名様
 


 

 

組継ぎ本、織継ぎ本とは?

初めての聞く言葉だなあという方も多いと思います

組む、織る、継ぐ・・どんな製本方法だと想像されますか


・・・

 

組継ぎ本を考案されたのは、前田年昭さん
神戸芸術工科大学で組版講義を担当されたり

編集、校正、組版を中心に
本づくりにかかわる仕事を続け
活版から写植を経て、DTPへの業態変化の時代を
経験されている方です(→


以下、前田年昭さんからのコメントです
「組継ぎ本とは、ノリもステープラー(ホチキス)も使わないで

素材としての本文用紙だけを繋いでいく製本方法です。

本を個人でこしらえることは、

パソコンの普及によってずいぶん身近なものになりました。
しかし、製本は、なかなか簡単ではありません。
組継ぎ本は、180度開くので、コピーするとき影がうつることもありません。
また、閉じないように手で押さえておかなくても開くので、
料理のレシピやパソコンの説明書など開けたまま使う本にはピッタリです。
和本の特徴を活かし、背中を美しく見せることもできます。」
 

 


そう・・

手製本で本をつくろうとすると

糸で綴じる、ノリで綴じる

ホッチキスでまとめる

など、紙を「継ぐもの」が必要となってきます

 

組継ぎ本の材料は「紙」のみ

紙を継いで、まとめていく製本方法なのです

 

組継ぎ本の開きの良さ、背の美しさなどは

実際につくって感じていただけたらと思います
 

 

 

 



さて、では、織継ぎ本とは・・・?

組継ぎ本をつくっていると

手を動かしながら、想像が膨らみます

この方法でどんな本をつくろうか

どこまで厚みがある本がつくれるのか

紙はなんでもいいのか

小さくしたら?

表紙をつくってみたい、などなど・・

そんなわけで、前回の講座では
表紙も組継いでつくってみる
という試みをしたのですが、

今回は
組継ぎと同じような発想の製本方法を
加えてみることにしました

それが、織継ぎ本です
woven codexという
組んで継いでいくようでもあり
織って継いでいくようでもあり・・
という製本方法です

ぜひ、手を動かしてみてください
組継ぎ本、織継ぎ本に加えて
さらに新しい製本方法が
編み出すことができるかもしれません

 




・・・・・・・・
手製本、自分だけの本、zine、小冊子、工作
文房具、紙にまつわることが好きな方

製本をやったことがある人でも
製本をやったことがない人でも
カッター、定規、カッターマットがあれば
誰でも製本することができます
興味を持っていただいた方のご参加

ぜひ、お待ちしております



前回の講座の様子→

・・・・・・・・・・・・・・・
お申し込み・お問い合せは
件名に「組継ぎ本と織継ぎ本」
内容に、お名前お電話番号を明記の上
ヨンネまで→メールでお願いします



 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→



 

 

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座のお知らせ | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11/5(日)手製本の道具・骨ヘラを仕立てる at 西荻窪アトリエ・ハコ



11月の手製本講座は
特別編 vol.1〜vol.3 があります
 

 

 

vol.1 は手製本のいろいろな綴じ方→

vol.3 は組継ぎ本と織継ぎ本→

 

 



vol.2 は

道具を仕立てる、です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 手製本の道具・骨ヘラを仕立てよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時:11月5日(日)

  10:30〜12:30(受付10:10から)
 
参加費:2800円


持ち物骨ヘラ1〜2本(1本1000〜1500円ほどです)
    やすり(持ち手のあるもの)
           マスク、エプロン(削りカスが出るため)

 

※ご自宅にある骨ヘラでもOKです

購入方法、詳細については
お問い合せ、お申し込みの際にお伝えします

 
 

場所:西荻窪アトリエ・ハコさん 地図:
         杉並区西荻南3−8−19 ヤマイチビル3F

定員:10名様

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

手製本の道具には

カッター、はさみ、筆、プレス機、かがり台など

様々なものがあります
 

 

文房具屋、画材屋

ホームセンター等で手に入るものもあれば

専門店で購入しなければ手に入らないものや
DIYして自分でつくる道具もあります
 

 

その他、市販のものを

手製本用に仕立て直す、という道具もあります
 

 

今回は、その仕立て直して使う道具のひとつ

骨ヘラ(ボーンホルダー)を

手製本用に仕立ててみる、という講座です

 


道具の善し悪しで

作業の進み方、気持ちの持ち方

本の仕上がりも変わってきます!

