home    *news&lesson    *blog    *profile    *gallery    *contact    *webshop    :-)   

*本の修理と手製本のお問い合せについて

*手製本講座やワークショップのお知らせ

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中

     

MONDOBOOKS 2DAYS at Readin' Writin' BOOKSTORE(浅草)

 

 

 

 

mondobooks2days

again! again!again!

 

古本と雑貨、

本のイベントのお知らせです

 

 

・・・

mondobooksとはなんぞや、

ということですが

私が本の修理に興味を持つきっかけとなり

手製本をはじめたきっかけともなった

公共図書館でのお仕事があります

その図書館司書仲間ではじめた古本ユニットが

mondobooksです

 

そんなmondobooksの活動は

一箱古本市に出店すること

のんびり続けてかれこれ10年経ちました

 

今年は恒例出店となっている

不忍一箱古本市が中止となってしまったため

小さな古本市を自分たちでやってしまおう

ということで2daysを企画しました

 

ちなみに

mondobooks2daysは

過去に2回開催しています

1回目(→

2回目(→

 

 

//MONDOBOOKS 2days 2020//

 

日時:11月14日(土)13:00−18:00

   11月15日(日)12:00−17:00

 

場所:Readin'Writin'BOOKSTORE 2階(→

 

古本をはじめ、

フィンランドやフランスの旅で見つけた雑貨など

物語のある古いものが並びます

ヨンネとしては手製本や修理の相談を受付します

お気軽にお声かけください

 

 

 

↓クリックすると大きくなります

 

 

 

また、11月14日(土)19:00からは

モンドブックスメンバーの一人、

フランスかぶれ藤川江良さんによる

パリ大好きトークもあります

今回のテーマは

「カフェでモンドなごはんの話」

パリの写真とお話で旅気分をぜひ

 

 

↓クリックすると大きくなります

 

 

 

浅草観光やお散歩のついでに

足を運んでいただけると嬉しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

| その他のお知らせ | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |
202010 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

今年もあと2か月ですね

10月の本の修理と手製本アドバンスクラス

加えて単発フリーレッスンでした

 

 

アドバンスクラスは

それぞれ基本を踏まえて何をやろうか

修理なのか、手製本なのか

相談、アドバイス、計画を立てつつ

思い思いに進めます

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

 

冊子を綴じまとめるため前回は足をつくりました

今回は冊子を足に1冊づつ綴じています

その後、足を糸かがり綴じする予定です

 

 

 

 

 

 

古い写真を綴じるためのアルバム台紙づくり

 

 

 

大切な本の函がボロボロ、新しつくろう

丸背の本なので丸背の函にしてみよう、など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角背上製本の練習

2回目!きれいにできました

製本すればするほど、上達できます◎

 

 

 

 

 

 

糸かがり綴じして、背固めまで

 

 

 

 

また、来月に続きます

今年のアドバンスクラスは来月で終わり

あと少しとはいえ、この世はどうなるのかな

どうか地球もまだまだ続きますように…

 

来年、2021もアドバンスクラスはあります!

日程は来月に告知します、お待ちください

 

 

 

 

 

 

・・・
アドバンスクラスは

本の修理と手製本講座の

基礎123を終えた方向けです

 

基本は大切です

でもでも!とにかくやってみたい!など

体系的に製本を学ぶ前に

製本してみたいものがありましたらご相談ください

今のところ午後に単発レッスン可能です

2020アドバンスクラス日程(→

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
宝塚のcasimasiさんにて本の修理講座でした

 

 

 

 

 

宝塚市の清荒神にある

本と雑貨の店

casimasiさん(→)を訪ねました

 

 

 

 

清荒神(きよしこうじん)

駅前南には宝塚市中央図書館と

キキルアックというカフェが併設されています

サバとキノコのサンドで腹拵えしたら、駅の北へ

 

 

 

 

北側の参道入口

 

 

 

 

坂道をさらに北へ

 

 

 

 

 

 

 

casimasiさんです

 

写真はここまで、、、

いろいろあって、いつものように

写真を撮る余裕がなかったようです

(他人事のようですが…)

 

casimasiさんを訪ねるのははじめてです

本の修理講座について打診があり

遠方から興味を持っていただけたことも嬉しく

また、私もまだまだ勉強中でもあります

どんな問題があるのか知りたいということもあり

せっかくなので、足を運びました

 

