home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

10/10(土)本の修理講座 at casimasi(兵庫・宝塚)

 

 

 

10月の手製本講座のお知らせです

 

宝塚のcasimasiさんにて

本の修理講座をおこないます

 


・・・・・・・・・・・・・・・・
   本の修理講座

   at  casimasi(兵庫・宝塚)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時:2020年10月10日(土)

   13:30〜16:30

場所:casimasi(→

        兵庫県宝塚市清荒神3丁目2-10
    tel 0797-86-0440

 

参加費:6000円(材料費込み)


持ち物: カッターマット(A4以上)
     カッター、はさみ、定規、筆記用具

 

※申し込みは締め切りました

 

 

 

 

 

宝塚にある雑貨と本のお店

casimasiさんにお声かけいただき、

本の修理講座を開催することになりました

 

本の直し方を知るには、本のつくり方を知ることです

自分で直すことができるのか、新しく購入した方がいいのか

本を修理したいと思い立ったら何に視点を置いたらよいのか

本の修理の概論と入り口になるような内容です

 

少しでも長く読むことができるように

あらかじめブッカーをかけるのか、かけていい本なのか

破れた箇所は可逆性のある直し方にするのか、しないのか

本の要である背が壊れた場合にはどうするか、

背の構造はどうなっているのか、などをお伝えします

 

 

 

 

 

 

 

・・


お申し込み・お問合せは

casimasiさんへお願いいたします
 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 19:51 | comments(0) | - | pookmark |
練馬区立南田中図書館「織継ぎ本をつくろう」製本講座でした

 

 

 

 

 

 

 

練馬区立南田中図書館にて

「織継ぎ本をつくろう」製本講座でした

 

 

 

 

 

 

織継ぎ本とは、

woven codex(織継ぎ製本と訳してみました)

という製本方法で、

接着剤や糸を使わず、紙を折って、

織り継ぐことで綴じることができます

 

 

 

 

折る、綴じ穴(切り込み)をつくる

紙帯で綴じる、という大きく3工程

 

 

ぱっとできあがる方、

あれれ?と苦戦する方、いろいろです

以前は、皆さん4人づつでテーブルを囲み

あーだこーだとお喋りしながら

手を動かすことができたのですが

今回は配置を変更して隣の方が居らず

できるだけお喋りしないようにという状況なので

ちょっと寂しくもありました、、


そうそう、製本会社をリタイアした方が

(推測です。三方裁ちという単語を発したのと

雰囲気からたぶん職人さん)最後に一言

「おもしろかった!」とのことで、、

楽しんでもらえてよかったです

 

 

 

 

 

 

・・

 

構造を理解すると、とても簡単で

材料や道具も少なく、

気軽にはじめることができます

 

開きが良いのも特徴です

折り紙の延長のような感覚で

手遊びしてみてください

 

 

 


織継ぎ製本のつくり方(→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ、でした

 

 

 

 

延期、日程変更などありましたが

「本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?

ヨンネ手製本クラブ」(全4回)

無事に終了しました

 

 

 

 

会場は浅草、田原町の

Readin' Writin'BOOKSTOREのお座敷スペース

 

本をつくりたい、製本について知りたい、

なんでも本になる、どうやって本にする?

そのキッカケとなるような綴じや折りについて

「版」から考えてみるという内容です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

1回目はシンプルな版

ページが少ない版

はじめてでもつくりやすい版を

どう綴じるか



中綴じ、平綴じ(四つ目綴じ)

紙で綴じる織継ぎ本、折り紙のようなくちばし製本

4冊を綴じてみました

 


ページが少ない、

両面印刷しない、など

複雑な折を考えなくていい場合は

版がつくりやすいです

何か冊子をつくりたいなと思ったら

中綴じや平綴じからはじめてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

2回目は、ページが多い版

版をつくる時に少し複雑になる製本です

(DTPができれば難しくはないです)

 

列帖装、パピヨンかがりの2冊を綴じました

 

 

 

実際に印刷した折丁を綴じました

谷崎潤一郎「陰翳礼讃」です

 

 

 


そして皆さん、1回目のあとに

ご自宅で手製本してきてくれました

 

なんと、中綴じのマスク豆本!