 

 

 

 

 



・・


お申し込み・お問い合せは
mailで→ヨンネまでお願いします
 

件名に「骨ヘラの仕立て」と明記の上
お名前、ご連絡先をお知らせ下さい
info@yon-ne.com



 

 

・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→



 

| 手製本講座のお知らせ | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11/4(土)手製本のいろいろな綴じ方について at 西荻窪アトリエ・ハコ



11月の手製本講座

特別編vol.1として

手製本のいろいろな綴じ方を学びます

 

vol.2は骨ヘラの仕立て→

vol.3は組継ぎ本と織継ぎ本です→
 

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 手製本のいろいろな綴じ方について
 糸綴じ5パターンで紙を綴じてみよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日程:2017年11月4日(土)

   10:30〜17:30(お昼休憩あり)
       

受講料:¥8200(材料費込み)

場所:西荻窪 アトリエハコ(→

         杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
         tel 03-5941-6474

定員:8名様

持ち物:なし





手製本に欠かせない、糸綴じ、糸かがり・・

どんな綴じ方でも、紙をまとめることはできますし
基本的には表紙をつけてしまうので
綴じの違いがよくわかる背は隠れてしまいます

ですが、背に見えている綴じ糸というのは
手製本の魅力のひとつでもあると思います

今回の手製本講座では
そんな様々な綴じ方から
基本の支持体のある綴じと支持体のない綴じ
2パターンを枝分かれさせて
全部で5パターンの綴じで、折丁を綴ります

5パターンは以下です
・支持体有・麻紐
・支持体有・平ヒモ
・支持体無・1本針かがり(リンクステッチ)
・支持体無・1本針かがり(フレンチリンク)
・支持体無・パピヨンかがり

糸綴じを復習したい
糸綴じのアレンジを増やしたい
糸綴じのノートをつくりたい
糸綴じの基本から自分で新しい綴じ方を考えてみたい
とにかく糸綴じをやってみたい
などなど・・
手製本をはじめた方、これからステップアップする方
文房具が好きな方、紙好きの方、
手を動かすことが好きな方
ぜひ、5パターンの綴じで製本してみましょう



※あくまで綴じ方だけですが

見返しをつけて、ソフトカバー仕立てにすると

ノートとして使うことができます



 

 

 

・・


お申し込み・お問い合せは
mailで→ヨンネまでお願いします
 

件名に「いろいろな綴じ方」と明記の上
お名前、ご連絡先をお知らせ下さい
info@yon-ne.com



 

 

・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 

 

 

| 手製本講座のお知らせ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革装の豆本をつくる手製本講座でした




朝、雨が降って
太陽が昇ると
すっかり秋の匂い・・
でした

9月になりました
中村橋kuutamoさんにて
革装豆本の手製本講座でした






のんびり2名様でスタート



本文は折丁をつくって、糸で綴じまとめます
折丁が多い時の、支持体無しでの綴じ方です


表紙は、革を使います
1mmボール紙を切り出して
薄く漉いた革に貼りつけていきます

薄く漉いてあるとはいえ
ボール紙にくるむので
厚みが出て欲しくない箇所については
革包丁やメスでさらに薄く削ぎます





背表紙にヒモを通して
中身と合わせ、完成です◎

 

 

 

 

 

 





箔フィルムとホットペンを使って
メガネのイラスト入り◎






ご参加のお二人、開催場所のkuutamoさん
ありがとうございました!


餃子やおかず盛り盛りのランチ付きで
美味しく、お喋りできました

 



 

 

・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の修理と手製本講座(全6回)でした





本の修理と手製本講座
6月〜8月、開催しました


●基礎1
角背の製本とスリップケース(全6回)
本を解体して、綴じ直し
新しい布を裏打ちして改装することで
本の構造を知り、修理と手製本に役立てます
・・5名参加

●基礎2
ドイツ装の製本と夫婦箱(全6回)
基礎1の復習として
解体して組み立て直すという共通点に加え
他の糸綴じ方法、元の表紙の再生
ドイツ装という表紙のつくり方で
修理と手製本に役立てます
・・1名参加







6月・・・1回目&2回目







手製本の基礎からはじまり、
本の解体と掃除、折丁の背を和紙で補修しました






基礎2でドイツ装の方は
表紙の再生として
芯材から表紙を剥がして裏打ちをしました


 

 

 








7月・・・3回目&4回目





補修した折丁に、のこぎりで目引きをし

麻紐を支持体として糸でかがっていきます






表紙は改装するため、表紙布の裏打ちを

 

 

 

 

 