講座の内容は

幼稚園や学校図書館の図書の修理について

何から手をつけてよいのか・・

長持ちするにはどうしたらよいのか・・

ということでした

 

紙を知る、製本を知る、

本を観察する、手製本してみる

という本の修理と手製本の基本を中心に

中綴じと平綴じで紙を綴じました

 

本をどうしたいのか、という視点も大切です

今だけのものなのか、買い替えてもいいのか

ずっと残しておきたいのか、

目的によって修理するかしないか

変わってきます

 

また、修理ではなく「装備」となりますが

「ブッカー」を本にかける作業も行いました

図書館ではお馴染みのブッカーかけ、

良(汚れ焼けを防げる、長持ちする等)と

悪(剥がれない、修理しづらい、本来のモノが失われる等)

両面のバランスを考えて、かけるとよいですね

 

本の修理をやってみよう

どう修理すればいいのかな、

少しでもキッカケになって

皆さんに繋がっていきますように

 

casimasiさん、ご参加いただいた皆さま

本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

おまけ

 

台風ということもあり

宝塚には前日入りしてみました

 

適当に少し散策

こんなところだったのね、

という自分の備忘録としても

残しておこうと思います

 

 

 

行き:こだま

宿:カレンツ宝塚(→

1泊4500円!GOTOしなくてもこれで十分

帰り:夜行バス

 

 

宿の近くだったのでまずは行ってみた

手塚治虫記念館(→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手塚治虫記念館の入館券で割引になる

というので行ってみたホテル若水(→)で

宝塚ハイボールをいただく

宝塚といえばスミレらしい、なのでスミレ色

 

また、宝塚はウイルキンソン炭酸の発祥地とのこと

いつも飲んでいる(ハイボールで)炭酸がまさか!

はじめて知ってびっくりです

宝塚温泉もあるそうです

 

 

 

 

 

ホテル若水からの風景

(台風近づいていたので、怪しい空)

 

 

 

川も山も近いのは、地方に行くと感じることですが

高層マンションがズラズラと並んでいて

ちょっとヨーロッパ風なのはおもしろい

 

 

 

 

 

夜ごはん

かわいい店構えと看板だったので

サンドウイッチ!ルマン(→

 

 

 

 

 

 

 

 

講座当日の朝

朝ごはん

ルマンの隣にあったシュプール

 

 

マスターはきれいな白髪の小さなおじいさん

ずっと鼻歌まじりで和みました

かかっている音楽が

60年代R&Bやオールディーズなので

合わせていたようです

キッチンでもサーブしながらもルンルン♪でした

 

 

 

 

 

 

散歩していたら、だんだん晴れてきた

 

 

 

 

 

快晴です

 

 

 

 

 

買えなかったのですが、、よい看板

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめての街もはじめての人も

嬉しい出会いがありました

本と、本の修理と手製本のおかげです

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
手製本うけたまわります*出雲民藝紙の夫婦箱

 

 

 

 

1冊からの手製本
絵本、写真集、詩集

函、夫婦箱制作など
うけたまわります

 

 

今回は

出雲民藝紙で夫婦箱をつくりたい

というご依頼です

和心工房さんの出雲民藝紙です(→

 

 


・・

出雲民藝紙は越前和紙からの流れのようです

島根県松江市八雲にて紙漉きがはじまり、

昭和に入ってから「出雲民藝紙」

と呼ぶようになったそうです

 

「八雲村でつくられる和紙を、出雲民芸紙と呼ぶようになったのは、昭和6年頃からです。それは、昭和6年(1931年)に、当時「民芸運動」の創始者で あった柳宗悦氏に安部榮四郎が出会い、その後柳宗悦氏の指導をうけ、和紙づくりにはげんだことによります。」という記述が和心工房さんにあります(→

 

 


 

 

納める本は

『棟方志功版画』

 

 

 

ジャケットがボロボロだったので

こちらは修理しました

before

 

 

after

 

ジャケットも本の大切な服のひとつです

ただし、離れてしまうジャケットは本ではない、

という個人的な気持ちもあります

本を保護する表紙とは異なり

パッケージという役割であり

離れてしまうもの、というのが理由です

そうはいっても

お菓子の包み紙に資料価値があるのと同じように

ジャケットも残したほうがいいこともあります

でも、本ではない…

うーん、本の中身(身体)表紙(皮膚)