 

 

 

 

 

それからくちばし製本で製本テキストを冊子に!

 

 

 

 

 

ポラロイドで撮影し伸ばして印刷した写真集まで!

 

いろいろな製本を知ることから

どう版をつくるか、考えることができますね

つくりたい気持ちも高まります

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

3回目は、1枚づつの版です

 

1枚の版を本にするには?

そのまま綴じるのか、

台紙を綴じるのか、方法はいろいろ

 

 

和紙の足をつけて平綴じする

台紙を綴じるアルバム製本(無線綴じ)

台紙を綴じるアルバム製本(糸かがり綴じ)

3冊を製本しました

 

 

 

 

 

 

 

本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ、

4回目は、1〜3回を踏まえて

製本してみる内容でしたが

自主練と自主製作に変更しました

 

綴じたい版がありそこから製本を考えるのか、

製本方法を知ってから版を考えるのか

それぞれの楽しみ方で

どんなものでも本になれば嬉しいです

ご参加、ありがとうございました


 

 

 

次回の開催は、未定です

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
練馬区立関町図書館「和本を知る、和本をつくる」製本講座でした

 

 

 

 

 

 

 

3月、図書館での製本講座も

中止になったものがありました

4月以降は貸出のみのサービスになったり

その後は全面的に閉館してしまったり・・

身体も心も行き場がなくなってしまう、

そんな方も多かったのだろうなと思います

 

反面、自宅の本棚から再発見、

今までの本を読み直すこともできたようですね

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

図書館のイベントは

徐々に再開しています

 

 

 

製本講座の再開スタートは、

練馬区立関町図書館にて

「和本を知る、和本をつくる」

四つ目綴じの製本講座でした

少人数での開催です◎

 

 

 

 

 

 

 

 

公共図書館では、和書を見ることが少ないので

巻物、折本、四ツ目綴じ、康煕綴じ、大福帳など

実際に手を取って、和本の良さを知ってみましょう

 

和本の良さは和紙の良さです

柔らかく、しなやか、長持ちする、、、

だからこその平綴じはシンプルな製本方法であり、

シンプルな構造は、修理しやすいのです

 

 

 

 

 

 

四ツ目綴じも実際につくってみました

手を動かしてつくることで、

より親しみやすくなれば嬉しいです

 

 

 

 

 

マスクをしていても

笑顔と活き活きした表情は伝わってきました

折ったり叩いたり綴じたり

皆さん身近な図書館で過ごす時間を

楽しまれていたようです

ありがとうございました

 

 

手製本など集中して何か取り組めると、

身体の芯によい空気が入り

ストレスも減ると思います

そして免疫も高まる、と

 

不要不急と言われているものが

予防になると思うのです

日々は不要不急で成り立っている、

4月頃の強い気持ちを

ずっと持ち続けています

 

 

 

 

 

そうそう、図書館といえば

映画「パブリック 図書館の奇跡」(→

よかったです

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
箔押し師中村美奈子さんの箔押し講座でした

 

 

 

 

 

 

 

 

延期になっていた

2つの手製本ワークショップ、開催です

革表紙に装飾(デコール)するためのもの

午前は革モザイクでした(→

午後は箔押しでした

 

 

 

 

箔押しについては、専門の技術が必要です

フランスで箔押しを学び

箔押し師として活動されている

中村美奈子さんをゲスト講師にお招きし、

革の栞に花型の箔押し、という内容で行いました

 

 

また、今までの箔押し講座では

扱いが難しいこともあり

箔フィルムを使っていましたが・・・

金箔!で箔押ししましたよ

 

 

 

 

 

 

 

昔から変わらない技術、

箔押しの歴史を少し学びます

花型のデザインで時代や流行りも分かります

 

 

 

 

 

 

手抜きはしないで手順はしっかり、

マケットづくり、空押し、

湿らせ、空押し、フィクソール、箔押し!

 

箔はフィルムではなく、金箔です

フワフワ飛んでいってしまうので、

クーラーも切って、、集中!!

なるほど、こうやるのね、、難しい…

ですよね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箔押しは、

よく見るということが大切のようです

あとは、革の質、温度、、など

何度も繰り返すことで技術が磨かれるのですよね

中村美奈子さんの技にも敬服です

 

 

 

 

皆さんそれなりに?