8月・・・5回目&6回目

中身の背に、寒冷紗、花布、クータをつけて
表紙と合わせて改装します・・


そして、スリップケースもつくります



角背の改装本&スリップケース、完成◎

使い古した感じが好き、と言っていた方は
古エプロンを裏打ちして表紙にしました(左から2番目)
 

 

 

 

 

 

 








中身もしっかり糸で綴じ直して丈夫に、
表紙は内容に合わせて好きな布で改装したので
仕立てのいい服を着込んで、さあ、でかけよう!
って感じかな・・

 

 

 

 










ドイツ装で仕立てた方は
夫婦箱に収めて、完成です




ご参加、ありがとうございました

修理をもっと!という要望があったので
基礎3も設定しました
無線綴じにも対応していきます
こちらは9月からスタートです



 

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→



 

 

 

 

 

 

| 手製本講座の様子 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/21(土)コデックス装の手製本講座 at 西荻窪モイスェン




10月の手製本講座
お知らせです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  コデックス装の
手製本講座

  at 西荻窪モイスェンさん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時:2017年10月21日(土)
13:00〜16:00

参加費:¥4800(材料費込み)

定員:6名様

場所:西荻窪 焼き菓子 Maeuschen2F(→

杉並区西荻南3−17−7
tel 03-6323-7002 

持ち物:特になし


 


ここ数年よく耳にする?コデックス装・・

コデックス装とは、

糸綴じ製本された中身に背表紙をつけず

糸綴じの背中がまる見えになる製本のことです

本屋さんにて表紙だけ目にすると気が付かないですが
本棚の中で、本が背を向けて並んでいると
コデックス装に目が向くことがあるかと思います



例えば、この本もコデックス装
『立原道造詩集 僕はひとりで夜がひろがる』

 



コデックス装とは
いわゆる機械で糸綴じされた本を指している
と、思います
というのも、背表紙をつけないで
中身の糸綴じの背が丸見えという意味では
手製本では、いろいろな糸の見せ方ができるからです
(参考までに、5種の糸綴じ講座→

今回の手製本講座では、
機械綴じに近い綴じ方&背の見え方になる
パピヨン綴じ(製本家:栃折久美子さん考案)
にて、製本します

糸綴じの基本、本かがりのアレンジであり
手製本の広がりを感じることができます
開きのよい、コデックス装のノートをつくります
 

 

 





・・・


お申し込み・お問い合せは
mailで→ヨンネまでお願いします
 

件名に「コデックス装」と明記の上
お名前、ご連絡先をお知らせ下さい
info@yon-ne.com
 



 




・・・・・

 

 

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→





 

 

| 手製本講座のお知らせ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/14(土)手拭いを使って御朱印帳をつくろう at 押上・甘夏書店


 


10月のお知らせです


押上にある甘夏書店さんにて
御朱印帳をつくる手製本ワークショップやります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  手拭いを使って御朱印帳をつくろう
           at 甘夏書店さん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




日時:10月14日(土)
   13:00〜15:00
   15:30〜17:30
   
参加費:3800円(カフェikkAさんのドリンク付)

定員:各回6名様

場所:甘夏書店(→

   東京都墨田区向島3−6−5
   一軒家カフェikkA(→
)の 2階にあります

持ち物:手拭い1枚
ハンカチなどでもOKです
手拭いは甘夏書店さんでも取り揃えてありますので
 当日の購入も可能です




・・・・・


御朱印帳というのは
「折り本」という和本の一つです

四ツ目綴じや大福帳など
糸で綴じる和本もありますが
「折り本」は糸で綴じません
半分に折った紙を交互に重ねて
のりで貼り合わせてつくります

お好きな手拭いをお持ち下さい
表紙に使って自分だけの御朱印帳に仕立てます



御朱印帳づくりのワークショップの様子→




 

 


●お申し込み・お問い合せは
件名「10/14御朱印
内容に、お名前お電話番号希望時間参加人数
を明記の上、メールでお願いします
info@yon-ne.com
 


 

 

 

 

 

・・・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 



 

| 手製本講座のお知らせ | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良、フィレンツェ、ポーランド?