ジャケット(服)という感じでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

できあがった夫婦箱はこちら

 

 

表紙と箱の側面は雁皮紙、

箱の底面は三椏紙を使っています

和紙のみ夫婦箱です

 

写真では伝わりづらいですが

繊維の光りや色味が絶妙

出雲民藝紙の美しさです

 

 

 

 

 

 

 

ご依頼ありがとうございました

 

 

 

 

 



・・・
1冊からの手製本
本を納める夫婦箱や箱(スリップケース)
本のリメイクや仕立て直し
承ります

 


手製本のご依頼例→
本の修理ビフォーアフター→

ご相談、お問い合せについては
こちら→ 
をお読みいただいた上でご連絡ください


古本と手製本ヨンネ
植村愛音
mail→  info@yon-ne.com

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 手製本うけたまわります | 17:28 | comments(0) | - | pookmark |
町田市民文学館にて本の改装ワークショップでした

 

 

 

10月の手製本ワークショップは

町田からスタートしました

 

町田市民文学館 ことばらんど(→)へ

本の改装ワークショップとして

文庫本を布装上製本に改装しました

 

 

昼休みを挟みつつ、

ゆっくりしっかりとした製本の時間です

角背上製本の構造を学びながら、

見返し、花布、しおり紐、表紙クロス、

タイトル貼りなどを組合せ、

好きな本を自分好みに製本しました

 

1テーブルに2名で作業していて、

他の人はどんな装丁になったのかな?と

最後は改装本を18冊集合させて見学の時間も

(仕上がり写真はありません

参加した方だけが愛でることができる、、

ということで、ご了承ください)

 


 

10代から80代まで(男性も多かった◎)

幅広くご参加いただいたようです

製本の視点で本を観察し、

文字を読み、世界を広げ保ち、大切にすることで

自分と本との新しい関係ができますように

 

文学館スタッフの皆さま、ご参加の皆さま、

ありがとうございました

 

 

 

 

現在開催中の展示もよかったです

原稿用紙に焦点を当てた展示では、

福田尚代さんの作品がありました

言葉と紙から繋がるもので、

背景に狂気のようなものも見えて

よい意味でザワザワしました

ちょうど千葉のDIC川村記念美術館の展示でも

別の作品を見ることができるようなので

行かないとな〜(遠いのよね)

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
12/6(日)厚紙を糸で綴じる手製本ワークショップ at アトリエ・ハコ(西荻窪)


 

 

 

手製本ワークショップのお知らせです

 

 

 

折ることができないような

厚紙をどうやって糸で綴じるか?

支持体の有無で2タイプ製本します

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  厚紙を糸で綴じる手製本ワークショップ

  ●サンプルブック(支持体なし) 

  ●コレクションブック(支持体あり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日程:2020年12月6日(日)
     サンプルブック(10:30ー13:30)

   コレクションブック(14:30−17:30)

参加費:各5000円


場所:アトリエ・ハコ(→

   杉並区西荻南3-8-19 ヤマイチビル3F
           tel 03-5941-6474

 
持ち物:なし

 

定員:6名様

 

 

 

 

 

綴じるためには、折りが必要です

折っていない場合は、無線綴じなど

接着剤でつなぐという綴じもあります

リング製本のように金具で綴じたり・・

では、糸で綴じるには?

平の方へ糸をまわして綴じてみます

支持体なし、支持体あり、

背に出る糸模様も楽しみながら

折ることが難しい厚紙を

折らないで糸で綴じる、

という手製本ワークショップです

 

 

厚紙を綴じる、

というきっかけは少ないかもしれません

どんな本づくりとして向いているか?