キラキラと完成しました◎

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲスト講師の中村美奈子さん

ご参加いただいた皆さま

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
革モザイク&アコーディオンブックの手製本ワークショップでした

 

 

 

 

 

 

 

 

延期になっていた

2つの手製本ワークショップ、開催です

革表紙に装飾(デコール)するためのもの

午前は革モザイクでした

午後は箔押しでした(→

 

 

 

 

 

 

・・・

 

革表紙のアコーディオンブックに

革のデザインを施します

 

 

 

 

 

革を扱う時には

いつもの手製本道具に

メス(または革包丁と砥石)を加えてください

それから、カッターマットではなく

大理石の板があるとさらに良いです

 

革を購入する際には

あらかじめベタ漉きしてもらい

その後、自分で漉いて厚みを調整します

メスを使いこなすことがコツです

 

凸にする場合は、

凸にしたい革裏の周辺を削いで

斜めに薄くし、端は0mmに整えます

そうすると、貼った時に盛り上がります

凹み(象嵌)にするには、

きちんと型をつくって凹みをつくることと

埋めるものをつくることが必要です

今回は簡単にポンチで象嵌しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか写真では伝わりづらい革装丁ですが

凸の部分はぽっこりしていて愛らしく

革だからこそのデザインをつくることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

紙、布、革、それぞれの良さがありますね

組み合わせを楽しんで、

本の顔の表現が豊かになりますように

 

ご参加ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
2020本の修理と手製本講座、角背とドイツ装の改装本

 

 

 

 

2020年の本の修理と手製本講座

角背の改装本と函(基礎1)と

ドイツ装の改装本と夫婦箱(基礎2

 


1冊の本と向き合って
解体することで本の構造を知り、

綴じて表紙を合わせて
手製本で組み立て直すことで

本の修理と手製本につなげよう
という手製本講座です

 

 

 

 

 

・・

全6回のうち、4回までを

7月に開催しました(→

 

 

8月は

基礎1、角背上製本の完成と函(スリップケース)

基礎2、夫婦箱づくり、でした

 

 

 

 

 

 

 

基礎1は、綴じ直し、背固めまで進めていたので

支持体の処理、寒冷紗、花布、クータを背につけて

表紙には自分で裏打ちしたクロスを使います

 

背は、製本の要です

背が壊れてくると本としても壊れてきます

しっかり、背をつくりましょう

 

 

 

 

 

表紙を合わせたらプレス

 

 

 

 

できあがり!

 

 

 

 

 

本を収め保護するための函もつくりました

 

 

 

 

函は、保存のためにも良し、

本の作品として完成度を高めるためにも良し、です

 

 

 

 

 

 

基礎2、ドイツ装の改装本には

夫婦箱をつくって合わせます

本を入れるための箱、その箱を入れるための箱

2つの箱に表紙をつけて完成

 

箱としてスキはないけれど、

心の空間が広がります・・・それが、夫婦箱◎

 

 

 


自分の手で製本することで

新刊も古本も見る目が増えて、

出会う楽しみが重なりますように

 

ご参加いただいた皆さま

ありがとうございました

 

本の修理と手製本講座、基礎1と基礎2
次回は、2021年に開催予定です

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
手製本うけたまわります*大井川葛布の夫婦箱

 

 

 

 

 

 

 

1冊からの手製本
絵本、写真集、詩集

函、夫婦箱制作など
うけたまわります

 

 

大井川葛布を使って夫婦箱をつくりたい

というご依頼、3点です

 

 


・・

「葛布」は、葛の蔓を採取し

繊維を取り出し葛糸をつくり手織りする

という歴史のある自然布です

大井川葛布(→

 

 

 

 

 

 

 

・・

『ココロウタ』柳宗悦

棟方志功版画 日本民藝館  1959年

 

 

 

 

表紙:大井川葛布

箱:藍染絞り布(片野かほり作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

『南無阿弥陀仏』柳宗悦

限定特製本 大法輪閣 1955年

 

 

 

 

表紙:大井川葛布

箱:柿渋和紙、藍染絞り布(片野かほり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

『今も続く 朝鮮の工藝』

柳宗悦  日本民藝館

 