 

 

 

 



奈良に行ってきました


目的を同じく
実は6年前の2011年にも
奈良を訪ねたことがあります
(2011年はヨンネをはじめた年)
その目的はなにかといいますと
NPO法人書物研究会の夏期講習です

こちらの会のことは
本の修理に興味を持ち
まるみずで手製本をはじめたのと同じ
10年ほど前に知ったのですが
奈良の講座には通えず
ずっと気になっていました

そこで、ヨンネをはじめた年に
夏季講習の実習1日だけ、訪ねてみたのです
この時は、本当に訪ねただけ・・
という感じでしたが
また再訪したいなと、いつも思っていました

というわけで、
やっと、再訪!です







・・・

夜行バスで、奈良着
そこから奈良県立図書情報館まで
てくてく徒歩にしました

時間にはゆとりが・・
喫茶アーガイルでモーニング






奈良の観光地とは間逆の方向で
のんびりとした時間が流れています






稲穂がそよそよと・・
すっごくいい匂いがします
こんなにあまい匂いがするんだ!と驚きました
空気をぐーんと吸い込み、緑は目に優しい







桜並木、これは春にも来てみたいですね








川沿いを歩いて・・







うん、着きました、ここです!






1日目の講習は
・教室生さんの作品展示とトーク
・ポーランドの都市と書物についての講義
でした

西洋の歴史を踏まえながら書物について考えるのは
本当におもしろく、興味深かったです

教室生さんの作品展は、
絵本の修理や、無線綴じをどう直すか
いろいろな見返しを考察する、など
本の修理の観点からの展示でした
自分の本の直し方との共通点
相違点、類似点を確認しながら
とても勉強になりました!
(もちろん、今後の講座にも活かします)










・・・

宿です
2日間の奈良なので
チェックインします

趣がある門をくぐり石畳を奥へ進むと・・
茶室や中庭のある築100年の古民家ゲストハウス
東大寺もすぐ近くです






さて、夕飯にはまだ早いけど
なにか食べたいなぁ、と
ゲストハウスから東大寺のほうへ歩くと
「葛もち、葛うどん」の看板が目に入り
葛うどん、って食べたことないかも・・
ふらりと、入店



葛うどんセットを頼んでみました

葛うどんもつるんとさっぱり
そして胡麻豆腐もぷるんと美味





そして、最後にサーブされた
この、葛もち、、、

これが・・・うまっ!
ほんのり温かでほわん!出来たて!
ひさびさ目が開いてしまうほどの驚く美味しさでした
(天極堂、有名らしいですね、何も知らず・・)








燈花会の興福寺
お盆らしさに浸ります









夜は、銭湯へ行き、ざぶん












・・・
2日目


そういえば、
まだ、シカに会ってなかったな、と
早朝の奈良公園へ

いますねー、いっぱい



寝ぼけ眼の鹿たち









さて、今日も奈良県立図書情報館






2日目の講習は
フィレンツェバインディングの実習です
文書や台帳などを綴じまとめるのに
イタリアで使われていた製本様式とのこと

中身は支持体あり
しっかりダブルコード巻き綴じで
表紙から取り外しやすい構造
リンプ装とロングステッチを合わせたような
シークレットベルジアンにも通じるような製本だな
と思いました
詳細は、このブログの終わりにて↓








講習終わり
夜行バスまでの数時間
奈良の街を、散策






気になる古本屋さん、他にもチラホラ







さるぼぼ





ビニール鹿











軽く観光も楽しめて、とてもよかった
奈良、ポーランド、フィレンツェ
思いを馳せる景色は限りなく・・


そして2日目の講習では思わぬできごと
なんと、自著を献本したところ、
紹介する時間をいただいたのです・・!
書物研究会の代表、板倉さんはじめ
声をかけいただいた方々、
本当にありがとうございました!!








・・・
奈良で買ったもの
鹿サブレ
古本1冊
豆本2冊
鹿角のヘラ










それから、NPO法人書物研究会から
『図書の修理 とらの巻』刊行されました!

これも、買いました
すでに奈良1日目で読み終わりましたが
図書館に従事している方は、必読です
初歩の初歩、これは押さえておくべし








・・・

で、肝心の、フィレンツェバインディング
自宅でもう一度つくってみました


糸綴じの基本を踏まえていれば難しくないです
支持体にダブルコードで巻き綴じするので
安定感があり、丈夫です

中身と表紙を合わせる方法は、
折丁間の支持体のある箇所に糸を渡して背表紙へ出し、
何回か捻って留めるのみ

簡単に取り外しができて綴じ増やすこともできるので
文書や台帳などをまとめる製本方法として
18世紀頃のイタリアで使われていたとのこと
昔の知恵に学ぶこと多し、ですね
そのうちワークショップもやりたい、です






 

 

 

・・・

*『はじめて手でつくる本』エクスナレッジ刊 発売中→
*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*募集中の手製本講座やワークショップはこちら→

 





 

 

 

| 日々のこと | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/84PAGES | >>