頁すべてが主役になるような

扉(ドア)の集まりがイメージです

布や紙の端切れサンプルブック

紙モノのコレクションブックや、

1枚づつを作品として考えると

額装のように枠に嵌めたものを綴じる

という本もできます

 

まだまだ可能性はあるはずです

ぜひ、自分だけの新しい本をつくってみてください

 

 

 


●サンプルブック

(支持体なし、10:30ー13:30)

 

支持体なしで、厚紙を糸で綴じます

背に編み込み模様ができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●コレクションブック

(支持体あり、14:30−17:30)

 

支持体ありで、厚紙を糸で綴じます

背にクロス模様ができます

 

 

 

 

 



 

※本文ページに貼るものや表紙は参考例です

貼りたいものがあれば、持ち込み可能です

 

 

 

 


申し込み、お問い合わせ
 mail にて→ヨンネまでお願いします
info@yon-ne.com

 

件名に、厚紙を綴じる

(サンプルブックorコレクションブック)
内容に、お名前お電話番号
明記してください

 

 

※3日以内に返信します

もし返信がない場合にはエラーの可能性があるので

お手数ですが改めてメールをお送りください


 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 




   

| 手製本講座やWSのお知らせ | 16:00 | comments(0) | - | pookmark |
10/10(土)本の修理講座 at casimasi(兵庫・宝塚)

 

 

 

 

 

10月の手製本講座のお知らせです

 

 

久しぶりに東京を離れます

宝塚のcasimasiさんにて

本の修理講座をおこないます

 


・・・・・・・・・・・・・・・・
   本の修理講座

   at  casimasi(兵庫・宝塚)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時:2020年10月10日(土)

   13:30〜16:30

場所:casimasi(→

        兵庫県宝塚市清荒神3丁目2-10
    tel 0797-86-0440

 

参加費:6000円(材料費込み)


持ち物: カッターマット(A4以上)
     カッター、はさみ、定規、筆記用具

 

終了しました (→

 

 

※参考例です

 

 

 

 

宝塚にある雑貨と本のお店

casimasiさんにお声かけいただき、

本の修理講座を開催することになりました

 

本の直し方を知るには

本のつくり方を知ることです

紙と製本を知り、修理に活かす

本の修理の概論と入り口としての講座です

 

自分で直すことができるのか、

新しく購入した方がいいのか

修理したいと考えた時に

どこに視点を置いたらよいのか

 

少しでも長く読むことができるようにしたい

でも、壊れないものはない

では、どうするか

ブッカーをかけるのか、かけていいのか

可逆性のある直し方にするのか、しないのか

本の要である背が壊れた場合にはどうするか、

背の構造はどうなっているのか、

など、できる限りでお伝えします

 

 

 

 

 

 

 

・・


お申し込み・お問合せは

casimasiさんへお願いいたします
 

※申し込みは締め切りました

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 手製本講座やWSのお知らせ | 15:00 | comments(0) | - | pookmark |
202009 本の修理と手製本アドバンスクラス

 

 

 

 

 

9月後半、肌寒くなってきました

今年も残り3か月、、、

時間感覚がいつも以上にふしぎな1年です

 

 

 

 

 

本の修理と手製本講座
第四日曜日はアドバンスクラス
修理したい本は目的に沿って直し、
つくりたい本は自由に手製本します

 

 

 

 

 

 

・・・

お気に入りのカレンダー数年分を

捨てずに保存していたそうです

製本できるなら、綴じまとめてみたい!

ということで、進めています

 

前回は、足をつけたので、

今日は表紙をつくって平綴じします

 

 

 

綴じで遊んで、できあがり◎

最初は上部で綴じることを想定していましたが

カレンダーを見てみると1枚づつT目でした

そこで、背にあたる側面の部分に

和紙の足をつけて平綴じすることにしました

本のように楽しむことができます

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、冊子を綴じるための足づくり

冊子をそれぞれ足に中綴じして、

それから足を糸かがり綴じ、という予定です

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな古書の修理を進めています

新しい古書(?なんかへんですが)を持ち込みし

まずは、解体と掃除

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

午後は、単発フリーレッスンや振替でした

 

 

 

 

 

 

製本の基本から、ということで

一折中綴じハードカバー

 

 

 

 

 

 

御朱印帳としての折本

リネン生地を表紙に仕上げました

さっそく秋の秩父34カ所巡りへ

持っていくとのことです

 

 

 

 

 

 


アドバンスクラスは

基本的に基礎を終えた方向けですが

とにかくこの製本をやってみたい!など

体系的に連続講座で学ぶ前に

製本してみたいものがありましたらご相談ください

今のところ午後にレッスン可能です

2020アドバンスクラス日程(→

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
練馬区立南田中図書館「織継ぎ本をつくろう」製本講座でした