 

 

 

表紙:大井川葛布

箱:三椏紙(出雲民藝紙)

 

 

 

底面に藍染絞り布を嵌め込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧いただくと分かるように、

民藝や柳宗悦について造詣の深いご依頼主さんで

本のこと、素材のこと、お話を伺っていると

日本民藝館の「書物工芸」展を思い出しました

あの美しい工藝品としての本たち、、

 

柳さんの本を収める箱をつくるなんて

恐れ多いのではと緊張も走りましたが、

すべては大井川葛布など良き素材に助けられ

ご依頼主さんに喜んでいただけるように

きちんと夫婦箱をつくることだけに専念しました

 

ご依頼ありがとうございました

 

 

 

 



・・・
1冊からの手製本
本を納める夫婦箱や箱(スリップケース)
本のリメイクや仕立て直し
承ります

 


手製本のご依頼例→
本の修理ビフォーアフター→

ご相談、お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください


古本と手製本ヨンネ
植村愛音
mail→  info@yon-ne.com

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

| 手製本うけたまわります | 11:15 | comments(0) | - | pookmark |
手製本うけたまわります*藍染絞り布の函と夫婦箱

 

 

 

 

 

 

1冊からの手製本
絵本、写真集、詩集

函、夫婦箱の制作など

うけたまわります

 

 

 

 

 

今回は、ハコのご依頼でした

スリップケースと夫婦箱です

 

使いたい素材があればお持ち込みも可能です

愛用されていた片野かほりさんの藍染絞り布を

表紙に使って、というご希望で仕上がりました

 

 

 

 

 

 

 

・・

 

スリップケース(函)に納める本

『工藝の美』柳宗悦

ぐろりあそさえて刊 中林製本所 昭和3年

 

 

 

スリップケース(函)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

 

夫婦箱に納める本

『船箪笥』柳宗悦 製本者:宮本忠昌

表紙は漆和紙で、本そのものも工藝品です

 

 

 

 

 

 

夫婦箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち込まれた藍染絞り布は

ずっと使用されていたことで

藍の濃く残る部分と色褪せた部分があり、

褪せたところを敢えて使いたい

というご要望でした

布を使い続けている方だからこそ!です

上品な仕上がりで本の趣にも合いますね

 

ご依頼、ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 



・・・
1冊からの手製本
本を納める夫婦箱や箱(スリップケース)
本のリメイクや仕立て直し
承ります

 


手製本のご依頼例→
本の修理ビフォーアフター→

ご相談、お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください


古本と手製本ヨンネ
植村愛音
mail→  info@yon-ne.com

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 


 

| 手製本うけたまわります | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
202008 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

 

 

 

8月後半、日の入りも短くなってきて

朝晩の風はほんのり涼しいです


本の修理と手製本講座
第四日曜日はアドバンスクラス
修理したい本は目的に沿って直し、
つくりたい本は自由に手製本します

 


 

 

 

 

 

 

 

・・午前

 

 

 

 

 

 

 

函が壊れていた大切な古書、

夫婦箱制作を少しづつ進めていましたが

タイトルを貼ってついに完成しました

 

 

 

 

 

 

 

祖父が残した写真を綴るため

アルバムをつくりたい

どんな紙やサイズにするか?

蛇腹本かアルバム製本にするか、

まずは相談から・・

 

 

 

 

 

 

お気に入りのカレンダー

捨てられなくて保存しておいたけれど

本に仕立てられないかな?

カレンダーを本にします!

 

 

カレンダー製本計画、

今まで習った製本技術を使って、

つくりたい形、適切な方法、どうするか?

 

足をつけて平綴じすることになりました

どんな本になるか、楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・午後

 

単発フリーレッスンにて

文庫本をハードカバーに改装します

 

 

 

 

表紙のクロスはハンカチ◎

トリミングを入念に、

タイトルと柄の位置がばっちり!


 

 

 

 

 

 

 

アドバンスクラスは

基本的に基礎を終えた方向けですが

体系的に連続講座で学ぶ前に

とにかくこの製本をやってみたい!など

製本してみたいものがありましたらご相談ください

今のところ午後にレッスン可能です

2020アドバンスクラス日程(→

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/113PAGES | >>