 

 

 

 

 

 

 

練馬区立南田中図書館にて

「織継ぎ本をつくろう」製本講座でした

 

 

 

 

 

 

織継ぎ本とは、

woven codex(織継ぎ製本と訳してみました)

という製本方法で、

接着剤や糸を使わず、紙を折って、

織り継ぐことで綴じることができます

 

 

 

 

折る、綴じ穴(切り込み)をつくる

紙帯で綴じる、という大きく3工程

 

 

ぱっとできあがる方、

あれれ?と苦戦する方、いろいろです

以前は、皆さん4人づつでテーブルを囲み

あーだこーだとお喋りしながら

手を動かすことができたのですが

今回は配置を変更して隣の方が居らず

できるだけお喋りしないようにという状況なので

ちょっと寂しくもありました、、


そうそう、製本会社をリタイアした方が

(推測です。三方裁ちという単語を発したのと

雰囲気からたぶん職人さん)最後に一言

「おもしろかった!」とのことで、、

楽しんでもらえてよかったです

 

 

 

 

 

 

・・

 

構造を理解すると、とても簡単で

材料や道具も少なく、

気軽にはじめることができます

 

開きが良いのも特徴です

折り紙の延長のような感覚で

手遊びしてみてください

 

 

 


織継ぎ製本のつくり方(→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
本になっちゃいけないものなんてないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ、でした

 

 

 

 

延期、日程変更などありましたが

「本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?

ヨンネ手製本クラブ」(全4回)

無事に終了しました

 

 

 

 

会場は浅草、田原町の

Readin' Writin'BOOKSTOREのお座敷スペース

 

本をつくりたい、製本について知りたい、

なんでも本になる、どうやって本にする?

そのキッカケとなるような綴じや折りについて

「版」から考えてみるという内容です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

1回目はシンプルな版

ページが少ない版

はじめてでもつくりやすい版を

どう綴じるか



中綴じ、平綴じ(四つ目綴じ)

紙で綴じる織継ぎ本、折り紙のようなくちばし製本

4冊を綴じてみました

 


ページが少ない、

両面印刷しない、など

複雑な折を考えなくていい場合は

版がつくりやすいです

何か冊子をつくりたいなと思ったら

中綴じや平綴じからはじめてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

2回目は、ページが多い版

版をつくる時に少し複雑になる製本です

(DTPができれば難しくはないです)

 

列帖装、パピヨンかがりの2冊を綴じました

 

 

 

実際に印刷した折丁を綴じました

谷崎潤一郎「陰翳礼讃」です

 

 

 


そして皆さん、1回目のあとに

ご自宅で手製本してきてくれました

 

なんと、中綴じのマスク豆本!

 

 

 

 

 

それからくちばし製本で製本テキストを冊子に!

 

 

 

 

 

ポラロイドで撮影し伸ばして印刷した写真集まで!

 

いろいろな製本を知ることから

どう版をつくるか、考えることができますね

つくりたい気持ちも高まります

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

3回目は、1枚づつの版です

 

1枚の版を本にするには?

そのまま綴じるのか、

台紙を綴じるのか、方法はいろいろ

 

 

和紙の足をつけて平綴じする

台紙を綴じるアルバム製本(無線綴じ)

台紙を綴じるアルバム製本(糸かがり綴じ)

3冊を製本しました

 

 

 

 

 

 

 

本になっちゃいけないものなんて

ないんじゃないかしら?ヨンネ手製本クラブ、

4回目は、1〜3回を踏まえて

製本してみる内容でしたが

自主練と自主製作に変更しました

 

綴じたい版がありそこから製本を考えるのか、

製本方法を知ってから版を考えるのか

それぞれの楽しみ方で

どんなものでも本になれば嬉しいです

ご参加、ありがとうございました


 

 

 

次回の開催は、未定です

 

 

 

 

 

 

 

・・・

*本の修理と手製本のお問い合せについて→
*手製本講座やワークショップのお知らせ→

*『はじめて手でつくる本』ヨンネ著 発売中→

*YONNE BOOKBINDING WEBSHOP→

 

 

 

 

 

| 講座やワークショップの様子 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/113PAGES | >>